ソラマメの種挿し!

そろそろ種を蒔かないと、また遅れてしまうからねえ。
でも、今年は何時までも暖かいからどうなんだろうなあ。
迷っていても仕方ないので、時期が時期だからよし蒔こう。


てなことで、今日はソラマメの種蒔きだ。
でもね、これって種は蒔かないんだよ。 種は挿すんだよ。
なのでタイトルは種挿しだ。


今年使うのはこれ。

画像

三連という品種の一寸豆だ。

一寸というのはおよそ3㎝。 つまり一粒の実の大きさが3㎝ということだ。
それが三個連なって莢に入っているから三連だね。


何でこれを選んだかって?
うーん、特に意味はないねえ。 というか、これまでずっと地元の清水豆という種類を植えていたんだよね。
それが病気になったり実が入らなかったりで、ここ数年不作続きなんだ。
それで今年は変えてみようかということで、そうかと言ってこれが成功するかどうかはわからないし、まあ神頼みみたいなもんだねえ。



はい、これが種だよ。

画像

んっ、何で青い色がついているんだ?

うん、これは消毒薬だよ。
つまり種にウイルスなんかの黴菌がつかないようにしているんだ。

去年は地元の清水豆で、消毒処理をしていないマメを蒔いたら、ものの見事にウイルスにやられてほぼ全滅だ。
なので、種の段階で薬物処理をしているのは仕方ないねえ。

これを無農薬じゃないと言ってしまうと、もう後は自家栽培で種を採取するしかないんだけど、その種にはほとんどウイルスが付着していると考えていいんだ。
ジャガイモは食用にスーパーなんかで買ってきたものを植えてはいけないとか、去年収穫した芋が余っているからといってそれを植えてはいけないって、これまでに何回も言ってきたよね。
これ、同じ理屈なんだ。栽培種というのはほとんど何らかのウイルスなりの病原菌がついていると思って間違いないんだ。だからそれを防ぐために種の段階で薬物処理しているんだねえ。でもジャガイモは薬物処理はしてないよ。そのかわり専用の農場で厳密に栽培されているんだ。

なので、この段階では仕方ないのかなあと、ヒゲおやじは思っているけどね。


でもねえ、厳密に言うと無農薬にはあたらないんだよね。
それを気にする人は種袋をよく見て買うといいよ。 「この種子は薬品処理をしています」って書いてあるからね。
そういう表示のない種を選ぶといいんだ。
だけど、ウイルスとかの病原菌に冒されるかもしれないというリスクは必ずあるので、それを承知の上で使わないといけないねえ。どちらを選ぶかは本人の自己責任てことだねえ。



ヒゲおやじは、どちらを選ぶの?
うーん、ヒゲおやじはそこまでは気にしないことにしているんだ。
土壌にオルトランなんかの農薬を投入したり、育苗、生育中に薬品を散布したりというのは絶対にやらないけどね。
種の段階で薬品処理をしてないものを選ぶ方が難しくなっているからね。それよりむしろ畑にウイルスを持ち込まないと考える方が正しいような気がするんだ。
種の段階での薬品処理で健康被害が出るとは考えにくいしね。



さて、理屈はそのくらいにして、えーと、どこまでやったのかなあ。

あ、そうそう、これから種挿しだね。

これ、去年は懇切丁寧に詳しくやったので、今年は簡単にいくよ。

そう言えば、苗床に直播きするかポット蒔きかという話しがあったよね。 結局今年はポットに蒔くことにしたんだ。
何でかというと、定植するときにポットの方が楽なんだよね。ポットを植え付け場所に運んで植え付ければいいだけだからね。でも直播きだと一株ずつ掘り上げて、前もって穴を開けておいた植え付け場所に運んで植え付けしないといけないんだ。これがねえ、行ったり来たりが結構大変なんだ。

なので、今年はポット蒔き。



圃場は前もって石灰と堆肥を撒いて、準備をしておいたところだ。
そこの土をポットに詰めていく、

画像

これに水をかけて十分に湿らせておこう。



さあ、そこに種を挿すよ。

挿し方は去年詳しく書いたけど、もう一度復讐しようか。 んっ、誰に復讐するんだ、復習だよ、復習。
まずお歯黒を下、凹んでいる方を上にして斜めに挿す。 覚えているかな?


そう、こんな具合だよ。

画像

お尻の1/3は地面に出しておく。だったね。


あのー、何で1/3は地面から出しておくんですか。
てな質問が来そうなので、前もって説明しておくと、ソラマメってのは結構湿気を嫌うんだ。
もう少し正確に言うと、種も呼吸をしているんだよね。なので全部埋めてしまうと酸欠になって腐ってしまうことが多いんだ。だから1/3は地面から出して呼吸をさせてやろうという寸法だよ。

指導本によると、種の向きは関係ない、全部埋めるのが良いと書いてあるものもある。
それは畑の状況によるんだ。粘り気のないサラサラの砂のような土壌なら、それも可能だねえ。と言うかその方が合っていると思うよ。でも、そんな畑は滅多にないので、ヒゲおやじ流を真似してもらった方が確実だねえ。



これが実際に種を挿したところだ。

画像

ほら、こんな具合だよ。



はい、これで出来上がり。もう一度しっかり水をかけておこう。

画像

種と土の間に隙間ができないように、しっかり押さえておくといいよ。




さて、このままではカラスやハトが大喜びしてしまうので、鳥除けをしておこう。

いつものように鳥除けのテグスを張るだけだけどね。

画像

さあできた。

これで後は乾かさないように、観察しながら水遣りをしよう。



ということで、ソラマメの種挿しというお話しでした。


今日も天気は晴れ。 でも昨日ほど快晴ではなかったけどね。
朝は冷え込んだねえ。と言っても20℃をちょっと割り込んだ程度だ。暑さに慣れた体には寒く感じるんだねえ。
日中は動くと汗ばむ陽気だったよ。


今日も良い日でありました。

ありがとうございます。





明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

2010年10月19日 10:48
まだ、日中は作業をすると汗ばむのですね。
こちらは風が冷たくなってきました。
こちらでも種芋専門の農家の方がいらっしゃいますから、きっと食用とは違って、管理も厳しいんだと思います^^♪
イタさん ^^/
2010年10月19日 11:00
師匠こんにちは~!
もう埋め頃ですか~?(種挿しっ!
暑いからって言ってももう10月下旬ですね;
イタさんもそろそろ仕度することにしますか;
北陸だからそちらより早めにしないといけないんですよね、寒いから;
でも、まだ半袖で仕事していますよ
最低気温が10度を下回るのはいつごろかしら;
最高気温は25℃下でがんばっています(笑)
一番凌ぎやすい季節ですね^^/
2010年10月19日 11:29
ま~いよいよソラマメですね。
初めてソラマメのことをヒゲおやじさんとこで拝見した頃を思い出します。
こちらでは気候のせいか、ソラマメが植えられているのは見たことがありませんし、収穫したものが売られていても、地元産のはまったく見ません。
また一年の始まりのような気分です。
2010年10月19日 15:42
へぇ~~!!そら豆の種って初めて見ました!
そら豆の形してるんですねぇ!
それともそら豆そのもの???^^;
なんだか大きさもポットの大きさと比較すると、そんなに小さいものでもないみたいですし。。。
初めて~~^^;
2010年10月19日 21:19
私もソラマメ挿してみようかな。(笑)
大きな仕掛けを作らないと収穫にはならないのですよね。
ちょっと資材を買わないといけませんけどね。
収穫が楽しみですよね。
ヒゲおやじ
2010年10月19日 21:39
湖のほとりから・・・さん、ありがとうございます。
はい、結構暑いです。半袖で十分ですよ。
種芋農場は確か農水省の指定農場になっていると思います。厳しく管理がされています。
ヒゲおやじ
2010年10月19日 21:44
イタさん、ありがとうございます。
最低気温ですか。さあどうでしょう12月に入ってからですかねえ。
時々猛烈に冷えることがありますけど、それを除くとそんなもんでしょう。
日中は日が出れば25℃越えになりますよ。半袖の方が楽です。
ヒゲおやじ
2010年10月19日 21:47
山形ママンさん、ありがとうございます。
そうですねえ、ソラマメは北限が北陸から関東の辺りまでのようです。
はい、また一年が始まります。今年は何とか上手くいってほしいと思っています。
ヒゲおやじ
2010年10月19日 21:54
みつばさん、ありがとうございます。
アハハ、何言っているんですか。ソラマメの種はソラマメそのものですよ。
花が咲いて生った実に入っている種がソラマメですからね。
食べるソラマメと全く同じものですよ。皆さんは種を食べているのです(笑)。ちなみにグリーンピースも同じですよ。
ヒゲおやじ
2010年10月19日 21:57
ああじゃんさん、ありがとうございます。
いやいや、ああじゃんさんの大農園なら仕掛けは要りません。
適当に支柱で補強をしてやれば十分です。
酒の友には最高ですよ。
2010年10月19日 23:12
種子はみな土に埋めるものと思っていましたが、そうとは限らないんですね!
2010年10月19日 23:46
今晩は。半分も顔を出していれば、ガ-ドをしなければ、まさに生き物の餌食になってしまいますね。
確かに完璧な無農薬というのは無理でしょうね。
妥協も必要ということで---。
2010年10月20日 10:41
種の段階で薬剤処理なんて知りませんでした。
無農薬栽培は、害虫との共存共栄なんて言って
ばかりはいられない。 難しいもんですねぇ。
でも害獣の被害は少ないようですね。
ニュースでは、毎日のように熊出没と騒いでいますね。
2010年10月21日 00:17
自分ではソラマメは蒔いた事がないので(ソラマメを好きではないんです)
面白く(ごめんなさい)読ませていただきました。
種の段階で薬品処理をしてないものを選ぶ方が難しくなっているからと言う事はほかの野菜の種も、例えばホウレンソウや大根などもですか?
仕方がないですが。。。
ヒゲおやじ
2010年10月21日 10:32
小梨さん、ありがとうございます。
半分土から出すというのは、ヒゲおやじが知っている限りソラマメだけです。他のものは全部土を被せます。被せ方はものによって厚かったり薄かったりしますけどね。
ヒゲおやじ
2010年10月21日 10:37
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
そうですね、どこまでなら許されるという自分なりの基準が必要でしょうけどね。キャベツの通常の作り方は31回農薬散布をします。散布気管は収穫の1週間前までです。これが29回になると減農薬野菜の表示ができるようになります。どう違うのか意味不明ですけど、法律上はそういうことらしいです。なので苗のうちに数回なら、ほぼ無農薬と言えるかも知れませんね。
ヒゲおやじ
2010年10月21日 10:40
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
はい、共存共栄はあり得ません。一方的に虫の勝ちです(笑)。害獣と言えばモグラくらいですかねえ。たまに種を蒔いたところをイヌや猫に踏み荒らされることがありますよ。熊や猪、鹿などは、かなり山に近い集落に行かないと出会えません。
ヒゲおやじ
2010年10月21日 10:45
ろこさん、ありがとうございます。
スーパーで売っているソラマメは不味いですよ。ヒゲおやじも食べません。
はい、ほとんどの種が薬品処理をしています。赤や青の色がついていたら、それは薬品処理です。ホウレンソウも最近は薬品処理したものが多くなりましたね。サカタのタネやタキイなどの大手の種苗メーカーのものは、ほとんど薬品処理しています。表示がありますから、直ぐにわかりますよ。

この記事へのトラックバック