ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 二番手キュウリの植え付け! ちょっと遅すぎだけどね。

<<   作成日時 : 2017/06/30 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 91 / トラックバック 0 / コメント 6

畝の準備も苗の準備もできていたんだけど、どうにも苗の太りが遅いんだなあ。
そのうちに連日の雨になって、これはいかん早く植えなければ。
みたいなことで、今日は久し振りの晴れ間が。 ならば早速植えてやろう。


という話しでね。 別に珍しくも何ともないので、それなりにどうぞ。


まあ、毎度のことなのでね。

画像


もう途中は省略でいいよね。 植え穴を開けて水をタップリ入れて、水が引いたら植えつけだよ。


そうそう、ちょっとビックリしたのは穴を掘ってみると、意外に土の中が乾いているんだねえ。
と言っても乾燥しているんじゃなくて、予想以上に濡れていないというか。 もっとベタベタに濡れているかと思ったんだけどね。 湿ってはいるけど濡れてはいないみたいな感じかなあ。



それでね、水を入れるとどんどん吸い込んでしまうんだねえ。 ウソだろう、あれだけ雨が降ったのに。
みたいな感じでねえ。 ちょっと不思議。



で、植えつけ終了。

画像



手前が二番手、その向こうに見えるのが一番手だよ。

本当は遅すぎ。 一番手の花が咲いて実が生り始める頃に二番手の種を蒔いて、収穫が始まる頃には植え付けるのが丁度いいくらいだねえ。


一番手は最盛期で、毎日5本とか6本取れるけど、直ぐに終わるからね。 それに間に合うように植えないといけなかったんだけどねえ。 ちょいと遅れてしまったんだ。




それから二番手ついでに、リッチーなの二番手の種蒔き。

画像


これもまだまだと思っているうちに、あら、早くしなければ状態でね。








だって、ほら、もう三階まで伸びて来ているだろう。

画像

これも今が最盛期でねえ。 毎日4本とか5本収穫しているんだよ。

いくら小姫の好物と言っても、そうは食べられないからねえ。








トマトにカラスが。

前の畑を見ていると、カラスがトマトの畝を行ったり来たり。 あ、やはり来やがったな。
まだ直接の被害はないけどね。 そろそろ色づいてカミさんがボツボツ収穫しているからね。

画像

これはその話しをすると、カミさんが大急ぎで収穫をした後だよ。 だから赤いのはないんだ。







ならばカラス除けのテグスを張ってやらなければ。

さあ、これでどうだ。

画像

と言われても見えないか。

そうなんだよね。 見えては不味いんだなあ。


カラスは見えにくい得体の知れない物を嫌がるんだねえ。

だからハッキリ見えるキラキラテープなんかは、二、三日は様子を見ているけど、直ぐに慣れて全く気にしなくなるんだねえ。
それから鳥除けの黄色い紐も、最初だけだね。 これも直ぐに慣れてしまうんだなあ。

だから役に立たない。


でも透明のテグスは、さすがに不気味なようで、そう簡単には慣れないらしいよ。


カラスのような鳥は、羽を痛めるのが命取りなるので、目に見えない得体の知れないものが触るのを嫌がるんだよね。

だからこれを二段から三段くらいに引っ張ってやると、まず大丈夫だよ。


あ、そうそう、ベランダのハトに悩んでいる人。 これ手摺りの上に15ランチから18センチくらいの高さでテグスを張ってやると効果覿面だよ。

我が家もこれでハトを撃退したからねえ。 




見えない見えないだけでも話しにならないので、これなら見えるかなあ。

画像

あ、そうそう、これね、ピンと張るのがコツだよ。 緩んでいると案外平気で入ってくるからね。


指で弾くと音がするくらいにピンと張ろう。








ということで、これが今日の第一農園。

画像



今日から梅雨の晴れ間。

朝には瞬間だったけどビックリするような大雨。 何事が起きたのかというくらいだったねえ。
それも数分も経たないうちにピタッと上がって、午后からは晴れ間も。


前線が日本海に抜けたんだなあ。 でも暑い。 もうこの蒸し暑さは勘弁してほしいよなあ。
風が当たっているとそれなりに涼しいんだけど、風の当たらないところにいると立っているだけで汗ビッショリ。


明日はもっと気温が高くなるんだとか。 いやー、これはもう熱中症ものだよ。 気を付けなければ。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 91
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒゲおやじ様、始めまして。新築した家の庭で小さな家庭菜園を始めて4年目。このブログをバイブルのように使用させていただいております。
ミニトマトの2本仕立ても、ナスの一枝一果法も、ピーマンの仕立ても、キュウリの子蔓の処理も、支柱の立て方も、すべてです。

本日のキュウリの話題と絡めて、数日前のブログで、キュウリも一枝一果というのがありました。子蔓には実を一個しかつけず、葉をニ枚ほど残してカットするというものですが、そこで疑問というか質問があります。
ナスの場合、一枝一果法では、収穫の際に実だけではなくその実がついている枝から切り落としますよね。キュウリの場合はどうされていますか?
私は実だけを収穫していましたが、たしかにその子蔓は用無し?になってしまうので、子蔓ごと切ってしまった方が良いのだろうか? と思ってしまいました。 ご意見頂ければ幸いです。

これからも勝手ながらバイブルにさせていただきます。
伊達衆
2017/06/30 23:39
ヒゲおやじさん、こんにちは。
相変わらずキュウリ、リッチーナなど蔓物が立派ですね!
こちら、キュウリの苗がなかなか上手に作れず
もたもたしておりますが、自家採種からのリッチーナの苗は
まあまあで、親蔓が伸びてきました。
スペースがない狭い畝なのでφ16×1900支柱で
合掌型に組んで栽培です。

youji
2017/07/01 11:47
東海地方は午前強雨、午後カンカン照り。真夏の暑さ。

野菜も雑草も急激に成長しています。
トウモロコシも実が急成長中。カラスの鳴き声が気になりました。
トウモロコシの南はきゅうりで、100均の180cmのキューリネットを
二枚しつらえてあります。色は深緑色で遠目には見えません。
なので、二列のトウモロコシの北側に簡単な柱と梁をたてて
トンネル使用後の不織布でカーテンのようなカラスよけをつけました。
この不織布は、去年の夏過ぎ、白菜とキャベツのトンネルに使い
その後、雪の時の玉ネギのトンネル、トウモロコシ播種の鳩よけ、
オクラの鳩よけ、枝豆の鳩よけと活躍したものです。
あちこちにだいぶ穴が開いているのですが、カラスよけならOKでしょう(笑
マタ
2017/07/01 21:03
伊達衆さん、初めまして。 ありがとうございます。
なるほど、そうですねえ、切ってしまってもいいし切らなくてもいいような。 というのもこの子蔓からまた孫蔓が出るので、それを育てる手もあるのですよね。 ただし、親蔓の体力が持てばの話しですけどね。
なのでやってみるのもお勧めですよ。 なんでもやってみなくては。
ヒゲおやじ
2017/07/01 23:06
youjiさん、ありがとうございます。
リッチーナは結構上に上がる力が強いので、立体栽培には向いていますね。
でね。実が地べたで巨大化していたりするのでご用心ですよ。
葉が大きいので見えないのですよ。
ヒゲおやじ
2017/07/01 23:08
マタさん、ありがとうございます。
ははー、なるほど、色々工夫するものですねえ。 いやー、毎回面白いです。 ヒゲおやじの代わりにブログ書いてもらえませんか?
こちら些かネタ切れ気味で(笑)。
ヒゲおやじ
2017/07/01 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
二番手キュウリの植え付け! ちょっと遅すぎだけどね。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる