キュウリ、トマトの摘芯!

これはまあ好き好きなので、こうしなさいとか、こうするのが正しいとかという話じゃないんだよね。
でも、ヒゲおやじ流としては、キュウリもトマトもある程度の大きさになったら芯を止めるんだ。
なので、お好きにどうぞ。


うーん、お好きにと言われても。 って思う人もいるかも知れないので、何で? というのを少しだけ説明しておこうかねえ。


まずはヒゲおやじのトマト。

画像

もうヒゲおやじの背丈を超えているんだよ。


なにっ、ヒゲおやじの背が低い?
やかましい、余計なお世話だ。



横から見るとこんな具合だよ。

画像

これはもう芯を止めてあるんだけどね。


ところで何で芯を止めるかって話しだよね。
ヒゲおやじも以前は止めていなかったんだ。 茎も伸び続けるし、花も咲くし実もなり続けるんだよ。
でもねえ、ある程度の高さからは、ちゃんとした実が採れなくなるんだ。
熟す前に腐ってしまったり、実の形も小さくなるしね。

そうだねえ、10個のうちまともなのは1個か2個くらいしか採れないんだねえ。
それに味も悪くなる。

もちろん防除や追肥なんかもどんどんやれば、また違うんだろうけどね。 家庭菜園ではなかなかそうもいかないからねえ。


おまけに下の方の実も状態が悪くなってしまうんだ。



だから一定の高さまで達したら、それ以上は伸びないように摘芯することにしたんだ。
そうすると新しい花も咲かないし実も生らないってことだよね。

で、それより下の実を充実させてやろうって寸法なんだよ。
これ、大成功。 
ヒゲおやじとしては是非お勧めなんだけど、いやいやもっと沢山実がほしいという人は自由に伸ばしてやるといいねえ。 トマトは本来多年草なので、きちんと管理してやれば冬越しも可能だよ。
露地では難しいけどね。 家庭菜園ではお勧めできないねえ。


そこまで無理するよりは、早めに脇芽を挿し木して、世代交代してやる方がはるかに効率的だよ。
かなり遅くまで収穫できるからねえ。

てなことで、ヒゲおやじは自分の背丈を超えたら摘芯することにしているんだ。
これは別に決まりはないので、適当な高さでいいと思うよ。





さて、次はキュウリだねえ。

画像

こちらもネットを突き抜けてしまったので摘芯だ。


これもねえ、理屈はトマトと同じで、段々品質が悪く生るし味も落ちるんだ。
第一、雌花が付かなくなるからねえ。

実は先の方までまだ雌花が沢山ついていて、惜しい気はするんだけどね。
でも段々美味しいキュウリは採れなくなるので、それよりは二番手、三番手に後を譲る方が得策だと思うんだ。


で、今年は二番手の準備が遅れたので、まだ植え付けたばかりだよね。
さあ、一番手が生り終わるまでに、二番手が間に合うかどうか。
本来は一番手の花が咲いたら二番手の種を蒔くというのが、丁度いいペースなんだけどね。





キュウリついでに、これが加賀太キュウリだよ。

画像

どうだ、でかいだろう。





あ、こちらにも。

画像

今年は何だか上手くいったみたいだねえ。

悪い年には、全部で3本とかもあるんだよ。 今年は雌花があちこちで咲いているので、これからが楽しみだねえ。





普通のキュウリも大豊作。

画像

あちこちでこんな感じだ。

これはいくらなんでも生りすぎ。摘果しないといけないね。




そういえば、キュウリのトンネルって見たことなかったかなあ。

ほら、こんな具合だよ。

画像

実はこの作り方は今年始めてやったんだけど、上手くいったねえ。

これ、中を通れるんだよ。 だから作業が随分楽だ。
外側が水に浸かっていても、何とかなるからねえ。

来年はもう少し幅を広げて通りやすくしようと思っているんだ。




さて、昨日は水汲みで疲れてしまったけど、今日も畝から浸みだした水がかなり溜まっていたんだよね。
取り敢えずそれを汲み出して、やれやれ。 これからしばらくはずっとこんなんだよ。


やれやれは他にも。

画像

これは緑の草原じゃなくて、サツマイモの畝だよ。


雨が降ると一気にこんな状態になってしまうからねえ。
これではいくら何でもサツマイモが可哀想。

で、まだ無理かとはおもったんだけど、草引きに挑戦。





あー、やっぱり無理だった。

画像

草の根に濡れた土が思い切りゴッポリついてくるんだ。

これが叩いても振るっても落ちない。 あー、これはいかん。
てなことで早々にギブアップだ。





気を取り直して、こちらはネギの畝。

画像

こっちは多少は乾いていそうだねえ。

それにそろそろ土寄せをしてやらないといけないので、その前にどうしても草を引いてしまわないと。





思ったよりは楽だったよ。

さあ、完成。

画像

もう少し土が乾いたら、早速土寄せをしてやろう。




今日は雨はなかったけどずっとほぼ曇り空。 その分涼しいというか楽だったねえ。
明日も同じような天気らしい。その後はまた雨。 もう水は要らないけどなあ。




では、今日のオマケ。 

画像








画像






ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


この記事へのコメント

Hunky Dory
2011年07月02日 23:41
やキュウリってここから先はもうダメかなぁって思っていてもなかなか摘心できないです
2番、3番を上手くつなげて栽培するほうへ心血を注いだほうが良いのでしょうが、なまじ生きていると思うとなかなかサヨウナラ出来なくて…

ところでは根深ネギですか?
もう定植しちゃったんですか?
ホント、仕事が早いですね~
北海道って一発勝負で二期作、二毛作がないので植え時、収穫時が判らないことが結構あります。
こっちは3、4ヶ月でなにかできるので面白いです。
初心者ナオ
2011年07月03日 01:05
自分も今日は草刈りで半日過ごしましたよ…辛かったデス。 あとは、ミントを接いだり水に浸けて増やしたりしてました。
オヤジさんはコンパニオンプランツでミントは使用したこと有りますか? 枝豆の間に間隔あけて植えていたんですが、カメムシの被害はゼロでした。
ピーマンやジャガイモなどカメムシにやられやすい野菜の隣に植えると多少いいかもです。
増やすのも簡単だし紅茶にしても美味しいデスヨ(ゝω・´★)
nogpu-124
2011年07月03日 06:48
自分が住んでるとこには あちこちに竹藪が有りその竹を利用して
今年トマトのトンネルを作りました、同じ様に高さ2M近くあり中に入れます。柱は竹でパイプを節を抜きガムテープで止めました。
費用がビニールと5本のパイプ 安上がりで助かりました。
ホームセンターでは5千円以上でセットで販売してたと記憶してます。

去年は失敗しミニしか出来ませんでしたが ヒゲおやじさんの教えを
守っていまのところ順調です まだそれほど伸びてません、
肩ぐらいになったら摘心しようと思ってます。
2011年07月03日 09:32
きゅうり美味しそうに稔っていますねぇ~。
先日知り合いから緑のカーテンにどうぞって
ゴーヤの苗をいただいたのですが、当地でも育つものなのでしょうか?
少しずつ大きくはなってきているのですが・・・。
二階から紐を垂らしてカーテンを作ろうと思います。
厳しい暑さが続いていますのでお身体ご自愛くださいね^^
blue tractor
2011年07月03日 14:27
本を見て、支えを合唱作りにしました。
トマト、お豆、きゅうり。でも真っ直ぐな支柱でよかったのかもと思っています。古い本だったのでしょうか。
2011年07月03日 17:15
今晩は。摘芯というのは思い切ってしないといけませんね。先が読めるからでもあるのでしょうが。
残りを充実させておいしくいただく。これはいい考え方ですね。
工夫が美味しい食べ物を産む物語でした。
まり
2011年07月03日 22:05
ヒゲおやじさん、こんばんは。
今年は自分の背丈を越えたところでトマトの摘芯をしてみました。
いっぱいついてる花にごめんなさいして、
やっぱりもったいない気はするのですが、
去年延ばし放題でだんだん実が小さくなっていったので、
家庭菜園では美味しい実をほどほどの量がいいですね。
えびすかぼちゃは人工受粉に成功して8個ほど
吊るして順調に大きく育っているのですが、
バターナッツかぼちゃのほうが、
最初雌花ばかり、今は雄花ばかりで
うまく受粉できません。
うどん粉病まででてしまって、困っています。
苗作りのタイミングが遅かったのでしょうか?
ひとつだけはなぜか知らないうちに大きくなってきています。
つるんときれいなひょうたんみたいです。
ひとつはえびすかぼちゃの雄花で無理やり人工受粉。
縞模様付のスライムみたいな面白い形で大きくなりつつあります。
なんだかこれはこれで楽しいです。
ヒゲおやじ
2011年07月03日 23:13
Hunky Doryさん、ありがとうございます。
はい、それが普通です。我がお隣さんも全く同じで、「もったいない」と仰る。それはそれでよいのではないですか。自分が納得していれば、それでいいのですよ。
根深と葉ネギの両方を植えています。
ネギはほとんど年中植え付けが可能なので、植え時ってのはあってないようなものですからね。種袋を参考にするのが間違いがないでしょう。
ヒゲおやじ
2011年07月03日 23:17
初心者ナオさん、ありがとうございます。
ミントですか。それは使ったことないですねえ。カメムシ対策に効くなら、喜ぶ人が沢山いますよ。今度記事にして宣伝しましょう(笑)。
ヒゲおやじ
2011年07月03日 23:22
nogpu-124さん、ありがとうございます。
おー、竹が手に入るのですか。それはラッキーですねえ。竹があれば何でもOKですよ。いいですねえ。羨ましいです。
摘芯の時期は様子を見て、疲れてきたなあと思う頃がベストです。
高さはあまり関係ありません。葉が段々小さくなってきたとか、花付きが悪く生ってきたとか、見ていればわかります。摘芯をした後追肥をすると効果的ですよ。
ヒゲおやじ
2011年07月03日 23:25
風華さん、ありがとうございます。
ゴーヤーはグリーンカーテンの定番ですね。涼しくてオマケに実が収穫できて、一石二鳥です。元々南国育ちですから、寒さは苦手です。でも夏の間はどこでも大丈夫だと思いますよ。
ヒゲおやじ
2011年07月03日 23:29
blue tractorさん、ありがとうございます。
いや、指導本は基本的に全部合掌造りを薦めています。
でも、合掌造りでないとできないということはなくて、作り方の問題なのでどうやるかは作り手の趣味のようなものですよ。
ヒゲおやじ
2011年07月03日 23:34
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
いやー、これは考え方というかその人の思いだけですよ。どちらがいいとかいう問題ではないでしょう。ヒゲおやじはあくまでもヒゲおやじ流をやっているだけの話しです。沢山の実がほしいので、脇芽も取らないという人も多いのですよ。それはもうその人のポリシーというか、思惑の問題ですね。
ヒゲおやじ
2011年07月03日 23:38
まりさん、ありがとうございます。
エビスが8個ですか。それは大成功ですね。
バターナッツは少し遅れます。今くらいから花が咲き始めて実がつきますよ。少し遅れて種を撒くくらいで丁度良さそうです。早く芽が出ても育たないです。そうです、普通の南瓜と受粉させると、面白いものでできますよ。
その種を採って、また来年植えてみて下さい。どんな南瓜になるのか楽しみですよ。
キタミン
2013年01月05日 12:11
昨年から、ひそかにひげおやじさんの日記で勉強してきました。昨年は忙しすぎて、飛ばし読みでしたが、この12月から勤めを、めでたくクビにさせてもらい、今年からは「専業で」農作業できそうです。
 「空中カボチャ」、昨年やってみましたが、はかばしくなかった!今年はこの「日記」を頼りに、リベンジします。
 その内、ボクのブログもお知らせします。(今は、まだ書く気力がないので・・・スイマセン!)
ヒゲおやじ
2013年01月05日 22:38
キタミンさん、これはまた古い記事へのコメント、ありがとうございます。
あ、無事に首になりましたか。それはそれはお目出とうございます(笑)。
これからは思い切り好きなことができますね。
空中カボチャは難しいです。平地でやる方が確率が高いですよ。
ブログ開設したら教えてください。

この記事へのトラックバック