ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ナスの仕立ても色々。 さて、どれにするかなあ!

<<   作成日時 : 2011/06/23 23:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 80 / トラックバック 0 / コメント 13

ナスと言えば三本仕立てだよね。 もうこれしかないだろう。
でもね、実は色々あるんだわ。 で、今日は新しい仕立てに挑戦。


どの指導本を見ても、ナスは三本で仕立てましょうと書いてあるんだよね。
ところがヒゲおやじの畑の回りの専門家は、一本だの四本だのってやっているんだよね。

うーーーん、何じゃこりゃ。 よしやってみるぞ。

ほらね、ヒゲおやじの好奇心に火がついた。 知らんぞ、この後は。


元々の発端は、一緒にやっている友達がプロから聞いてきたと言ってやり出したんだ。
資材一式をその人から貰ってきて、やっているのはいいんだけど、あのなあ、もうちょっとちゃんとやれや。という具合のいい加減さ。

この写真を公開するのはあまりにも失礼なのでパスしようかと思ったけど、これがあるとわかりやすいので明日にでも写真撮ってこよう。

簡単に言うと四本仕立てだ。

それを見てお隣さんが俄然やる気を出して、「よっしゃ、わかった。これやってみよう」だって。
一応仕組みを説明してあげたけどね。

うーん、本当にわかっとるんかいな、てなもんだねえ。



ナスの仕立て方には、一本仕立て、二本仕立て、三本仕立て、四本仕立てと、ヒゲおやじが知っている範囲でこのくらいあるんだよ。
このうち三本仕立ては普通のやり方だし、二本仕立ては、ちぃじぃ〜さんが詳しいからそちらに譲ることにして。

ヒゲおやじは今回は一本と四本に挑戦してみようと思うんだ。


さあ、どんなことになるのかなあ。 ヒゲおやじも楽しみだよ。


まずは一本仕立て。

画像

黄色の線で示した方が主幹、つまり幹になるやつだね。

緑で印した方が枝になるんだ。


で、今回は一本仕立てだから黄色の主幹をどこまでも真っ直ぐ上に育てて行くだねえ。

そこから出る脇芽に花が咲いてナスが生るという仕組みだ。


脇芽に花が咲いたらどうするかというと。

画像

花の上の葉を一枚残して切ってしまうんだ。

ほら、赤で印をしたところだよ。




実際にやってみよう。

画像

はい、ここから切る。




で、切った後。

画像


えーっ、枝を切ってしまうと後花が咲かないんじゃないの?

そうなんだよね、どうする?



ところが切った枝には次の枝の芽がもう出ているんだよね。花より少し下の方だ。
次はこの枝を育てて、花が咲いたら同じようにするんだよ。
だから心配はいらないんだ。 次から次に新しい芽が出てくるからね。

この方法の良いところは、常に枝を更新しているので、生り疲れがないということだねえ。
んっ、生り疲れ? 何だそりゃ?

うーん、そうだねえ。ほら、よくナスの散髪って言うだろう。
そうなんだよね。目一杯実を付けたナスは、7月の終わり頃から疲れてしまって花が咲かなくなるんだよね。
そこで枝を更新するために思い切った切り戻しをしたり、同時に根切りをしたりするんだ。
これを俗に散髪と言っているんだけど、これでまた新しい枝が出て実が生り始めるんだ。
これが丁度秋口から採れ始めるので、これを秋ナスっていうんだなあ。

ところが悔しいことに、散髪してから秋ナスが採れるまでに、およそ一月くらいかかるんだよね。
だからその間はお休みってことだ。


でも、この方法だと、常に枝の更新をしているので、生り疲れもないし散髪の必要もないんだ。
もちろん、追肥は切らさないようにやらないといけないけどね。

で、このやり方だと、ヒゲおやじの知っている限りでは11月の遅くまで収穫しているのを見たことがあるよ。


どうだ、いいこと尽くめだろうが。

ところがこの方法にも欠陥はある。
えっ、どんな? って、一本の主幹から出る枝の数って限られるよね。
つまり収穫の本数が他のやり方に比べると少し少ないかも知れないってことだ。

でもそれほど気にするほどではないと思うんだ。 だって、生産農家がやっている方法だからね。
それに実は充実して美味しいナスが採れるよ。



その辺りをカバーしようというのが四本仕立てだ。

要するに三本仕立てプラス一本ってことだよね。


やり方は色々あるけど、今回はヒゲおやじ流。
友達はプロのやりかたを教えてもらってそのとおりにしているし(一応本人はそのつもり)、お隣さんもそれを習って「よっしゃ、わかった」と言っているけど、ヒゲおやじはちょっと違うなあと思っているんだ。

プロはどこまでいってもプロだからね。要するに均一な商品を大量に生産する。これがプロのやり方なんだよ。
そのやりかたを家庭菜園にそのまま導入しても上手く行くはずがないんだ。



で、今回やる四本仕立ては、全くのヒゲおやじ流。

画像

どうよ、見てわかるかなあ。

要するにナスの回りに4本の支柱を立てて、そこに枝を誘引しただけだ。
これなら大袈裟な仕掛けも要らないし、エコだろう。


大きめの枝を4本選んで、それを4方向に引っ張るってだけの話しだよ。
何のメリットがあるのかって? 枝を広げることで木の中心部に満遍なく光が当たるってことだろうねえ。


こんな感じなんだけど、わかるかなあ。

画像

これ、一応上から撮しているつもりなんだけど、わかりにくいかなあ。


四つの方向に枝を誘引しているのが見えるかなあ。



誘引の仕方は枝に紐をくるくると巻き付けるだけだよ。

ほら、こんな具合だ。

画像


でも、この紐はナスに括り付けているのではないんだよ。



ナスの根元に差し込んだ支柱に一方の端を結わえてあるんだ。

画像

これを枝に適当に巻き付けてもう一方の端を支柱に結びつけているんだ。だから、紐をきつく引っ張ってもナスには全くストレスはないんだよ。


で、これをやるメリットは?
うーん、そうだねえ。 沢山採れるってことかなあ。 だって、プロ用のワザだからね。

やり方としては、この4本をそれぞれ一本仕立ての一本と考えればいいんだ。
この4本の枝から出る脇芽に花がついたら、その先で切り取る。 つまりこの四本仕立ての一本一本が、一本仕立ての主幹と考えればいいってことだね。

どうだ。これなら沢山採れるだろう。 

美味いか? あ、それはわからんねえ。 何しろ今年始めてやってみるんだから。


でもまあ、これまでの経験から言うと、実を沢山生らすと味が落ちるってことではあるけどね。
肥料のやり方もプロ並みにやらないと、なかなか上手くはできないと思うよ。



さあ、これで出来上がりだ。

画像





一本仕立てが見えにくいねえ。 これならどうだ。

画像

はい、こんな感じ。


でも、これはこれで楽しみだねえ。 どんなことになるのかなあ。





今日は暑かった。 畑に居ても足は怠いし、動く気にならないんだよね。 だらだら、だらだら。
何をやっているのか。

画像


あー、しんど。

馬力がでない。 昨日飲み過ぎ? いやー、そんなことはない。

とにかく暑い。 ふーーっ、これって熱中症か?


水分はちゃんと取っているんだけどね。 やばいから早く帰ろう。



シャワーを浴びて、ビールを飲んだら元気になったよ。

何だ、アルコール切れか? って、そんなバカな。


夏至も過ぎたし、もう真夏だ。 熱中症には注意しないといけないよ。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 80
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
茄子の仕立て方で悩んでいたところだったので嬉しい記事ですね。
それにしてもたくさんの茄子を植えているんですね。
これ全てご家族の胃の中におさまるんですよね(笑)
我が家はどうしようかな。3本と4本で行こうかな。
株が少ないから1本でたくさん採れるように(笑)
花の上でカットするんですね。この方法だと夏過ぎの切り戻しは必要なさそうですね。
ろこ
2011/06/23 23:56
今年の仕立てを、わざわざ変えてみるなんて(笑)、凄いなぁ〜!^^;
何がベストか実際やってみることに意味があるんだもんね。
勿論、大体の予想はつけながら、それでも一度はやってみる。
そこが大事だよねぇ〜!やみくもにやってるわけじゃないからね。
その精神、頂戴しました!!(笑)^^q

それと、やっぱ。。。命の泉も、大事だね!^^
みつば
2011/06/24 10:52
皆さん色々工夫して挑戦しておられるのですね。
4本仕立ても1本仕立ても、きれいに仕上がっていますね。
これから暑くなります。ミニ日陰休憩小屋があると良い
ですね。お気を付けて!
トップの紫陽花の形が、丸くて可愛いです。色はピンクに
なるのでしょうか。
リンゴ
2011/06/24 15:43
なるほど!
理屈は分かったけれど、おっしゃるように管理が大変そうです。
その辺の肥料とかも含めてプロの成せる技なんでしょうかね?
これだけ見てると納得するんだけれど、お隣さんのプロから聞いたって方法がどんなことなのか楽しみです!
はるばる
2011/06/24 16:09
明日、早速4本仕立てに挑戦してみます!
時々、ナスの更新記録をお願いいたします。
kokoro
2011/06/24 21:01
ろこさん、ありがとうございます。
3本も4本も基本的には変わりありません。どちらがお勧めってこともありません。お好みでどうぞってところですね。
花の上で切るというのは、去年もやつてみたのですけど上手く行きますよ。
ヒゲおやじ
2011/06/24 22:25
みつばさん、ありがとうございます。
いや、あのね。毎年同じやり方だと飽きてしまうというか、手抜きになってしまうんだよね。適当にやってしまうというのが当たっているかなあ。
それではしんどいだけでつまらないんだ。何か新しいことをやっていると面白いんだよね。ただそれだけのことだよ。
命の泉は、そりゃあんた、何よりも大事なものだからね(笑)。
ヒゲおやじ
2011/06/24 22:28
リンゴさん、ありがとうございます。
この紫陽花はもう少し全体が淡い紫になります。本来はもっと濃いのかも知れませんが、紫陽花だけは咲いてみないとわからないので難しいですね。
多分土地がアルカリ性だと思います。
ヒゲおやじ
2011/06/24 22:31
はるばるさん、ありがとうございます。
そのとおりですね。話しを聞いて納得。でも、実践してみないと本当のところはわかりません。だからやってみるのです。
で、上手く行けば来年は、「これが正しい仕立て方」などと言って記事にします(笑)。
ヒゲおやじ
2011/06/24 22:35
kokoroさん、ありがとうございます。
まだヒゲおやじも実験中ですから、上手く行くかどうかわかりませんよ。
もちろん折々に実況中継します(笑)。
ヒゲおやじ
2011/06/24 22:37
なすの仕立て、色々な方法をご伝授くださって本当にありがとうございます。今朝かなり育ってきたなすを見て悩んで帰ってきたのです。花芽がいくつもついていて、うろ覚えで切ってしまって後で泣くのはやめようと思い、下の方の葉だけ整理してきて正解でした。花の上一枚葉を残して切る、これしっかり覚えました。
まり
2011/06/24 22:42
まりさん、ありがとうございます。
仕立て方によって切り方も違ってきますけど、そのやり方で基本的には大丈夫だと思います。切った直ぐした辺りから新しい芽が出てきているはずなので、今度はそれを育てます。その後は同じように繰り返してください。
ヒゲおやじ
2011/06/25 22:19
a
2014/06/10 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナスの仕立ても色々。 さて、どれにするかなあ! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる