ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS エンドウの種蒔き & ソラマメのマルチがけ!

<<   作成日時 : 2010/10/22 23:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 18

そろそろエンドウの種蒔きをしないといけないねえ。
やり方としては直蒔きとポット蒔きがある。どちらでもお好みのままにってことだねえ。
で、ヒゲおやじは?


はい、ヒゲおやじは、今年はポットにしたんだ。
直播きの方が手間がかからなくていいのだけど、幼苗期によく虫にやられたりするんだよね。
それでまた追い蒔きをしないといけなかったりして、結局手間がかかったりするからねえ。

どちらがいいとも言えないねえ。その時の気分や準備の都合もあったりして、思いついた方法でいいんじゃないかなあ。


さて、今回蒔くのはこれ。

画像

左から久留米豊といって、実エンドウだ。 グリーンピースの仲間だよ。
真ん中は絹小町。これは莢ごと食べるキヌサヤエンドウだ。
右はスナックエンドウ。 これも莢ごと食べるんだけど、甘くて美味しいねえ。茹でて直ぐそのまま食べられるんだ。
だからスナックなんだよ。 農水省は呼称をスナップと決めたけど、それは意味を知らない役人のバカさ加減を証明しているようなもんだ。 全国を調査してスナップと言っている人が多かったからだって。 本当にバカだねえ。
発祥のアメリカではスナックだからね。種袋にもスナックと書いてあるだろう。

おいおい、いきなり脱線かよ。

あ、またやってしまった。でも、こういうのはものすごく腹が立つんだよね。


えーと、それでは本題に戻って。 もう一つ、これな〜んだ。

画像

これ何だと言われてもねえ。

でも、ずっと記事を読んでいる人は直ぐに気がつくよ。 あ、あれかってね。
そう、今年の春にも収穫したもんね。


えっ、わからん?

ならば、これならどうだ。

画像

さー、これを見たら直ぐわかるよね。

なにっ、知らん?

あらー、困ったねえ。 ヒント、エジプト王朝の墓から出てきたエンドウ豆だ。

もうわかったね。そうツタンカーメンだ。



今年はこの4種類を蒔くんだよ。

やり方はいつものとおりだからね。
野菜の用土をポットに7分目くらい入れて、その上に薄く種蒔き用の土を撒いて、その上に種を置いていこう。

ほら、こんな具合だ。

画像

ね、ちゃんと薬品処理されているだろう。

赤や青に色づけされているのは全部そうだよ。

右からスナック、キヌサヤ、実エンドウ、ツタンカーメン。
一番左端は、一年前のツタンカーメンを試しに蒔いて見たんだ。

と言うのも、今年の春の収穫期に、実のよく充実したものを種用に生らしておいたんだよね。
そうしたらいつの間にかハトが来て、全部食べてしまったんだ。何かバリバリ音がすると思って行ってみると、何と二羽のハトが盛んに食べているではないか。こら〜〜っと脅かしても、目を丸くするだけで逃げないんだ。
頭に来て持っていた鎌を投げつけてやったよ。 それでようやく退散したけど、30分もしないうちにまたやってきてバリバリ食べているんだ。今度は鍬を投げてやった。一応逃げたけどねえ。
ヒゲおやじの居ない間にしっかり食べたようで、残っていたのは実が充実していないものだけだったんだ。

だから一年前の種が残っていたので、念のために蒔いてみたってことなんだ。


ハトって可愛い〜〜とか、平和のシンボルなのにとか、物を投げつけて可哀想とか言う人が必ずいるので言っておくと、まずハトはワシやタカなどの猛禽類の仲間なので、可愛いどころじゃない、平和のシンボルなんて飛んでもないってこと。それから畑にある物は何でも手当たり次第に食べてしまう害鳥であるってこと。
それと糞害がものすごくて、公害問題になっていることなんかを考えると、可愛い〜〜なんて言ってられないよ。

何でこんなにハトが増えたかというと、餌に困らないのが一番だねえ。人が食べるものはほとんど何でも食べるんだ。その上に基本的に肉食だからバッタなんかの昆虫もよく食べるんだ。
そんなことで栄養が十分に行き渡っているので、人間と同じく年中繁殖期なんだ。他の鳥や動物は年に1回とか2回と繁殖期が決まっているけど、ハトにはない。いつでもOK、ウエルカムなんだねえ。
もう一つは人間に寄り添うことで、外敵から身を守っているってのがあるねえ。
人の近くにいればワシやタカは勿論、イタチや狐、蛇なんかの天敵も近寄らないからねえ。
この二つの理由で、爆発的に増えたんだねえ。

なので、今ではハトに餌やり禁止の条例を作っている自治体や観光地もたくさんあるんだよ。


あら、いつの間にかまた脱線だ。 何時になったら本題が終わるんだろうねえ。


えーと、どこまで行ったっけ。

種はもう蒔いた? あっそう。
そしたら上から種蒔き用の土を1pばかりかけて、水をたっぷりやれば出来上がりだよ。

画像

はい、これで明るい日陰に置いておけば、そのうちに芽が出るからね。



ところで種を4粒ずつ蒔いていたけど、何か意味があるの?

あら、鋭い質問だねえ。
特別な意味はないよ。この種は発芽率が70〜80%なんだ。だから4粒も蒔いておけば大丈夫だろうってことだよ。
指導本には5〜6粒って書いてあるものが多いけどね。

それとこれは間引きをしないでそのまま植え付けるんだ。それで春先に元気の良いものを2本残して、後は除去するんだよ。
そうしないとはじめから2本にしておくと、虫にやられてしまうんだ。 だから指導本の5〜6粒ってのも意味があるんだよね。



さて、もう一つの話題。ソラマメの畝にマルチがけだ。

これがマルチがけをする畝だよ。

画像

どうだ、綺麗にできているだろう。

これ三日がかりで作ったんだよ。



こうして晒しておくと草は生えるし鳥には荒らされるし、ろくなことはないのでマルチをかけてしまおう。

あら、風が出てきたねえ。 やりにくいなあ。

画像

これ、二人でやると簡単なんだけどね。

一人でやるとなかなか大変なんだよ。特に風があると煽られてやりにくいこと。



それでも一人でやるのは慣れているので、なんとかやっつけたよ。

画像

はい、出来上がり。綺麗にできたねえ。これでも1時間近くかかってしまったよ。


後はソラマメの成長を待つだけだ。
ヒゲおやじの畑も段々冬バージョンに入ってきたねえ。



今日の天気は概ね曇。時折薄日もあったけど、晴れとは行かなかったねえ。
でも結構気温は高かったんだよ。確か24℃くらいかなあ。明日は26℃とまた夏日だ。
最低気温は16,7℃ってところかなあ。何だか中途半端でやりにくい季節だよねえ。
着るものに困るんだよ。昼間は半袖で十分なんだけど、この時期半袖というのもねえ。
朝夕は当然長袖に上に羽織るものが要るよ。

こんなことだから虫が何時までも大活躍しているんだ。



今日のおまけ。

画像

確か、マユハケオモトだったよね。

全く気がつかなくて、知らない間に咲いていたよ。


さて、今日も言い日だったねえ。


ありがとうございます。




明日もきっと言い日であります。

ヒゲおやじ











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。種まきも、こうしてお話を聞くと、奥が深いです。
明日の収穫を楽しみに、やりがいがありますね。お花を育てるのも同じだと思います。そしてその過程がまた楽しみで--。しかし、種類によって、味が違うんですね。
行き当たりばったり
2010/10/23 08:45
ヒゲおやじさん:オハヨウございます。
もう種蒔きの時期なんですね?
横浜じゃ早過ぎみたい、背が伸び過ぎちゃって・・・

 友人から頂いて、「クンシラン」かなぁ〜って思っていたけど、<<マユハケオモト>>って言うのね?
 葉巾が15cm位あって、チューリップの様な蕾から開花したでしょう?
我が家のはピンクでした。

 処で「ツタンカーメン」の種は残っていますか?
若し残って居たら、少し送って頂けませんか?(厚かましい?)
以前、オヤジさんがUPされた時に園芸店を探したけど見当たらなかった!
愛ちゃん
2010/10/23 10:58
こんにちわ。豆類ずいぶん蒔きましたね。ソラマメとで5種類
ですね。畑も広いけど種類が多くなると、作付の場所の遣り繰り
が、大変ですね、連作障害も避けなければ、いけないからね。
ツタンカーメンは連作できないとか、聞いたような気もするけど
どうなのかな? ヒゲおやじさんはご存じですかお尋ねします。
ツタンカーメンはご飯に入れて炊くと、赤飯の様になりますよね。
莢えんどう スナックえんどうは生り出すと毎日収穫するように
なるから忙しいけど楽しみですね。
てるてるぼうず
2010/10/23 14:45
マルチをかけるときは二人がいいですね。
ふだんは父の手伝いをしないのですが、
マルチをかけるときは「手伝って」と電話がきますよ。
湖のほとりから・・・
2010/10/23 20:00
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
そうですね、収穫も勿論楽しいのですけど、作る喜びというか過程が何とも面白いわけで。物作りの面白さでしょうかねえ。
勿論種類によって、食べ方も味も違いますよ。
ヒゲおやじ
2010/10/23 22:52
愛ちゃん、ありがとうございます。
あ、ピンクもあるのですか。それは知らなかった。
種は今日郵便で送りました。土日を挟むので、火曜日には着くでしょう。
もしかしたら切手代が不足かも。その時は宜しく(笑)。
ヒゲおやじ
2010/10/23 22:55
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
ツタンカーメンは連作できないという話しは知りません。でも、何でも連作は避けた方がいいですからね。ソラマメは5年間はダメといわれています。
特にナス科の野菜の連作には頭を痛めています。遣り繰りが難しいです。
ツタンカーメンはグリーンピースのような食べ方をしても、それほど美味しくはないのですけど、ご飯に入れるとこれは美味しいです。高温で炊く方が良いのかも知れませんね。
ヒゲおやじ
2010/10/23 23:00
湖のほとりから・・・さん、ありがとうございます。
風がなければ、それほど面倒ではないのですけど、横風に煽られるとやりにくいです。今のうちにしっかりお手伝いしておきましょう(笑)。
ヒゲおやじ
2010/10/23 23:02
4種類も栽培するんですね、食べきれないほどの豊作になりますよ(笑い)。安全な食料はいくら有ってもいいですからね。
ところで「ツタンカーメン」は美味しいのですか?寒さにはどうなんでしょうか?一度チャレンジしてみたいです。
乱歩
2010/10/23 23:08
乱歩さん、ありがとうございます。
ツタンカーメンは実エンドウ(グリーンピースなど)のような食べ方をしても、あまり美味しくはありません。それが豆ご飯にすると俄然美味しくなります。赤く染まって赤飯のようになりますよ。
ヒゲおやじ
2010/10/24 15:13
ヒゲおやじさん、スナックエンドウは昔からスナックですよ。若い時に仕事で関わっていたから、良く知っています。最近、スーパーでスナップと書いて売っているから、おかしな店があるなと思っていたのですが、聞き間違い言い間違いが正式名称になるとは、解らないですねえ・・・
今頃蒔くと豆はいつ食べられるのですか?野菜が相変わらず高いからうちでもやってみようかな。

三浦あぼりじに
2010/10/25 14:41
わ〜お豆さん綺麗に整列ですね。
畑もお見事ですね。
ここまですると芸術です。
収穫も嬉しいですが、ここまで綺麗にできた畑ちゃんに
自分に自分でご褒美をあげたいですね。
飲んでますか???(笑)
ミルキー
2010/10/25 17:55
三浦あぼりじにさん、ありがとうございます。
農水省が全国の地域でどう呼んでいるか調べたそうです。それで正式名称はスナップだそうです。馬鹿馬鹿しいでしょう。お役所の仕事なんてこんなものですよ。
そうですねえ、だいたい5月の連休明けくらいでしょうかねえ。
こういうのは手間がかからないので、土地があるのならやってみたらいいですよ。庭先でも十分できます。
ヒゲおやじ
2010/10/25 22:43
ミルキーさん、ありがとうございます。
はいはい、飲んでますよ。飲み過ぎてます(笑)。
飲むのを止めてまで延命しようとは思いませんのでね。それで害があれば仕方ないでしょう。
畑も作るのが面白くてやっているので、収穫はまあ、そのご褒美でしょうかねえ(笑)。
ヒゲおやじ
2010/10/25 22:48
こちらにも失礼します。
スナックエンドウ・・私も大好きです!
先日蒔こうと思ったのですが、袋の裏を見ると寒冷地では春のようです。
ん!でも、植え付けは何時されるのですか?
ひょっとして春なら、こちらの家で今蒔いておく手もありますね。
って、コメント書いてて、思いついてしまいました。
ちょっと勉強してみます。(^^ゞ
つれづれ
2010/10/29 12:42
つれづれさん、ありがとうございます。
もう芽が出ましたので、植え付けは間もなくですよ。
寒冷地では3月に種を蒔くといいでしょう。多分6月には収穫でるでしょう。
ヒゲおやじ
2010/10/29 21:34
そこでさっそく、畜産や野菜等に詳しい、農畜産業振興機構に問い合わせてみた。
すると、このふたつは同じものを指しており、1970年代にアメリカから輸入されてきた品種で、正式名称は“スナップえんどう”だという。

ところが、日本では販売するメーカーによって、商品名を“スナックえんどう”とするところが出てきたため、いつの間にかスナップとスナックが共存するようになったとか。そこで、昭和58年には、農林水産相が“スナップえんどう”に統一するよう決めたそうなのだが、実際のところは“スナックえんどう”も、まだまだ存在している様子。

ちなみに、英語で“スナップえんどう”は、snap-bean(スナップビーン)といって、「ポキンと折れる」や「パチンと音をたてる」といった意味を持つ、snap=スナップからきているみたい。
嘘つき大嫌い
2017/05/01 05:58
嘘つき大嫌いさん、ありがとうございます。
これは実はその当時の大手種苗店の月刊誌に記載されていた記事からの引用なのです。どこかの偉い先生が書いていたもので信用したのですが、後にアメリカ在住のブログ友からアメリカではスナップというのが正しい、スナックなんて言っている人はいないと指摘がありました。 そこでよくよく調べてみるとまさにそのとおりで、後日訂正の記事を書きました。内容は嘘つき大嫌いさんのご指摘と全く同じ内容です。
ならばなぜこの記事を訂正しないのかと思われるかも知れませんが、これはタイトルにもあるように日記なのですね。 その当時はこれが正しいと思って書いたものですが、それがその時の記録でもあるのです。 嘘つき大嫌いさんが日記を書かれるかどうか知りませんが、過去の日記に間違いがあったと言ってそれを訂正して書き直したりするでしょうか。またはそのページを破り取ったりするでしょうか。 過去のページを一々書き直したり訂正していたのでは日記になりませんよね。それはもうその時の記録なので直しようがないのです。それこそが日記の日記たる所以であると思います。 
それで後日訂正の日記を書いても、それを同じ人が読まれるかどうかはわかりません。でも、それも仕方のないことですね。
なのでこんな古い記事に間違っているぞと指摘を頂いても、どうしようもないのです。 悪しからずご了承ください。
ヒゲおやじ
2017/05/01 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンドウの種蒔き & ソラマメのマルチがけ! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる