ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トマトの植え付け!

<<   作成日時 : 2011/04/21 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 16

さて、今日はトマトの植え付けだよ。
まだ早い? うーん、そのとおりなんだけどね。 一昨日の冷え込みがあまりにも極端だったので、多分もう大きな冷え込みはないだろうという、ヒゲおやじ流の勝手な予測だ。


そうは言いながら種苗店に立ち寄って沢山の苗を見ると植えたくなるんだよね。

本当は来週早々か中頃を予定していたんだけど、今日の暖かさなら大丈夫か。
てなことで苗を買ってしまったので、仕方ない植え付けよう。


植え付け方法はいつものとおりだから、特に解説なしだよ。

画像

株間は60センチ、植穴に事前に水をたっぷり。




あ、そうそう。苗を買う時の注意。
これも今までに何度もやっているので復習だね。 
双葉がちゃんと付いていること。茎が太いこと。節が間延びしていないこと。
それともう一つ、第一花が付いていること。 
ナスにしてもトマトにしても、第一花が付いた頃に定植するのが一番良いとされているんだよね。

理由? いやー、よく知らないねえ。指導本にも書いてあるし、本職の農家もそう言っているから正しいんじゃないかなあ。

敢えて言えば、花の向きかなあ。
トマトの場合は特にそうなんだけど、実が生ったときに通路に向いて生っていてくれると、非常に作業がしやすいんだよね。 第一花があるとそれを目印に、花が通路に向くように植えることができるだろう。そうするとそれ以降の花は全て通路に向いて咲くから、当然見も通路に向いて生るってことなんだ。
花が付いていないと、どちら向きに花が付くのか本職には直ぐわかるんだろうけど、ヒゲおやじには全然見当も付かないからねえ。


その他には、うーん、一番定着しやすい時期かもね。
それより小さいと寒さにも弱いし防風防寒対策が要ったりするからねえ。逆に大きな苗は定着が難しいんだ。
多分こちらの方が主な理由だと思うよ。



さて、植え付けたら仮の支柱を立てておこう。

画像

この辺りは強風地域。 根がしっかり張るまでは、支柱をしておかないと倒れてしまうんだ。




えっ、去年までは丈夫な支柱を先に立てていたような?

あ、気がついた? そうなんだよね。今年からやり方を変えたんだ。
何と、2本仕立てをやろうとしているんだよ。

何だ、その2本仕立てっていうのは?
えーと、去年までは全ての脇芽を取って、親芽というか主茎1本で仕立ててきたんだよね。
ところがミニトマトの場合は2本仕立てでも大丈夫という情報が入ったんだ。
実(み)は1本仕立てと味も大きさも変わりなく、収量は2倍になるって話しなんだ。

おー、そうかい。ならばやらない手はないよね、ってなことで2本仕立てに。



勘のいい人はもう気づいていると思うんだけど、いつもなら支柱が真ん中に一列に並んでいるのに、今年は両脇に2列になっているだろう。
これ、別に屋根を作ろうとしているんじゃないんだよ。2本仕立てにする準備なんだ。



どうやって2本仕立てにするのかって?
それは見てのお楽しみだねえ。 簡単に言うと、脇芽を1本残すってことだよ。




さあ、水をたっぷりやって出来上がりだよ。

画像


これで出来上がりって、例の行灯はやらないんか?

うーん、痛いところを突いてくるねえ。
実は悩んだんだけど、もう大丈夫かなあとも思うし、やばいかなあとも思うし。
どうしよう。面倒くさいしねえ。 もう4月の下旬に入ったことだし、これから霜が降りることもないだろう。
なんて、ちょいと狡をして行灯はしなかったんだ。 冷え込む予報でも出ると、またやるかも知れないけどね。



この後、昨日やりかけた通路を耕す作業。
叩いて耕して叩いて耕して、馬糞堆肥を入れて混ぜて形を整えて出来上がり。

画像

さあ、フカフカの通路が出来上がりだよ。

これできっとトマトも豊作だ。



さらにナスを植える予定の通路を2本耕したんだ。
お陰でクタクタ。畝を耕す方がよほど楽だよ、ホントに。



さあ、これが最新の畑の映像だよ。

画像

今の時期は毎日変わるからねえ。

明日はどうなっているか、楽しみだねえ。




今日は昨日一昨日と違って、暖かだったねえ。 日差しはそれほど強くはなかったんだけど、それでも動くと汗ばむ陽気だったよ。
こういうのが安定して続いてくれると有り難いんだけどねえ。



頑張ろう、オール日本!

今日、菅総理が被災地を視察したニュースが流れたねえ。
何だろうねえ、あの様は。
「これからも頑張って下さい」って、さっさと通り過ぎたって。
「もう帰るのですか。我々はさっきからここにいるんですよ」。
もっと言ってやればよかったのに。

何で東北の人はそんなに我慢強いんだ? もっと怒っていいんだよ。 もっと罵ってもいいんだよ。
言いたいことはもっとはっきり言おうよ。
ヒゲおやじなら必ず殴っているねえ。「この役立たずが」ってね。 「さっさと帰れっ。二度と来るな」と言いたいところだよ。

毎日毎日コロコロと施策が変わる。理念も方針も何もないのかねえ。
隠してきた情報がボロボロ今頃になって出てくるし。

本当に被災地や国民のために何かしようとしているのかなあ。自分が責任を追及されないように、必死になって逃げ回っているようにしか見えないけどねえ。現地視察だって明らかにパフォーマンスだし、施策だって全部後追いの辻褄合わせだし。何よりも状況説明や情報開示が全くないってのが問題だね。
避難しろ、立ち入り禁止だと言っても、どこの地域の何がどうだからというのが一つもないんだよ。
我々が聞いていても何がどうなっているのかサッパリわからない。被災地の人達はもっとわからないだろうねえ。

何か、後で何か合ったときに責任を追及されるのを恐れているとしか思えないけどなあ。


まあ、今そんなことを言っても仕方ないか。



被災地以外のオール日本。 今すぐ自粛は止めよう。

ヒゲおやじはことあるごとに毎日カミさんに言い続けたんだ。自粛はするなとね。
カミさんも最初は抵抗があったみたいだけどね。例えば「母の日なんかは自粛はおかしいけど、飲み会や花見なんかは自粛せないかん」と言うんだ。やはりこんな時に浮かれて遊ぶのは不謹慎だという意識なんだろうねえ。
でも毎日言い続けると、さすがにヒゲおやじが言っている意味が少しはわかってきたみたいだよ。

浪費せよとは言わないけど、せめて普通の生活をしてほしいんだよね。

今、日本の経済は未曾有の落ち込みに入りかかっているんだ。
被災地どころじゃなくて、オール日本が危機的状況になりつつあるってことをもっと認識してほしいんだよね。

今こそオール日本の底力の見せ所だよ。


頑張れ、オール日本! 頑張ろう、オール日本!



ありがとうございます。





明日もきっと笑顔の良い日であります。

ヒゲおやじ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ナイスですね! 通路を耕すなんて、普通思いつかないですよね。
馬糞堆肥の代わりにこの前言ってた枯草の堆肥でもO.Kですよね。今度真似してみますね。 だけど終わると同時にぎっくり腰になるような気もしますね(^_^; 私は文明の利器、トラクターを使おうかな!!おやじさんも気を付けてくださいね(^_-)
まだまだ初心者
2011/04/22 06:02
またまた 参考になる記載あありがとうございます。
2本仕立て良いですね。
そのため株間が、チョット広めですね。
ちぃじぃ〜は今年も1本仕立てです。
友達は2本仕立てに言いますけど・・・
ちぃじぃ〜
2011/04/22 07:41
だんだん畑の畝が野菜でうまって行きますね。此れから野菜が大きく成って、収穫時期にはあれや此れやとてんてこ舞して居る様子が目に浮かびます。こちらは5月に入ったら、茄子や胡瓜など植えようかと思います。今は其の床の準備で忙しくしています。今日の未明にまたひと雨有って畑に入れなかったので、ジャガイモの中の草取りが途中でお預けに成ってます。(^^)
自由人
2011/04/22 15:35
美しい区画分けの畑ですね。
苗を買いに行きました。
名札がナイものも多くて、幾種類か買いましたが
籠に沢山入れると覚えられそうにありませんので、
植えては、また買おうと思いました。
blue tractor
2011/04/22 18:03
東北人は粘り強く、忍耐強いんですよ!
否応もなく冬の寒さにさらされて、それに長い間耐えていなければなら無いんですよ。暖かい所の人は分からない雪との戦いが人間を我慢強くするんです。管に文句を言ったって何も変わりやしない。こいつに言ったって無駄なら、東北人はそんな無駄なことにエネルギーは費やさないんですよ。
黙っているからいいのではなくて、言う価値もないんだと東北の人に思われたんだと理解して欲しいです。すっごく悲しくて辛いです。
それを理解できないなら、やはり総理としてはそれなりの人物でしかないということです。
はるばる
2011/04/22 18:29
ひぃぃぃ〜
トマトだらけ(>_<)

