エンドウの植え付け!

昨日はソラマメの植え付けをしたんだけど、エンドウもそろそろ植え付けをしないといけないんだ。
ということで、今日はエンドウの植え付け!


エンドウの苗がどうなっているかというと。

画像

ほらね、もうそろそろ植え付けてくださいって言っているだろう。


えっ、エンドウがそう言っているの?
あら聞こえないかなあ、野菜っていつも声を出しているんだよ。
植え付けにしろ収穫にしろ、「そろそろですよ」って言っているだろう。 
聞こえない? あー、それはまだ野菜とお友達になっていないってことかもね。

まあ、それはいいか。この話をし出すと終わらないからね。またの機会にしよう。



さて、植え付けるのはここだよ。

画像

先日しっかり採寸して支柱を立てたところだよね。



では、植え付けよう。

まずは植穴を掘って、中にペレット状の有機肥料を入れる。

画像

これは必ずということではないよ。

ヒゲおやじの畝は馬糞堆肥と有機肥料をばらまいている程度なので、多分肥料が不足するんだ。
なのでじんわり長持ちの有機肥料を元肥として入れるんだ。

その上に土を少し被せて、根が直接肥料に当たらないようにする。 これはどんな肥料でも基本だよね。



はい、準備完了。

画像


 

では、植え付け開始。

画像

この場合はポットから抜いたらそのまま植え付ける。



何で? エンドウは2本仕立てが基本じゃなかったのかなあ。
うん、そのとおりなんだよ。でもこの苗はまだ小さいだろう。だからもう少し大きくなったら元気なものを残して2本に間引きするんだよ。
でもね、その時苗を引き抜いてはいけないよ。他の苗の根を傷めてしまうからねえ。
どうするかというと根元から切り取るんだ。できれば地面より少し下辺りで、鋏で切るといいねえ。

このやり方は他の野菜でも使えるので覚えておくといいよ。



さあ、植え付け完了だよ。

画像


はい、お疲れ様でした。

とはいかないんだよね。 まだ作業が残っているんだ。


何をするかって、いつもの藁巻きだよ。
実は、今年は地主さんが稲作を止めてしまって、藁も籾殻も手に入らないんだ。
困ったなあ、せめてエンドウの藁巻きだけは何とかしなくてはと思っていたら、何とお隣さんが知り合いから調達してくれたんだ。

画像

でも、たったこれだけ。

去年までは有り余る藁をふんだんに使えたんだけどねえ。
いやいや、そんな贅沢は言ってられない、これを上手に使わなくては。



はい、藁巻き終了だよ。

画像

思ったより上手くいったよ。

ギリギリではあったけどね。


何で藁巻き?

うん、そうだねえ。 一つにはこれに絡んでエンドウが成長していくのに必要というのがあるねえ。だから藁でなくても木の枝とか笹なんかもよく使われるんだよ。
もう一つは風よけ霜除けかなあ。だから北側には厚く南側には薄く藁を巻くんだよ。

エンドウは寒さに弱いからねえ。小苗は寒さに強いけど、大苗になるとやられてしまうよ。
だから如何に小さな苗を育てるかというのもあるんだけどね。


さあ、どうだろう。何か参考になったかな?



ということで、今日はエンドウの植え付けでした。



今日は久々に綺麗な青空。 正に秋の空だねえ。
朝はちょいと冷え込んだけどね。日中は日差しがあったので結構暖かかったよ。
明日もいい天気らしい。



今日の最新の畑。

画像

こんなところだ。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ











この記事へのコメント

2010年11月04日 01:24
なぁ~るほど・・・・
この藁巻きなら、防寒とツルの絡ませが一度に済みそうですね
さっそく採用させていただきます
でも、藁がふんだんに使えていたなんて・・・うらやましい
私のところでは・・・貴重品なんです。
2010年11月04日 12:08
へぇ~~!!エンドウ豆って、こうやって植えつけるんですねぇ~!
なるほどです!!理に叶ってますね!
毎年こんな作業を繰り返すのって大変なんですねぇ!
たまには面倒になりませんか?(笑)
2010年11月04日 18:18
いろんな知恵があるんですね。
野菜の声が聞こえるようになるまではまだまだ時間がかかるような気がします。
ヒゲおやじ
2010年11月04日 21:09
yajiroさん、ありがとうございます。
そうなんですよ、去年まではね。ありとあらゆるところに使いました。
これ、買うと滅茶苦茶高いですよね。買ってまでは使えません。
でも、エンドウの分だけは何とか確保できてよかったです。
ヒゲおやじ
2010年11月04日 21:12
みつばさん、ありがとうございます。
いや、好きなことなら面倒だとは思いませんよ。次はどうしようとか、どんな工夫をすればいいかなんて考えるだけで楽しいです。
ただ体を使うだけの作業は嫌ですね。しんどいだけで、面白くも何ともないです。
ヒゲおやじ
2010年11月04日 21:17
はるばるさん、ありがとうございます。
声を聞いたり、顔色を読んだり、それも楽しみのうちです。
バイクでもエンジンふかしただけで、調子がわかるでしょう。何がいけないとか、何が足りないとか、声が聞こえるでしょう。それと同じですよ。
2010年11月04日 21:22
連日の植え付けですね。
しかも、見事な植え付けですね。
藁がないと困ることもあるんですね。
我が家も藁を少しだけ残すのですが、母がこんな風に使ってるんでしょうね。
2010年11月05日 00:56
藁巻き…、こうやって苗を保護するんですね。
ヒゲおやじ
2010年11月05日 10:15
ああじゃんさん、ありがとうございます。
藁は根元に敷き藁として使う事が多いので必需品です。
今年からは手に入らなくなったので、さてどうしようと悩んでいます。
ヒゲおやじ
2010年11月05日 10:17
小梨さん、ありがとうございます。
越冬させる苗は、こういう風にしておくと安心ですよ。
四国と言えども冬は寒いですからね。
2010年11月05日 11:03
お早うございます。
ヒゲおやじさんも、野菜たちに声をかけながら苗を植え替えするのですね。私も花や野菜の手入れをする時は必ず声をかけます~♪ ヒゲおやじさんは、エンドウ、ソラマメとも「ポット」に蒔くのですね。私は畑に地蒔きしていました。ポットに蒔いて育てた方が良いのでしょうか?苗を植え替えた後の保護の仕方も素晴らしいので参考にさせて頂きます。
2010年11月05日 15:50
エンドウは、いろいろと作業が厄介なんですねぇ。
ソラマメとエンドウの区別がついこの間までわからなかった
徳さんですからねぇ。適当な作業で終わってしまいそうです。
なんていっても口作業だけですが・・・。
旅行に行ったので、全部記事を読むのに時間がかかりました。
拍手だけとりあえず入れましたが、自動的にリンクしない
気持ち玉になってしまいました。
時々こうなるのは、何故なんでしょうねぇ。 
ヒゲおやじ
2010年11月05日 23:03
花ちゃん、ありがとうございます。
いえ、どちらとも言えません。直蒔きした方が根を傷めないので成長は早いようです。ただ、虫にやられやすいですよね。ポットだとある程度の大きさまで育てますので、虫にやられるのは少なくなりますが、育苗管理だの植え替えだのって面倒です。これは好みでよいのではないでしょうか。
ヒゲおやじ
2010年11月05日 23:07
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
相変わらず頑張ってますねえ。拍手喝采ですよ。
やたらに気持ち玉が入ってきたので、誰だろうと思ったら徳さんでしたか。
気持ち玉はログインしてからアクセスしないとリンクされません。
ヒゲおやじも時々やってしまいます。これって誰からかわからないとつまらないですよね。
2010年11月06日 16:01
美しい畑に感動です。
私もレンタルで良いから畑をしたかったのですが、社宅育ちの夫は畑好きじゃないし、姑の介護も入るしで、断念しました。
最近はベランダ栽培というのもあるから、まだ夢を持っていますけれど^^
ヒゲおやじ
2010年11月07日 10:16
はなさん、ありがとうございます。
まだまだ先は長いです。そのうち介護も終わる日が来るでしょう。
それからでも遅くありませんよ。楽しみは長い方がいいです(笑)。
2010年11月12日 17:05
いつも小気味良く繊細で丁寧な作業ですね。
私ならマルチもきっと使いまわしてしまうほど大雑把なことでしょう。
いつも勉強させられます。
ヒゲおやじ
2010年11月12日 23:17
らんじゅさん、ありがとうございます。
書いているのと実際の動きは、些か違ったりはしますげね(笑)。

この記事へのトラックバック