ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑煮は餅三つ!

<<   作成日時 : 2011/01/02 11:39   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 22

お正月とくればお雑煮だねえ。
我が家も正月三が日は毎朝お雑煮だ。
三つ? あ、これは何の意味もない。ヒゲおやじの食べる餅の数だ。


餅は当然丸餅。
昆布と炒り子の出汁に、大根の輪切り、サトイモ、ニンジンなどを入れて、餅と一緒に煮込んだものだ。
勿論すまし汁。 上に青いものでも散らせば出来上がりだ。

餅は素餅。こちらでは「すや餅」と言うけどね。餡の入ってないヤツだ。
中には餡餅を焼いて入れる人もいるんだよ。カミさんもその一人だ。
これが破れて餡が溶け出すと、えらい迷惑。もう食べられないよ。
甘いお雑煮なんてのは真っ平御免だからねえ。


我が家のお正月。まず朝一番に神棚を整える。これはヒゲおやじの仕事だ。
勿論前日にきちんと清めて、榊などの基本的になものは整えておくんだよ。

皿に米、塩、タツクリ、それと水入れに綺麗な水。
あとは神酒と燈明だね。

これらを神前に並べるんだ。
これが決まりがあってねえ。勿論決まりがあるのは知っていたんだけど、どう並べて良いのかわからなくて以前は適当に並べていたんだ。それではどうにも気持ちが悪いので、たそがれさんに聞いたところ親切に教えてくれたんだ。

だから今はちゃんとできるんだよ。
この並べ方にも多少のバリエーションがあるようで、三角形に並べたり、横一列に並べたりするらしい。
でも、一般の家庭ではそこまで拘らなくていいと思うけどね。

基本的には真ん中が米、向かって右側が塩、左側が水と覚えておくといいねえ。
奥手左右に神酒、手前左右に燈明だ。燈明は神前を照らす篝火ということらしいので、少し左右に開けて全体を照らすように配置するといいねえ。その方が見た目にも格好いいよ。


これらが整うと、燈明に明かりを入れて拝礼だ。
二礼二拍手一礼。これが拝礼の正しいやり方だ。



それが終わるといよいよ朝食。
まずは新年を祝して杯を上げる。
「それじゃあ、お目出とう。今年も宜しく」 「お目出度うございます」てなもんだ。

以前は子供もいたし、たくさんのお節を作ったけど、今は二人だけだし簡素なものだ。

外は風も強くて寒い。今年は寒い正月になったねえ。
昼過ぎに近くの神社に初詣。
外に出てみると、まだ厚い氷が溶けてないんだ。 子供達が氷を持って遊んでいる。
そらそうかも知れないねえ。この辺りは氷が張ることも珍しいからねえ。


去年頂いた古いお札を持って、さあ出かけようか。

画像

町中の大きな神社のようにごった返すことはないけど、三々五々常に人波が途切れない程度の参拝者がいるんだよ。これはちょっと途切れたところだ。

拝殿の前には賽銭箱。これが拝殿の上に設置されているので上がらなければならない。
参拝者は皆賽銭を投げているけど、これはいけないよ。
神様にものを投げ与えるなんてのはよろしくない。 これは神様への捧げ物なんだからねえ。
正しくは賽銭箱の内側に添って滑らせるように捧げるのがよいとされているんだ。

ヒゲおやじはちゃんと靴を脱いで拝殿に上がって賽銭を上げてきたよ。

中には上手く入らなかったからと、土足のまま上がろうとする人がいて、さすがに家族に注意されていたけどね。
ちゃんと「土足厳禁」って書いてあるんだけどねえ。どうやら字が読めないらしい。


無事初詣も終わって、我が家の正月の公式行事はこれで終了だ。

静かなもんだねえ。現役の頃は若い連中がわいわい押しかけてきて、それはそれは大変だったんだよ。
何日も前から料理の準備をして、当日も夜遅くまで飲み騒いで。
あれはあれで懐かしい思い出だけど、宴の後の片付けくらいしんどいものはなかったねえ。

それを思うと今は静かな正月だ。

寂しい? いや、それは全然ないねえ。
むしろ正月くらいは静かに祝いたいものだ。

それに明日にはまたチビ共が押し寄せて来るからねえ。

さあて、どこに避難しようかなあ。


てなことで、今年もこんな調子で始まりました。

今年もどうぞ宜しく。



ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
この地域の雑煮は、切り餅で正月菜だけのシンプルな雑煮です。
就職した頃には、毎年正月に旅行しましたその時に丸餅の雑煮があることを知りました。
また、地方によって色々な雑煮がありますね。
我が家も正月は、男が主役と言ったところです。
今年もよろしく お願いします。
ちぃじぃ〜
2011/01/02 18:58
明けましておめでとうございます

今年も快調にスタートしましたね。この調子で一年を楽しんで行きましょう。
本年もよろしくお願い申し上げます。
無門
2011/01/02 19:46
明けましておめでとうございます。
すべてにおいて準備の良い方だと拝見しています。
今年は見習わせて頂きたいです。
本年もよろしくお願い致します。
blue tractor
2011/01/02 21:09
ちぃじぃさん、ありがとうございます。
やはり角餅ですか。地域によっては味噌で煮るところもあります。
角か丸かの境界線は、どうやら名古屋から糸魚川の当たりのようですね。
こちらこそ、宜しくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2011/01/02 22:30
無門さん、明けましてお目出度うございます。
はい、今年も早速始めましたよ。本年も宜しくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2011/01/02 22:32
blue tractorさん、明けましてお目出度うございます。
いやいや、そんなことはありません。全てにおいていい加減な人間です。
適当をモットーにしています(笑)。
こちらこそ、宜しくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2011/01/02 22:35
我が家の雑煮も、愛妻は餅だけを入れますが、母は餡入りのほうが豪華だと思ってる節がありますね。(笑)まあ、私は出されたものは何でもいただきますけどね。お賽銭は私も滑らせるように入れるようにしています。きっとヒゲおやじさんのブログで学んだ気がします。(笑)
ああじゃん
2011/01/04 00:58
ああじゃんさん、ありがとうございます。
昔は砂糖が貴重品だったので、砂糖をふんだんに使った餡餅は、豪華なものという風習が残っているのかも知れませんね。
あら、そんなこと言いましたっけ(笑)。直ぐ忘れるから。
ヒゲおやじ
2011/01/04 10:41
穏やかなお正月ですね。
政治の方は大変な動きをしています。
国はどうなるのか心配です。
こちら福岡の雑煮は丸餅です。
鰤、鶏肉、蒲鉾、白菜、人参、小葱などを入れ澄まし汁で頂ます。

ミルキー
2011/01/04 11:48
あけましておめでとうございます。
お雑煮、2年間も松山に居たのに、松山の雑煮を食べませんでしたし、知らなかったです。
奥様は餡餅ですか〜・・・。
我が家も澄まし汁です。
博多雑煮は、あご(トビウオ)の出汁です。
でも、主人の母が東京なので、普通のお吸い物に、焼いたおもちを入れるだけのシンプルなものなんですよ。
色んなお雑煮がありますね。
お啓
2011/01/04 14:55
明けましておめでとうございます。丸餅は知っていますけど、餡を入れるというのは知りませんでした。お雑煮に餡か〜・・ヒゲおやじさんちのお雑煮を見てみたかったですね。ウチのお雑煮も澄ましです。お餅は板の延ばしたお餅を小さく四角く切り分けて、焼いてからお椀に入れます。少し煮る人もいますけど。 お餅は大好きなので年中パックに入ったものを買って食べています。 今年もどうか宜しくお付き合いの程、お願い致します。
mint
2011/01/04 16:22
静かな中にも一通りのしきたりをきちっとなさるのですね。
お参りもなさったのですね。今年は咳がひどく、まだ行っていません。
お雑煮も食べるとなんかお正月らしくていいですよね。
我が家でも作りました。
その後にぎやかにお過ごしになったのでしょうね。
山形ママン
2011/01/04 21:16
ミルキーさん、ありがとうございます。
やはり西日本は丸餅ですよね。そうか福岡は何と言っても鰤ですよね。
こちらも鶏肉は入れるところがあります。
極めてシンプルなあっさり味が基本です。ヒゲおやじ的には、もう少し色々入っている方が嬉しいのですけどね。
ヒゲおやじ
2011/01/04 22:21
お啓さん、明けましてお目出度うございます。
そうですね、地方によって特色があります。福岡で東京風とは面白いですねえ(笑)。餡餅を焼いて入れる人は結構多いようですよ。ヒゲおやじは御免ですけどね(笑)。
ヒゲおやじ
2011/01/04 22:23
mintさん、明けましてお目出度うございます。
関東は四角い延べ餅ですよねえ。焼いてから汁に入れるだけですか。
こちらは雑煮というくらいで、野菜は何でも入れますよ。我が家はサトイモ、大根、ニンジン、春菊くらいですけどね。これらを入れて餅と一緒に煮込みます。でも関東は地方から行っている人が多い野で、色々な雑煮があるのでしょうね。
ヒゲおやじ
2011/01/04 22:28
山形ママンさん、ありがとうございます。
もう今時こんなことをやっている過程は少ないかも知れませんね。
核家族化で若い世代になると、そういう仕来りも受け継いでないようです。
玄関の正月飾りもないところが多いですねえ。正月は単なる連休になってしまったのかも知れませんね。
我が家は簡素にはなりましたけど、まだ一応仕来りは守っています。
これが一年の初めというか、年の初めのケジメみたいなものですね。
ヒゲおやじ
2011/01/04 22:34
心新たにこの一年が始りますね。
ヒゲおやじさん、たそがれさん ありがとうございます。
神棚の前の置き方、今まで適当にやってました。
>基本的には真ん中が米、向かって右側が塩、左側が水。
奥手左右に神酒、手前左右に燈明だ・・・ですね。
これで我が家も今度はちゃんと置く事ができます。

新潟のお雑煮は大根や里芋に鮭やととまめを入れる豪華版が多いのですが
我が家は夫の実家風の野菜のごった煮、山のぜんまいまで入れるんですよ。
一緒になってから10年くらいは味が違うとなかなかOKもらえませんでした。今では娘達がこれを食べに正月にやってきます。
けっこちゃーん
2011/01/05 14:13
けっこさん、ありがとうございます。
そこまで拘らなくてもいいようにも思うのですけどね。そこがほらヒゲおやじ流で(笑)。
へー、それは賑やかなお雑煮ですねえ。いやー、美味しそうです。
一度食べてみたいですね。
ヒゲおやじ
2011/01/05 23:25
雑煮を食べると正月らしくなりますね。
ゆっくり噛んで 入れ歯にくっ付かないよう注意しないと
いけないので 二つだけにしときました。(笑)
ログの大好きな徳さん
2011/01/06 10:20
お雑煮大好きな私なんですが いつも 正月は 帰れないのです。 飛行機は 混んでるし、今が 一番のピークシーズンなんで でれないし。。
とろとろに溶けたお餅が 大好きで、ユリネが はいったのが 最高!
悲しいがな〜〜 暑いサムイじゃ お雑煮作る気も ないし お餅もうってないし! 無理矢理 日本に帰国したときに 母に作ってもらうしかないのです!。
親不孝なむすめですがな!!
cookie
2011/01/06 22:31
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
あら、入れ歯でしたか。それは食べにくいですねえ。
二つ食べれば十分でしょう(笑)。
ヒゲおやじ
2011/01/06 22:42
cookieさん、ありがとうございます。
あらー、それは悲しいお話しですねえ(笑)。確かにサムイでお雑煮ってのもシャレにならないような(笑)。
日本に帰ってきたときにと言っても、季節によっては餅売ってないし。
あらー、困りましたねえ。
ヒゲおやじ
2011/01/06 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑煮は餅三つ! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる