サトイモ種芋の保存! これがなかなか難しい?

もう何度か霜が降りているので、そろそろ保存しないとやばいかもね。
てなことで、今日はタケノコ芋の種芋を保存しようという話しなんだけど。
これがまたなかなか難しくてねえ。 上手くいった試しがないんだ。

最初の年は全部ばらして形の良い種芋を土に埋め込んだんだけど、ほとんど腐ってしまったんだ。
何で? うーん、ばらすとその切り口から細菌が入って腐るんだそうだよ。

そうかばらしちゃいけないんだ。
で、翌年はばらさないように掘り上げて、そのまま埋けたんだ。
そうしたら7割くらい腐っていたねえ。生存率30%だ。

で、去年はそれならと掘り上げずにそのまま上に土と藁を被せて、これなら万全だろうってなもんだ。
ところがそれでも半分くらいは腐っていたねえ。


うーん、困ったなあ。どうやればいいんだろう。

要するに寒さに当たると腐るんだよね。
もう一つ耳寄りな話し、逆様に保存するといいらしい。


よっしゃ、やってみよう。

まずは大きな穴を掘る。

画像

なるべく深い方がいいらしいけど、ヒゲおやじの畑は水に浸かるからねえ。そこは適当ということだろう。



そこに籾殻を投入。

画像

勿論保温のためだよ。


では、種芋を掘り上げよう。

これが思い切り気を遣うんだよね。
食べるために掘る分には、傷がつこうが関係ないけどね。
種芋となると傷つけてはそこから菌が入るということなので、恐る恐るだよホントに。

画像

さあ掘り上げた。

この時気をつけないといけないのが、親芋の首を短く切ってはいけないってことだ。
短く切るとそこから菌が入って腐る原因になるんだそうだ。
面倒だねえ。



さて、この種芋、子芋がポロッともげたりしないように、恐る恐る穴に入れるんだけど。
今回は教わったとおり逆様にして入れてみよう。
何でも上向きだと直ぐに芽が出でしまうんだそうだ。



で、その上から籾殻を被せて。

画像




さらに土を被せて。

画像

このままでもいいかなー、なんて思ったんだけど。



もう一手間。

画像

ビニールをかけて、その上に更に土をかけて。

さあ、これでどうだ。


これでも腐ったら、ヒゲおやじお手上げだね。
もう種芋は買うしかない。 でもこれが思い切り高いんだよね。
キロ単位でしか売ってないので、10個ちょうだいってなわけにはいかないんだよね。


いやー、来年の春が楽しみだよね。どうなっているかなあ。



今日は暖かかったよ。綺麗に晴れたからねえ。

画像

明日はまた思い切り冷え込むんだそうな。 何しろ最高気温が8度らしい。
これって真冬並みの気温だよ。


カミさん曰く、「明日は大掃除できんねえ」。
はい、冬眠日和です。


でもまあ、残っているのは風呂と台所だけだからね。
ヒゲおやじ的にはあまり関係ないかなあ、なんてね(笑)。



昨日は冬至。ヒゲおやじは忘年会。しっかり飲んできましたぞ。

冬至が過ぎると少しずつ日が長くなってくるんだ。
ところが日の出は1月の7日くらいまではまだまだ遅くなるんだよ。
でもね、日の入りがそれよりももっと遅くなる割合が高いので、日中時間としては長くなるって寸法だ。

何で? えーっと、それ、ヒゲおやじはわかっているけど、説明するとなると大変なんだよね。
文章だけでは無理。なので今日はやらない。

Googleか何かで検索してみたらどうかなあ。ヒゲおやじはこの問題はやったことがないので、どんな答が出で来るのか知らないけどね。

興味のある人はどうぞ。



ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


この記事へのコメント

ろん
2010年12月24日 04:30
うひゃ~
大変なんですね。。。これは。。。
イタさん^^/
2010年12月24日 11:35
師匠、お疲れさまです^^/
種芋を横向きにして埋めるのは聞いたことあります
逆さまだったらもっといいかもしれませんね!
切り口から水気が入りにくそうです
石灰なんかで消毒したらいいかもしれませんね

植え付けも逆さ植がいいって今年見たので
来年の里芋はそうやって植えてみようと思います^^
あ、種芋は保存せずに買おうと思ってます^^;

タケノコ芋ってのがあったらそれを買ってみようかな・・・
って、来年の話ですが(笑)
2010年12月24日 12:56
こちらにもお邪魔します。
こんな年は初めてですが、今年はサトイモがとれませんでした。(+_+)
義母の担当なのですが、去年とってあった種イモが赤いもだと思っていたら、全部白イモだったようで、だったら大きいイモが取れるはずが、小さくてほんの少し・・夏が暑かったからか??
だから、今まではふんだんに使っていたのに今年は買うことになりそうです。
種イモを我が家も日当たりの良い斜めの所に横穴を掘って保存するようです。
そんなことも、今のうちにちゃんと教えてもらわないといけないですね。
katsu
2010年12月24日 16:21
里芋などの種芋は毎年深さ90センチくらいの穴を掘って埋めています。
食べるのは50センチくらいの穴に埋めて少しずつ取り出していましたが途中で寒さにやられて食べられなくなります。
昨年は親からはずしてなるべくくっついたまま干し、乾いたら手で土を払って落とします。
発泡スチロールの箱に新聞紙を敷いて里芋を詰めて新聞紙をかけて蓋をして鉛筆一本挟みます。
それを事務所の床から50センチくらいの所に置きます。時々取り出して食べます。全然痛まず春まできれいでした。
今年試しに土に埋めた里芋と室内で保存した種芋を植えてみましたら、両方とも全部芽を出して大豊作でした。
来年もうまくいくようなら穴掘りはきついですから室内保存に切り替えようかと思っています。
蓋を全部しないで空気が通うことと、暑すぎず寒すぎないのがポイントのようです。
参考になりますでしょうか。
2010年12月24日 20:02
シソの枝を上に置くと ネズミや猪などから荒らされないって
昨日のテレビでやっていましたねぇ。
そんな話じゃない! ・・・ 腐らないようにする方法ねぇ。
知りませ~ん。 
箱に入れて床下に収納なんてね。 いいかも・・・。(笑)
2010年12月24日 21:07
こんばんわ!御無沙汰しておりますぅ。
今年ももう終わりに近くなってしまいました。
ヒゲおやじさんはほんとに元気ですね~~
今年も風邪を引いてっと言うようなことを聞かなかったような気がします。
種芋を自分で保存するのはむずかしいんですね。
苗を買ってきてばっかりですので、色々試行錯誤しているのはえらいですねぇ。
白菜ネギ水菜などおいしそうでしたねぇ~~
今年は秋野菜は余りよくありませんでした。大根も細くて、植える時期が悪かったのでしょう。
・・・タマネギだけは順調のようです。
忘年会シッカリ飲んできたのですか?きっとよい年を迎えられるでしょう。
ヒゲおやじ
2010年12月24日 22:05
ろんさん、ありがとうございます。
はい、結構大変です。野菜作りというのは、種を蒔いたらできると思っている人が多いのですけど、実際は子育てと同じくらい手がかかるのですよ。
ヒゲおやじ
2010年12月24日 22:08
イタさん、ありがとうございます。
これがなかなか難しくて、今まで完璧ってのがないのですよ。
横も縦も全部やってみましたけどね。寒いと腐る。今年ダメなら、次はどうしようかなあってなところです。
ヒゲおやじ
2010年12月24日 22:12
つれづれさん、ありがとうございます。
あら、ダメでしたか。夏場の高温と乾燥がひどかったですからね。
サトイモは水切れに弱いですからねえ。
あー、なるほどそういう保存法もあるのですね。
ヒゲおやじ
2010年12月24日 22:16
katsuさん、ありがとうございます。
いやー、大変参考になりました。ヒゲおやじも室内保存の方がいいのじゃないかと思っていたところです。何個か試しに室内保存でやってみます。
また、色々教えてください。ありがとうございました。
ヒゲおやじ
2010年12月24日 22:19
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
ヒゲおやじも室内保存を今年はやってみようかと思っています。
どのくらいの気温がいいのかわからないので、また試行錯誤ですけどね。
ヒゲおやじ
2010年12月24日 22:27
山形ママンさん、ありがとうございます。
あー、そう言えば風引いてないですねえ。カミさんは何度も引いていますけど。理由はわかりませんねえ。多分いつも畑で日に当たっているからかも知れませんね。これって、ビタミンDが作られるんですよね。これが体の抵抗力を作るのに役立っているのだそうですよ。
今年はサツマイモが最悪でした。秋野菜は順調でしたよ。
はい、忘年会は思い切り飲んできました(笑)。飲み収めかな?
いい年が迎えられそうな予感です。宝くじ、絶対に当たっていますからね。
2010年12月24日 22:34
里芋種保存に苦労してたそうですね。今年の方法ですと
成功すると思いますよ。ヒゲおやじさんの畑水が溜まる
ので深く掘れないから難しいですね。
 てるてるぼうずは、深さ60センチ程堀ます。土の付いた
まま逆様にして土をかけて埋めます。
その上にサツマ芋蔓や草の乾燥したのを積み重ねて堆肥
を作るのです。発酵して熱をだします。その上にシート
を掛けて土を載せます。98%成功してます。
一度試してみて下さい。
ヒゲおやじ
2010年12月24日 23:13
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
なるほど堆肥という手がありましたか。これは納得ですねえ、早速やってみます。98%は凄いですね。ヒゲおやじは60%ですから。
いやー、いい話を聞きました。
2010年12月25日 19:05
もう朝が早くなってると思ってたら、まだだったんですね。これだけ朝が遅いと朝歩きにくいんですよね。(笑)
えび芋は空中保管ってのは無理なんでしょうか。たまねぎのような感じでぶら下げるんです。まあ、無理万でしょうね。
ヒゲおやじ
2010年12月25日 23:20
ああじゃんさん、ありがとうございます。
日の入りは、たった三日ですけど、何だか少し遅くなったような気がしますよ。
空中補完ですか。それはやったことも聞いたこともないですねえ(笑)。
2010年12月26日 09:13
おはようございます。里芋の種イモ貯蔵、かなり難しいのですね。細菌に弱いのか、サトイモにつく菌が強いのか。いずれにしてもみなさん苦労工夫されてるのですね。奥が深いです。
2010年12月26日 18:09
ご無沙汰でした。
前記事もじっくり読ませていただきましたよ!
まだ年賀状と戦っている状態です。
さて来年のどんな記事になっているでしょうか?
試行錯誤の努力が報われるといいですね。
ヒゲおやじ
2010年12月26日 23:43
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
細菌と寒さに弱いですね。直ぐに腐ってしまいます。
本当はプロがどうやって保存しているのか知りたいのですけどね。
ヒゲおやじ
2010年12月26日 23:44
ろこさん、ありがとうございます。
そうですねえ、上手くいくといいのですけど。畑仕事というのは絶対というのがないので、いつも試行錯誤です。だから面白いのかも知れませんね。
還暦おばさん
2013年01月28日 11:14
はじめまして!私も家庭菜園はじめて数年。何が良くて何が悪いのか出来てからのお楽しみ・・・といったところですが、この頃欲も出てきて種芋もさかさまにして保存。まではいいのですが、何時頃だしてどのようにしたらいいのか解りません。教えてください!!
ヒゲおやじ
2013年01月28日 23:05
還暦おばさんさん、初めまして。ありがとうございます。
これは古い記事にコメントいただきまして恐縮です。
保存方法も大分進化していますので新しい記事も是非見てください。
ところでこれを取り出すのは植え付けの直前です。掘り出して芋の状態を確認して、傷のないもの、腐っていないものを選んで植え付けます。なのでそれまでの間、結構邪魔になったりもします(笑)。

この記事へのトラックバック