いざ、普門館へ!

いよいよ普門館に行くよ。
ここまで連れて行ってくれた大姫に乾杯だね。
でも、その前に昔の戦士と乾杯したけどね。


大姫達は朝の早い便で出立だ。
で、カミさんがどうしても見送りに行くというので、前夜から大変な騒ぎ。
ヒゲおやじに5時半に起こしてくれと言うんだ。そんなもん目覚ましかければいいだろうと言うと、なんでも目覚ましが壊れていて鳴らないんだそうだ。

こちらもいい迷惑だよね。そんな早くに何で起きなくちゃいけないんだってなもんだ。

ヒゲおやじは目覚ましは使わないんだ。 必要なときは「明日は5時半に起きる」と自分に言い聞かせて寝るんだねえ。そうするとちゃんとそれまでに起きられるからね。

朝、起こしに行くと、何ともう起きている。何のこっちゃ。
起きなくてはいけないというプレッシャーで、早く目が覚めて寝られなかったそうだ。
まあ、そんなもんだよね。

見送りに行った間に、ヒゲおやじは朝食の支度。 まあ、これは事前に手はずができていたので簡単なもんだ。
カミさんが帰ってくる頃に丁度出来上がり。


で、今度は入れ替わりにヒゲおやじの出立だよ。
ヒゲおやじは旅慣れているので、全部自分で身支度してね「じゃあね-」てなもんだ。

こういうときはカミさんはうるさいよ。ハンカチ持ったか、ティッシュは持ったか、チケットは大丈夫か、忘れ物はないかと、一々チェックが入るんだよね。まあ、カミさんにすれば自分がほとんど旅行というものをしたことないから気になって仕方ないんだろうねえ。
でも、こっちはいい迷惑だよ。 「うるさいっ、一々言わんでもわかっとる」となるんだ。


ヒゲおやじは12:05の便で出発。
それが天気が悪くてねえ。 久し振りに揺れたよ。 機体は多分トリプルセブン、大きいよ。
ガタガタ揺れるのはいつものことで何ともないんだけど、グイーンと持ち上がってストーンと落ちる揺れが雲の上に出るまで続いたんだ。 うーん、これはやばい。昔は機体が小さかったからよくあったんだけど、最近では珍しいねえ。


無事羽田に到着。まずはホテルにチェックインだ。
ホテルは大門の近く。 大門というのは増上寺のすぐ前だ。
何でここにしたかというと、羽田から京急1本で来られるってことと、翌日普門館に行くのに便利というのがあってね。

普門館っていうのは、東京都杉並区和田というところにあって、丸ノ内線に乗って中野坂上で支線に乗り換えて方南町というところまで行くんだ。
うーん、何処のホテルが便利かなあと考えたんだけど、どうも丸ノ内線沿線には馴染みのホテルはないしどうも不便なんだよね。
そこで思いついたのが大江戸線だ。これはヒゲおやじがよく使っていたもので、ミニチュアみたいな可愛らしい地下鉄なんだけど、これが以外と便利でねえ。大江戸線と言うだけあって、江戸の有名な観光地の近くとか、アクセスの便利な所を通っているんだねえ。

これが大門を通って乗換駅の中野坂上も通るんだ。 こりゃーいいなあ、てなもんだよ。


で、当日は級友と再会。元々はメーカーとユーザーという立場で、切った貼ったをやり合った仲だ。
本気で喧嘩をした分、お互いの腹の中もわかっているんだ。そんなことで全員卒業後も付き合っている。

お互いに昔話に花が咲いて、当時は絶対に言えなかった話しなんかも飛びだして、夜遅くまで飲み明かしたんだ。
まあ、言ってみれば立場は違っても戦友だね。



さて、翌日は朝が早い。
6時に起きるつもりが目が覚めたのが6時20分。 あ、やばい。急がなくては。
前夜に用意しておいた朝食を急いでとって、7時前には出発だ。

いやー、どのくらい時間がかかるのか予測ができてないからねえ。

まずは大江戸線で中野坂上まで。そこからは丸ノ内線の支線に乗り換えて方南町まで。
支線に乗り換えるとさすがに普門館に行くらしい人が何人か乗り合わせていて、「去年は行き方失敗したねえ」などと言っている。

方南町に着いたのが8時過ぎ。開館は8時20分だから余裕だ。
まず駅の窓口に行って、「普門館に行くのはこの出口でいいですか」と聞くと、「あ、普門館ですか。この出口を出て」と地図を出して説明してくれて、どうぞお持ちくださいとその地図をくれた。

いや、地図は事前に調べていて頭に入っているんだけど、地下鉄からの出口はやばいからねえ。
出口を一つ間違うと飛んでもないことになってしまうんだ。それで出口の確認をしたかっただけなんだけどね。


実際は小さな駅で、東西の二つしかなくて、どちらから出ても大丈夫だったんだけどね。


駅からはゆつくり歩いても10分はかからないだろう。到着したのは8時15分くらいだったかなあ。
着いてみるともう500人以上が並んでいるんだ。おー、すごいなあ。

ちなみに普門館はこんなところ。

画像





これが正面玄関だ。

画像



やがて開館。「列を崩さないよう、そのままお進みください」。 
ヒゲおやじは自由席。当然早い者勝ちだよね。 
自由席というのは、1階の前方7列と後方10列くらいかなあ。あとは全部指定席だ。
前が開いていたけど、こういうものは後方で聞く方がよくわかる。で、後方の通路側のいい席をゲット。
それと一般の人は自由席には入れないんだ。ここは言ってみれば出演校の父兄席みたいなもんだねえ。


さあ、いよいよ開演だ。
ところが関係者挨拶なんてのは一切なし。いいねえ。
全日本吹奏楽連盟の理事長から、審査員の紹介があっただけだ。
もちろん審査員は日本フィルの○○先生、読売交響楽団の○○先生などなど、日本を代表するそうそうたるメンバーだよ。

で、すぐに最初の学校の生徒が入ってきて、演奏が始まるんだ。

さすがに全国から代表でやってくるだけあって、どれも素晴らしいねえ。


大姫の鴨吹は5番目。
上手くやれよ。

課題曲はまずまず無難にこなしたようだね。 上出来とは言えないけど、特にミスもなく譜面どおり真面目に吹いたというところかなあ。
自由曲になって、俄然盛り上がったねえ。早いテンポの曲を上手に吹いた。これならもしかしたらいいところに行けるかも。すべて順調に見えたんだけど、途中のスローテンポのところで、低く長く響かせる難しいところで、うーん、もしかしたら僅かにずれたかも知れないねえ。後半のアップテンポで大いに盛り返しはしたんだけど、やはりちょっと審査となると厳しかったかなあ。でも、こんな難しい曲をよく頑張ったよ。上出来、上出来。


選曲の問題もあるよね。普門館というのは本来宗教施設なので、音楽ホールなんかではないんだ。
だから音が響きにくい。静かな曲を選曲してしまうと、かなり厳しいかなあ。


それとはっきりわかったのは指導者の差だね。やはりこういうのは音楽をよく理解した優秀な指導者がやらないと無理だね。楽譜どおりに演奏するだけなら、練習して技術が上達すればできるのかも知れないけどね。
でも、音楽ってのはそれをどう解釈するかってことだからね。
譜面の裏にある作曲者の思いなり意図をどう解釈し、それをどのように表現するか。それをやるのが指導者の力量というもんだと思うねえ。 だから、その力量の差が成績の差になって現れたような気がしたなあ。

でも、どこの学校もさすがに代表校だけあって素晴らしかったよ。


で、結果は?
うん、残念ながら銅賞だ。
なら、上出来じゃないか。
それはそうなんだけど、出場29校のうち金賞が7校、銀賞が15校、銅賞が7校なんだ。
だからよく頑張ったで賞ということろだね。

でも、あれだよ。全国でベスト29に入ったってことだからね。そりゃ何と言っても、大したもんだよ。
いやいや、ご苦労さん。褒めてやりたいねえ。
今後のいい経験になっただろう。


ヒゲおやじが一息入れようと外に出ると、丁度大姫達が楽器をトラックに積み込むために出て来ていて、あら、鴨吹がいるなあ。大姫はどこにいるんだろうと探していると、あっちで盛んに手を振っている。お、いたいた。
そっそく近寄って、「よかったよ」と一言。大姫も「うん、ありがとう」。 演奏が終わってホッとしたのか、いい笑顔だったよ。

これで十分気持ちは通じているんだ。 ヒゲおやじも思わず涙が出そうになったよ。


いいねえ。来年も是非頑張って連れてきてほしいもんだ。


さっき電話があって、大姫が無事に帰宅したそうだ。
明日からまた普通の生活が始まる。 まあ、そんなもんだ。


ヒゲおやじもタマネギの苗を買いに行かなくては。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ















この記事へのコメント

2011年10月24日 07:54
おはようございます。
ついに、行ってらしたんですね、普門館!! \(^o^)/
お疲れ様でした。大姫ちゃんと外で出会えたなんて、それもスゴイ
「思わず涙がでそうになったよ。」の下りで、私、もらい泣き。
こういう涙っていいなぁ。大姫ちゃんにとって、かけがえのない
感動だったことでしょう。既に、来年こそはという意気込みに変
わっているのではないでしょうか? さらに上を目指してより
よい演奏を期待しています。大姫ちゃんにも伝えてね。
2011年10月24日 14:37
テレビで所さんの番組で普門館って出ていてどこかと思っていましたが、そんなところにあるんですね。学生の時に西新宿公園のそばに下宿して、最寄駅が新宿か中野坂上だったので駅名を見ると懐かしいですね。
大江戸線なんかなかったですから、山の手で帰ってくると新宿から歩き、どこかへ遊びに行って地下鉄だと中野坂上から歩いて帰ったものでした。
しかし、残念でしたが、本人が笑顔ってことは自分としてはやりきったし、他校の演奏を聴いてなるほどと思った面もあったということですよね。世間は広いですから上には上がいます。でも、努力を続ければさらに上に行けるかもしれない。そこからは自分の気持ちと努力次第ですね。
とりあえずはゆっくり休んで、これから先のことはまたゆっくり考えればね。
自由人
2011年10月24日 16:28
子供にしてやれなかった分、責めて孫にと言う気持ちが強いんですかね、私もヒゲ親爺さんの立場だったら、同じ様にしたでしょう。全国でベスト29普門館に行けた爺ちゃんは今まででそうはいませんよ。お姫さんに感謝ですね、二人の会話はまるで親子のようでした。良い思い出に成りましたね。
nogpu-124
2011年10月24日 17:31
金賞とれなくても 全国大会に出場それだけでも凄い事でしょう。
忘れられない思い出になることでしょう 爺さんに応援され満足したのでは

爺さんも幸せ者 誇れる孫娘おられるのですから。羨ましい・・・

東京離れ約5年 地下鉄懐かしいです まだ記憶ありあの駅はあーだった
と思いだします。
2011年10月24日 20:06
ま~すばらしい感動をわかちあえたのですね~~。
ママンも昔の娘の思い・・・譜門館へ行きたい....を知っておりますので、大姫ちゃんの思い、ヒゲおやじさんの興奮がわかるような気がします。
ほんとうに貴重な経験をしましたね。一生の思い出になることでしょう。
もしかしたらまた行けるかもしれませんね~~
おめでとうございますぅ。
2011年10月24日 20:48
いい旅行でしたね。
最後に出口で大姫に会えるなんて感動ですね。
大姫もおじいちゃんに会えて嬉しかったことでしょう。
また来年も行きたいですね。楽しみにしています。
2011年10月24日 21:27
すばらしい譜門館物語でした。おめでとうございます。
吹奏楽の甲子園に選ばれて演奏されたのですから一回り大きくなられたことでしょうね。新聞を見て我が母校が金賞とは、びっくりしたところです。
金賞が7校ですか。来年も行けるといいですね。
ヒゲおやじ
2011年10月24日 22:45
casa blancaさん、ありがとうございます。
いやー、楽しかったです。勝ち負けというような問題ではなく、本当にみんなが一生懸命演奏する姿は本当に素晴らしいというか、清々しいものを感じました。感動です。来年もまた連れて行ってほしいものです。
ヒゲおやじ
2011年10月24日 22:50
はるばるさん、ありがとうございます。
今は西新宿も地下鉄が通っていて、随分便利になりましたよ。
さて、来年はどうなりますか。かなり難しいでしょうねえ。
また連れて行ってくれると嬉しいのですけど。
ヒゲおやじ
2011年10月24日 22:52
自由人さん、ありがとうございます。
いやー、本当にいい経験をしました。有り難いことです。
その場に立ち会えるということは凄いことですよね。来年も是非と機体はしているのですが、なかなか難しそうです。
ヒゲおやじ
2011年10月24日 22:56
nogpu-124さん、ありがとうございます。
金賞はまだまだうんと遠いところにありました。来年は無理そうなので、次は高校で狙いますか。
ヒゲおやじは多分7年ぶりに東京に行ったのですが、随分あちこちが変わっていました。
ヒゲおやじ
2011年10月24日 23:00
山形ママンさん、ありがとうございます。
ママンもそういう経験をしてきたのですねえ。いやー、本当に感動でした。
上手下手とか、そういう問題ではないですね。金賞も銅賞もここに出て来たらみんな同じです。本当に素晴らしいです。できれば来年も行きたいですけどね。
ヒゲおやじ
2011年10月24日 23:02
ああじゃんさん、ありがとうございます。
はい、いい旅でした。旧友とも会えたし、大きな感動ももらったし。
できれば来年もと思いますけどね。難しそうです。
ヒゲおやじ
2011年10月24日 23:05
南十字星さん、ありがとうございます。
えー、金賞でしたか。それは凄い。おめでとうございます。
いやー、素晴らしい感動でしたよ。ここで演奏したということは、生涯の誇りになるでしょうね。大姫にとってはいい経験でした。ヒゲおやじにとってもね(笑)。また来年もいきたいものです。
2011年10月25日 06:23
お孫さんの発表会を見にの上京って素敵ですね!
切った貼ったをやり合った級友との飲み会って
最高ですよね!
楽しさが思い浮かびます。
2011年10月25日 16:57
偉い!偉い!大姫ちゃん、良い経験が出来ましたね^^q
必ず今後の力になりますね♪
勿論、じぃも偉い!(笑)
アイコンタクト抜群!^^;
通じ合う仲なんだね^^q
何にでも一生懸命なこの時期は良いねぇ~♪

おやじさんって、東京にいらしたんですか???
昔の仕事仲間と、未だに会えるということは
良い戦友。。。ということですね!

ちと、東京まで来たついでに、足を延ばして貰いたかったなぁ~!
残念^^;
ヒゲおやじ
2011年10月25日 22:48
たそがれ清兵衛さん、ありがとうございます。
はい、久し振りに切った貼ったをやってきました。面白かったです。
もうみんな現役を離れているので関係なしに本音を話しますからね。
また来年会いましょうということなんですけど、行けるのかなあ(笑)。
ヒゲおやじ
2011年10月25日 22:51
みつばさん、ありがとうございます。
来年も連れて行ってくれると嬉しいんだけど。戦友にも会えるし。
でも連覇は難しそう。
東京は近いけど千葉は遠いんですよ(笑)。来年はそういう計画をしましょうかねえ。
2011年10月27日 20:34
なるほど、全国大会までに行くまでがすごいことでそれが評価されているのですね。
納得です。
おめでとうございました。
来年に夢を託して、また頑張ってもらいたい物です。
ヒゲおやじ
2011年10月27日 22:31
はなさん、ありがとうございます。
はい、そのとおりで、みんな普門館を目指して頑張っているんですねえ。
まず県代表を目指して、その後は四国代表を目指すわけです。それがなかなかの関門で、難しいのです。だから四国代表で普門館に行くというのは大変なことなのですよ。来年もまた是非行きたいですけどね。
2011年10月28日 11:41
大姫ちゃんの体調が念願の普門館に間に合って本当の良かったです。
もうそれだけでウルウルしてしまいました。
ヒゲおやじさんの応援がどれだけ大姫ちゃんの支えになったことでしょう。
もし、たとえ行けなかったとしても、きっとヒゲ親父さんは大姫ちゃんの成長をしっかり見つめてくれたはずですよね。
全国29校に入るなんて凄い快挙です!!
成し遂げた達成感、そしてさらなる目標に向かって自分を磨いていくであろう若い大姫ちゃんと温かく見守るヒゲおやじさんの素敵な関係に感動しました。
改めて拍手を送らせてください。 銅賞おめでとうございます。
ヒゲおやじ
2011年10月28日 22:19
けっこさん、ありがとうございます。
はい、参加校は6629校だそうです。そのうちの29校ですから大したものですよ。これは大姫の人生の中で、たんなる思いでではなくて某かの力になるものと思っています。こころからの応援、ありがとうございました。
けっこおばさんのパワー、届きましたよ(笑)。

この記事へのトラックバック