ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カボチャの棚作りとエンドウの撤収! 

<<   作成日時 : 2018/05/26 23:29   >>

ナイス ブログ気持玉 79 / トラックバック 0 / コメント 7

カボチャはそろそろ蔓が伸び始めたので、棚を作ってやらなくては。 もちろん今回も空中栽培だよ。
これねえ、狭い畑でやっている人は絶対やるべきだね。 横に広げるのではなくて上に立ち上げればいいんだから。 縦か横かの違いだけでね。



実はこれ三日がかりの作業なので、それを一々説明するのも面倒でね。

なので、こんな形という結果だけになるけど。


まずは今のカボチャの様子だね。


これはえびす系のホッコリだね、多分。

画像

ほら、蔓が伸びてきているだろう。

これは親蔓を摘芯して、子蔓の3本仕立てにするのが定番だねえ。

でも、品種によっては親蔓を育てるものもあるので、何でもそのやり方でいいというわけではないんだよ。
そこら当たりは種袋にちゃんと書いてあるので、そのやり方を守るといいねえ。






こちらはリッチーナ。

画像

こちらは毎年適当だねえ。

もの凄く子蔓が出るので、適当に切りながら基本はカボチャスタイルだね。



で、これを地べたでやると、かなり広いスペースが必用なんだねえ。
それで畑をやり始めた当初から立体栽培が出来ないかと試行錯誤して。

こういう棚を作るとそれなりに上手く行くというのがわかって、まあ、棚の作り方は毎年少しずつ変わったりはするんだけど、基本的にはこんな感じでね。




まずは棚を作るための基本的な支柱を立てて。

画像

言ってみれば骨組みだね。

柱を立てて梁を張ったという状態だね。



ここに床を張っていくんだけど、もちろん竹の支柱を渡すだけだからね。





ということで、出来上がり。

画像


この後はしばらく地べたを這わせた後、二階に誘引していくんだよ。

それで間に合わない場合は三階も棚を作るんだ。


でも、過去の経験から言うと、あまり高いところには上がりたがらない様子でね。
二階で治まってくれると有り難いんだけどね。




ということで、もう支柱が林立で、まるでジャングルジムみたいな感じになってきたなあ。

画像








さて、エンドウもそろそろ終わりの時期でねえ。

この際撤収しようか。



まずは実エンドウのウスイ。

画像

今年は本当に豊作で、最初の出足はなかなか花が咲かなくて、これで大丈夫かなあと思ったんだけどね。

ところが途中からもの凄い数の花が付いて、これでもかというほど実が生ったねえ。
こんなに沢山実を付けたのは久し振りかも知れないね。

お陰で、毎日堪能するほど食べられたよ。



まずは横に張った紐を全部外して。 それから根を引き抜いて。
後はバリバリと引き下ろせば簡単に撤収出来るからね。



さあ、撤収完了。

画像

支柱はまた今度暇なときにでもやろう。







それからキヌサヤとツタンカーメンも撤収してしまおう。

画像


本来キヌサヤはもっと早くに撤収なんだけどね。 今年は何だか勢いが強くて豆が硬かったんだよねえ。
もちろん豆というよりも莢の方だけどね。 やたらと筋があって食べづらい。

そんなことで途中から収穫放棄。







そしたらこんな豆になって。

画像


これ、以外と食べられるんだよ。

あ、もちろん莢は無理だけどね。 実エンドウと同じように、莢を外して実だけ食べるんだ。
これが結構美味かったりして。


収穫のタイミングは実エンドウと同じだね。 莢が目一杯膨らんでいてもツルツルしている状態では、実は充実していないんだ。 手で触って莢の表面がザラザラしてきたら採り時だよ。

食べ方は実エンドウと同じで、そのまま煮てもいいし豆ご飯にしてもいいし、寄せ揚げなんかも美味しいよ。




ということで、これも撤収終了。

画像


やれやれ、今日も結構忙しかったねえ。








はい、これが今日の第一農園だよ。

画像


何か随分広くなったような感じがするねえ。



さて、明日までは天気が持ちそうだけど、月曜日には雨の予報だねえ。

九州南部では梅雨入りだそうで。 ということはこちらもそう遠からずということだよね。


また梅雨かあ。 まあ、これも地球のサイクルだから仕方ないよね。 去年は梅雨がやけに短かったので、水不足でサトイモなんかが大打撃だったんだけど、今年はどんな梅雨になるのかなあ。



こればかりは人智では計り知れないものなので、お天道様にお祈りするしかないんだよね。

天の神様、地の神様、水の神様、どうぞ災いのありませんように。




ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 79
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家のうすいえんどうも今年は冬の寒さでダメかな?
と思ってましたが豊作で昨日と今日で完了です。
美味しく頂きました、おそそわけも出来ました。
ito747
2018/05/27 02:47
こんにちは。豆の豊作でしたか〜今年やらなかったので、というか家族があまり好きではなかった(笑)

カボチャの天空栽培、カッコいいですね〜まさか3日もかかってるとは…!!
カボチャは節から根っこが出るんで少し地面を這わして根域を稼いだ方が良いんでしょうね。空中からぶらぶらするカボチャは色回りも良いでしょう。

ミニトマトは放任栽培を推奨してる品種でやるとそれなりに採れますよ。途中刈り込みが必要になりますけど、今はやりのソバージュ栽培ってやつです。昨年ミニと中玉でやりましたが、結構採れたけど、えらい数のカブトムシが来ました(笑)ので、今年もカブトムシ寄せにやってます。
ラビット愛
2018/05/27 16:37
いつも楽しく拝見させていただいております。(初めてコメント致します。)

実が残った状態での実えんどうの撤収のタイミング、方法について(お時間があるときで構いませんので)教えてください。

2011年頃のひげおやじさんのブログで、収穫し忘れたうすいえんどうを収穫するために、蔓を枯れさせ、えんどうの実を乾燥させてから撤収したとの記事がありました。

私も今年初めてうすいえんどうを育て、取り忘れたえんどうが勿体無いため、乾燥させてから収穫しようと思っているのですが、蔓は枯れているものの、中の実は外側だけ乾燥していて固く、内側はうっすらと水分が残って少し柔らかい状態です。

そこで伺いたいのですが、ひげおやじさんは実えんどうを乾燥させて収穫する場合、中の実が完全に乾燥するまで蔓などは撤収しないのでしょうか。それともある程度実が乾燥したら収穫して、実だけで乾燥させたりしているのでしょうか。
その他何かよい方法などがあれば併せて教えていただきたいです。
八千代豆
2018/05/28 20:33
ito747さん、ありがとうございます。
そうですか、それは何よりでしたね。 どうやら冬の冷え込みがよい働きをしたようです。 昨年のような暖冬だと、こうはいかなかったのかも。
ヒゲおやじ
2018/05/28 22:57
ラビット愛さん、ありがとうございます。
そうですね、地べたを這わす方が大きなカボチャになります。 天空栽培はカボチャを回す必用がないので、その分楽ではありますね。
ほー、そんな品種があるのですか。放任栽培ねえ。 でも、どう考えても実の大きさは小さくなりますよね。それに味が落ちるような気がします。
カブトムシ? へー、そんな事があるのですか。 それは面白いですねえ。
ヒゲおやじ
2018/05/28 23:02
八千代豆さん、初めまして。 ありがとうございます。
そうですねえ、畝に余裕かある場合は、完全に乾くまで放置しておきます。
でも、家庭菜園ではなかなかそうも行きませんよね。 その場合は収穫してから乾燥させます。 でも、本当は食べられるうちに収穫して、全部食べきるのが正解ですよ(笑)。
ヒゲおやじ
2018/05/28 23:07
早速の回答ありがとうございました。
収穫してから乾燥でも問題ないんですね。
参考にさせて頂きます。

確かに食べられるうちに収穫するべきですね。
ただ、初めてで作りすぎてしまったのと、乾燥した豆の味が良いとの記事を拝見し、好奇心からやってみたくなってしまい、その結果収穫の方法がわからなくなり質問してしまう結果になってしまいました笑

ありがとうございました。
八千代豆
2018/05/29 00:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
カボチャの棚作りとエンドウの撤収!  ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる