極早生タマネギの畝作り!

極早生タマネギって、毎年20日前後には植え付けているんだよね。
だからそろそろ畝作りしないといけないねえ。


先日一応耕して石灰は混ぜ込んであるから、後は堆肥を入れてよくかき混ぜれば出来上がりだよ。



その前に、先日種を蒔いた晩生のタマネギ、芽を出したよ。

画像

ほら、こんな風にして芽を出すんだよ。

ネギの先っぽから出てくるんじゃなくて、こんなに丸まって出てくるんだねえ。この後、先っぽがピンと跳ね上がって真っ直ぐになるんだけど、中には跳ね上がらないやつもいるんだ。

それでも別に問題ないからね。真ん中から新しい芯が出てくるので大丈夫だよ。
この苗は12月5日前後に定植するのが目標だよ。 だからまだまだ先だ。



で、今日はそれとは関係なく、同じタマネギでも極早生の畝作りだ。

今回使うのはこれ。

画像

何とバーク堆肥だよ。

バークって何だって、そりゃ木屑に決まっているだろう。
これを1年以上熟成させたものだそうだ。



えーと、何でそのバーク堆肥を使う事になったんだ?

それがねえ、いつものホームセンターでお馬の堆肥が見つからなかったんだ。
いくら探してもない、どこにもない。困ったなあ。

牛糞堆肥が山のように積まれているんだけど、ヒゲおやじはこれは使いたくないんだ。
なんかねえ、土が粘るような気がするんだ。 元々田んぼで粘土質だからね。
肥料としてはよく効くのかも知れないけど、どうも土質がさらに粘るような気がして。
それで馬糞を主原料にしたお馬の堆肥に変えたんだけどね。

それで効果はどうよ?
うーん、土質の改良には何年もかかるので、まだ何ともだけど、お隣さんからは「お宅の畑はサラサラやねえ。うちはゴロゴロでどうにもならん」とは言われているけどね。これもまだわからんなあ。
お隣さんは牛糞をこれでもかというくらい投入するからねえ。 でも作物はよく育つんだよ。

馬糞は肥料効果は少ないけど、土質改良には適していると思うんだ。
それが店頭からなくなったので、いやー、参ったなあ。

探しているとこのバーク堆肥が芽に止まった。
原理は馬糞堆肥と同じようなことで、要するに繊維質が多くて土壌をサラサラにする効果が高いと書いてある。
ならばこれにしよう、おまけにお馬の堆肥よりも安い。 てなことなんだ。



言い訳はここに書いてあるから参考にどうぞ。

画像

ま、そういうことだ。



で、これを使おうと取り出してみると、何と真っ黒だ。

画像

これ、光の加減で茶色っぽく見えるけど、見た目はホント真っ黒だよ。



では早速畑に撒こう。

画像

ほら、黒いだろう。

実はこの前に残っていた馬糞堆肥も撒いてあるので、量は控えめにしてあるんだ。



これをよくかき混ぜて、さあ出来上がりだよ。

画像

はい、極早生タマネギ用の畝完成だ。 ほら、畝全体が黒いだろう。



いやー、今日は途中から雨が降りそうになって、焦った焦った。
濡れるのは一向に構わないんだけどね。堆肥を撒いたまま雨に流されたんでは、たまったもんじゃないからねえ。
一応ちゃんとかき混ぜるところまではやっておかないと。

でも、何とか降らずに、最終まで畝作り完成だ。



完成と言えばこちらも。

画像

これはソラマメの種を蒔くための圃場だ。


石灰と堆肥を入れて、いつでも蒔けるように準備完了。
ただ、ポット蒔きするか直蒔きするかは、まだ迷っているんだけどね。



さて、今日のおまけ。 あ、そう言えばこのコーナー久し振りだねえ。

これな~んだ。

画像

知っている人は知っている。 知らない人は全然知らない。

何言っているんだ、そんなこと当たり前だろう。


ヒゲおやじも全く知らなかったというか、今日畑で見てビックリ。 へー、花が咲くんだ。
ヒント、野菜の花。


んっ、わからん? 

これ実は空心菜。
まるで夕顔を小振りにしたような花なんだよ。
花びらが薄くて、直ぐに破れてしまうんだよね。 はかない花、そんなイメージだねえ。

これ、もしかしたら、ろこさん好きかもねえ。



てなことで、今日は大忙し。些か疲れましたぞなもし。


ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ












この記事へのコメント

2010年10月13日 23:22
空心菜の花ってきれいですね。 観賞用にも使えそう。
ヒゲおやじ
2010年10月14日 10:11
小梨さん、ありがとうございます。
ところがこれ、破れやすくて、何もしないのに夕方には破れていましたよ。
午前中は、とても綺麗です。
2010年10月14日 10:46
ヒゲおやじさん:オハヨウ!
「空心菜」は中国料理に使われ、名前の通り茎に空洞が有るのよね?

相変わらず、おやじさんの畑はお見事ですね!
「土作り」が一番大切ですね?
知り合いの農家の方は毎年、試験場へ「土」を持って行って、PHを測定して貰ってから、農作業をしているそうです。

私は「ピートモス」を使っています。
2010年10月14日 19:28
堆肥はまいた後に混ぜないといけないのが辛いですね。
特に面積が広いと重労働です、収穫の楽しみで頑張れるのですね。
2010年10月14日 21:17
雨との競争で畑仕事が進んでるんですね。
バーク堆肥は臭くなさそうでいいのでは?
しかも安くて、肥料が長持ちとはいいこと尽くめ?
私も、今度買おうっと。
ヒゲおやじ
2010年10月14日 23:11
愛ちゃん、ありがとうございます。
体調は如何ですか。
はい、そのとおりです。中国風に炒めたり天ぷらにすると美味しいです。
粘い土を好む野菜もなくはないですけど、大体はさらさらの土がいいですよね。でも粘土をサラサラにするのは難しいです。
大まかな数値でよければ計る道具を市販していますよ。どこまで正確かはしれません。 
ヒゲおやじ
2010年10月14日 23:14
乱歩さん、ありがとうございます。
はい、畝の真ん中に埋め込む手もあるのですけど、やはり混ぜた方が良いようです。
そんなに重労働というほどのことはないのですけど、いい運動になります(笑)。
ヒゲおやじ
2010年10月14日 23:16
ああじゃんさん、ありがとうございます。
牛糞のような臭いはありません。軽くて使いやすいですよ。
これに化成肥料を混ぜて使うといいかも知れませんね。これだけでは肥料が不足します。
2010年10月15日 08:18
友人が、農協から一反借りて野菜作りを始めるんだと話しています。
話では、一年間位 農業指導を受講したといいます。
草茫々なんてことにならない様 頑張って欲しいものです。
2010年10月15日 10:32
何でも実が生る前には、人知れずはかなくも可憐な花があったのねぇ~!
。。。なんて!
まるで人目を避けて咲いているようですね。空芯菜の白い花。
ところで、玉ねぎって季節があるの?^^;なんで、極!早苗???
すんません~~~^^;怒られそ~ですが。。。^^;
一般常識無さ過ぎかしらん?
今日の感動。。。玉ねぎの芽は丸まって出てくるって。。。(笑)
ヒゲおやじ
2010年10月15日 13:13
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
一反といえば300坪。これは商売でやるつもりですね。
一年間の農業指導では作物は作れません。自前の畑で作るのとは違いますからね。これからの経験と頑張りでしょう。草茫々になるようなら資格なしですねえ(笑)。
ヒゲおやじ
2010年10月15日 13:19
みつばさん、ありがとうございます。
タマネギには極早生(ごくわせ)と中早生、それに晩生(おくて)があります。早生種は晩生に比べると植え付けるのも一月以上早いのです。
春先に新玉として店頭に並ぶのが極早生、中早生です。これらは保存は利かないので食べ切りです。それに対して5月の終わり頃から出始めるのが晩生のタマネギです。これは保存ができますので、年内一杯くらい食べられます。農家の軒先にぶら下がっているのがこれですよ。
2010年10月17日 10:21
一見ても本当に丁寧な畝作りに感心しきりです。
見事なお野菜になるはずと改めて思いました。
呼びかけて頂いているのにこんない遅くなってしまって・・・
失礼いたしました。
空心菜のお花は可愛いですね。
はい!ろこ好みです(笑)葉野菜のお花とは違うんですね。
お花を咲かせるために蒔いて見ようかな!!!
ヒゲおやじ
2010年10月17日 22:16
ろこさん、ありがとうございます。
これに花が咲くとは予想していなかったので慌てました。
こんな花が咲くのですねえ。ビックリです。
2010年10月18日 22:57
話は 逆戻りしますが 虫にやられたのは タマネギですか??
ヒゲおやじ
2010年10月18日 23:38
cookieさん、ちゃいまっせ~。レタスです、レタスの苗をやられました。

この記事へのトラックバック