ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カボチャの受粉とトマトの下葉整理! その他等々。

<<   作成日時 : 2018/06/12 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 86 / トラックバック 0 / コメント 6

長かった雨もようやく上がって、久し振りに日差しが。 朝、玄関を出てみると、予想どおりカボチャの雌花が咲いていて。 よっしゃ、これは受粉しなければ。 その他にも雨が上がると、やらなければいけないことが山ほど。
一つひとつ片付けていくしかないけどね。



ということで、まずはカボチャから。


これがカボチャの雌花だよ。

画像


花の根元というか付け根に丸い子房が付いているだろう。 これが大きくなってカボチャになるんだよ。









それでこちらが雄花だねえ。

画像

ほら、子房が付いてないだろう。


時々受粉をさせたいのですが、どれが雄花でどれが雌花かわかりませんという人もいるんだよね。
このように子房があるかないかで判断するのが一番簡単だね。

その他にも雄しべと雌しべの違いというのもあるけどね。






さて、これが雌花の中を見たところだよ。

画像

真ん中にモコモコっとあるのが雌しべで、もう蜂が入っているだろう。









それからこちらが雄しべで。

画像

真ん中に立っているのが雄しべだよ。

こちらも蜂が入っているねえ。


もうわかったね。 今日みたいに天気のよい日には、こういう虫達が受粉させてくれるので、人工授粉はほとんど必要ないんだねえ。 蜂や蝶がいないハウスの中なんかだと、人が受粉させてやらないとなかなか難しかったりするけどね。



でも、確実に受粉させるために、一応やっておこう。



まずは雄花の花びらを取ってしまって。

画像

これを雌花の中に差し込んで、雌しべに軽くチョンチョンとこすりつければ完了だよ。

受粉が完了すると雌花は花びらを閉じ始めるのでね。 夕方頃に見て花が閉じていれば受粉完了と思ってまず間違いないねえ。




で、この人工授粉は何時やるのという話だけどね。 今日は朝8時頃だったけど、出来れば早朝が望ましいんだなあ。 最悪でも9時頃までには済ませてほしいんだ。

というのも、開花と同時に雄しべ、つまり花粉の劣化が始まるんだねえ。 なので午后になってから受粉させても、なかなか上手く行かないことも多いんだよ。


それから雨の日は困るよねえ。 雌花は上を向いて咲くので、中に雨が溜まってしまって。
雨が予想される時は前日に傘をさしてやるとかの工夫が必要だね。 もちろん雄花もだよ。


あ、そうそう。 家庭菜園だとスペースの問題もあって一株しか栽培出来ないこともあるんだよね。
その時はちょっと難しいかもよ。

と言うのも、雌花が咲くタイミングと雄花が咲くタイミングが同期していないんだよね。
日によったら雄花だけとか、折角雌花が咲いたのに雄花が咲いてないなんてこともよくあるんだなあ。

これが複数株植えておくと、どれかには必ず咲いているので、何とかなるんだけどね。 一株だとそれがないので、ご近所を探して雄花を分けてもらうとかの努力が必用になったりすることも。




さて、そのカボチャだけど、もう棚の上にずらりと勢揃いだよ。

画像










横から見るとこんな感じ。

画像


棚の上が随分賑やかになってきただろう。 これがカボチャの空中栽培だよ。
畑のスペースに限りがある場合は有効な手段だねえ。









ところで、トマトがチョイと具合が悪くてねえ。

画像

本当はもっと早くやらないといけなかったんだけど、なかなか手が回らなくて。

下葉が凄いことになっているだろう。 これを早く整理しないと病気になってしまうかも。









ということで、下葉を取ってみると。

画像

なんと地際から脇芽が。 しかもでかい。

これは台芽だねえ。 要するに接ぎ木の台の方から出た芽だよ。
こんなものを置いておいたらろくな事はないからね。 早速取ってしまおう。








はい、綺麗になって。

画像


この下葉整理は、地面に着いている葉は全部取ってしまうんだ。 それとぶら下がって地面スレスレのやつなんかも取った方がいいねえ。


というのも、泥の跳ね返りで、土中のカビや細菌から病気になる可能性が非常に高いのでね。

そういう意味では根元にマルチングをしてやるのは非常にいい方法だね。
ただし黒マルチはあまりお勧め出来ないけどね。 何しろトマトはアンデスの高地出身だから、暑いのはあまり好きじゃないんだよね。 なので黒マルチで地面を温めてしまうのは、多分あまりよくないと思うけどねえ。



そうやって作業を進めていくと、ありゃ。

画像

これはもう完全に病気だねえ。

葉が黄色くなって萎縮しているからねえ。








ほら、縮れて丸くなっているだろう。

画像

これは多分萎凋病かなあ。 もしくは黄化葉巻病かもね。


萎凋病はカビが原因なので、やはり土の跳ね返りなんかが大いに疑われるねえ。
黄化葉巻病の場合はコナジラミが運ぶウィルスが原因だねえ。

どちらにしろこのまま放置しては感染の危険性があるので抜いてしまおう。






あら、こちらにも怪しいやつが。

画像








これもそうだよ。

画像


こういうのは怪しいと思ったら躊躇せずに抜いてしまうのが一番だねえ。









はい、これで下葉整理は終了。

画像

随分スッキリというかサッパリしたねえ。









あ、もう一つ、脇芽の件で質問があったんだよね。


これも脇芽ですか? というやつだ。

画像

果房の先から芽が出ているやつだねえ。

これも放置すると大きく伸びてしまうので、先端の葉の部分を切り取ってしまおう。









次はキュウリだよ。

画像


これは一番手のキュウリだけど、そろそろ竹の支柱の先端まで届きそうだねえ。

全体が先端まで届いたら、芯を止めてやろう。 









今はまだこんな状態で。

画像


ちょっと見にくいけど、親蔓に節生りで雌花が付いているんだねえ。

芯を止めたら、これらの収穫を待って、後は脇芽の成長に期待するんだ。
キュウリも実は一枝一果法なんだよ。 それはまたその時に説明しよう。








インゲンも支柱の先端に到達したので、全部芯を止めて。

画像

芯を止めると一気に子蔓が伸びてくるので、こちらはこれに期待だねえ。









それからとろナス。

画像

なかなか大きくならないので放置していたら、こんなことに。

これでは不味いので下葉や下枝を整理してやろう。








不要な下枝と下葉を取り除いて。

画像

スッキリしたねえ。








これもナスなので、第一果の直ぐ下から出る脇芽を使うんだよ。

画像


それより下の脇枝や葉は全部取ってしまうんだ。








ついでにピーマンとシシトウも。

画像

これも放置しておいたら、ピーマン1本とシシトウ2本が病気になって、新しい苗と差し替えだ。








こちらも第一果の直ぐ下の枝より下のものは全部取ってしまうんだ。

画像










で、倒れないように支柱で補強して。

画像


さあ、これで今日の作業は全て終了だよ。


長雨の後は忙しいだろう。 








ということで、これが今日の第一農園。

画像



いやー、今日も忙しかったねえ。

忙しい割りにはそれほどしんどくはないんだけどね。 この記事をかく方がしんどかったりして。
しんどい仕事は、少し畑が乾かないと出来ないからねえ。


明日と明後日も今日と同じような天気らしいので、少しは乾くかなあ。



乾いたら乾いたで、また忙しいけどね。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 86
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。はじめまして。
最近、読ませていただいております。
とても参考になるので、助かっています。
なつみなな
2018/06/13 12:58
今年から本気で家庭菜園すると意気込んでいますが
知らないことだらけ、ネットで調べていたら、ひげおやじ様のブログに
お邪魔していました。
とても、わかりやすく!
役立つ情報をありがとうございます。
現在進行形で進む事ができて、ひげおやじブログとても楽しみです。
おまけにどっさり収穫の喜びも!!┌|∵|┘
ありがたいことに面倒と思っていた家庭菜園が楽しくなりました。
感謝しております。
マツオカえか!
2018/06/13 18:38
こんばんわ。

うちはズッキーニを育てています。そこから10メートルのところにミツバチの巣があってぶんぶん飛んでいるのですが、そのズッキーニはまったく受粉しません。西洋ミツバチではなく日本ミツバチなのですが、もしかして日本ミツバチは外国のウリ科野菜が嫌いなんでしょうか?仕方ないので自分も朝に人工授粉させています。働きバチよりも人間のほうが働いてます。

トマトの病気はわかりませんけど、もしも萎凋病だとしたら来年はナス科を中断されたほうが良いかもしれないですね。
ニンニクマン
2018/06/13 22:25
なつみななさん、初めまして。 ありがとうございます。
そうですか、お役に立てれば嬉しいです。
ヒゲおやじ
2018/06/13 23:15
マツオカえか!さん、初めまして。 ありがとうございます。
そうですか、それは何よりでしたねえ。 参考にして頂けると嬉しいです。
ヒゲおやじ
2018/06/13 23:17
ニンニクマンさん、ありがとうございます。
アハハ、多分それはないとは思いますけどねえ。 ズッキーニも黄色の大きな花が咲くので、蜂は喜んでやって来ると思いますよ。 もしかして雄花と雌花のタイミングがずれているのではありませんか。
3年間は同じ畝にナス科の野菜は植えないようにしているのですけどねえ。
今年は何故か病気が多いです。
ヒゲおやじ
2018/06/13 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
カボチャの受粉とトマトの下葉整理! その他等々。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる