レタス 草引き、間引き、追肥!

先日種を蒔いたレタスが、大分大きくなってそろそろ間引きの時期だねえ。
てなことで、今日は間引きだ。


と、ネットをはぐってみると、あらー、草がいっぱい。

画像

これではまず草引きからやらないといけないねえ。



はい、草引き終了。

画像

綺麗になったねえ。



では間引きをしよう。
今は大体3本から4本芽が出ているんだ。
これをそろそろ1本にしようかというところだねえ。


さあ、間引き終了だ。

画像

この時に土寄せをして、軸がぐらつかないようにしてやるといいよ。



間引きをしたら追肥だ。 これは定番だから覚えておくといいねえ。

画面の奥の方は、セルトレーで育てた苗を植え付けたヤツだ。
なのでもうかなり大きいだろう。

ここは株間に固形肥料を追肥してやろう。
手前の苗の方は、まだ早いので液肥でいいよ。


はい、追肥終了。

画像


この後はネットを元通り戻して、作業終了。
なんだけど、気をつけていないとネットを開けている間に、チョウが卵を産み付けるからねえ。
常に監視していないといけないよ。
まだチョウはたくさん飛んでいるんだ。



ところで先日種を蒔いたタマネギ。まだ芽は出ていないけど、ようやく寒冷紗をかけてやったんだ。

画像

大分雨が降ったので、少し乾かした方がいいかなあ、なんて思ったので見合わせていたんだ。



そろそろ芽が出る気配だし、乾かしては不味いからね。

ところで何で三角屋根なんだ?
あら、気がついた? これは雨対策なんだよ。
普通は平らに張るんだけど、どうしても真ん中が垂れるよね。雨が降るとそこから水がボトボト落ちて、種を動かしてしまうんだ。だからそれを避けるために三角屋根にしてみたんだ。

これで、あと二、三日もすれば芽が出るだろう。



先日間引きをした大根が、あっという間に大きくなったよ。

画像

ほら、葉が立ち上がってきただろう。

ここまで来ると、もうよとう虫や根切り虫にやられる心配はないんだ。
後はアブラムシだねえ。これにやられると成長が止まってしまうからねえ。
もしアブラムシが来たら、除虫菊とかの自然植物由来の殺虫剤をかけてやるといいねえ。
でも効き目は弱いので、様子を見ながら二、三度かけないといけないと思うけどね。


あ、もう一つ強力な害虫がいた。

画像

これ、可愛い~~~なんて言ってられないよ。ものすごい食欲だ。

芽が出たばかりの苗だと、あっという間になくなってしまうよ。
見付け次第、退治しよう。
と言っても、踏み潰すのはなかなか勇気が要るよね。

ヒゲおやじは上の道路に放り投げるんだ。
上手く逃げおうせたらバッタの勝ち。 逃げ遅れて車に轢かれたらバッタの負け。
どちらにしてもヒゲおやじは関係ないという寸法だ。

バッタの被害というのは、予想以上に大きいんだよ。イナゴの大群に襲われて、農作物が全滅したなんて話しをよく聞くだろう。このバッタはそこまで強力じゃないけどね。それでも野菜の被害は結構大きいんだよ。

で、このバッタも早速道路に移動してもらったということなんだ。
その後? 知らん。



今日は二日連続の大雨の後の、三日連続の晴れ。
農家の忙しいこと、忙しいこと。朝早くからコンバインが走り回っているよ。
ヒゲおやじの家の近くでも、まだ薄暗いうちからブルブルとうるさいことうるさいこと。

このチャンスを逃したら、今度いつ稲が刈れるかわからないからねえ。
畑の周りでも、道路から見渡すと5台、6台が稼働中、休止中や移動中を含めると7,8台目に入るねえ。


あらー、こちらはかあちゃんがやっているよ。これは珍しいねえ。

画像

大体は農協の兄ちゃんだったり、メーカーの人だったりするんだけどねえ。

ここは自前のコンバインを持っているのかなあ。


昔はコンバインなんかなくて、稲刈り機だったんだよね。
ただ稲を刈るだけ。 それが結束できるようになって、脱穀して袋詰めできるようになって、今は脱穀したものを直接トラックに積み込めるようになって。楽になったもんだねえ。

稲刈り機といえば、手押しの一条刈りが今でもあちこちで活躍しているのを見たよ。
これはビックリだねえ。
いや、そんなに狭い田んぼじゃないんだよ。普通の大きさだ。形も歪じゃなくてコンバインが入っても全然おかしくない田んぼなんだけどね。そこを手押しが刈っているんだよね。いやー、懐かしいというか、おーー、と思ってしまったねえ。

今でも棚田なんかだと、これが活躍しているとは思うんだけどね。こんな平地の開けた田んぼでも使われているんだ。まあ、勿論自前の稲刈り機なんだろうけど、人に頼まなくてもできるってのがいいのだろうねえ。
コンバイン頼むと日時が決まらなくて、突然今朝一番にとか言われて慌てるそうなんだ。
兼業農家だと、そんなこと急に言われても困ってしまうよね。
そんなこともあって米作りを止めてしまう農家もあるそうだよ。
そうは言っても自前のコンバインなんか持てないからねえ。あれ、高いんだよ。




稲刈りが終わると秋本番というか、冬野菜の準備を急がないといけないねえ。
ソラマメは、去年20日に種を蒔いているからねえ。それで少し遅れた感じがあったので、今年はもう少し早く蒔いて見ようかと思っているんだ。でも今年は気温が高いからねえ。下手すると大苗になってしまいそうだし、うーん、難しいところだねえ。

えっ、大苗になると不味いんか?
うん、マメ類は大苗は寒さに弱いんだ。だからできるだけ小さな苗で冬越しをさせたいんだよね。
だからそこら辺りが、お天道様との駆け引きの難しさなんだよね。
去年の冬は暖かかったから大苗でも楽々冬越しができたけどね。さて、今年はどんなことになるのか。

これもやってみないとわからないからね。



今日も朝から晴れ。午後からは少し雲が出たけど、天気を崩すようなことはなかったねえ。
ちょっと動くと汗ばむくらいの気温だったよ。

明日も似たような天気らしい。
もうちょっと畑が乾いてほしいところだね。 雨、降るなよ。


ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ











この記事へのコメント

2010年10月12日 23:19
今晩は。草退治、間引きに追肥、そして乾燥、害虫退治と、忙しいけど、一連の動きになってます。さすが、達人、手順が違います。
農家の方も、稲刈りに忙しそう。これが今後一年を決めてしまうものなんですものね。
2010年10月13日 08:37
バッタ バッタと 虫退治。。。 ご苦労様で~す。
まだ蝶々も トンボも飛んでいるんですねぇ。
手植えの不揃いの苗は、コンバインでは刈れないんでしょうか。
手押しの一条刈りは、パンフレットでしか見たことがありません。
2010年10月13日 12:58
畑の天敵は色々いますねぇ~!
天敵と見極めるや、道路に投げちゃう?。。。ということは^^;
へぇ~!農家の人はみんなコンバイン持っているのだと思ってました。
農場の人に頼むのって初めて知りました。
機械類は高額だから、一年中使うものじゃないと持ちきれないんですね。
この、作業の正確さ!さすが!おやじさんですね!
ヒゲおやじ
2010年10月13日 13:38
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
畑が乾いてくれると手順も組み立てられるのですけど、今はまだイマイチです。これでしばらく降らなければ良いのですけどね。
農家は田植えと稲刈りだけが忙しい行事になりました。後は何もやっていませんよ。
ヒゲおやじ
2010年10月13日 13:43
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
少々ずれていても大丈夫のようですよ。
手押しの一条刈りが、こんな真四角の田んぼで動いているとは知りませんでした。機械の入らない棚田や狭い田んぼ用かと思っていましたからね。
かつて自家用に買ったヤツを使っているのかも知れませんね。
ヒゲおやじ
2010年10月13日 13:47
みつばさん、ありがとうございます。
コンバインは高いので普通の農家は自家用では持てません。なので、持っている人に頼むか、機械を借りるかします。年中使うものなら買うかもしれませんが、稲刈りだけに使うものですからねえ。借り賃を払っても、その方が張るかに安いですよ。
2010年10月13日 16:24
畑の土が肥えているんですね。成長するのが、
早いですね。大根 レタスも順調ですね。
レタスも収穫時期ずらすといいですね。
草と虫との戦いは終わりなしですからね。
最近のコンバインは脱穀から、藁まで刻む
から、稲藁が無くてこまりますね。
昔は稲藁を水につけて、くるくるっと
何でも縛ってましたよね。
ヒゲおやじ
2010年10月13日 23:13
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
去年まで無理を言って藁を提供してもらっていた地主さんが、今年は稲作を止めてしまったので、稲藁の調達に困っています。これ、買うと滅茶苦茶高いのですよ。そんな金出してまで野菜作れませんからねえ。何か代替品がないかと、目下思案中です。

この記事へのトラックバック