ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 畝割り計画完了! と言っても「仮」だけどね。

<<   作成日時 : 2018/01/28 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 14

どういうこと? って、一応の畝割りは出来たんだけど、いままで一度もそのとおりになったことはないんだねえ。
あのね、これはあくまでも仮置きみたいなもんで、取り敢えずはこの計画で行きますかということでね。
でもこれがないと畑が動き出さないので絶対に必要だよ。


取り敢えずと言えども計画は計画。

これをやらないことには春の農作業は始まらないよ。

画像

グリーンの所はまだ野菜が植えてありますよという印でね。

その中で赤字で表示してあるのが植え付け計画だよ。


こんなもん作るのは簡単なんだけど、なかなか面倒くさいんだよね。
今現在植えてあるものが何時撤収になるのかが一つの大きな問題なんだよね。
それを考えながら、履歴図を見て連作にならないようにとか考えて。


まあ、一番難しいのは撤収時期かなあ。

これが毎年一定なら至って簡単なんだけどね。 ところが気温やら天候やらで毎年変わるんだよね。
例えば極早生のタマネギ。 これなんかは早ければ4月の上旬にはなくなってしまうんだけどね。 ところが遅いと5月の頭くらいまであったりして。 そうなるとその後に植えようと思っていた野菜の計画が狂うだろう。

ソラマメなんかも昨年は随分遅くまであったしねえ。


そんなことで、多分このくらいには撤収の予定だから、その後にというつもりで計画を立てるので、実際には全然違ったりしてね。

まあ、それは仕方がない。



で、今回は1年の前半、つまり春夏野菜を意識して6月くらいまでの予定を計画したんだ。

画像

でも、2番手3番手はパスだよ。 そんなもんどうなるかわからんからねえ。


後はやってみての結果次第で、極めて流動的な計画だね。



でも、これをやっておくと、畝作りの順番が決まるんだよね。 さすがに2月3月くらいの計画は狂わないからね。
もうこのままで畝作りをやっていけばいいのでね。


こういうのがないと、思いつきで畝を作ってもなかなか難しいんだよね。


いやー、なかなか頭の痛い作業だったよ。
ああでもないこうでもないとあちこちひっくり返して、おー、これがいいと思ったら連作だったりしてね。


今日は朝から雨だったので、こういう作業には打って付けだね。 途中でしんどくなったけど、どうにかやっつけたよ。


無計画というのも一つの計画ではあるけど、できればこういう作業もやってみてはどうかなあ。
嫌いでなければ結構面白い作業ではあるけどね。




明日は一応雨は上がる予報だけど、当然畑仕事は無理だよね。

今日は一日体を動かさなかったので、また歩きに行くかなあ。




ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

おやじさんが作る野菜は、種類が多いから
計画表作りは大変な作業ですねー。

私の計画表は、おやじさんの表の左の上の5畝
(ネギ、コマツナ。ソラマメ2、大根の部分)を
一枚の畑としたら「1畝1種類」と決めて、
まず今年の春夏野菜を決めます。
そして、その下の5畝には、今年の
秋から冬に植える野菜を書きます。

で、三段目は、また翌年の春夏野菜と
なりますが、連作を避けるために、
「前年の畝より1畝左へ」と移動させるので、
四段目も1畝左へ移動して、秋冬野菜となります。

次に、それぞれの野菜名のすぐ下に、
直近にやるべき作業と時期を色分けして書き、
その後の大事な作業を下方へと書いていきます。
パソコンでやると、どんどんページが下方へ
増えていくので作り易いです。
このようにして、今、平成33年まで出来ています。
(平成33年は年号が変わるから無いのかな?)

例えば私は「大玉トマトの後には大根」と
決めているのですが、これを実行する為には
トマトを早く終わらせる必要があるので、
「低段密植栽培」とし、3〜4段から上で
芯を止めるやり方で早く終わらせます。
8月末の大根の種蒔きの頃には、もうトマトは
影も形もありません。
畑を有効に使うコツは、「さっさと諦めること」
ではないかと思っています。笑

春夏、秋冬と栽培時期がはっきり区別出来る
野菜に限定したら、気楽になりました。
紀の国屋
2018/01/29 01:45
ひげおやじさま
初めまして! 東京より楽しみにブログ拝見しております。
私のお庭は、玄関前の猫の額ほどの小さいものですが、いつかおやじさまのような畑活動ができることを夢見て、このブログで勉強させて頂いております。

野菜作りは昨年から始めたのですが、おやじさまのお勧め通り、連作障害、そして、畑割り、その他もろもろを考えてみて、結局トウモロコシを考えるに至っております。
おやじさまは、なぜ、野菜作りのリストにトウモロコシを入れていらっしゃらないのですか?
「毛虫が大量発生する、来てほしくない鳥がきてしまうなど、大きい理由があるのかなあ」など、考えています。
もう、思い切って伺ってみようと思い、コメントしてみました。

いつも楽しい記事をありがとうございます。
りりー
2018/01/29 10:32
紀の国屋さん、ありがとうございます。
それがやれれば簡単なのですけどねえ。 畑を4分割して何度か挑戦したのですが、結局撤収時期が合わなくて挫折です。 思い切りよくはそのとおりですが、まだガンガン実が生っているのに撤収も出来なくて。
それとソラマメだのタマネギなんかを植えてしまうともうアウトですよ。それとネギもダメですねえ。長すぎます。7ヶ月から8ヶ月かかりますし特にネギなんかだと10ヶ月以上ですからねえ。もう回しようがなくなって止めてしまいました。6区画くらいあると何とか回りそうな気もしますけどね。
ヒゲおやじ
2018/01/29 22:29
りりーさん、ありがとうございます。
そうですねえ、トウモロコシは家庭菜園のトップスリーに常時入っている野菜ではありますね。 でも、これは作るのが難しいのですよ。 ヒゲおやじも畑を始めた当初は何年かやりましたけど、とても無理と諦めました。
まずはアワノメイガの幼虫に食い荒らされてほぼ全滅です。防ぐにはかなり頻繁に殺虫剤を投入する必要があります。 ようやくみのり始めると次はカラスです。これで完全に全滅です。 なのでこの二つを防ぐ方法がなければ難しいですね。 それとトウモロコシは一株に一個しか実を付けさせませんので、それがやられたらお終いです。沢山付けさせる人もいますが、それは実も小さいし味も悪いのです。なので経験者ならともかく初心の方にはお勧め出来ませんねえ。スーパーで売っているトウモロコシは相当な頻度で薬がかかっていますのでご用心ご用心です。
ヒゲおやじ
2018/01/29 22:37
こんばんは。
回答いただいてありがとうございます。

玉ネギはこれまで2回挑戦し、それなりに
上手く出来たのですが、沢山の玉ネギを
吊しておく場所に困ったので止めてしまいました。
そらまめは、家族が好まないこともあって一度も
作ったことがありません。

ただ、九条ネギについてはおっしゃるように
栽培期間が長いので、3月の種蒔き時期に
畦波板1枚の端と端を繋いで円柱状にし、
それを畑の何も植えない場所に何個か並べ、
土を入れてここに種を蒔いて8月まで育てます。

そして、8月に入ってキュウリを撤収した場所に
葉を半分に切ったネギを植え、翌年の3月まで育てます。
ネギをこのように栽培しておりますので、
次の作物の邪魔になったことは、ほとんどありません。

ネギは暑い時期は成長しないのと、根っこさえ生きて
いれば、秋からの成長で間に合うと思うので
このような方法で楽しんでいます。

おやじさんの計画表には恐れ入りました。
ありがとうございます。
紀の国屋
2018/01/30 00:19
おはようございます。連日の寒さ!!まだ雪が溶けません。
トウモロコシは農薬なしでは無理でしょうね。よほどハウスでネットをかけて早だし栽培するとかしないと。私もデナポンを2回撒いてやっと収穫します。場所によってはマルチとトンネルで低農薬栽培されてる方もいますが、なかなかの手間ですね〜。時間があるならオススメしますが。

最近は蛾の卵を産ませないライト等の設置でかなり低農薬栽培されてるという話を聞きますが、桃かなんかだったかな?
あと、トウモロコシとトマトを近くで栽培すると被害が2倍くらい、いやもっとかな?オオタバコガとアワノメイガがやたら大量発生しました。育てるときは気をつけて下さい。

今年は穴底植えで禁断の2本植えをやってみようと思っています。ちょっと楽しみです。
ラビット愛
2018/01/30 06:24
おやじさま
ご回答いただきまして、本当にありがとうございます!
アワノメイガに加え、カラスも大敵だったとは、恐ろしいですね。
都内のカラスの被害は、大変なもので、もはや鳥と思ってかかってはならないのでございます。
と、なると、トウモロコシに代わる何かを検討早急に検討せねば!
おやじ様の連作および畑割りの資料とにらめっこしながら、頑張ります。
いつも素晴らしい記事、ありがとうございます。
りりー
2018/01/30 06:47
東海地方は、立春前の極寒期の真っ最中。
今朝も乾いた雪がうっすらと車に積り、ドアは凍って開かず。

トウモロコシは、完全無農薬で二年目もまあまあでした。
種が安かったのでハニーバンタムという品種。一か所三粒蒔き。
本葉2〜3枚で一本に間引きですが、植え替えたら育ちました。
ベビーコーンも食べたいから、という理由での摘果以外放任。
アワノメイガは限りなく巣食います。自分なりに到達した防御は
雄花にある程度まで居させてから雄花を切断してしらみつぶし。
方法は、切った雄花で人工授粉させてから分解して一匹づつ補殺。
二年目の昨夏はこの方法で雌花までの被害は相当軽減できました。
その後の実のカラスからの防御は不織布のカーテン張り。
トウモロコシの高さにカーテンレールのようにトンネル骨を渡し
そこに不織布をカーテンのように洗濯バサミでとめただけ。
これで、ちょうどよい実を毎日収穫して、相当長い間、毎晩
茹でトウモロコシがビールのアテになりました。
マタ
2018/01/30 19:24
紀の国屋さん、ありがとうございます。
なるほどなるほど、それなら何とかなりそうですねえ。
ふーむ、ネギはそうやるんか。 うーん、納得。 そういうやり方は思いつきませんでしたよ。 よし我が方も何とか工夫してみましょう。 いやいや、参考になりました。 ありがとうございます。
ヒゲおやじ
2018/01/30 23:10
ラビット愛さん、ありがとうございます。
今頃は資材も工夫されて色々あるようですけど、そこまで頑張って作るほどのものでもないしなあとか思ってしまって。 ヒゲおやじはスイートコーンは食べないので、孫達に何とかとは思ったのですけど、早々に諦めて退散です。
ヒゲおやじ
2018/01/30 23:13
りりーさん、ありがとうございます。
直ぐ下のマタさんからのコメントで、やり方を教えてくれています。
もし馬力と根気とやる気があれば(笑)、やってみてください。
ヒゲおやじ
2018/01/30 23:14
マタさん、ありがとうございます。
なるほど、やればできるのですねえ。 でもヒゲおやじはそこまで馬力も粘りもありません。 特にスイートコーンは自分では食べないので、あまり執着がないというのが主な原因でしょうかねえ。 昔はトウモロコシに虫なんか来なかったのですけどね。スイートコーンが出回ってから来るようになりましたね。今では昔ながらのトウモロコシにもやって来ます。虫の方が進化したのかも。
ヒゲおやじ
2018/01/30 23:19
マタさま おやじさま

おやじさまのブログのおかげで、マタさまの情報をいただくことができました。ありがとうございます。
マタさま、トウモロコシの情報、とても参考になりました。
ありがとうございます!
やはり、毛虫と一緒に暮らしていく覚悟でやるしかないのですね。
収穫された作物でお酒を楽しむのが、本当に追求したいスタイルでして、それを実現されていらして、うらやましい限りです。
もう、お二人からここまでの情報をいただいたので、毛虫と一緒に暮らす覚悟が出来ました。(都内の極小庭なので、窓を開けたらすぐ毛虫になるの必至)
当方、野菜作りを始めたばかりの初心者ですが、お二人のスタイルをめざしてがんばってまいります!
おふたりも、お身体に気を付けて、頑張ってくださいね!
りりー
2018/01/31 10:25
りりーさん、ありがとうございます。
そうですか、それは楽しみですね。 頑張らずに楽しんでくださいね。
ヒゲおやじ
2018/01/31 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
畝割り計画完了! と言っても「仮」だけどね。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる