りんごの花ほころび♪

川面にかすみたち♪
ヒゲおやじの庭の鉢植えのリンゴも花が咲き始めたよ。

リンゴの花って可愛らしいよね。

画像

これは王林。相棒のアルプスの乙女が枯れてしまってからは実が生らない。



ところで、「りんごの花ほころび」は有名なロシア民謡カチューシャだよね。

ところがこれ、実は民謡ではなくて、1938年というから第二次世界大戦の最中に、ロシアの人気フォーク歌手と言っても、その当時にフォーク歌手と言ったかどうか知らないけど、リディア・ルスラノヴァが歌った歌曲なんだよね。
兵役に出ていった恋人を想う少女の切ない思いを歌ったのだそうだ。



画像


へー、そうなんだ。ヒゲおやじも知らなかったよ。てっきり古くからある民謡だとばかり思っていたよ。


ところで、更にところでなんだけど、カチューシャというのは人の名前かと思っていたら、一般的な女性名エカテリーナの愛称で「可愛いお嬢さん」といったような意味なんだそうだ。

これまた、へーだよね。


りんごの花ほころび
川面にかすみたち
君なき里にも
春はしのびよりぬ


岸辺に立ちてうたう
カチューシャの歌
春風やさしく吹き
夢が湧くみ空よ


カチューシャの歌声
はるかに丘を越え
今なお君をたずねて
やさしその歌声


まあ何と、ヒゲおやじには似合わない記事を書いてしまったなあ。

今朝リンゴの花が咲いていたので、何気なく撮して。その時ふと「りんごの花ほころび♪」って口ずさんだんだねえ。
で、3日にほころび始めた花と、今日開いた花を合わせて記事にしたってことだ。

今日は昼からずっと仕事でだったので、どうしようかなあと思っていたんだけど、折角リンゴが咲いたからこれを記事にしようか。ってな寸法だったんだけど、写真だけではつまらないなあ。
と思ってカチューシャを検索してみたら、何とこんなことだったというお話しだ。


もしかしたらヒゲおやじが知らなかっただけかもね。

ま、今日のところはこんなことでお終い。


ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

2010年04月05日 23:58
りんごの花ってこんなに赤いんですね。真っ白なイメージありますけどね。
歌の話もカチューシャの話も知りませんでした。
2010年04月06日 02:55
りんごの樹が、ご近所の庭にあります。
いつも、数個のりんごが実ります。
でも、お花は見たことがありませんでした。
白い所と赤い所がはっきりしていますね。

カチューシャの歌は、昔 大きな声で歌った記憶がありますね。
ロシアの民謡だとばかり思っていました~。
違うのですね。。
2010年04月06日 07:44
おはようございます。リンゴの花は、福島でも数多く見ることができます。花を見るためのウォ-キングの企画も多くありますよ。鉢植えで楽しむのもいいですね(我が家にはありません)。
カチュ-シャに、こんな意味があるとは、知りませんでした。実は、いツも通る通勤道のある場所に「カチュ-シャ」というロシア?の食べ物屋さんができました。ボルシチでも作るのかなと、車から見ることがあります。民芸品も置いてあるようで。もちろん、ロシアの方がやってるようです。
2010年04月06日 10:37
広島県から来た30代の工員から聞いた話ですが、”カチュウシャ”を学校の教師が生徒に卒業の記念に教えたと云う事を聞いたことがあります。私の場合は与謝野晶子の反戦歌でしたがね。(笑い)教育の影響力を改めて痛感します。今もこの年になってくちずさみますから・・・。
2010年04月06日 11:22
ま~りんごの花までほころびはじめましたか!!
早いですね~~さすが四国。
へ~~~っと大変お勉強になりました。
今の子ども達はカチューシャと言ったらヘアーバンドを思い浮かべるでしょう~~^_^;
ロマンチックな歌ですね。
こちらは、おとなりの梅が満開に咲いております、アメシロの頃は腹が立つのですが、この時ばかりは、窓辺を彩ってくれます。
鯛吉
2010年04月06日 17:56
りんごが咲きましたね。小生のところのりんごはまだつぼみです。
改良津軽という品種です。
軟式ボールくらいになるんですがなんせ気温がたかいもので、スス病や害虫やら夏が終わる頃にはほんのわずかしか残りませんよ。
でこぼこで洋ナシ状で
2010年04月06日 18:55
りんごの花ってかわいいですね。
なんだかとっても・・・・・

なつかしい歌です。
この歌詞につられて歌ってしまいました。
昔の私の大好きな歌でした。
母も好きでした。
ロシアの曲と言う感じがすごくします。
コサックとかでてきそうです。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 22:29
ああじゃんさん、ありがとうございます。
蕾は赤いですね。開くと白くなります。白は虫が好む色だそうです。
テレビなんかでもロシア民謡って紹介されますから、てっきりそうだと思っていましたけど、違うのですねえ。
2010年04月06日 22:31
歌の持つふか~い話を聞くと・・・より切なくなって来ます。
戦の経験のない徳さんでも ぐーっときてしまいましたよ。
昔から戦いの繰返しで 多くの人が この悲しみを乗り
越えてきたんですね。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 22:32
母さん、ありがとうございます。
蕾の間は赤くて、咲くと白くなります。桜とはまた違って可愛らしい花ですよ。
ヒゲおやじもロシア民謡だと思っていましたけど違うのだそうです。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 22:36
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
リンゴは暖地では作れませんからね。こちらでも標高700メートルくらいの高地では作られています。
カチューシャという名前は日本人にはなじみ深いですからね。お店の名前には打って付けでしょう。一度食べに行って、またブログで紹介してくださいな。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 22:41
乱歩さん、ありがとうございます。
ヒゲおやじがこの歌を覚えたのが何時だったのか、その切っ掛けはなんて全然覚えていないのですよ。高校時代には自分で歌集を作って(ガリ版)みんなで歌っていましたので、それより前なんでしょうねえ。
学校で習ったという記憶はありません。
あー、「君 死にたもうことなかれ」ですか。乱歩さんも相当長く生きていますねえ(笑)。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 22:46
山形ママンさん、ありがとうございます。
はい、ヘアーバンドです(笑)。
これ、ロシア語を直訳した詩を見ると、それほどロマンティックでもないのですよ。訳詞者の関鑑子・丘灯至夫さんの感性でしょうねえ。
今がよければ全て良しとはいかないですね(笑)。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 22:50
鯛吉さん、ありがとうございます。
あー、そちらも暖地ですからねえ。リンゴには過酷な環境でしょう。
我が家は鉢植えなんですけど、リンゴは相棒がいないと実がつかないのですよね。以前相性の良いアルプスの乙女を植えていたのですけど枯れてしまって、それ以来実は着きません。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 22:54
きままなカノンさん、ありがとうございます。
はい、リンゴは可愛らしい花です。蕾は赤ですけど咲くと薄いピンクから白になります。今次々と咲いていますよ。
ヒゲおやじの青春歌謡でもあります。そうですね、今にもコサック兵が出てきてコサックダンスでも踊ってくれそうです。
ヒゲおやじ
2010年04月06日 23:01
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
そうですね、この歌詞の直訳版を読むともっと悲しくなりますよ。
戦争を知らない世代の人達が、湾岸戦争以降ゲーム感覚で格好いいなんて思っている向きもあるようですが、こんな空しい下らない殺し合いはないのですからね。学校でもこの歌と意味を教えてやるといいのですけど。
お啓
2010年04月06日 23:27
可愛いですねぇ~・・、リンゴの花って!!
以前、樹脂粘土で花を作っていた頃がありました。
本物と同じように作るのに、リンゴの花って見たことがありません。
家から少し離れたところにリンゴの木があると聞き、見に行きました。
ほんとこの写真と同じで、白にピンクがほんのりと・・、で、とても感動したものです。
ヒゲおやじさんのお家では、毎年見る事が出来るのですね。
羨ましいです・・・。
2010年04月07日 09:00
おはようございます。
ホントにヒゲおやじさんらしくない記事ですね~(笑)
お蔭様で、ロボットはこの歌の歌詞を除いて、全て、へー、そうなんだ。でした。
リンゴの花もきれいですね!
ヒゲおやじ
2010年04月07日 22:54
お啓さん、ありがとうございます。
これはカミさんの希望で植えているものです。花を楽しむためではなくて、実を採りたいのですよね。でもそれは環境から言っても難しい話ですよね。
ヒゲおやじは鼻が見られれば満足なんですけどね。
ヒゲおやじ
2010年04月07日 22:56
ロボットさん、ありがとうございます。
はい、そのとおりで(笑)。
ヒゲおやじもびっくりですよ。ロシア民謡だと信じ込んでいましたからねえ。リンゴの花は本当に美しいです。リンゴの花を主題にした歌がたくさんあるのも頷けます。
2010年04月08日 18:38
綺麗ですね、赤いんですね。種類にもよるんでしょうかね。

またまたここでお勉強でした。カチューシャもそういう意味だったんですね。
それにしても懐かしい歌ですね。
ヒゲおやじ
2010年04月08日 23:17
らんじゅさん、ありがとうございます。
はい、よくは知りませんが、種類によって違うと思います。
でも可愛らしい花です。花を見てふと口をついて出ました。ヒゲおやじも古いですからねえ(笑)。
2010年04月11日 00:25
リンゴの花はほのかに赤くて、可憐な少女のようですね。 この歌は民謡だとばかり思っていました。
ヒゲおやじ
2010年04月11日 23:19
小梨さん、ありがとうございます。
本当に可愛らしい花です。リンゴの花にまつわる歌がたくさんあるのも頷けます。
そうなんですよ、ヒゲおやじもこの記事を書くまで民謡だと信じ込んでいましたからねえ。

この記事へのトラックバック