キュウリの追肥は、少量をこまめに!

肥料のコントロールってのは難しい。
一つ間違えるとおお隣さんのトマトになってしまうからねえ。
キュウリも同じだよ。


実物はみんな大体同じと考えた方が間違いにくいかも知れないね。 
もちろん作る物によって本当は少しずつ違うんだけど、素人の我々にそれを区別せよってのは至難の業に近いからねえ。


で、今日はキュウリの話しなんだけど、基本的には昨日のトマトと同じだよ。
窒素過多というのは、どんな野菜でも蔓呆けになりやすいので、大きくしてやろうなんて欲張って堆肥なんかを大量に投入するのは止めた方がいいと思うよ。



さて、これがヒゲおやじのキュウリだ。

画像

いい感じだねえ。

お隣さんと比べると当初は随分成長が遅れたんだけど、もうこれでなかなかのもんだ。
下葉も整理してあるし元気だろう。

これがまだ50センチにもならない頃に、お隣さんは既に収穫していたからねえ。
「うちはもう収穫したぞな」って、ご自慢だった。

「もう5,6本採った」とか言っていたけど、その後もう葉が茶色になって終わりかけているんだ。
これも堆肥の入れすぎかも知れないねえ。



ヒゲおやじの方はようやく収穫が始まったばかりだよ。

画像





ほら、次々と大きくなっているだろう。

画像



で、今日のポイント。

キュウリの追肥は少量をこまめに。
これ大事だからね。よく覚えておいてほしいんだ。

えーと、よくキュウリが苦かったりすることがあるよね。
あれは一度に大量の追肥をした結果だ。 これをやると苦くなるからね。

実を大きくしたい、沢山収穫したいってんで、ついつい肥料をやりすぎるんだ。
でもそれは止めた方がいいよ。
できるだけ少量を、しかも肥料切れを起こさないように、こまめにやるのが苦くない美味しいキュウリを作るコツだ。


やはりトマトと同じで、様子を見ながらキュウリと相談しながら、肥料をあげるのがベストだねえ。
実物は全て生り終わるまで追肥を欠かさないのが大切だけど、その量と間隔というのはなかなか見極めが難しいんだ。ヒゲおやじも偉そうに言っているけど、まだまだわからないことだらけなんだよね。
野菜と相談なんて言ってみても、「お前、腹減ってるか?」なんて、答えてくれるわけないからねえ。
それはもう経験と勘しかないんだよね。

そうは言っても、何か基準がないと素人にはやりにくい。 そらそうだ。
ならばどうする。

そうだねえ、実物の場合は最低2週間に1回かなあ。 あ、これは化成肥料の場合で、液肥の場合は1週間に1回くらいが適当だね。 でも、これも目安だからね。 雨が多かった週とか、カンカン照りの週とかでまた違ってくるから、そこはまた手加減が必要になったりするんだ。

まあ、こんな加減を目安に追肥すると大体間違いないと思うけどね。 使用する量は肥料の袋に書いてある量を守らないといけないよ。ヒゲおやじはそれより少し少な目に使っているけどね。



あ、そうそう。最初の写真のキュウリ。 このネットの上まで行ったら芯を切るといいよ。
その方が充実した美味しいキュウリが採れるからね。

高さ? それはヒゲおやじの手が届く高さだよ。

放置しても実の生りが悪くなるし形も歪で小さくなるからね。 もちろんそれは生り疲れと肥料切れなんだけど、そこで無理するより2番手3番手を植える方が得策だよ。



ところで芯を切ると言えば、ろこさんからこんな質問がありました。

>トマトは2本仕立ての場合は頭を止めるんでしたよね。いつ止めるんでしたっけ?

はい、トマトは1本2本の仕立てに関わらず芯を止めることをお勧めします。
いつかというのは、大体支柱の高さが150センチくらいだと思うのですが、それを超えたら止めるといいですね。

ミニトマトの場合は止めなくても実はなり続けますが、良い実にはなかなかなりません。
なので、芯を止めてそれより下の実を充実させましょう。

何時までも生らせるよりは、途中で脇芽を挿し木して交代を図る方がはるかに長く美味しい実を楽しめます。




で、トマトと言えば昨日の話し。結構反響が大きかったねえ。

それで昨日は写真がなくて説明できなかった窒素過多の特徴を、もう少し詳しく説明してみようと思うんだ。

まずは、葉の特徴から。

これはヒゲおやじのトマトだよ。

画像

いい色だねえ。

よく見ると葉にはっきり切れ込みが見えるだろう。これがトマトが健全な印だよ。




一方お隣さん。

画像

うわっ、凄い色。

葉も大きくて切れ込みもないだろう。 これが窒素過多の特徴だ。




それからこれも特徴的に見られる形だねえ。

画像

わかるかなあ。 

本来なら真っ直ぐに伸びて下に垂れ下がるはずの葉が、ぐるっと巻いているんだ。
もう決定的な証拠だね。




それからこれもそうだよ。

画像

花房の先から葉が出る。

これは結構よく見かけるんだけど、やはり肥料のやりすぎの結果だ。




もうこれは、誰が何と言っても。

画像

決定的瞬間だね。

このように葉が内側に巻くのは窒素過多の最大の特徴だ。


これだけ証拠が揃うと、どう言い逃れしてもダメだね。

で、お隣さんには言ってあげるんか?
いやいや、それは言わないよ。 だって、一度は窒素過多じゃないですかって言ってあげているからねえ。
本人は窒素不足だと思っているんだから、それ以上言うのは失礼だよ。

もちろん先方から、「どうしたらええんかなあ」などと言ってきたら、知っている限りアドバイスもするけどね。

こういうところでは押しつけがましいお節介をしないのが、仲良くするコツだよ。
小さな親切、大きなお世話って言うだろう。 世の中そういうもんだ。


この年になるとお互いにそれぞれプライドもあったりしてねえ。 それに向こうさんの方が年令も農業経験も先輩なんだから、こちらが差し出がましいことを言うのはそれこそ失礼だからね。

あれこれ言わなくても、そのうち結果は出るからね。根はいい人なので、「やっぱりお宅の言うとおりじゃった」などと言ってくるんだ。



あ、そうそう、言い忘れていた。
こんな窒素過多の症状が出ていても、実が沢山生るようなら心配ないよ。
水を控えて回りにコマツナでも植えてやれば、そのうち回復するだろう。



ということで、今日はキュウリとトマトと多少の人生訓でした。


今日は午前中仕事で、午後から畑に行ったんだけど、今年最高の水溜まり。
汲み出しに30分もかかってしまったよ。

回りの田んぼに水が入ったからねえ。 もう土は水を吸収する能力はゼロなんだ。
雨が降っただけ全部溜まるからね。

これからは梅雨が明けるまで毎日これの繰り返しだ。草退治もしないといけないしねえ。
まあ、菜園もなかなか大変だ。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ

この記事へのコメント

すず
2011年06月18日 09:13
ひげおやじさん、凄い観察眼です。
窒素過多の症状3つ、全て夫のトマトに出ていますよ。

苗は私が家で育てているので、これを指摘すると苗が悪いなんていわれそうですが(実際2~3日前に言われました)苗を窒素過多にするほど園芸ビギナーじゃないのよ、なんて心の中で思ってます。
庭にいた時、トマトの苗の葉っぱは明るい緑色で、蕾も順調に出始めていましたもの。
今はこゆ~い緑色。(笑
kokoro
2011年06月18日 09:56
お隣さん、に記事が見つからないですか????^^;
自由人
2011年06月18日 16:38
マルチでやる野菜は追肥をやるのが難しいのでつい大目に元肥あたいてしまい、お隣さんの様に成ってしまう傾向があります。マルチは欠かせ無いし、良い方が有れば元肥を控えめに出来るのですが。。
nogpu-124
2011年06月18日 18:31
ヒゲさん 教えの根を洗い少し切ったやり方で植えてから10日たちましたキュウリまだそれほど伸びませんが しっかり根付いたようです。
こらからが 楽しみです。

教えていただくのは この欄にアドレスを書けばよいのでしょうか。
2011年06月18日 20:46
去年の1番きゅうりはとてもながもちして 2番と同じ頃にようやく終ったのに
今年は 病気がでたのか 葉っぱが斑点状に枯れてきて いくらも収穫できないで もう終わりそうです

きゅうりは肥料食いなのでと聞いたので穴を掘って堆肥を元肥に入れたのですがそれがいけなかったのでしょうか?

2番目を植えなくてはいけませんが こんどは 堆肥をばらまき耕す位にして 追肥をこまめにやっていこうと思いました 
今度はうまくいきますように
あさ
2011年06月18日 21:18
うーん。肥料上げたら楽だろうなとは毎日思ってました(笑)牛ふん、油粕、卵の殻を粉末にしてカルシウム。野菜を乾燥さして土に…なんてことを毎日して肥料は絶大だと思ってましたが
こんなにも丸まるんですねぇ…
あの~。
聞きたいんですが、実家がようやく野菜作りに目覚めて今頑張ってはいるんですが。
九条ネギを作ってるみたいで親もあたしも育て方知らないんです。どーすればスーパーで見る九条ネギになりますか?
あさ
2011年06月18日 21:24
追伸。
近頃ようやく土いじりしました(^^)v
今度は吹っ飛ばされないデカイの買いました(^-^)
ヒゲおやじ
2011年06月18日 21:24
すずさん、ありがとうございます。
あー、それは不味いですねえ。でもみんなやることですから(笑)。
大きく育てたい一心で、肥料をやりすぎるのですよ。それは責められないですね。これを教訓に来年上手くできれば言うことなし。
でも、原因を知らなければまたやりますけどね(笑)。
ヒゲおやじ
2011年06月18日 21:26
kokoroさん、ありがとうございます。
いや、ブログに興味を持つような人ではないので、多分大丈夫だと思います。案外ばれていたりして(笑)。
ヒゲおやじ
2011年06月18日 21:31
自由人さん、ありがとうございます。
追肥はマルチの両端を剥がして、通路と畝の境目にやります。
まだ根が来ていなければ、少し掘り返して埋め込みます。根が来ているようなら、そのままばらまいてマルチを元のように戻します。
ヒゲおやじもマルチはあまり好きではないのですが、マルチがけするときにはこのようにしています。
ヒゲおやじ
2011年06月18日 21:38
nogpu-124さん、ありがとうございます。
大体3週間目くらいから急激に伸び始めます。もう少し辛抱してください。
いえ、このコメント欄に書くとオープンになってしまいます。
ヒゲおやじのブログのトップ画面をスクロールすると、「メッセージを送る」という囲みがありますから、そこをクリックしてください。
文章が入力できる画面が出てきます。そこにメールアドレスを書いてください。ここは他人からは一切見られることはありませんので、秘密にしたいことは何でもここに書いてもらって結構です。
なお、ここにも写真を貼り付けられますので、それでもいいですよ。
取り敢えずやってみてください。
ヒゲおやじ
2011年06月18日 21:42
あい・ラブリンさん、ありがとうございます。
いや、これは病気です。早めに葉を切り取ってしまうのが一番です。
これはどんなキュウリにでもでますので、早めの対策が必要です。
農家のようにどんどん薬を使えば別ですけどね。
ヒゲおやじ
2011年06月18日 21:53
あささん、ありがとうございます。
ネギについては、5月16日に「ネギの植え付け」という記事を書いていますので参考にしてください。ネギには葉ネギと長ネギがありますので、育て方が違いますから注意してください。今後ネギの成長に合わせて記事にしていきますので、そちらも参考にどうぞ。
2011年06月19日 08:55
アドバイスも難しいもんですね。
親切心で言い過ぎるとほっといてくれといわんばかりの態度を
されますからねぇ。聞かれて答える位がちょうどいいんですね。
ヒゲおやじ
2011年06月19日 12:13
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
言い方も難しいですね。逆の場合でも断定的に言われるとカチンと来たりしますからね。誰でも自分が否定されるのは嫌なのですよ。
なので「・・・かもしれませんね」とか「・・・の可能性もあるかも」などと、相手の選択に任せる曖昧な言い方が良いのかも、ですね。
ニコニコ
2011年06月19日 14:09
いつもありがとうございます。
我が家のトマトもキュウリも残念ながら窒素過多のようです。
トマトの茎は頑丈そうになり、葉は濃い緑色なので間違いないです。
しかも追肥はスコップで2~3ヶ所にダイナミックに入れいたのですが、優しくパラパラ~と手で蒔く程度がよかったのかなぁと反省しています。
いつも肥料切れにさせてしまっていたので、今年こそと意気込んでいたのですが・・・。
私も少しづつでも野菜さん達と対話でき、ちょうどよい加減に応えてあげられるようになりたいなぁと思うこの頃です。
2011年06月19日 15:25
4/27記事:「キュウリの植え付け」

培養ポットに入っている苗は培養土を全て洗い落としてから畑土に植えるのがコツと教わりました。

少し疑って、一本だけ根を完全に洗い流しスッポンポンで植えつけました。残りの三本は培養土に付けたままでした。

結果が出ました。「ヒゲおやじ」さん説の完勝です。
根を洗った苗が一番元気が良いです。
それも「98円」の一番安い苗でした。

4倍高い接木苗(298円)もタジタジでした。
衝撃的な結果に園芸店さんの営業妨害にならないか心配してます。(笑)
すこし疑ってごめんなさい
ヒゲおやじ
2011年06月19日 22:19
ニコニコさん、ありがとうございます。
みんなそうですよ。大きく育てて沢山収穫したいのです。当然肥料を入れればそうなると思いますよね。でも肥料は足りない気味が一番なんです。
世の中全て過不足なしがベストと言われるとおりで、野菜も同じなんです。
過ぎたるは及ばざるが如し。まさにそのとおりですね。
ヒゲおやじ
2011年06月19日 22:22
たそがれ清兵衛さん、ありがとうございます。
あら、実験してくれたのですねえ。いやー、たまたまかも知れませんよ。
100%ではないですからね。ヒゲおやじの確率では80%以上は固いと思っていますけどね。いやいや、実験感謝です。
2011年06月20日 12:14
ありがとうございました。
150センチぐらい…忘れないように。
脇芽は今年もバッチリ挿し木してます。
植えたのは4本収穫するのは10本。
なんと効率がいいんでしょう!(笑)
ヒゲおやじ
2011年06月20日 13:53
ろこさん、ありがとうございます。
高さにはあまり拘らなくていいですよ。大体背丈とか手が届く範囲とか、適当です。挿し木をしているなら徳に、芯を止めて世代交代した方が得策です。
2011年06月20日 14:39
やっぱり!おやじさんのやることは丁寧で野菜にも優しいね。
お野菜も子育てのようなものだね。
早く大きくなれば良いってもんじゃないね。
丁寧に焦らず、適度に肥料?やって、すんなり育てる。
途中で曲がっちゃいけないね!(笑)
それに。。。余計なお節介も。。。
大人には。。。取り様によっては。。。喧嘩の元だもんね^^q
はい!いつも、人生訓、参考にしてます!(笑)
初心者のおばちゃん
2011年06月20日 15:54
初めての家庭菜園に挑戦中です。憧れのトマト作り、失敗でした!!
まさに窒素過多、おやじさんの写真説明で納得です。これも勉強です。
きゅうりは今のところ順調のようですが、実が小指(細めの)くらいから大きくならないのが心配です。今日化成肥料を少しだけまいてみました。
ヒゲおやじ
2011年06月20日 22:53
みつばさん、ありがとうございます。
あら、今日はやけに素直だねえ(笑)。
子育ても今なら上手にできると思うんだけどね。何しろ当時は若かったからねえ。何もわからずに無茶苦茶だったかも知れないね。
キュウリが曲がるのは肥料(愛情)が足りないせいだからね。
ヒゲおやじ
2011年06月20日 22:57
初心者のおばちゃんさん、ありがとうございます。
誰でも最初は初心者ですよ。1年も経てば大ベテラン(笑)。
キュウリは受粉に失敗したかも知れませんね。このまま黄色くなるようなら、受粉できてなかったということです。そうでなければ肥料不足もありますね。雨が多くて気温も低いし日照不足もあります。焦らずにじっくり観察してみてください。
ベランダ農夫
2011年07月09日 09:22
ひげおやじさんこんにちは。
ゴミのジャンルに属さないコンテナ用の土を再生して使っていると、肥料に関して、限りなく想定外が発生しています(笑)経験だけをもとに、このサイトで検証し、今後の糧にしています。勉強になりますと共に感謝いたします。
明るく親しげな文章で、とても癒されています。できるだけ、収穫欲よりも、きれい事で楽しんでまいります(笑)
アクア
2012年05月31日 11:24
今年から庭先に菜園を作って、キュウリ、ミニトマト、中玉トマト、小玉スイカを育てています。
肥料をあげてもいないのに窒素過多の症状(葉がグルッと丸まる・葉が深い緑色、鬼花、茎の直径が1.5cm)が出ています。隣のネコがよくウンチをしていたので、ウンチに含まれる窒素が残ってたのかもしれません。
対処法として、脇芽を伸ばす・摘果しないという方法で栄養分を分散させてみようかと思っています。
幸運なことに、花芽が5段ほどついていますので、実が大きくなればどうにかなるかと・・・。
それよりも、小松菜を植えるほうが良いでしょうか?
他にアドバイスがあれば宜しくお願いします。
ヒゲおやじ
2012年05月31日 12:38
アクアさん、ありがとうございます。
沢山作っているのですね。
ネコのウンチくらいでは窒素過多にはならないでしょう(笑)。
庭先というのは案外落ち葉などが溜まりやすくて、それを虫達が食べてその糞がバクテリアの餌となります。こういう循環を長年繰り返しているので、知らない間に窒素過多になっている可能性はありますね。
さて、それだけご存じでしたら特にアドバイスはありません。強いて言えば草を生えさせるのも有効な手段です。
でも、実が生っているのならあまり心配しなくて大丈夫ですよ。
窒素過多もひどくなると実がつかない、いわゆも蔓呆け状態になります。
そうなると何か対処をしないといけませんけどね。
アクア
2012年06月02日 14:53
お返事頂き、ありがとうございます。
さっそく、小松菜を植えることにしました

甘くて美味しいトマトになる様に、頑張ります。
ヒゲおやじ
2012年06月02日 23:48
アクアさん、楽しみながら頑張ってください。
マダム
2013年06月09日 15:32
とても勉強になります。ヒゲおやじさんはキュウリトマトなど夏野菜には、具体的には何を追肥に使ってますか。
ヒゲおやじ
2013年06月09日 23:37
マダムさん、ありがとうございます。
元肥には堆肥、追肥には化成肥料です。追肥に堆肥を入れても間に合いませんからね。化成肥料はごく一般的なもので、有機分が入っているものです。
マダム
2013年06月10日 07:17
了解です。早速、今朝実行してきました。それにしても師匠の菜園は野菜たちが居心地良さそうです。初心者の私には、為になるしわかりやすい。これからもよろしくお願いします。
ヒゲおやじ
2013年06月10日 23:45
マダムさん、ありがとうございます。
これはもう経験の差でしょうね。野菜の気持ちがわかるようになれば一人前です(笑)。
はじめましてヒゲオヤジさん、
2016年06月08日 19:02
元ある県のJA店員、これでは、まずいので(名前明石)にしときます、(笑)いや~写真みました、お見事です、ここで店に来たお客に見せてやりたいです、最近のお客は事前情報がありすぎて、売り手がまいりす、僕も大体ヒゲオヤジさんと考え方は同じで、口癖のように、お客にもう少し様子を見ましょうって云います、でも中々意味がわかってもらえませんでした、今年は種子から北進挑戦中です、プランターですが…またプログ楽しみにしてます、
ヒゲおやじ
2016年06月08日 23:22
仮称明石さん、初めまして。 ありがとうございます。
そうですか、指導本やらネットやらで、皆さん情報過多になっているようですね。 耳学問だけで実践がついて行ってないのが現状のようで。
情報は活かさないと意味ないですからね。
ヒヨコ
2017年06月05日 09:08
ヒゲおやじさんおはようございます。
昨日大笑いさせていただきましたが
今朝、畑に行ってトマトの様子をよ~く見ると
4株ほどがまさに↑画像のような状態で
花房の先に葉が付いてるのがあったり、葉っぱも途中からネジのようにくるっと
1回転半くらい巻いているのもありました。こちらで見せてもらった画像と同じだと思いました。
葉は浅いですが切れ込みがあり、少しほっとしました。
まさかこんな状態になっているとは思っていませんでした。

小松菜の種早速まいてみますね。
ヒゲおやじ
2017年06月05日 23:33
ヒヨコさん、ありがとうございます。
あー、そうでしたか。 今後の追肥を控えてコマツナでも草でも、少し多めに生やしてやるといいですね。

この記事へのトラックバック

  • 「キュウリの追肥は、少量をこまめに!」について

    Excerpt: 「キュウリの追肥は、少量をこまめに!」について ひげおやじさま、コンテナでも、良い勉強させていただいています。(感謝) 今年も、再生させて土を使い、肥料のバランスも良くなかったので、今年もトマトが窒.. Weblog: ベランダファーマーの栽培日記 racked: 2011-07-12 10:11