ひげおやじさん…。夏になったら野菜室大変になりますよ(◎-◎;)

売れるくらい実付きそう…手入れいいから♪

あさ
2011/04/22 21:20
トマトやナスは花の咲いた頃に定植された方が良いと言います。
小さなポットの小さい苗の場合は、3号〜4号ポットに植えかえ管理し花芽が着き花が開いた頃に定植した方が良いです。
また、実の付いた様な老苗は定植する時に液肥料で灌水し定植すると良いでしょう。
ヒゲおやじさんの言われるとおりトマトは第1果の方向に花芽が着くので同じ方向(通路側)にすると管理がし易いです。
小さい苗を定植すると花芽の方向が分らないのと活着して樹勢が強くなり実付きが悪くなる(樹が暴れる)と言われています。
ちぃじぃ〜
2011/04/22 21:25
まだまだ初心者さん、ありがとうございます。
トラクターがあるなら、畝も通路も一緒に耕してしまうといいですよ。
そういう強力な武器があるといいですねえ。羨ましい(笑)。
ヒゲおやじ
2011/04/22 22:10
ちぃじぃさん、ありがとうございます。
いままで1本仕立てに拘ってきたのですけど、始めて2本仕立てに挑戦です。上手くいくといいのですけどね。
ヒゲおやじ
2011/04/22 22:11
自由人さん、ありがとうございます。
はい、少しずつ畝が野菜で埋まっていきます。一番楽しい季節ですよね。
味気ない冬の畑が、もう少しすると緑で一杯になります。
その半分は草ですけどね(笑)。
ヒゲおやじ
2011/04/22 22:14
blue tractorさん、ありがとうございます。
それが正解です。ヒゲおやじも3種類以上買うと、畑に着く前にかわからなくなっています。植え付ける時には、????ですよ(笑)。
名札の付いていないものは、ポットの色で覚えておくといいですね。
ヒゲおやじ
2011/04/22 22:19
はるばるさん、ありがとうございます。
なるほどそういう理屈ですか。 うーん、それを納得しないといけないのは、かなり辛いですねえ。ぶん殴ってやれば、よほどスッキリすると思うのですけどね。あ、暴力はいけませんね(笑)。
ヒゲおやじ
2011/04/22 22:21
あささん、ありがとうございます。
これ全部ミニトマトですからね。ものすごい数になりますよ。
余ったヤツはカミさんが冷凍にして保存です。1年くらい楽に食べられますよ。
ヒゲおやじ
2011/04/22 22:23
ちぃじぃさん、ありがとうございます。
なるほど、なるほど。さすがちぃじぃさん、納得です。
ヒゲおやじ
2011/04/22 22:25
小さなトマトの苗を我が家の猫の額に植えました。脇目を書くというのがよく分かりません。
それから猫の額の隅にいただいた大豆の種を蒔きました。
原始種保存のグループから声をかけられて、
お恥ずかしい・・・コソコソコソ・・・m(_ _)m
はな
2011/04/24 22:56
はなさん、ありがとうございます。
脇芽は主軸と葉の付け根から出てくる枝芽のことを言います。これを放置すると、実は沢山生りますが小さくて味も落ちるので、基本的に全部取ってしまいます。今度実際にやるときに記事にしますから、参考にしてください。
原始種というのが、今は本当に少なくなって貴重な存在です。
他の大豆と交配させないように、それだけを大事に育ててください。
枝豆とかを近くに植えては駄目ですよ。
ヒゲおやじ
2011/04/25 11:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
トマトの植え付け! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる