ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浸水!

<<   作成日時 : 2007/06/17 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 30

いよいよ始まったねえ!
えっ、何が? 
何がって、今の時期田植えに決まってるだろうが。

田植えって、昨日もやったよ?
それはヒゲおやじの家の前の田んぼ。今日のは畑の周りの田んぼだ。

午後から畑に行ってみると、予想どおり水が入っていたねえ。

画像

向こうの田圃に入った水が、モグラの穴を通ってこちらに入ってくるんだ。
今のところ1/3が浸水だねえ。

近づいてみるとこんな具合だ。

画像

どうかな? ヒゲおやじが草引きを急いだ訳がわかってもらえたかな?
こうなってからでは草引きなんか、やりようもないんだよ。


何でこうなるかと言うと、ここは元々水田だ。それを畑に作り替えいてるんだねえ。だから土を掘って畝を作っているので、掘った分だけ隣の水田より土地が低いんだ。
だから隣に水が入ると、自動的にこちらにも水が入ってくるという仕掛けだねえ。


さて今日は、やり残した最後の草引きだ。

これをやっつけようという算段だねえ。

これはトマトと胡瓜の間のところだ。

画像


これはオクラの畝だね。

画像

この二つは実は繋がっているんだ。
ここは水に浸かる事はないので後回しにしていたんだけど、周りが水に浸かってしまうと作業もやりにくいので、急いで除草だ。

ほら、綺麗になっただろう。

画像

大きな草が生えているところは、比較的やりやすいんだけど、ここは色々な種類の草があって、結構難儀したねえ。

画像

こちらはほとんどが1種類の草だったので、ボコボコ抜いて行けるので草数の割には楽だったねえ。


これで懸案だった草引きも全て完了だ。
だけどこの水が入ったことで、また新たに草が生えるよ。これが凄いんだ。
それは見てのお楽しみってことだけど、こっちはお楽しみどころではないんだよね。


それはそうと、トマトが色づきはじめたよ。

画像

これはミニトマトだね。


トマトと言えば、尻腐れ病。まただよ。

画像

だから大玉は作りたくないんだ。
必ずこうなるんだ。ミニや中玉はならないんだけどね。
指導本にはカリウム不足だって書いてあるヤツもあるんだ。
んー、本当のところはよくわからないねえ。


ついでに今日の収穫は、胡瓜にオカヒジキだ。

画像

オカヒジキは、今年初めて作って初めての味なんだけど、結構いけるねえ。
ん、どうやって食べるかって? いやー、食べたことがないので、取りあえず軽く茹でて、すりゴマをかけてポン酢で食べてみたんだ。シャキシャキとして美味かったねえ。

ほかにどんな食べ方があるのか、教えてほしいんだけどね。
これがお奨め、ってのはないかなあ。



と言うことで、今日の天気。 曇りだね。 途中小さな雨がパラパラはしたけど、濡れるほどでもない雨で、夕方まで畑作業も支障がなかったんだ。

画像




今日の一枚。

何だ、これ。

画像

庭の整理をしていたら、草の中からこんなヤツが出てきて、今日は。
今日は、と言われても、知らないよ。植えた覚えはないからねえ。
お前何もの、どっから来たの?

もうほとんど咲き終わっているねえ。ピークだったら可愛らしい花だったろうに。
花でも何でも峠を過ぎると・・・・・、あ、いや、そういう話じゃないよ。
それはそれなりに味ってものが出てくるんだからね。

ふーー!



今日は取りあえず、最終の草引きも間に合って、よかったねえ。
ビールも美味かったよ。

ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
 元水田でしたら耕作期は当然に周囲は水攻めですね。
 想像を上回りますね。我が畑は高原地帯ですから、我が家周辺が水没する時はおそらく地球最後の日です。
 草は山地と違って地下茎が侵入するような悪性のものは、ないみたいですからその内やり易いようですね。
 でもタンポポとか根の深い飛行部隊の侵入は困りますね。
 トマトとか実ものの病気は困りますね。定植初期のような薬剤散布できないし…イヤお互いに大変です。
たそがれ
2007/06/17 22:58
こんばんは〜〜
お隣の水田から入ったお水はそのままなんですか?
家の畑は梅雨になるとそんな状態になります。今年は梅雨入りと同時に中休みですからまだ大丈夫なんですけどね!

トマトの尻腐れ病はやっかいですね。。。庭に植えるとそなるんですよ!対処法はないのかしら・・・
なみへいママ
2007/06/17 23:30
たそがれさん、ありがとうございます。
はい、その分夏期の水遣りは一切不要です。どんなに乾いても、畝の下は湿っていますから。
たそがれさんのところが水没するようなら、日本沈没ですよ。
いや、それが二種類あるのですよ。密かに地下茎で侵入してくるのでやりにくいのですよ。地上に出た分をやっつけても、全然関係ないのですからね。
パラシュート部隊はお手上げです。見つけ次第殲滅作戦ですけど、間に合わないです。地中深く潜行しているので、処刑しても直ぐに出てきます。
ヒゲおやじ
2007/06/17 23:30
勝手にやって来た花は サルビア・コクシネア 叉の名を ベニバナサルビア
まだピークは過ぎていませんよ。
この花は10月頃まで咲き続けます。
時々切り戻してあげて下さい。ピンクで可愛いではないですか!

畝は掘って高くしているんですよね。掘らなかったら水は来ないんでは・・・
畝が異常に高い気がするんですけれど。
ろこ
2007/06/18 01:02
水田の水が入って来てヒゲおやじさん家の野菜畑の、
野菜類は大丈夫なのでしょうか?
美味しいトマトがこのような病気になるとは困りますね。
オカヒジキって聞いたこと有りますが始めてです。
ピータン
2007/06/18 06:40
なるほど水が入ってきましたね。これでは草引きは無理です。
トマトが色づいていますね。胡瓜もいい色です。
森の生活
2007/06/18 07:37
なみへいママさん、ありがとうございます。
はい、このままですよ。田の水が引くとこちらも引きます。雨が降ると完全に水没です。畝だけは残っていますけどね。
薬剤散布があるようですけど、それはできませんからね。お手上げです。
ヒゲおやじ
2007/06/18 10:31
ろこさん、ありがとうございます。
土地の高さ自体は隣の水田と同じです。ですから掘らなくても水の高さだけは入ってきます。つまり掘り上げて畝を高くしておかないと、完全に水没するということです。それと、水没しない畑でも、畝は高い方が良いのですよ。できれば30センチほしいところです。平畝で良い野菜も、勿論ありますけどね。
ヒゲおやじ
2007/06/18 10:35
ピータンさん、ありがとうございます。
この水は、結構出たり入ったりしますので大丈夫です。浸かりっぱなしだと不味いのですけどね。これで大雨が降ると、畝を残して全部水没しますよ。
ヒゲおやじ
2007/06/18 10:38
森の生活さん、ありがとうございます。
水が入りましたよ。予定どおりです。もう少し水位が上がるはずです。
これで雨が降ると全体が水没です。畝だけが水に浮いている松島状態になります。
ヒゲおやじ
2007/06/18 10:41
確か以前も浸水の記事見たような〜その時はあまり感じなかったけど
農作物が育つのですか? 収穫する時や世話の時は長靴なんでしょうね・・・浸水防げないのですか〜
でも水遣りはしなくて良いから楽でしょう・・・
笑顔
2007/06/18 14:41
いい花が飛んできましたね。
まだこれからいくらでも咲きます・
サルビア・コクシネア 別名: ベニバナサルビア
科名: シソ科  花期: 7月〜10月
綺麗な花だか邪険にしないでね。o(*^▽^*)o~♪

水攻めの畑、これからどう対策するのですか?
ゆう
2007/06/18 20:17
水が入ってくるんだろうとは思っていたのですが、ここまで激しく入ってくるとは想像を超えていました。凄いです。
こんなに水が入ってきても野菜が枯れたりはしないのですね。
申し訳ないのですが、この溝が再び草に覆われる姿が早くみたいです。
ああじゃん
2007/06/18 20:28
私は、トマトも大好きなんですが、この尻腐れ病って、こうなったら食べられないのですか?
中まで腐っているのでしょうか?
気持ちを込めて作っているのに、こんなになると、悲しいですね。
この、今日は!って言っている花、サルビアなんですね!
可愛いですね〜・・・。
お啓
2007/06/18 21:32
おお〜聞きしに勝る洪水ですねえ〜
根菜には、よくないかもしれませんが・・・この水飢饉時期ですから。
トマト赤くなっていますね。病気のほうはちょっと悲しいですね。
かわいそう。
我が家のミニトマト…順調というのか、ぼやぼやと葉っぱが大きくてどうしたらいいのか、みたいになって来ました。ほっておいてもいいんでしょうかねえ〜わき芽かきはしたつもりなんですが。
ところで、おかひじきは、茹でておひたし状に切る。
醤油を全体の分お皿にとって、ねりからしを、市販のを1センチくらい入れてよくまぜる。
それをひじきの上からかけてまぜあわせて、ビールのおつまみに最高です。
水分をよく切るとおいしい。

なんでも、峠を過ぎてからが、いいんです!と生きたいですね〜〜。
山形ママン
2007/06/18 21:43
笑顔さん、ありがとうございます。
そうですね、去年の8月と9月、もしかしたら台風の時にもう一度くらい記事にしていますね。
はい、大丈夫ですよ。ずーっと浸かりっぱなしではありませんので、入ったり抜けたりしながらですよ。勿論長靴です。必需品ですよ。
ただし、夏場は蒸れて暑いです。
完璧に防御しているのですけどね。モグラがちゃんと水路を作ってくれているんですよ。これがなければ防げます。
勿論夏場の水遣りなんか、ほとんどないですよ。
ヒゲおやじ
2007/06/18 22:54
ゆうさん、ありがとうございます。
さすが物知り博士。そうなんですか、いくらでも咲くんですか。
もう花は終わりかと思っていましたよ。
対策ですか? ありません(笑)。水が引くのを松だけ、違う待つだけです。水もずっと入りっぱなしというわけではないので、引いたり入ったりの繰り返しです。作物にはそれほど影響はないのですけど、入れないのですよ畑に。何しろ元田んぼですからね。歩くたびにめり込みますよ。泥んこ状態で、足が抜けません。従って作業は当分できません。収穫が精一杯です。
ヒゲおやじ
2007/06/18 23:04
ああじゃんさん、ありがとうございます。
凄いでしょう。これはまだ軽い方で、畑全体が水浸しなんてこともありますからね。
何? 草の復活を見たい。何て事を(笑)。
心配しなくても直ぐですよ。当然記事にしますから、お楽しみに(笑)。
ヒゲおやじ
2007/06/18 23:12
浸水前の草引き、なるほどね〜!納得です。 サルビアの種類?と思っていたら皆さんが名前を出されていましたね。 オカヒジキ美味しいですよね。自分もお浸し程度しか食べた事ないし、去年、軽井沢の従兄弟の民宿の畑で初めて生えているところを見ました。 プランターでも作りたい野菜ですね。
mint
2007/06/18 23:15
お啓さん、ありがとうございます。
はい、残念ながら食べられません。よくあることで、仕方ないのですけどね。薬をかければ大丈夫なんですけど、それはできませんからね。
カルシウム溶液を散布してやると、少しは違うようです。
この花は、ろこさんと、ゆうさんが教えてくれました。これからいくらでも咲くから、粗末に扱うなってね(笑)。
ヒゲおやじ
2007/06/18 23:20
山形ママンさん、ありがとうございます。
今回は大洪水まではいきませんでした。これである程度引いてくれれば儲けものみたいなものですよ。
トマトの葉が大きいですか? もしかしたら肥料のやりすぎかも知れません。木ばかり太って実が生らないというやつですね。
もう少し様子を見て見ましょう。
オカヒジキ、ありがとうございます、やってみます。ちょっと辛そうですね(笑)。
はい、何でも峠を過ぎてからが、本当の味です(笑)。そうありましょう。
ヒゲおやじ
2007/06/18 23:29
mintさん、ありがとうございます。
思っていたより美味しいのでびっくりです。
プランターでも十分できそうですね。来年は是非挑戦してみてください。
残りはカメさんが引き受けてくれますから(笑)。
ヒゲおやじ
2007/06/18 23:32
初めまして! 家庭菜園にひかれて お邪魔しました。
今年の四月で 定年を迎え ミニログハウス手作りと
杉林の間伐作業をしています。
家庭菜園に興味があったので・・・
ヒゲおやじさんのブログをみつけた時は
嬉しかったですねぇ。
参考になることがい〜っぱい!!!
時々訪問します。よろしくお願いします。
ログの大好きな徳さん
2007/06/19 09:17
ログの大好きな徳さん、初めまして。ありがとうございます。
四月からだと、もうそろそろサンデー毎日にも慣れてきた頃でしょうか。
家庭菜園と言っても、何しろ素人の気まま流ですから、参考になるかどうかわかりませんよ。
大歓迎です。こちらこそよろしくお願いします。
ヒゲおやじ
2007/06/19 10:22
ヒゲおやじさんも草引きに追われていましたね。お疲れ様でした。
でも、また水が引いた後にでっかい仕事が待っている?それまでビールで鋭気を養ってください。
私の畑も茂って来ましたよ。嬉しいなあ。
おまけになんだか山古志の広い畑の共同作付けまで!!
オイオイ出来るのかい?って・・もう始めちゃったもんね。
今年はビールのつまみにゃ困らない予定です。
けっこちゃーん
2007/06/19 10:49
わっ、本当に水が・・・。今頃、田植え??地域によって色々と違うのですね。ヒゲおやじさんの畑の全景、見事に整っていますね。4〜5日留守にしていたら、また草がいっぱい。戦意喪失中です(笑)。
湖のほとりから・・・
2007/06/19 11:23
この水でまたしっかり草が成長しますよ。
今年は何とかジャングルにはならないようにしたいとは思っていますけどね。さて、どうなりますことやら。
山古志で共同作付け? すごいですねえ、当然施肥や草引きなんかの手入れも共同でしょう? それは大変ですねえ。週一では難しいかも知れませんね。でも、やり始めたことですから、最後までやり通しましょう。
畑をやるのは二の次で、みんなでワイワイが良いのでしょうね(笑)。
ヒゲおやじ
2007/06/19 13:48
湖のほとりから・・・さん、ありがとうございます。
はい、こちらは田植えは遅いです。真夏に成長のピークを合わせると、田植えは今頃になります。それだけ暖かいということでしょうね。山間部に行くともう少し早いですよ。
>戦意喪失中です また始めからやり直しですね。少しずつ片づけていくのがコツですよ。全体を見たら嫌になりますから(笑)。
ヒゲおやじ
2007/06/19 13:53
16日のコメント時、蜂に関するアドバイスを有難うございま
した。さすが、いろいろご存知でいらっしゃる。
蜂とはお互い干渉せず、共生していきます。
ベニバナサルビアきれいな色をしていますね。まだまだ咲く
のですね。そうですとも花でもなんでも、峠を過ぎても、
愛情と手入れ次第で、生涯美しい花を咲かせ続けるので〜す。
パンジー
2007/06/19 17:19
パンジーさん、ありがとうございます。
蜂がいないと、野菜や果物、木々や草花も子孫を残せません。
仲良くするのが一番ですね。
それぞれの瞬間で、それぞれに味わいのある表情なんですね。
いつでも輝いていたいものです。
ヒゲおやじ
2007/06/20 11:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
浸水! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる