畑の花と野の花と!

久し振りだねえ。畑の周りをちょいと見てみようか。
てなことで、いつもの雑草地や畦道を歩いてみると、へー、何これてなもんだ。
まあ、ヒゲおやじの知らない花が、次から次へと。もちろん知っている花もあるにはあるんだけどね。

ほんじゃまあ、野花からいってみようか。

今の時期野花の代表選手と言えばこれだね。

画像

蜜蜂の巣箱を置いているので、まあうるさいことうるさいこと。ブンブン、ブンブン、なかには足に大きな花粉の団子を付けているヤツもいるねえ。これは蜂の食料になるんだよ。

今年は隣の水田に今時珍しくレンゲの種を蒔いたようなんだ。
なので一面のレンゲ畑。

画像

こんなの久し振りに見たよ。

子供の頃は当たり前の風景だったんだけどねえ。今はもうこんな手間暇かける人はいなくなってしまったんだ。
これをこのまま田んぼに鋤込むんだよ。これを緑肥というんだ。
レンゲの根には窒素を固定する働きがあって、それで肥料として有効なんだねえ。
でも今は化成肥料を撒く方が簡単だからね。こんなことをする人はいないよ。


畦道にこんな花が。
                                 
画像
 これってホトケノザ? うーん、違いそうだねえ。何だろう。
※ニガナ by  おととさん




これはまた小さな花だねえ。

画像

全く名前は知らない。
※ニガナ by  おととさん



以下同文(笑)。

画像

いやー、知らないものは知らないからねえ。
※フウロウソウ by  おととさん
※アメリカフウロウソウだそうです by 小梨さん


これは知っているよ。シロツメクサだ。

画像

これはぼ年中咲いているからね。



何だろうねえ。変な花だ。

画像

※キツネノボタン by  おととさん



これも知らんなあ。

画像

※ハハコグサ by  おととさん




あ、これは知ってる。タデだ。ほらタデ食う虫も好き好きってヤツだね。

画像

タデにも色々あって、これが何タデかは全く知らないけどね。
※イヌタデ  by 小梨さん



これって何だろう。オオイヌノフグリによく似ているけど、花の大きさが全然違うんだ。

画像

オオイヌノフグリは春一番で咲くから、今頃はおかしいよね。それに茎が寝ているはずなんだ。
てもこれは立ち上がっているしなあ。
※オオイヌノフグリの晩春花だそうです by 小梨さん、ろこさん



そうだ、えーと、誰かの記事で見たような。

画像

あっ、思い出したよ、立ち上がっているというところで。そう、タチイヌノフグリだ。

そうそう、小梨さんのところで見たんだ。 そうか、これがそうなんだ。
※オオイヌノフグリの晩春花だそうです by 小梨さん、ろこさん




これがまた何だかわからない。

画像

葉っぱから見ると、オキザリスの仲間かなあとは思うけどね。全然小さいんだ。
※カタバミ by  おととさん



あら、こんなものが。

画像

映像でで見ると大きく見えるけど小さいんだよ。イチゴの仲間かなあ。
緑の中にまるで宝石のように一個だけポツンと、でも強烈に個性を発揮しているねえ。
※ヘビイチゴ by  おととさん



これはまたわからない。

画像

がくと花弁が妙にちぐはぐで、こんな花があるんかというくらいだねえ。
※ヘビイチゴ by  おととさん




えーと、これは。

画像

これもどこかで見たような? 

あ、思い出した。小梨さんだ。多分。 何だっけ、えーと、カキドオシだったかな。
多分そんな名前だったような。
※ムラサキサギゴケだそうです by 小梨さん、ろこさん



それではこれは何?

画像

花は随分小さいんだけど、形はカキドオシとそっくりなんだよね。

直ぐ近くに生えているんだ。これが成長して大きくなるなんてことはないよね。
※トキワハゼだそうです by 小梨さん




これもわからんなあ。

画像

何の花だろう。
※イヌガラシ by  おととさん

おや、テントウムシの幼虫が乗っているねえ。これがいるということは、もしかしてアブラムシがいるってことか?
あんまり嬉しくはないねえ。


※名前はおととさんが教えてくれました。 おととさん、ありがとうございました。
※小梨さんと、ろこさんから指摘があり、修正しました。ありがとうございました。


この他にも小さなものがたくさんあるんだけど、切りがないからね。野花はこのくらいにして次は畑の花に行こう。




畑も次々と花が咲き始めたんだよ。

まずはトマト。

画像

まだ小さな苗だけど、そろそろ咲き始めたねえ。



続いてこちらもナス科のナス。

画像

ムラサキが綺麗だねえ。

下を向いて咲いているものだから、ちょいと失礼して上を向いてもらったんだ。



さらに続いて、こちらもナス科。

画像

わかるかな。ピーマンだよ。

あらっ、撮しているときには変な模様があるなあと思っていたら、何とアブラムシ様ではないか。
これは退治しないといけませんですぞ。でもこれはお隣さんのピーマン。下手に手出しはできないんだ。
こんど会ったら教えて上げよう。



さて、最後もまたナス科。

画像

これはわからないだろう。十分に開ききってないからね。

これはジャガイモだ。

ジャガイモは南米はアンデス地方からスペイン人がヨーロッパに持ち帰ったものだねえ。
でも当時は食料としては流行らなくて、かのマリーアントワネットが観賞用の花としてこよなく愛したことから、一気に上流階級に広がって普及することになったんだねえ。でも食料として使われるようになったのはもっと後のことだよ。



さて、今時の野の花と畑の花を見てもらったけど、如何だったかな。
野花も気をつけて見ると、随分たくさんの花が咲いているんだねえ。普段はほとんど気をつけて見ていないから気がつかなかったけど、まだまだ自然はこんなに豊かなんだ。四季折々の中で野花が何時までも咲き続けてほしいものだねえ。




今日の天気は晴れ。 いい天気だったけど、寒いのなんの。日差しは強かったけど、北風が冷たくて畑にいても震えてしまったよ。もう5月も中頃だというのに、この寒さは何だろうねえ。普通四国ではこんなことあり得ないよ。
本来なら一気に大きくなるはずの野菜が、全然成長しないんだ。これで上手くいくのかなあ。
ちょいと心配だね。


明日もまだ寒いんだそうな。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ












この記事へのコメント

2010年05月15日 06:53
おはようございます。野花の写真を見ながら、我が家の屋上の鉢にも同じものがあり驚きました。確か、オキザリスの仲間・・・とか。野花の写真を見ながら、ヒゲおやじさんのある畑へ散歩に行ったような気分になりました。
れんげ畑もすごいですね。こういう、空気の良いところで暮らしているなんて、うらやましいです。
野花とハ-ブの花の小ささは共通していますね。やはり、ハ-ブは雑草(野花)だったのでしょうね。
2010年05月15日 07:17
ほんと寒いですよね。困りますよね。
ファンヒーターが片付かないんです。(笑)
レンゲの種って売ってるんでしょうね。私は先週、化学肥料をばら撒きましたけどね。考えてみれば昔はもっと遅い時期に田植えしてたのかも知れないですね。いや、レンゲはもっと早くから咲いてますよね。本当はどうだったんでしょうね。
2010年05月15日 07:59
おはようございます
れんげのお花にブンブンブンぶんぶんぶんミツバチが、良いですね
最近れんげ畑を見かけなくなりましたね
お花の名前ですが、3~4はニガナ、5フウロウソウ、7ケキツネノボタン
8ハハコグサ、12カタバミ、14キジムシロ(ヘビイチゴ)17イヌガラシ、私が思う花名ですので、一応検索してみて下さいね
2010年05月15日 08:42
色んな小さな花の写真、すごくピントが合っていますね。
野の花には、良く見ると思いもかけない可愛さで、ひっそりと咲いているものがあり、そんなものに目が止まるのは、自分の気持ち次第だということが最近分かりました。
野菜の花って、すっごく可愛いのですね。
シュンギクの花で、驚きました。
それにしても、写真、きれいだな~・・・。
一枚目の写真など、こんな風に撮りたいな~・・と、飽きずに見ています。
2010年05月15日 11:42
レンゲ畑、懐かしいですね~。
昔、石神井川という川のそば一帯が、レンゲ畑でした。
少し汗ばむような気候の時に、その畑の中で、時間も忘れて遊びましたよ。
ミツバチの羽音と、ヒバリのさえずりしか聞こえないような静かな畑でした~。田んぼだったような記憶がありますが。。。
へびイチゴの実を、おままごとに使って毒があるからと、怒られた事を思い出しましたが、毒はないですよね。
野の花は、薔薇等とは違って、華やかさはありませんが、癒されますね。
ヒゲおやじ
2010年05月15日 22:07
マダムえりこさん、ありがとうございます。
これはカタバミだそうです。いつも気に止めないで見ているので、いざとなると名前が出てきません。これもハーブの仲間なのですか?
そうですねえ、野菜もかつては野の菜、つまりは雑草だったってことですよ。ハーブも同じだと思います。人の手が加わって今の形になったのですね。だからもう一度野生に帰したらどうなるのか、見たい気がするのですよ。
ヒゲおやじ
2010年05月15日 22:10
ああじゃんさん、ありがとうございます。
今日も寒かったですよ。何でこんなに風が冷たいのでしょうねえ。
レンゲの種は売っています。でも結構高いようですよ。
花は2月頃から咲いていますけど、一面にとなると今頃でしょうねえ。
ヒゲおやじ
2010年05月15日 22:11
おととさん、ありがとうございます。
さすがですねえ。ありがとうございました。
はい、一応検索してみました。多分大丈夫だと思います。
早速修正を入れておきましたよ。
ヒゲおやじ
2010年05月15日 22:27
お啓さん、ありがとうございます。
ピントが合うまで何枚でも撮るのですよ。コンデジのオートフォーカスはなかなかピントが合いにくいので困ります。一眼レフならマニュアルで合わせられるのでやりやすいのですけどね。
野花は花自体が小さくて、普段は意識しないと目に入りません。寄って寄って、レンズから2㎝くらいで撮ります。バックを意識して撮るといいですよ。バックが上手く呆けてくれるように、できれば少し暗めになるようにすると花が浮き立ちます。
とは言え写真は瞬間の芸術ですから、そんなに上手く行くことはありません。数多く撮って経験することが一番ですね。
この記事の写真も、一つの花で最低でも5枚から10枚撮っています。多い時なら30枚くらい撮りますよ。その中でこれはというのを選ぶわけです。
一発でOKというのはまずありません。ある意味偶然の芸術でもありますので、できるだけ数多く撮ってみましょう。
ヒゲおやじ
2010年05月15日 22:33
母さん、ありがとうございます。
そういう時代もありましたねえ。今はレンゲを摘んで首飾りや冠を作って遊ぶ子供達も見ることがなくなりましたねえ。懐かしい遠い思い出です。
ヘビイチゴは多分食べても不味いのだと思いますよ。食べた事はありませんが、食べるなとは言われていました。
野花は雑草、自然の花ですよね。人が作った花ではないというところが、何となく気持ちが和らぐのでしょう。
2010年05月16日 00:07
一面のレンゲ畑、きれいですね~~。
畦道に咲く野花はどれも小さな花ですが可愛いですね。
特に黄色の花は明るく、ヘビイチゴの赤は目立ちますね。
2010年05月16日 00:11
こんばんは
流石ヒゲおやじさん!小さなお花が奇麗です この接写っていうのはハマります 焦点を合わせた物だけが凛としてバックのものがボヤ~として・・・
レンゲ畑いいですね ほっとします(笑)
2010年05月16日 00:29
レンゲ畑は日本の里山の風景って感じで風情があっていいですね。春の花、いろいろ見せていただきました。黄色い花が多いですね。アブラムシの薬を使わない退治法があったら教えて下さい。油断するとすぐやられてしまいますね。今年は天候不順で米や野菜の出来はどうなんでしょう?心配ですね。
2010年05月16日 20:18
こんばんは。
こうしてみると、作られた花の名前は程々に知ってますが、自然の花は見たことがあるのに、知らないものが多いことが判りました。
でも、昨日田んぼであまりにも忘れな草に似ているけど・・と写真に撮った花があったのですが、ひょっとしたら、タチイヌノフグリかもと思って見せていただきました。
いつも、ふとした生活の中の知識を教えていただいて、ありがとうございます。
2010年05月16日 22:32
こんばんは。
一面にレンゲの花は珍しいですね!、、と言うより懐かしく感じますね。
あとの野の花の名前はヒゲおやじさんと一緒で大半が分かりませんでしたから、勉強になりました。でも、殆んど忘れますね~(笑)
畑の花は、ヒゲオヤジさんの記事をこれまで拝見させて頂いてましたので、分かるようになりました~(^^♪
ヒゲおやじ
2010年05月16日 23:21
炊飯器さん、ありがとうございます。
最近はレンゲ畑は珍しいです。もう誰もやらないですからね。種代が結構高いのらしいですよ。
野花はどれも小さくて可愛らしいです。よほど意識していないと気づかずに通り過ぎてしまいます。さすがにヘビイチゴは目に付きましたけどね。
ヒゲおやじ
2010年05月16日 23:24
cochomieさん、ありがとうございます。
もっといいカメラを使えば綺麗に写るはずなんですけどね。コンデジではこんなものです。でもなかなか頑張っているでしょう(笑)。
レンゲ畑は日本の風景の原点みたいな感じがしますねえ。
ヒゲおやじ
2010年05月16日 23:33
三浦あぼりじにさん、ありがとうございます。
そうですね、レンゲ畑を見ることはなくなりましたからね。日本の田園風景の原点のような気がします。
アブラムシですか。色々言われてはいますけど決定的なものはありません。
牛乳をかけるとよいとか、除虫菊エキスで作った殺虫剤だとか。
我が家の生け垣なんかは、ホースで目一杯水圧を上げて洗い流してしまいます。これで大分綺麗になりますよ。でも野菜相手にはこれはできませんからね。ものにも寄りますが、その部分切り取るとか、キャベツ何かだと軍手でこすり取るとかしています。テントウムシの幼虫がたくさんいてくれるといいのですけどね。
ヒゲおやじ
2010年05月16日 23:36
つれづれさん、ありがとうございます。
いやー、本当に野花なんてのは、いつも見ているので知ってはいるのですけど、名前はまずわかりません。教えてもらうとなるほどなあ、でも直ぐに忘れてしまいます(笑)。
ヒゲおやじも皆さんから教えて頂いて記事にしていることが多いのですよ。
ヒゲおやじ
2010年05月16日 23:39
ロボットさん、ありがとうございます。
皆さんが親切に教えてくれるのですけど、その時だけで直ぐに忘れてしまいます。強烈な印象の名前だけは少しずつ覚えていますけどね。
レンゲ畑は最近見ることがなくなったので、久し振りにいい思いに浸りました。マジで懐かしかったです。
2010年05月17日 11:22
今日はお花三昧でしたね。この時期は花でも色がとても豊富だと思います。野の花は小さくてもちゃんと自己主張をしていて立派に咲いてくれますね。見つけただけで嬉しくなります。気分が優れない今朝でしたが、たくさんのお花を見せていただけて少し楽になりました。野菜の花も大好きです!
ヒゲおやじ
2010年05月17日 22:50
mintさん、ありがとうございます。
野花は意識して見ないと、なかなか見付けられないです。
普段は知らずに通り過ぎています。でも栽培している花より、数段素晴らしいと思います。野花を見ると気分が明るくなりますよね。
2010年05月18日 00:56
タチイヌノフグリではなくてオオイヌノフグリですよ。
タチイヌノフグリは細い葉っぱの根元で潜るように咲きます。
上部の葉っぱが違うのです。
よかったらこちらの記事を見てください。
http://roko-sasaga1417.at.webry.info/201004/article_14.html
それから
カキドオシはシソ科なので葉がシソの葉に似てます。
だからムラサキサギゴケかトキワハゼと思います。
トキワハゼは少し白っぽいので違うかな?
両方ともムラサキサギゴケかな?
つる性なので瀬高が高いのと地を這うのとあるようです。
葉が見えないのではっきりしませんが。
ろこ
2010年05月18日 00:58
ごめんなさい
最後の2行訂正します
つる性なので背が高いのと地を這うのとあるようです。
葉が見えないのではっきりしませんが。
2010年05月18日 01:07
ケチをつけるようで言いづらいのですか…
3枚目は葉がないと何かわかりませんが、ニガナにしては花弁の枚数が多すぎます。 5枚目はアメリカフウロ。 9枚目はイヌタデ(アカマンマ)、10,11は晩春のオオイヌノフグリ。15はカキドオシではなくてムラサキサギゴケ、
16はトキワハゼと思います。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kakidoosi.html

タチイヌノフグリは花柄がないので、葉に埋もれるように咲きます。
ヒゲおやじ
2010年05月18日 23:08
ろこさん、ありがとうございます。
あらそうでしたか。また早とちりでしたねえ。野花にはまるきり知識がないので、みなさんの言われるままです(笑)。
教えてもらってもまたすぐ忘れるので、その都度よろしくお願いします。
ヒゲおやじ
2010年05月18日 23:12
小梨さん、ありがとうございます。
ああ、そうでしたか。ヒゲおやじはこういうのは知識がないから、似たようなものは何でも同じに見えてしまいます。
なるほど勉強になりました。
でもね、直ぐに忘れますから。また教えてください(笑)。
2010年05月19日 11:24
おととさんは詳しいですね。
茄子科の花は綺麗ですね。茄子の紫の綺麗なこと。茄子紺と言います物ね。
ピーマンの花はまたなんと綺麗なんでしょうか。
ヒゲおやじ
2010年05月19日 11:49
らんじゅさん、ありがとうございます。
皆さんお詳しいです。ヒゲおやじはほとんど知らないですからね。
野菜の花もバカにしたものではなくて、なかなか綺麗なものでしょう。
作っている人出ないと、なかなか見る機会はないと思いますけど。

この記事へのトラックバック