ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キャベツの植えつけと撤収と! もうこの時期は忙しいねえ。

<<   作成日時 : 2017/09/09 23:28   >>

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 4

キャベツは早く植え付けなければ。 下手すると老化苗になってしまうからねえ。
老化苗といえば、ホームセンターなんかで買うときは注意した方がいいよ。 大きな立派な苗は敬遠した方がいいかもね。 少し小さめの元気の良さそうなのを買うと、まず大丈夫かなあ。



で、植え付けるのはこちら。 もちろん先日準備をした第二農園だよ。

画像

表面を綺麗に均して。







株間35センチで植え穴をあけて。

画像

ここにしっかりと穴に溜まるほど水を遣って。

これが大事だよ。 乾いた土に植え付けて、後から水遣りをしてもなかなか中までは浸透しないからねえ。
こういうやり方をすると、ほぼ100%活き着くからね。








植えつけが終わったら。

画像









いつものように鉄壁の城壁を。

画像

これはもちろんヨトウムシとかダンゴムシやナメクジから防御するための城壁だね。


ただ、これで100%大丈夫ということはないからね。 まあ、10本に1本はやられることもあるかなあ。
でもね、これがないと半分くらいやられてしまうこともあるのでね。


だからこれは欠かせない防御策だねえ。










さて、二番手のキュウリを撤収。

まだ少しは実を付けてはいるんだけど、他のものも植えないといけないのでねえ。

まあ、狭いところで野菜を作っていると、こういうことも多いんだよね。

画像

今生っているものを全部収穫。








で、ズルズルと引き下ろして、撤去してしまおう。

画像

これで後は支柱を撤去すれば終わりだねえ。








ところが一番手のコンパニオンプランツで植えたネギが残っているんだねえ。

画像

役に立った? うーん、いやー、よくわからん。


確かに病気にはなりにくかったような気もするけどね。

でもね、これは後から植えたからねえ。 本当はキュウリを植え付けるときに、一緒に根を絡ませるようにして植え付けるんだそうだ。


でも、それって難しいよね。 だって、キュウリの苗とネギが同時期に植え付けタイミングでないと無理だからね。



まあしかし、これを捨ててしまうのも勿体ないので、三番手のキュウリの周りに植え付けてやるかなあ。

ということで、全部引き抜いて。

画像


あらま、結構あるなあ。








で、三番手のキュウリの周りに無理矢理植え付けたのがこちら。

画像











はい、これでキュウリの撤収はお終い。

画像








この際撤収ついでに隣のリッチーナも撤収してしまおう。

画像

もちろん一番手の方だよ。


まあしかし、これはなかなかの難敵だよ。 蔓が長いし込み入っているからねえ。









うわー、こんなに採り忘れというか、気がつかずに大きくなってしまったものが。

画像

はい、この画面の中に何個あるでしょう?

パッと見ただけでも5個とか6個あるよね。









それを取りだしたのがこちら。

画像

真ん中のやつは特に巨大。

計ってみたら50センチを越えていたよ。 当然これから種を採りましょう。

でも、包丁が立つかなあ。









さあ、取り敢えず撤収して支柱だけになったよ。

画像


よし、これもやってしまおう。 でもちょっとめんどくさそうだねえ。

はいはい、そのとおりで、何しろ竹の支柱がもの凄く多いだろう。
これを結束している紐を外すのが大変な作業なんだよね。


で、その結束している紐を外して、後どうする?  そのままバラバラと落としていく人もいるけど、これってまた拾わないといけないんだよね。 なのでヒゲおやじはレジ袋を紐で腰に巻き付けて、外していく度に袋に入れるんだねえ。 これ絶対にいいよ、後が楽だからね。





さあ、一番面倒な竹の支柱を外してしまったよ。

画像

ここが一番時間がかかったねえ。


でもあれだよ、結束の仕方を統一しておくと、常に一定の方向にピッと引っ張ると外れるんだねえ。
これをあちこちと適当に、しかも結び方も適当にやっておくと、外すときは大変なんだよね。

だからヒゲおやじは常に一定の結び方で、どちらの方向に引っ張れば外れるかというのを決めているんだよね。
なのでこんな複雑な支柱でも、それほど時間はかからないんだよ。

後は金の支柱だけだから。 これは数も少ないしね。






それも粗方外してしまって。

画像












さあ、取り敢えず支柱は全部撤去したけど、これではちょいと見苦しいよねえ。

画像

こういう大きな野菜が植わっているうちは、それほど気にならないけど、それが退いてみるとやけに気になるんだよね。









ということで大急ぎで、大きな草だけを除去。

画像


こんなもんで如何かなあ。











てなことで、今日の第一農園。

画像

どうよ、随分とスッキリしただろう。



そうそう、キュウリの後は、えーと、何だったっけ。 あ、コマツナとホウレンソウとシュンギクを蒔く予定だよ。
リッチーナの後は? いやー、まだ決まっていないんだ。 もしかしたらソラマメかも?




それにしても今日は随分と涼しかったなあ。 風が冷たくてね。 朝方は寒さで目が覚めたくらいだからねえ。

もちろん日差しが強いので、動けば汗は出るんだよ。 でも、直ぐに乾いてしまう。 楽だねえ、こういうのって。



明日も同じような天気で、月曜日からは雨の予報なんだ。

さて、どうするかなあ。 取り敢えず急ぐところはやったので、明日は玄関の槇の手入れでもするかなあ。
カミさんに言われているのでね。 でも、風がなければの話しだけどね。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 67
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

9月に入ると、農作業も片付けと植え付けを同時期に
しなければならないので忙しいですね。^^

今日、初めて使う人参のコート種子の「甘美人」
300粒を6mの畝に2cm間隔で蒔きました。
おやじさんの指導通りに22mmの直管パイプを
畝の上に押し当てて蒔き溝を作って種を蒔きましたが、
「蒔いた」というより「置いた」が正しいかなと
終わってから思いました。笑

そして、種の上に種蒔き用の土を被せて、
角材を上から押し当てて、土と種を密着させてから
ジョロで軽く水遣り、そして、もみ殻を薄く播いて
またジョロの水でもみ殻を湿らせておきました。

今日の作業はここまでで、明日は不織布のトンネルを作り、
芽が出て葉が成長するまでの防雨対策をする予定です。
人参の芽が出ないという方が何人か見えましたが、
やはり猛暑と雨不足が原因なのでしょうか。
紀の国屋
2017/09/10 01:08
こんばんは。いつも楽しく拝見させていただいております。
ネギをコンパニオンプランツに使うと日陰になり最悪消滅するため、
ニラのほうが良いかと思います。
日陰でも大丈夫だし雑草並に強く繁殖力もあります。
ニラは種が市販されていますが知り合いの方でニラを
栽培されている方がいれば株分けするのが早いです。
定植時にニラの根と絡ませて植えつけます。
自分は植えつけ苗と同程度の大きさのニラの株を使用しています。
(毎年使用するので大量にニラの株があるためです)
明確な効果は自分も同じように「?」な面がありますが、
生育初期だと病気になりにくくなったような気がします。
多分成長することでニラの効果が薄まった、根がニラと接触
しなくなったため、ということでしょうか?
あとニラはメインの野菜の栽培が終わっても残るので畑の
邪魔にならないところに移植しておき次回まで保存します。
当然食べられますがどうしても葉が固くなります。
途中で「捨て刈り」をし、新しい葉を利用してください。
いつも情報ありがとうございます。
ソラマメやタマネギの播種・定植時期はこちら頼みです!
暇人さん
2017/09/10 22:30
紀の国屋さん、ありがとうございます。
これはベストのやり方ですねえ。これで発芽しなければ種が悪いでしょう。ここまでやる人も滅多にいないと思いますけどね(笑)。
ヒゲおやじ
2017/09/10 23:04
暇人さん、ありがとうございます。
なるほどニラも使えるのですね。 ニラは植えているのでいくらでも使えます。 植え方は同じようですね。 では来年はそのやり方でやってみましょう。情報、ありがとうございます。
ヒゲおやじ
2017/09/10 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャベツの植えつけと撤収と! もうこの時期は忙しいねえ。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる