今時の畑はソラマメの芽摘みだよ!

いや、ヒゲおやじも知らなかったよ。芽摘みをやるんだ。
たまたま近くの畑の本職が通りかかって教えてくれたんだ。
ソラマメは二度摘みをするんだって。

顔見知りの本職だけどね。
「これ、あんたが作りよるんかな」 「うん、そうよ」

画像

「もう、芯摘んだかな?」 「えーっ、はや摘むんかな?」
「一回摘みならこれでもええけどな。今頃芯を止めてやると、脇芽が一杯出るけんな」
「うん、それでどうするんぞな?」 「脇芽が出たら、芯を付け根から摘むんよ。それが年末頃かなあ」
「ほうかな、ほんならやってみようわい」

てなことで、本邦初公開。ソラマメの芯芽摘みだよ。
ヒゲおやじはずっと一回摘みで、芯が30㎝くらいになったところで付け根から摘んでいたんだねえ。

真ん中のちょこんと出ている芯芽だ。この部分を摘んでやるんだよ。


ほらこんな具合だ。

画像

「これで脇芽がウジャウジャでるぞな」

その脇芽のうちから元気の良いものを5~6本残して育てるんだよ。
で、芽摘みをした真ん中の芯は、今月一杯もしたら付け根から切ってしまうんだ。

なるほどなあ、さすがにプロの智慧だねえ。
このまま放っておいても脇芽は出るんだけど、本数が足りなかったり不揃いになりやすいんだよね。
そういえば去年までは脇芽が3本しか出なかったり大きさも不揃いで、でもこんなものかと思っていたんだ。
だから元気な脇芽を沢山出させるためにこのあたりで芯を止めるといいんだねえ。

どうだ、面白いだろう。 えっ、何が? って、プロと顔見知りになっておくと、向こうが見るに見かねて教えてくれたりするんだ。それと体験上あまり上手に作らない方がいいかもしれないねえ。だって、「こいつには教え甲斐がない」なんて思われたりするからね。
プロから「あんた、上手いこと作りよるなあ」なんて褒められたら、自慢に思ってはいけないんだよ。
教えてもらえないからね。常に「あんたよりは下手」と自認しておくのがいいねえ。



さて、ついでに他の野菜達はどうなっているかなあ。

ツタンカーメンは相変わらず元気だねえ。

画像

この寒いのに藁囲いから出てきているよ。
何となく他のエンドウとは様子が違うねえ。

こちらは普通のキヌサヤだ。

画像

少し色が違うのがわかるだろう。

この分だと急いでネットを張ってやらないといけないなあ。


大根が良くできたねえ。

画像

こちらは聖護院。煮物にすると美味しいよ。


冬自慢。

画像

去年は盗られてしまったからねえ、今年は早めに収穫してしまわないといけないかなあ。
そろそろ危ないねえ。でもそうは言っても毎日大根ばかりは食べられないからねえ。
何しろカミさんと二人では、一本持って帰ると一週間では食べきれないんだからね。


こちらは極早生タマネギ。

画像

さすがに極早生というだけあって大きいねえ。


晩生のタマネギ。

画像

こちらはあまり成長していないねえ。このまま冬越しだよ。


白菜がそろそろかなあ。

画像

これは緑塔紹菜といって、筒状に巻くタイプの白菜だ。これが甘くて美味しいんだよ。
キムチや漬物にすると最高だね。勿論鍋もOK。


ほら、こういう巻き方だ。

画像



レタスもそろそろかな。

画像

葉が巻くタイプはもう収穫が終わったんだ。これは半結球タイプ。
これがまた甘くて美味しいんだ。娘何ぞは、これを食べたらスーパーのレタスは食べられないって言っているよ。


水菜がなんとか育ってきたねえ。

画像

今年は蒔くのが遅かったからねえ。
真夏の高温で草が異常繁殖。おまけに水が引かない状態が続いたので、耕すこともできなかったんだ。

だから例年ならとっくに収穫が始まっているシュンギクやホウレンソウ、コマツナやチンゲンサイも何もないんだ。

ようやくチンゲンサイの芽が出たばかりだからね。

画像

これだって育つかどうかわからないよ。

そんなことで今年の秋冬野菜は実に不調だ。カミさん曰く「なんにもないねえ」だって。
はい、そのとおりです。でもこれヒゲおやじの怠慢のせいじゃないんだよ。
こんな気候なんだよね。なんでもかでも温暖化のせいにするつもりはないけど、何かおかしいよね。


さて、今日の作業はトンネル張りだ。

画像

この中は何?

うん、この中はシュンギクとホウレンソウなんだけどね。実はまだ暖かいからと種を蒔いたら、翌日から急激に冷え込んで、こりゃ駄目だと放っておいたんだ。そしたらポツポツと芽が出始めているんだねえ。
これでは可哀想だからトンネルをしてやることにしたんだ。
さあ、これも育つかどうか、わからないねえ。


今日の収穫はこれ。

画像

ニンジンはまだ少し早いけど、去年みたいに食べる前に全部盗られてしまっては悔しいので、早めに収穫だ。


今日の天気は晴れ。

画像

穏やかによく晴れたねえ。少し動くと汗ばむほどの陽気だったよ。



では今日のおまけ。

画像

この後直ぐに雲の中に入ってしまったんだ。


今日みたいな暖かい天気が続いてくれると楽なんだけどねえ。
なかなかそうはいかない。また寒波が近づきそうだねえ。

※これは昨日の記事です。


そろそろ年賀状も書かないといけないなあ。
大掃除もボチボチ暖かい日に始めないと。いつも間際になってバタバタするからねえ。
そうは思うんだけど、なかなか腰が重くて。

いつものことながら、まあ何とかなるだろう。


ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ

この記事へのコメント

2008年12月11日 22:29
聖護院大根私も今年は蒔きました。
最初に蒔いたものはもう残すところ1個。
まだ2弾3弾があるからしばらく食べられます。
甘くて柔らかくて煮物に最高ですね。
自分で作ったと思うとなおのこと美味しい!(笑)
2008年12月12日 00:56
大根がおいしそうですね。そうでした。去年はやられたのでしたね。白菜、レタス、みずな、いまごろ、みずみずしい緑の葉がみられるとはうらやましいですね。
2008年12月12日 07:48
お野菜がまだ元気に育っているんですね。
信州では冬の畑はネギの苗とエンドウまめチビ苗位です。
暖かい地方が羨ましいです。
2008年12月12日 08:26
そういえば、野菜を盗られたことがありましたね。ついこの間のことかと思うましたが、去年だったのですね。あぁ~、一年って早いなぁ~♪パソコン作業など、好きなので年賀状はすでに完成。知人に依頼された分も・・・。でも苦手な掃除などが残っています。先週、一大決心をして、窓を拭きました^^♪
2008年12月12日 10:42
見るからに美味しそうな出来栄えなので画像をコピーして我家に配達している有機野菜屋さんにお手本として渡したくなりました…届くのとは大違いなんですもの(笑)
年末の大掃除が遅れるとゴミが出せなるので先にその方からやっつけなければ…窓も汚れていますアワワ。。。
2008年12月12日 12:37
こちらにもお邪魔します。(^^ゞ
え~、我が家もほうれん草、芽がたくさん出てきました。
最初は寒くなったから、トンネルしてあげなきゃと思ったんですが、芽が出てきたからいいか~♪としてません。した方がいいでしょうか?
それにエンドウの藁を先日立てたのですが、あまり多いと日が差さないかなと思って、少なめにしたのですが、多くした方が良かったのでしょうか。
それにしても、全然大きさが違います。
我が家はまだまだ藁の中でかじかんでいますよ~
2008年12月12日 21:00
プロに教えてもらう秘訣はやはり人生の秘訣なんですよね。
いやあ、勉強になりますね。ヒゲおやじさんはそれをちゃんと実践して教えてくれるからすごいです。そろそろ鍋に使える野菜が欲しいですよね。

2008年12月12日 22:12
こんばんは~
ソラマメの芽摘みをするんですね
プロの方に教えていただいたら間違いなしにうじゃうじゃ目が出ますね
来年の春は楽しみですね
我が家のサンチュウ季節を間違えたか蕾を持ってきました。
花が咲きますね。
葱・大根・人参・収穫は楽しいですね
ボタン
2008年12月12日 22:23
おやじさんも教えてもらう事あるんだ。
プロより上手くやらない・・・・・なるほどね。
上手く出来ると思っても下手と自覚ね・・・ハイ
大根、白菜もよく出来てる。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 22:52
ろこさん、ありがとうございます。
はい、聖護院は実に美味しいです。これを切り干し大根にすると、飛んでもなく美味しいのですよ。沢山採れるのなら是非やってみてください。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 22:56
森の生活さん、ありがとうございます。
そうです、大根とニンジンと高菜をやられました。もうそろそろです。
でも、気をつけようがないですからね。立て看板で遠慮してくれるような相手ではなさそうですから。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 23:00
ほたるさん、ありがとうございます。
はい、まだまだですよ。ほとんどのものは冬でも路地で作ります。
勿論商売ものはハウスですよ。でも冬の寒さに当たった野菜は甘くて美味しいのですよ。スーパーのハウスものなんか食べる気にはなりませんよ。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 23:03
湖のほとりから・・・さん、ありがとうございます。
そうですよ、もう一年です。
えーっ、もう年賀状済ませたのですか。やるなあ。これは急がなくては。
窓拭きも。うーん、負けているなあ。いつでもできると思うのがいけないんですよね。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 23:07
Topiさん、ありがとうございます。
有機野菜屋さんは、自然農法をやっているのかも知れませんね。
それなら小さいし形は悪いです。でも味はいいですよ。
大掃除は、早くやらなければとは思うのですけど、なかなか手が付けられません。最後はもう適当ですよ(笑)。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 23:11
つれづれさん、ありがとうございます。
上手く芽が出たのならトンネルしない方がいいかも。途中から外すというのはできませんからね。トンネルのない方が美味しいです。
エンドウは小さい方が冬越しが安心です。霜の降りる地方だと、藁は多めが良いでしょうね。南側を少し薄くしてやるといいですよ。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 23:14
ああじゃんさん、ありがとうございます。
はいそうですねえ、これは出世のコツでもありますね。上司よりできてはいけませんでしょう(笑)。
今年は植えるのが遅くて、鍋用の野菜がまだ成長過程です。間に合うかなあ。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 23:17
おととさん、ありがとうございます。
いやー、それがプロも色々いて、言うことが違うから困ったりもしますよ。
結局は自分の判断です。
そうですねえ、冷え込んだ後暖かい日が続いたりすると蕾を付けたりしますね。
ヒゲおやじ
2008年12月12日 23:22
ボタンさん、ありがとうございます。
そう、知っていても知らない振りをすることも大事ですよ。
みんなと仲良くやるためには工夫も必要です。
ボーリングもお遊びの時は本気を出さないこと。調子が狂うけどね(笑)。
2008年12月12日 23:29
ソラマメ、エンドウ大きくなっていますね。
畑の都合上遅くなっての種まき今だ2センチくらいです。
味遇う前の悔しさはと思いますと早くても収穫して解りますね。
立派な聖護院ダイコン 来年は作ってみたいですね。
ヒゲおやじ
2008年12月13日 09:24
トマトさん、ありがとうございます。
エンドウは小さいほど冬越しが楽です。
もうそろそろ盗られるのではないかと気にはしているのですが、どうしようもないですからね。自衛手段は先に収穫してしまうこと(笑)。
聖護院は煮物に最高です。
2008年12月13日 09:47
芽摘みなど、ただ植えて水や肥料をやるだけでなく色々世話をする、これは本当に「知恵」ですね。
手間暇かけて、丹精込めて、収穫した野菜は格別です。
ヒゲおやじ
2008年12月13日 13:38
散歩おじさん、ありがとうございます。
ソラマメは野菜の中では結構手のかかる野菜です。丹精込めるかどうかは人それぞれですけど、手間暇惜しむと大体上手く行かないですね。葉物類は比較的何もしなくて良いのですけどね。でも間引きだ虫取りだって手間はかかりますよ。
2008年12月13日 20:48
大根も白菜もレタスもみんな美味しそうですね~! 野菜がない・・なんて! 毎日スーパーでよりながら買うのはとても真剣になっちゃいます。頂いた野菜や自分で育てた物は愛おしくってなるべく捨てる部分を少なくして食べつくしたい!と思いますね。自分で野菜を作るってしんどい事もあるけど、その分美味しい物が待ってるんですね。羨ましいわ。 ソラマメ、沢山なるといいですね。
ヒゲおやじ
2008年12月13日 22:40
mintさん、ありがとうございます。
野菜作りって、勿論美味しいものを食べたいってのもあるんですけど、実は作る楽しみの方が大きいのですよ。どうやったら美味しい野菜が作れるのかという過程が面白くてやっているようなものです。人に食べてもらって、うん美味しかったと言われたら、やったーてなもんですよね。
だから色々やってみて、成功も失敗もあって、それが楽しいのですよ。
2008年12月14日 12:52
冬野菜が順調に育っていますね。
プロより上手にやらない・・・大丈夫です。自信があります。
あまりにも下手なので教えていただけません。(笑)
ヒゲおやじ
2008年12月15日 09:43
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
それがあまり順調ではないのですよ。エンドウとソラマメはこんなものですけどね。やはり植える時期が大分遅れたので、他のものはよくありません。
知っていても知らない振りをするのがコツですかねえ(笑)。
2008年12月16日 21:45
いや~春と見まごう野菜たちですね。
それに、大根ねぎ、かぶと秋野菜も豊富。

昨日白菜は全部収穫しましたが、遅かったらしくて、半分は手のひらサイズに留まってしまいました。
大根は掘って、土に埋めておきました。
やはり、気候の違いはすごいですね~

夕焼けの太陽は色が素敵ですね。
ヒゲおやじ
2008年12月16日 22:36
山形ママンさん、ありがとうございます。
そうですねえ、こちらではこのまま冬を越します。精々白菜の頭を縛るくらいです。霜に当たると野菜が美味しくなります。
そうそう大根は雪の下に埋めるのだそうですね。こちらでは雪も滅多には降らないし、霜が降りるくらいで丁度良いのですよ。

この記事へのトラックバック