ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トマトの仕立てと支柱立て! そろそろやっておくかなあ。

<<   作成日時 : 2018/05/25 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 74 / トラックバック 0 / コメント 12

ここ数日トマトが急激に成長してきたので、そろそろ仕立ての支柱を立てないといけないかなあという話しでね。
何か今年は気候がとんでもなく不順で、暑かったり寒かったりでねえ。 なんか野菜達も戸惑っているような。
でもトマトは気温よりは日照時間に敏感なようで。 



これが今日のトマトの様子だよ。

画像


何となく一気に大きくなってきたような気がするねえ。








で、仕立てのモデルさんを探しているんだけど。

ああ、これなんかどうかなあ。

画像


えーと、赤の矢印が本来の親芽だよ。 それで黄色いのが第一花房の直ぐ下から出ている脇芽だねえ。

それで、この2本を親芽として育てるんだねえ。 そう、今年も2本仕立てだよ。
でも、これが出来るのは基本的にはミニトマトだけ。 1本でも2本でもほとんど実の大きさや1本当たりの収量に変わりがないんだねえ。 つまり2倍の収穫が期待できるということだねえ。

なので、ミニトマトを育てるなら2本仕立てがお得だよという話しでね。


ただし大玉はこの手法は使えないよ。 これは球数を厳しく制限しなければ。
ならば中玉は? うーん、微妙かなあ。

球数を言わなければ十分可能だねえ。 つまり一房当たりの球数はもしかしたらちょっと減るのかなあ。
でも、こんなもんだと思えばそうだしねえ。

1本と2本の差はわかりません。 というくらいの違いだね。
ならば数が多いだけ儲けもんということかなあ。




それぞれに斜めに支柱を立てて。

画像

ここを無理しないのがコツだよ。


なるべく自然の姿勢に合うように支柱を立ててやるんだ。







結果はこんな具合で。

画像


これで斜めの支柱の上部に達したら、縦の支柱に添って上に伸ばして行くんだねえ。

それでこの支柱の頂点を越えたら芯を切る。 後は実の充実を待って撤収という段取りになるんだ。


あのね、トマトは本来は多年生の植物なので、そのまま育てれば冬越しをしてまた来年も実を付けるんだけど、そんなもん待っていられないよね。 それとトマトは本来は地這い性の植物なので、横に寝させて栽培するといいらしいんだけど、これは管理が難しいよねえ。 どうやって脇芽欠きをするんだ? みたいなことになってね。



そうそう、脇芽欠きと言えば、ついでに全部脇芽も欠いて。

それから初花房の実は早めに摘み取るべし。 だよ。

これが初花房の実。

画像


これは実が付くのを確認したら、直ぐに除去しよう。 花房の段階ではまだ実が生るかどうかわからないのでね。
それを確認してから取ってしまおうということだねえ。


何で? うーん、実はヒゲおやじも本当に詳しいことは知らないんだけど、何でもホルモンが関係しているらしいんだよね。

初果が付かないのを放置すると、その後も実が付かないらしいんだよね。
その場合はホルモン剤をスプレーしてやったりとかしないといけないらしいんだ。


だから初花房に実が付くのは必ず確認しないといけないんだそうだよ。

それで確認したら直ぐに除去しよう。 これはどんな果菜類も同じだねえ。
初果は絶対に大きくしない。 これ鉄則だからね。

実が付いたって大喜びして大きくしてしまっては、その後の実付きが悪くなるからね。


これは植物はみんな同じで、子孫を確実に残すための手段として実を付けるんだからね。
その実が早々に付いてしまうともう安心。 後は適当にということになってしまうらしいんだ。

それが初果を取ってしまうと、これは大変なことになったと、大慌てで次々と実を付けることになるらしいんだねえ。



なので、どんな野菜でも、初果は大きくなる前に取ってしまおう。 キュウリやナスも同じだよ。


ということで、取ってしまいました。

画像










はい、トマトの仕立てと支柱立てはこんな具合で。

画像

どうよ、格好いいだろう。


今年も強度を要求されないところは全部竹の支柱を使ったんだよね。

まあ、安いというのも魅力なんだけど、それよりも野菜に優しいということかなあ。
つまり金属の支柱は扱いやすいし強度も高いんだけど、夏の直射日光に当たるとかなりの高温になってしまうんだよね。 人が触ってもハッキリ熱いとわかるからねえ。


ところが竹はそんなに熱くはならないんだねえ。 なので特に蔓物の場合は竹の支柱がお勧めだよ。
蔓物は熱い金の支柱を嫌がるからね。




ということで、トマトの支柱立ては終了。






今日の畑はこんな感じ。

画像

毎年今の時期はこんな感じだけど、やたらに構造物が目立つよねえ。


昔の野菜は横に広がったけど、今の野菜は立てに伸びるんだよなあ。


なのでこんなことに。





さて、明日も晴の予報なんだけど、もしかしたら真夏日になるかも。

いやー、もう本当に大変だよ、暑かったり寒かったりで毎日着るものが変わるのでねえ。
今日なんかはもう丸きり夏スタイルでね。



明日はもっと暑いらしい。 
野菜達は喜んでいるけど、人間様はなかなか体が付いて行かないからねえ。 熱中症にはご用心を。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 74
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。うちのミニトマトは一本仕立てと放任栽培と2ヶ所にしました。
味で言えば一本仕立ての方がはるかに美味しい気がします。放任栽培はとにかく楽ですが、多少紐で吊るさないといけなくなりますかね。今のところ藁の上でねっ転がってます。

今日はパプリカの青いのを3個、キュウリの一番果を一本収穫しました。ピーマン類もなかを空かしてやらないと虫がよってきますね。
ラビット愛
2018/05/26 16:50
こんにちは!毎日楽しか拝見させてもらってます。 今年の晩生玉ねぎの収穫はいかがでしたでしょうか?
じぞう
2018/05/26 19:52
このブログでソラマメの清水一寸を紹介してもらって、大急ぎで種を取り寄せ、上手く出来ました。あと、2週間放置して種を取るので、私の所の定番品種になりそうです。
あき
2018/05/26 21:30
こんばんは。トマトの子孫の話よく分かりました。
育ちも違いますねさっそく取ってみようと思いました。
ムチムチおばば
2018/05/26 21:51
ラビット愛さん、ありがとうございます。
トマトは本来多年生の草なので、地這い性があります。 寝させたままで育てる方法もあるのですよ。 でも、脇芽かきはやらないといけません。

ヒゲおやじ
2018/05/26 23:44
じぞうさん、ありがとうございます。
収穫はまだ少し先になります。 ようやく倒れ始めたところですから。
なかなか大きくならないので心配していたのですが、結構大きな玉に育ちましたねえ。
ヒゲおやじ
2018/05/26 23:45
あきさん、ありがとうございます。
そうですか、それは何よりでしたねえ。 清水豆は気難しいところがあるので、なかなか難しいのですよ。
ヒゲおやじ
2018/05/26 23:47
ムチムチおばばさん、ありがとうございます。
はい、この話は「そんなバカな」と言う人も多いのですが、実際の研究で証明されていますので、是非やってください。
ヒゲおやじ
2018/05/26 23:49
こんにちは、急のコメント失礼します。
一歳の子を育てながら プランターでもトマトと茄子を育て始めた母です(お腹には夏に生まれる子も居ます)。
周りも野菜に関してはほぼ無知で、調べては実行し毎日朝夕と様子を見ていますが、何やらトマト(秀美トマト、桃太郎トマト)の様子が。。とても困っています。いま80cmほどの長さに育っています。実もいくつかついてきています。が。1番上あたりの花や葉がへろへろのまま。なかなか実も大きくなってるとは言えない気がします。
あまり肥料はやり過ぎたらいけないと過去ブログや情報誌で拝見しました。
プランターが悪いのか(プランターに2株植えています)、肥料か、日当たり(玄関前のあたりにあります)、水の量?もう分からずお手上げです。
ぜひ何か助言いただけないでしょうか?
写真などあればお伝えしやすいのに、拙い文のみですみません。
トマトが好きな息子に食べてもらえるように頑張って育てています。
新米二男児の母
2018/05/30 17:39
新米二男児の母さん、初めまして。 ありがとうございます。
そうですか、身重な体で頑張っているのですね。
はい、仰せの通り写真か何かないと、全くわかりません。と言ってしまえば身も蓋もないのですけど、実は農地栽培とプランター栽培は全くやり方が違うのですよ。 肥料も水も丸きり違います。 もちろんトマトの脇芽を取るとか、ナスの一枝一果法なんてのは同じですけどね。 例えば農地栽培ではトマトに水を遣ることはまずありません。 でも、プランターではそうは行きませんよね。様子を見て乾いていたらやらないわけにはいきません。
そんなことで原因は全くわからないのですが、もしかしたら水かなあという気はします。やり過ぎは禁物で、毎日は絶対ダメですよ。土の中に指を差し込んでみて、乾いていたらやってください。 多分肥料は関係ないでしょう。 それで萎れる事はないですからね。
それから、プランター栽培の専門家の本を一冊買ってください。 深町貴子さんの本がいいでしょう。 この人はプランター栽培の専門家なので、そういうことにも詳しいですからね。 病気の可能性は少ないと思いますけど、ハッキリ言って全くわかりません。 悪しからず。
ヒゲおやじ
2018/05/30 23:27
通りすがりのコメントで助言して頂いて嬉しいです。
本、読んでみます。
お水はかなり控えていましたが(葉がしおしおになる程)乾いたらたくさん遣る、あと気温が少し上がったからか実が膨らんでる気がします!
産前産後はなかなか手入れが難しいですが少しずつ育てようと思います。
ありがとうございます。
新米二男児の母
2018/06/04 17:31
新米二男児の母さん、ありがとうございます。
いやいや、通りすがりであろうと何であろうと、これはご縁というもので。
触れあうのも家庭菜園の楽しみの一つですね。
無理をなさらないように、生まれたらまた報告してくださいね。 楽しみに待っていますよ。
ヒゲおやじ
2018/06/05 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
トマトの仕立てと支柱立て! そろそろやっておくかなあ。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる