ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS タケノコ芋はどんな具合かなあ? ちょっと掘り出してみよう。

<<   作成日時 : 2017/03/16 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 10

そうなんだよね。 去年は夏の干ばつでタケノコ芋も全滅。 全く食べられなかったんだけど、辛うじて生き残ったやつを種芋用に保存しておいたんだけど、大丈夫かなあ。 多分大丈夫じゃないと思うけど、ダメなら注文しないといけないのでね。 なのでちょっと確認してみよう。


てなことで、埋けておいたタケノコ芋を掘り出してみたんだ。


これがその場所。

画像

えっ、これって削った草を積み上げてある堆肥置き場じゃん。

そうだよ、今回はここに穴を掘って籾殻でくるんで埋けておいたんだ。
この堆肥置き場は結構地温が高くてねえ。 サツマイモの芽出しにも使ったりするんだよ。



いやー、埋ける前にね、今年はもう無理だろうといつものようにちゃんとした保存方法を採らなかったんだよね。

なので多分ダメだろう。





まずは上の草と土を取り除いて。


ほら、籾殻が出て来たよ。

画像

この中に埋まっているんだけどね。









さあ、出て来た。

画像

うーん、こりゃダメそうだねえ。









ばらしてみると。

画像

ほとんどが成長点の芽の部分が腐っていてねえ。 もしかしたら使えるかもというのがいくつかはあったけど、確信は持てない状態でね。

これではダメだね。 早速種芋を調達しなければ。


調達って?  うん、ネットで注文するんだよ。 地元のホームセンターや種苗店には売ってないからね。


まあ、この芋とも長い付き合いだったねえ。 いまの第一農園で以前にやっていた人からもらったものでね。
それ以来途中で何度か絶滅しそうになったんだけど、何とか持ちこたえて。


でも今回は無理そうだね。 2個や3個はもしかしたら芽が出るかも知れないけど、それでは間に合わないからねえ。






さて、ついでだから畝の準備をしよう。

というのが、折角堆肥を掘り出したので、その土を畝にばらまいてやろうという算段だねえ。


これがその畝なんだけどね。

画像

どうよ、如何にも細いだろう。


開墾した時にはもう少し大きかったような気がするんだけど、これでは野菜は植えられないよね。


てなことで、堆肥の土を投入。



こんな感じだねえ。

画像











土の供給源の堆肥置き場はこんなことに。

画像

予想した通り、ここはモグラの巣になっていたねえ。


まあホントに縦横にトンネルが。 しかも何層にも分かれていて。

こいいう小高いものを作ると直ぐにやって来るんだねえ。 しかも堆肥の発熱で暖かいからねえ。
その上小高いので雨水が溜まる心配がない。 持って来いの高級マンションだなあ。


それを取り崩してしまったので、モグラ君は今夜は何処で寝ようか慌てているかもね。





ついでにこちらも。

画像

左側がトマトだ右側がナスの予定だよ。


こちらは堆肥の土ではなくて、先日開墾した新しい畝から余分な土を持ってきたんだ。


さあ、これで一応準備はできたので、後は急ぐ畝から耕して行くということになるなあ。



というのが今日の話でね。



あ、そうそう。 ちょっと質問があるんだけどね。

実はヒゲおやじのところに質問が来てね。

それが、何でも初心者の方で、今回庭を畑に改造しているんだそうだ。 それで木やなんかを抜いた後に土を入れないと全然足りないよね。

それでその土は何を入れたらいいかという質問なんだねえ。


ヒゲおやじも畑のことなら大抵のことには答えられるけど、庭を潰して畑にした経験はないのでねえ。
どんな土を入れたらいいのか、例えばその配合とかも全然見当も付かないんだよね。

それで、もしこんなことをやったことがあるとか、知っているとかいう人がいれば教えてほしいんだよね。


それは「マハロちゃん」という人からの質問でね。

「庭(植木等が植えてあったのを全て取り除きました)の土が全く足りないので、土を購入したいのですが何を買えばいいのかわかりません。とりあえず2坪以上あります。培養土だけを大量に投入してもダメですよね?黒土とか赤玉土とか買ったとしても割合とかもよくわからないので困ります。 全くの初心者で考えてもわからず爆発しそうです。教えてください」

というお悩みなんだ。


何方か答えられる人がいれば、是非教えてあげてほしいんだなあ。
これは昨日のダイコン用の畝、一丁上がりの記事へのコメントなんだ。


なのでこの記事に直接回答してもらってもいいし、今日の記事にコメントを入れてもらってもいいし、とにかく知っていたら教えてほしいんだねえ。


ヒゲおやじの感覚では、多分かなりの量の土がいると思うので、山土と堆肥を半々くらいに混ぜたものを入れるのがいいのかなあとは思うけど、全然わからないんだなあ。

ヨロシク頼みます。




てなことで、今日の畑。

画像



さて、明日からは第一農園の畝作りを始めるかなあ。



今日も花粉が凄くて、あまり体調がよろしくないんだ。

なので、もう寝ることにするよ。



お休みなさい。





ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 55
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、早速ですが、
私は10年程前に梅の木を植えてあった場所を
野菜畑に変えました。

私がやった方法を簡単に書きますと、
1.掘り起こした木の株や根を全て取り除く。
2.深さ30cm程まで土を掘り下げて、その土を
  傍に敷いた広いシートの上でふるいにかけて
  土と石に分ける。
3.30cm深さの土を全部ふるいにかけたら、
  出た小石を掘り下げた底に入れてならす。
4.その上にふるった土を入れる。
5.次に、バーク堆肥、牛糞堆肥、腐葉土、落葉、もみ殻、川砂、等々
  これら有機資材を少しずつ入れながら土に混ぜる。
6.全体の様子を見ながら、赤玉土やもみ殻燻炭を入れる。

以上、過去を思い出しながら書きましたが、
「マハロちゃん」の庭がどのような土なのか分からないし、
資材のもみ殻や落ち葉が手に入る環境にお住まいでなければ
参考にならないかも知れません。

ただ、私思うのですが
先に大量の土を入れるよりも、堆肥作りのように
「有機資材を入れては土を被せる」を繰り返しながら
何ヶ月か掛けて畑にしていった方が楽しいのではないでしょうか。
ホームセンターには少し袋が破れた「畑の土」「野菜の土」などが
安く売っていることがあるので、見つけたときに買っておいて
利用すれば、それほど費用もかからないと思います。

お急ぎでなければ、野菜作りは来年の春から始めるつもりで、
焦らずに、時間を掛けて土作りを楽しんでください。
紀の国屋
2017/03/17 02:02
そちらにあるか分かりませんがホームセンターのタイムって所で売ってましたよ。確か岡山の会社ですから愛媛にもあるかも。

2017/03/17 08:46
前提が自分と違うので見当違いだったらごめんなさい。

自分が今やっている方法でよろしければ…と思いましたが
紀の国屋さんがやっている方法とほぼ同じですね
ただケチって正しいのかわからない自分流です。

私の所は水がたまるので土をかなり消費して割と足りません3.5メートルの畝を
1.5メートルにわけて残りの0.5メートル分の土を分けています
確かに、1か所分は植えるスペースが減りますが…真ん中を通れる通路と考え
管理のしやすさを重点にしてます、畝を真ん中がないので迂回せず済みます(笑)

私も少しずつ時間をかけて畑を作られた方がいいと思います。
多分、「マハロちゃん」は私達がなぜ分量を教えてくれないのか?
配分が知りたいのになんで?と思われるかもしれません。
実は分量なんてのは存在しないと思ってます。
…なにせ、分量は「本」によって違います。
ネットで分量を正確に書かれている方は教本を用いてるんだとおもいます。
…植物は強いです、教本にあるような土でなくても「適応」してきます。
限度はありますが(笑)
プランターに庭のを敷き詰め、庭の土を入れて育ててる方もいるぐらいです。
正確な分量などは園芸商売の為に小難しく書いてるだけだと思ってます。

脱線しましたが大量の客土(土をもってくる)はおすすめできません。
その土の微生物のバランスが変わると悪いことしかありませんからね
市販の良い土は混ぜてかさまししていくというのが私の思うベターかと
毎月数千円分ぐらいの野菜の土や畑の土って言うような名前の土を
自分の庭土と堆肥と混ぜて環境の変化を緩やかにしてあげるといいと思います。
そうやって悩んで、考えて、楽しんで「マロハちゃんの土」を作ってほしいです
その土は私達には絶対真似できませんからね。
農作業カラス
2017/03/17 09:47
最後、名前を間違えてしまいました、失礼いたしました…
農作業カラス
2017/03/17 09:56
みなさんこのブログの読者だけあって、畑ライフの楽しみ方を知ってらっしゃるようで、ニコニコしながら拝見しました。
たしかに山土だけとか堆肥のみとかはダメなのは分かるけど、正解はないっぽいですね。そうは言っても何かヒントをひねり出すと、、、そこそこ土量が無いと畝作りが難しいので、
@まず庭の土をできるだけふるいにかける(土量が少ない今しかできない)
A山土と堆肥を半々で土量を増やして(コスト重視)、畑を半分に割る!
B別々のやり方で土を育てる。(同じ野菜を植えたら面白いかも!?)
Cダメだったら全部かき回してご破に!!(2坪あったら余程のかたよりはチャラに近付くはず)

育てるってのが味噌で、いきなりベストな状態には成らないし、なってもキープ出来ないのが、プロではない自分たちの泣き所であり、畑ライフの面白さと割りきった方が気が楽になります。
頑張らないで楽しんで!!
長文失礼しました。
もりりん
2017/03/17 21:00
紀の国屋さん、農作業カラスさん、もりりんさん、ありがとうございます。
マハロちゃんさんには、このコメントを参考にするように伝えておきました。 庭を畑にするなんてのは、かなり難しいですよね。 
ヒゲおやじ
2017/03/17 23:21
涼さん、ありがとうございます。
こちらでは作っている人も見たことないくらいですので、大きな種苗店でも売っていないです。
ヒゲおやじ
2017/03/17 23:23
紀の国屋さん。 農作業カラスさん。もりりんさん。みなさん!
本当にありがとうございました!!
どのご意見もとっても参考になりました!!全てのご意見、印刷して保存しておきました。

そして、これから地道に土を育てて何年か後には、みなさんのようなお野菜が作れるようになれればと思います!

皆様からのご意見を絶対に無駄にしないように頑張ります!
本当にありがとうございました。

そしてヒゲおやじさん。初めてのコメントで、私のご相談に乗ってくださり、そしてこうして記事にもしてくださって全国の方々に聞いてくださり本当に感謝です。
これからももちろん頻繁にお邪魔したいと思います。今後、私の庭(畑)もどうなったか報告もかねて、コメントさせていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

最後にコメント下さった皆様、優しく丁寧に教えてくださり、私の為にお時間を使ってくださったこと感謝感激です。
皆様に出会えてよかったです。どうか身体に気を付けて楽しい畑ライフを送ってくださいね(^_-)-☆
マハロちゃん
2017/03/18 07:37
こんにちは、無謀な土壌改良を継続中のまる八です。マハロちゃんに参考になるかわかりませんが、まる八の挑戦を記してみます。
土地は、17年前迄、採石を深さ30cm 埋めた駐車場の跡地でした。その後は、毎年草刈りをしていました。隣地は、農家さんの畑です。他にも土地はあるのですが、ヒゲおやじさんと同じ様に、道路を挟んだ反対側なので、ここに菜園を造る事に決意したのが1年半前です。
先ずは、草退治から始め、根っ子の土は丁寧に落としました。次に、厚さ30cm の採石をツルハシを使い人力で取り除く作業です。土と採石を振るい分けました。次に、牛糞堆肥を混ぜ合わせて、5m(5本)の畝に白菜、キャベツ、大根、ホウレン草、トマトを作ることが出来ました。
この土地は、40坪有りますが、道路側は堆肥置場等に利用して、奥の30坪を菜園にする計画です。現在は、山土を2tダンプで4杯、牛糞堆肥を2tダンプで1杯入れて、混ぜ合わせ厚さ30cm の菜園を造成中です。5坪位は、振るい分けた土があるので後、2tダンプ5台位の山土を入れる予定です。
退職前は、土木建築関係の仕事をしていたので、山土は出来た野菜と交換ですけどね。後、2年位は掛かると思いますよ。

マハロちゃん先ずは、野菜の種を蒔いてください。楽しいですよ。育てながら、土造りをすれば良いんですから。
参考になれば幸いです。

まる八
2017/03/18 11:46
マハロちゃんさん、
心のこもったお礼の投稿をありがとうございました。

余程の粘土質のものを入れない限り、
ほとんどのものは年月を経て土に還っていくので、
失敗することは無いと思います。

皆さんの体験談のそれぞれの良いところを取り入れて
ご自分が納得出来る土作りを大いに楽しんでください。
私も応援していますので頑張ってください♪^^ 
紀の国屋
2017/03/18 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
タケノコ芋はどんな具合かなあ? ちょっと掘り出してみよう。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる