ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大根十耕! その一。

<<   作成日時 : 2010/08/20 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 12

秋冬野菜と言えば大根。
そろそろ大根の準備をするかねえ。
まだ早い? そうなんだねえ、種蒔きは9月に入ってからなんだけど、その前にやることがあるんだ。


大根って種蒔きゃできると思っているだろう。
それが、できるんだよね、困ったことに。

でも、綺麗に真っ直ぐな大根できたかな?

うーん、これが意外と難しいんだ。
なかなか真っ直ぐな大根ができない。

なんでだろう〜〜、なんでだろう〜〜〜♪


答 土が悪い。

と、言われても困るよね。 じゃあ、どんな土がいいんだよ。
うん、それはね。粒子が細かくふわふわの土だ。

とにかく固いものに当たると、根は割れるし曲がるんだ。
芸術的な作品を作りたい人は、なるべく耕さずに固い土塊や小石が混ざった畑で作るといいねえ。見事な作品ができるよ。


そんなことで、昔から大根十耕と言われているんだ。
大根を植える畝は、十分によく耕しなさいという意味だねえ。


なので今日はその一耕目。

この畝に大根を植えてみようか。

画像

何か手強そうな畝だねえ。



思った通り、固い。乾いているからねえ。
普通なら鍬の重みだけでサクッと入るはずなのに、腰を入れて思い切り鍬を振り込まないと歯が立たないよ。
これはしんどいねえ。だって、ヒゲおやじの鍬は重いんだよ。
思い切り叩き込んで、掘り起こして砕いての繰り返しだ。 あーしんど。

1メートル進むごとに立ち止まって一息つかないとやってられないねえ。
風がもっと吹いてくれるとやりやすいんだけど、今日も暑い。


何とか耕すだけはやり終えたよ。

画像

このくらいの畝なら、普通は15分か20分もあればやっつけてしまうんだけどねえ。
今日は何と40分もかかってしまったよ。

いやー、参った。



取り敢えずこの土塊を叩いて細かくしておこう。

画像

これをやっておかないと、何しろこの天気だからねえ。
カチンカチンに固まって石みたいになるんだ。

それでは困るよね。



で、このまま放っておいてもいいんだけど、作業の邪魔になるので一応お片付け。

画像

はい、上手にできましたねえ。


大根十耕ってことは、あと9回これをやるってことなんだけどねえ。
まあ、十耕ってのは、回数ではなくて十分に耕せってことだからね。
できるだけやってみましょう。


お隣さんも言うだけは言うんだよ。「今から耕して、堆肥を入れてマルチをかけといたら、ええ畝になるやろなあ」。
はい、仰せのとおり。 でもやらないんだよね。

お隣さんは何でも耕して大量に堆肥を投入して、それで終わり。ザッとしたもんだ。
その投入する堆肥が自家製で、まだ青いヤツを埋め込むんだ。これでも時間が経つといい肥料になるんだけど、大根はいけません。

大根の根割れの原因の一つは、堆肥に当たることだからね。
完熟して土に還元されてしまった堆肥なら大丈夫なんだけど、未熟の堆肥に当たると根が割れるからね。
だから収穫の半分くらいは根割れだよ。
「堆肥は入れたらいかんよ」と言って上げるんだけど、言うことを聞かないんだねえ。
それだけ自分の作り方に自信を持っているんだろうねえ。と言うか、作物に合わせて作り方を変えるということをしないからね。全て同じやり方なんだ。だから出来不出来が激しいんだ。


大根のように繊細な野菜と、どうやっても勝手に増えていく水菜みたいな野菜とでは、畝の作り方からして違うんだよね。野菜がとうしてほしいかを知ることが、野菜作りの根本だと思うねえ。

って、偉そうに言っているけど、そこまでわかったわけではないけどね。



そんなことで、今日は大根十耕ってお話しでした。
これから大根を作ろうという人、是非参考にしてほしいもんだねえ。



今日も暑かった。高が畝1本でこんなにしんどいとは。
これで猛暑日6連張。 真夏日に至っては、えーと何日だっけ。梅雨明け以来だから多分35日連続だ。
でもこれはまだ甘い。例の大渇水の時かなあ。59日というのがあるからねえ。

何でもいいからザッと一雨ほしいねえ。


ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
あぁ、だから我が家の大根は短いものしか出来なかったんですね。
小さい耕運機で1度しか耕して、マルチを張ったと思います
大根菜が取れればいいか・・くらいの気持ちだったのですが、いざとなるとやはり長い柔らかそうな大根の方がいいですもんね。
我が家は売っている化成肥料と鶏糞だったと思いますが、それでいいんでしょうか?
いつも、勉強させていただきありがとうございます。m(__)m
でも、片っ端から忘れて、畑に行ってからどうだったか?と思うこと度々です。畑作も覚えることが多くて奥が深いですね
つれづれ
2010/08/21 00:33
よく耕さないと大根は、出来ないと解っているけど・・・
ずぼらして起こさない人が ここにもいます。(笑)
話を聞くと もっともだと思える事ばかりです。
ロク゜の大好きな徳さん 
2010/08/21 10:29
私も一雨欲しいです。
でもこの炎天下頑張っていますね。
もう今年は大根をあきらめようかと・・・・。
情けないですよね。
ろこ
2010/08/21 23:36
つれづれさん、ありがとうございます。
はい、それで大丈夫です。固まりにならないようによく撹拌しておくといいですよ。それよりも深くよく耕すことが大事です。
耕耘機があるのなら鬼に金棒ですよ。十耕とはいかなくても、何度かやるといい畝ができます。
覚えることも多いのですが、忘れることも多くて(笑)。
ヒゲおやじ
2010/08/22 00:27
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
はい、耕すのは母さん、食べるのは徳さん。それはもう決まっていますので、徳さんがよくわかっても意味ないですよね(笑)。
ヒゲおやじ
2010/08/22 00:30
ろこさん、ありがとうございます。
大根は冬野菜の王様。諦めてはいけません。
実際に種を蒔くのは9月ですからね。まだまだ時間は十分にあります。
大根のない菜園なんて(笑)。
ヒゲおやじ
2010/08/22 00:33
大根作りはハードルが高いですね。
私にも無理な気がします。(笑)
でも、冬野菜の王様のような野菜ですよね。
大根葉のなめしなんて大好きなんですけどね。
ああじゃん
2010/08/22 09:50
梅雨明け以来35日連続の真夏日! 大変ですね。こちらも晴天続きで一雨ほしいです。まっすぐな大根を作るのは手間がかかるんですね。 一度大根作りに挑戦して、なんだか艶めかしい大根ができたことがあります。
小梨
2010/08/22 13:37
ああじゃんさん、ありがとうございます。
はい、簡単なようで難しいのが大根です。種を蒔けば放っておいてもできそうなんですけどねえ。それがなかなか難しい。
今年は良くできたってのは、まだないですよ。
ヒゲおやじ
2010/08/22 21:54
小梨さん、ありがとうございます。
はい、大体艶めかしいのができます(笑)。
その率をどうやって下げようかって話しなんですよ。よく耕すほど真っ直ぐな大根が採れるようになります。これ、鍬でやるのは大変なんですよ。
ヒゲおやじ
2010/08/22 21:58
こちらはPM3:00頃まで猛暑です。
その後ですが・・・
20分くらい降るとまたまた凄い暑さが・・・
今日野菜を買いに行ったのですが高いのにビックリです。
この暑さで水(雨)も無く、育たないですよねぇ〜
農家の人も大変だと言っていましたが消費者も大変です。ヒゲおやじさんの畑も乾燥で大変そうですね。
無理は禁物です。
ミルキー
2010/08/23 22:45
ミルキーさん、ありがとうございます。
あらー、雨が降るのですか。羨ましいですねえ。こちらは1滴も降りません。山の方では降っているのですけどね。空が真っ黒になって、遠くで雷がゴロゴロ。でも、降らない。毎日そんな繰り返しです。
ヒゲおやじ
2010/08/23 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
大根十耕! その一。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる