春菊の再間引き! プロは絶対にやらない間引き方?

11月17日に春菊の間引きをしたよね。覚えているかな。あれから十日経ったけど、その後どうなったかな?


ちょいとトンネルを覗いてみると、あらもう大分大きくなっているなあ。
これならそろそろ二度目の間引きをしなければいけないなあ。


てなことで、今回は春菊とコマツナの間引き。

ちょっと待ったー。
んっ、いきなり何だよ。
17日に間引きをして十日経ったって、今日は12月2日だぞ。十五日経ったんじゃないのか?

もう、細かな所に気がつくなあ。そんなことどうでもいいんだ、黙ってりゃ気がつかないんだから。
あのな、二度目の間引きは11月27日なんだ。だから十日で合っている。
で、その話しの続きが今日だってことよ。

うーん、何かわかったような、わからんような。
いいから、気にするな。


で、トンネルの中は?

画像




画像

と、こんな具合だ。


春菊は混み合ってきたので、もう少し間隔を開けてやろう。
コマツナもそろそろ1本立ちにしてやろう。



まずは春菊からだ。

画像

大分大きくなって隣と競り合っているねえ。

もう少し間隔を開けてやろう。


1回目の間引きは、適当にザクザクだったよね。間隔最優先で間引いたからね。
今回は違うよ。
春菊ももう大分大きくなって、立派に食材として食べられるんだ。
ここからの間引きは食材優先。その結果、適当な間隔になるように間引くんだ。

んっ、何か言っていることがわからんぞ?

えーと、要するに大きく育ったものから優先的に間引くんだ。
えーっ、本には小さなものや形の歪なものを間引けって書いてあるよ?

うん、それも正しいんだけど、それはあくまでもプロ用の間引き方なんだ。
つまり生産農家は、一定の時期に一定の品質の野菜を、一定の数量まとめて出荷しなければいけないんだ。
だから苗の間に大きさを揃えておく必要があるんだよね。だから小さなものや育ちの悪いものを抜いてしまうんだ。
抜いたものは当然売り物にはならないので捨ててしまうんだ。勿体ないだろう。

指導本の著者は、家庭菜園家なんかじゃなくて、大学の先生だったり農業の研究家だったりするので、どうしてもプロの技術に片寄ってしまうんだねえ。それに理屈だけで実践経験が少ないので、本当のことは知らないんだ。


でも、我々家庭菜園家は、一定の数量だの一定の品質だのってのは求められていないので、できるだけ長く、しかも作ったものは全部食べてしまいたいんだよね。
だから大きく育ったものから順に間引いて食べようという魂胆なんだ。だから間引きと言いながら、むしろ収穫に近い感覚かなあ。

こういう風にすると、残った苗は邪魔者がなくなるので、また急に大きく育つんだよ。
これを繰り返していくと、長く楽しめるし捨てるものはないので全部食べられるという寸法だねえ。
勿論春菊は適当な間隔が整ったら、後は茎を摘み取って収穫していくけど、他の野菜だと最後の1本まで残らず収穫できるからね。 どうだ、面白いだろう。

ということで、プロは絶対にやらない間引き方だよ。 これは是非真似してほしいねえ。


でも、このやり方ができるのは、間引き菜が食べられる葉菜類に限るんだよ。
ナスやトマトなんかの果菜類は、やはり育ちの良いものを残さないといけないねえ。
それと根菜類も大きなものを残すようにしよう。



ということで、はい、間引き終了。

画像

大分間隔が開いてきただろう。

もう1回か2回間引くことになるねえ。




勿論、間引いたものは食べるんだよ。

画像

これはゴマ和えにして食べたら美味しかったよ。



ついでにコマツナも間引いてやろう。

画像

こちらは元々間引きを手抜きするために、最初から間隔を開けて蒔いておいたので、1本立ちにするための間引きだねえ。

だから指導本どおりに筋蒔きした場合は、先ほどの春菊と同じように大きく成長したものから抜いていくんだよ。



さすがに手抜きの術を使うと簡単だねえ。もう出来上がりだ。

画像




さて、ついでに草引きをしよう。
こういうのはトンネルをはぐったついでにやっておくと楽だよ。トンネルなんてそう毎日はぐるものではないし、面倒くさいんだよね。

ほら、草も結構生えているだろう。

画像





草引きも終了。 そしたらついでに何をするんだったかな?
えっ、忘れた? ほら、タマネギの手入れでやっただろう。

そうそう、追肥だよね。

画像

草引きをしたらついでに追肥をしよう。 草引きをすると表面の土がほぐれるので、追肥をするには好都合という寸法だ。

真ん中辺りにパラパラと撒いて、軽くかき混ぜておくといいねえ。



はい、作業終了。というのが27日のことだよ。

で、今日畑に行ったついでに、トンネルを覗いてみると、おー、また大きくなっているねえ。さすがに間引き効果だ。

画像




画像





あらっ、何かいるなあ。 あらー、アブラムシだ。

画像

嫌だねえ、こんな時期にアブラムシかよ。

そうか、トンネルの中は暖かいからなあ。


早速退治しなければ。
軍手でこすり取るのが一番いいんだけど、春菊の葉が小さすぎて難しい。
なので今回は有機系殺虫剤を使うことに。
これはジョチュウギクの成分を抽出して作った殺虫剤だよ。天然素材成分だから有機栽培にも使用できるんだけど、効き目はあまり強くないんだ。生き残るヤツもいるから要注意だよ。



大きくなったと言えば、こちらソラマメ。

画像

これで大体20㎝ほどだ。

そろそろ芯を止める作業をした方がいいかも。
今日は時間がないので、それはまた次にしよう。



今日の収穫はこちら。

画像

縦長のタケノコみたいな白菜と半結球タイプのレタスだ。どちらも甘くて美味しいんだよ。



画像

これはご存じ長ネギと葉ネギだねえ。 これも美味しいよ。

これはどちらも娘からの注文だ。早速届けに行こう。



ということで、今日はプロのやらない間引き術のお話しでした。

ありがとうございます。



えーと、実はこれは昨日書いた記事なんだけど、酔っぱらって公開するのを忘れてしまったんだ。
公開しているとばかり思っていたので、PCを立ち上げてビックリ仰天という始末だ。

ダメだねえ、家で飲んで酔っぱらうとは。 ああじゃんさんのがうつったかなあ(笑)。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ









この記事へのコメント

2010年12月03日 15:48
空豆、オープンなところですが、同じような姿をしています。逞しそうです。
間引くとすっきりしますね。
小松菜は美味しいですか?そんなに利用していないのですが。春菊、香りがあるのに、夜盗虫にすっかり(ひとつ植えただけ)やられてしまいました。
2010年12月03日 16:03
酔っ払ってた割には、細かい!!(笑)
ボケたんじゃなくて良かった!良かった!(すみません^^;)
春菊の間引きより、ソラマメ~ソラマメ~!♪ これから楽しみ!
うんうん!これから芯を止めるのね!^^q
mika
2010年12月03日 18:06
本当に、酔っ払って書いた文章とは思えませ~ん!
私、ほろ酔いでも、写真付きできれいに文章まとめられません^^;
ヒゲおやじさんのお酒が入っていない時の記事というのはいったいどんなものなのでしょう!?(苦笑)

こちらはもう雪に覆われてしまい、畑はお休みに入ってしまいました・・・
トンネルを作れば冬でも栽培できるのですが、今年はそこまでできる余裕がなかったので、来年から検討してみようかな!?
冬の間はヒゲおやじさんのブログで栽培を楽しみます~^^
2010年12月03日 19:30
間引きされた春菊、胡麻和えも勿論美味しいけど、サラダにして食べたら柔らかくて美味しそう~。小松菜のこのくらいのも新しいホシガメちゃんの餌にぴったり! お味噌汁の具にちょうどいいかしら? 今まだ、こちらでは葱が高いです。だから給料前は1本ずつ買って来たりして。ヒゲおやじさんのところはいいですね~。いつでも新鮮素材がたくさんですものね。
2010年12月03日 20:06
ソラマメ立派になりましたね。小松菜 
春菊などは、間引きした小さいのが、
美味しいですよね。白菜 ネギも綺麗
に出来てますね。娘さんから注文が
有りますから作り甲斐が、ありますね。
ヒゲおやじさんの畑は手入れが、ゆき
とどいていますよ。

2010年12月03日 22:04
春菊の間引きしましたよ。
プロではない菜園がやったらいいと言う間引き方法、以前にも書かかれましたよね。だからしっかり覚えていました。
この記事を読む前にやったんですがバッチリです。
今夜胡麻和えもしました。間違いなく美味しかったです。
春菊の胡麻和えはした事がなかったのでお惣菜1品ゲットです(笑)
ホウレンソウも同じくです。
2010年12月03日 22:10
立派な野菜!
間引きの野菜も結構頂けますね。
またまた、参考にさせて頂きます。
ありがとうございます。
2010年12月04日 01:16
私の宴会の声が聞こえてました。
今週は久しぶりに強烈な二日酔いを経験しました。(笑)
大きなものから間引きしていただいてしまうのは合理的ですよね。
我が家は二十日大根が育ってるんですけど、食べごろが分からない。(笑)
きざし
2010年12月04日 06:53
合言葉は除草後追い肥ですね。


しっかり硬い頭にインプットしました。

農薬使用しない害虫対策は難しいですね。

家族や知り合いが食べる物ですから、安心して食べられる物育てたいですね。


ヒゲおやじさん、直ぐに役立つ知識と実行方法有難うございますm(_ _)m
ヒゲおやじ
2010年12月04日 10:29
クロゼット☆ライターさん、ありがとうございます。
コマツナはカミさんは好きですが、ヒゲおやじはそれほど美味しいとは思いません。料理法にもよるのでしょうけど、我が家はお浸しくらいしかレパートリーがないので(笑)。
春菊は夜盗虫も大好きですよ。必ずやって来ます。ヒゲおやじの畑でも、既に何本もやられています。その都度見付けて死刑にしています。
事前にわからないから困りものです。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 10:37
みつばさん、ありがとうございます。
酔っぱらっている方が調子がいいのです(笑)。
ソラマメはこれから1回目の芯止めを行います。収穫はまだまだ先ですよ。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 10:40
mikaさん、ありがとうございます。
酔っぱらっている方が調子が良いのですよ(笑)。素面の時はなかなか文章が出てきません。それにものすごく硬い文章になってしまいます。
もう雪ですか。雪が溶けるまでは冬眠ですね。冬来たりなば春遠からじ。
春はもうすぐですよ。ってこれから冬なのに(笑)。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 12:29
mintさん、ありがとうございます。
カメの餌にはベストですねえ。食材にするには小さすぎます。
まあ、それが作っている者の強味ですから。でも、ものによっては買った方が安いものもあるのですよ。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 12:33
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
段々畑が痩せてきています。一度畑を全部掘り返して、畝を作り替えるといいのですけど、常に何かが植わっているのでそれも難しいです。
堆肥は入れているのですけど、間に合わないですね。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 12:40
ろこさん、ありがとうございます。
あ、覚えていましたか。それは素晴らしい(笑)。
全部食べきらないと、捨ててしまうのは勿体ないですからね。
ホウレンソウは根が長いので、間引きは結構難しいですね。発芽率が悪いので多目に蒔いているから余計です。面倒であれば、鋏を土の中に突っ込んで根を切り取ってもいいですよ。その方が他のホウレンソウを傷めずに済みます。ただし、鋏は傷みますのでそれなりのものを使って下さい。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 13:38
ちぃじぃさん、ありがとうございます。
狭い畑でやりくり算段、苦労しています。間引きも遣り繰りのうちですよ。
そろそろタマネギを植えなければいけません。またちぃじぃさんの真似をして紐を張りましょう。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 13:45
ああじゃんさん、ありがとうございます。
二十日大根は、名前のとおり二十日前後で収穫できます。
根元が膨らんで大根っぽくなれば収穫して下さい。葉も大根も両方食べられます。
二日酔いですか。どうりでああじゃんさんの声が聞こえたはずですよ(笑)。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 13:51
きざしさん、ありがとうございます。
幼苗期に天然成分由来の有機農薬をごく少量使うのはやむを得ないと考えています。幼苗期にアブラムシにやられてしまうと、もう収穫は望めませんからね。それでも滅多に使う事はないのですよ。
2010年12月04日 20:55
立派~!すばらしい畑ですね。ただただ見とれていました。土の質からして違いますもの。我が猫の額ほどのスペースで手こずっています。ヒゲおやじさんのブログで勉強させていただきますね。特に葉物は虫との戦いですね。
ヒゲおやじ
2010年12月04日 21:46
南十字星さん、ありがとうございます。
いやいや、これがなかなかの難敵。難しい畑です。何しろ元は田んぼてすからね。普通の畑のようには上手くいきませんですよ。
どうやって作ろうかって、毎回悩んでいます。
2010年12月05日 10:27
なるほど間引き方にも考え方の違いがあるのですね。
大きくなったものは食材に利用し残った小さいものを大きく育てる、合理性がありますね。
作物が綺麗に良く育っています。愛情を込めている証拠ですね。
2010年12月05日 10:44
間引きなるほど私が育ちすぎているのは
家のとうちゃん間引いたからかな?(≡^∇^≡)ニャハハ・
しかし何時もながら綺麗にされていますね。
草引きも小さなうちだと楽なんだけど
大きくならないと退治しないので
ヒイヒイフウフウ言っています。
あれ?違ったかな?
2010年12月05日 21:14
こんばんは~
小松菜と春菊すくすくと育っていますね
間引きはしないのですか?
私も種をまきました(鉢の中ですが)まだ1㎝位ですが育ちますか?
見事な白菜のネギの収穫ができたんですね
ヒゲおやじ
2010年12月05日 23:00
ミニミニ放送局さん、ありがとうございます。
商売でやっているのではないので、品質云々より作ったものは残らず食べたいじゃないですか。均等に作ると一時にどっと収穫できるので、困ってしまうのですよ。少しずつ長くです。
ヒゲおやじ
2010年12月05日 23:04
ゆうさん、ありがとうございます。
あのね、そういうのは間引きって言わないの。気楽に踊りまくっているから育つんです(笑)。
いやー、マジで草は小さいうちだと、ガリガリ削っただけで退治できますからね。ヒイヒイフウフウ言わなくても済みます(笑)。
ヒゲおやじ
2010年12月05日 23:09
おととさん、ありがとうございます。
今、間引きの最中ですよ。芽が出たら大丈夫です。少し暖かくする工夫をしてみてください。ホームセンターでキャップを売っていますよ。安いです。
試してみてください。
2010年12月06日 09:40
春菊 香りが良いですね。
ちょっとしゃぶしゃぶして食べるのが好き。
間引きは確かに間引きなのですけれど、
言葉を大切にしたい私としては、最初は間引きとは言っても、あとは「収穫」と言う言葉を使います。
せっかく育てた物ですから、感謝して食べたくなります。
本当に、大地の恵みを感じさせてもらえますね。
私はこんな自然の営みが大好きです。
ヒゲおやじ
2010年12月08日 21:45
はなさん、ありがとうございます。
そうですね、幼苗期は間引きと言いますけど、少し大きくなってからは収穫になります。ヒゲおやじも全く同感です。
自然に触れていると心が和みますね。

この記事へのトラックバック