ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トマトの脇芽がわからない? えーっ、なんで?

<<   作成日時 : 2017/06/25 23:10   >>

ナイス ブログ気持玉 139 / トラックバック 0 / コメント 8

実はこういう人が意外にも多いのでビックリ。 これって見た瞬間にわかるのにねえ。 なんでわかりにくいんだろう。 こんな簡単なものがわかりにくいって、何でだろう。 わかりやすくなるためにはどうしたらいいのかなあ。
なんて、暇なもんで色々考えていたんだよね。 そしたら、どうやら視点が違うのかなあと思いついたんだよね。


いや、こういう人が結構多くてね。 これが脇芽ですよと教えてあげても、「えーっ、わからん」という人も。

最近お付き合いが始まった直ぐ近くの施設の超ミニ農園の施設長も、「施設長さん、トマトの脇芽欠きはあなたの仕事ですからお願いしますよ」と言っておいたんだけど、ほとんど何もしていないんだよね。


「あらー、施設長さん脇芽欠きしてないなあ」と言うと、「どれが脇芽かわからんので、間違えるのが怖いからようせんのよ」と仰る。

でも、何度もこれが脇芽ですよと教えてあげたはずなんだけどねえ。 

その時も「何処がどう違うかわからん」と言っていたような。



あ、そうか。 そういうことなんだなあ。 つまり違いがわからないんだ。


ということで、今日は今更そんなことなんだけど、その違いの説明をしようかと思ってね。


はい、これが今日のモデルだよ。

画像


もう慣れている人は見た瞬間にわかるよね。

赤の矢印が芯芽で黄色が脇芽だねえ。


って、なんで見た瞬間にわかるんだ?

あのね、赤の矢印の芯芽は、ほぼ真っ直ぐに伸びているだろう。
それに対して脇芽は、緑の矢印はこれは葉なんだけど、その付け根から出て来るので芯芽に対して角度があるんだねえ。 わかる? 芯芽と葉の付け根から芯芽とは45度くらいの角度で出ているだろう。

だからみた瞬間にわかるんだよ。




そう、ここを見れば直ぐにわかるんだねえ。

画像

この芯芽と葉の間から出ていれば、間違いなく脇芽だからね。


でも、なんでこれがわからないのかなあ。 それを教えてあげるんだけど、「えーっ、わからん」と仰る。








もしかして、ここを見ているのかなあ。

画像

というか、ここしか見ていなかったりして。


ここはどう見ても同じだからねえ。 多少芯芽の方が大きいけど、見た目にはわからないよね。






そんな人に決定的な見極めのコツを。


それがこれ。

画像

赤の矢印が芯芽で黄色が脇芽だよね。

で、よく見ると赤の芯芽には花房が付いているだろう。
これが決定的な証拠だよ。


この時点で花房が付いている方が芯芽だからね。

もちろん脇芽も放置しておくと、次の葉が出た上くらいに花房が付くので、また見極めがしにくくなったりするけどね。


この時点では決定的な証拠なので、訳がわからない人は、これを頼りにするのもいいかも知れないねえ。





もちろんこの脇芽は切るんだよ。

画像




ということで、トマトの脇芽の話しなんだけど、あまりにも初歩的な話しなのでどうしようかと思ったんだけど、見分けが付きませんという人も意外に多くてね。


なので特別初級講座というわけだね。



あ、それともう一つ。 間違って切ってしまったんだけどどうしたらいいですか。 も、多い質問だねえ。

もう切ってしまったものは元には戻らないので、残った脇芽を芯芽として育てていけばそんなに大差なく育つので、そうするといいねえ。 これってナスも同じだからね。 間違って主幹を切ってしまったら、その主幹から出ている一番元気のよい脇芽を主幹に代えて育ててやるといいんだよ。 これでほとんど問題なく育つからね。



ということで、今日はトマトの脇芽ってどれよ、というお話しでした。



さすがに雨期に入ったので雨が多いねえ。 昨夜もずっと降っていたので、今日も作業は無理。


明日も似たような天気らしい。 今週はずっと雨の予報だからね。



また体重が増えるなあ。 雨が降っても飲む量は変わらないからねえ。



ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 139
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
「キュウリの畝は踏み固める」紀の国屋です。

キュウリの畝を踏んで固くする理由は、
「保水性」です。
例えて説明させていただくと、
みなさんが台所で食器を手で洗うときに使う
目の粗いスポンジたわしを想像してください。
そして、水を含んでいないスポンジたわしを
左右どちらかの手に乗せ、その上から水を
垂らして少し経つと、上の方から水が引いて
いくのが分かります。
次に、同じように水を垂らしてから、
持っている手でスポンジを軽く握るように
してみると、手に乗せたままの時より
水の引き方が少しゆっくりになります。

いわゆる「水の表面張力」ということだと
思いますが、先日この方法を用いないトマトの
畝(同じく黒マルチ設置)とキュウリの畝の
マルチを破って見比べてみましたが、
土の湿り具合は全く違っていました。

「固めてしまっては、酸素不足になるのでは?」と
思われるかも知れませんが、これまでの経験から
キュウリにとって酸素不足よりも水不足の方が
深刻な影響を与えると私は考えています。

そしてこの方法は、他の野菜よりも水が必要なのに
根を地表近くにしか伸ばさないキュウリに対する
私の報復措置でもあるのです。笑
水があるんだから、土が固くてもしっかり根を
伸ばして沢山実をつけろ、きゅうり!
って、とこです。
みなさんも来年はぜひ、やってみてください。
おやじさん、こんな訳で踏み固めております。
長くなってすみません。
紀の国屋
2017/06/26 00:29
ヒゲおやじさん。
こんばんは😃🌃です。
アドバイスをお願いいたします🙏キュリの2陣をポットに蒔いたのですが発芽しない理由が❔です、2回チャレンジしたけどやっぱり発芽しないのですが種まきが深いのでしょか?一センチ位は深いでしょうか❔
gamaturu
2017/06/26 20:04
紀の国屋さん、ありがとうございます
なるほど、理屈はよくわかりました。 問題は雪下駄みたいな物を履いて踏むという作業ですねえ。 どのくらいの圧が適当なのか、まあ聞く方が野暮だとは思いますが。 多分適当が正解ですね(笑)。
ヒゲおやじ
2017/06/26 22:32
gamaturuさん、ありがとうございます。
そうですか、発芽しませんか。 理由はわかりませんねえ。
1センチくらいなら問題はないと思いますけどね。 気温とか水とかは大丈夫ですか。毎日水遣りをしたりしていませんか? 乾かし気味の方が発芽しやすいのですよ。
ちょっと掘り起こして見てください。 芽が出かかっているかも知れませんし、腐っているかも知れませんね。
ヒゲおやじ
2017/06/26 22:37
こんばんは。
板を履いての踏み方ですが、
体重70kgの私が、「右足、左足」と交互に
全体重をかけて、畝を1往復します。
それでも少し柔らかい所は右足でドンドンと
叩くように固めます。
まさか、と思われるかも知れませんが
この方法でキュウリは順調に育っています。
プランター栽培の方も、植える前に土を上から
強く押して植えてみてはどうでしょうか。

でも、今この時期ではなくて、
苗を植える頃に書けばよかったですね〜笑
紀の国屋
2017/06/27 01:51
ヒゲおやじさん、
アドバイスありがとうございました。水遣りは2日に一回位のペースです。
本日アドバイスどうり2カップを掘り起こしてみましが、素人目ですが種を
蒔いた時と種は変化してない様でしたのでしばらくの間様子を見てみます。
今後も体を大切にして色々なテーマのブログ更新をお願いします。色々と参考にさせていただきます。
gamaturu
2017/06/27 17:19
紀の国屋さん、ありがとうございます。
なるほどなるほど、そのくらい踏みつけても大丈夫なのですね。
でも、こちらは粘土質の土なので、アスファルトかコンクリートみたいになりそうですねえ。 まあしかし、意味がわかればやり方も工夫出来るでしょう。 来年は何かやって見ましょう。 ちゃんと覚えていればね(笑)。
ヒゲおやじ
2017/06/27 23:07
gamaturuさん、ありがとうございます。
怖がらずに色々やってみるのがいいですよ。それを記録しておいて来年に活かすのです。
ヒゲおやじ
2017/06/27 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
トマトの脇芽がわからない? えーっ、なんで? ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる