丹波黒大豆の収穫と稲木がけ!

丹波の黒大豆と言えば名品中の名品だねえ。これは本当に美味しいよ。
若採りの枝豆も絶品だけど、大豆にしても飛び切り美味しいんだ。
これもそろそろ収穫しないといけないねえ。



と言うことで今日は丹波の黒大豆の収穫大作戦だ。
今年は大豊作だったからねえ。 枝豆も嫌と言うほど食べたよ。 娘はまだ食べたりなかったようだけどね。


では、そろそろやっつけようか。

画像

大分枯れてきているだろう。 だからそろそろなんだよね。





ほら、こんなに実がついているよ。

画像

この辺りはもうこのまま収穫してもよさそうな感じだけど、一応乾燥させてやろう。





まずは邪魔になる倒伏防止用の紐や支柱を全部取り払うんだ。

画像






後は根元から引き抜いて、余分な枝や葉を取り除くんだけど、これが案外面倒でねえ。予想以上に手間がかかってしまったよ。
その後は稲木にかけて乾燥させるんだよ。

ほら、こんな具合だ。

画像

稲木というのは本来稲を乾燥させるためにかける木のことで、長い杉の丸太で作るんだけどね。

これを「はざがけ」と言っている地域も多いねえ。 こちらでは稲木にかけると言うんだよ。
今回は畑で使う支柱を使って組んだものだ。


大豆を乾燥させるのは、普通はこんなことはしないんだけどね。大体は庭先にムシロかゴザを敷いて、その上に並べて乾燥させるんだねえ。
ヒゲおやじの家の庭は、元々はオール芝生でゴザを敷くくらいの余裕はあったんだけど、カミさんが次々と木を植えてしまったもので、今は全くスペースがないんだ。それに日当たりも悪いしね。

なので畑で乾燥させてやろうという寸法だ。




さあ、これで半分やっつけたよ。

画像

まだ向こう側の半分が残っているけど丁度お昼だ。

帰って飯食ってこよう。





稲木の方はこんな具合だよ。

画像






さあ、午後から戦闘再開だ。こちらは枝豆で食べた方の畝だから、豆はあまり残っていないんだけどね。
でも豆が少ない分余計に手間と時間がかかるんだよね。除ける枝や葉が多いってことだからね。


さて、これで全部だ。

画像


はい、完了といきたいところなんだけど、このままでは鳥に食べられてしまうよ。
何しろハトが手ぐすね引いて待っているからねえ。

今年の春は種用にと残しておいたエンドウを、全部食べられてしまったからねえ。お陰でクズばかり。目が出るのかと心配したけど、それはちゃんと出たのでよかったけどね。でも大きな実がつくかどうかはわからんよ。


なので防鳥ネットを張ってやろう。
ところが簡単にできると思っていたら、ものすごく手間がかかってしまった。

まあ、あっちに引っ掛かり、こっちに引っかかり。途中でもう止めようかと思うくらいやりにくかったねえ。


それでも何とか張り終えたよ。

画像

夕日に輝く防鳥ネットだ。


いやー、予想以上に時間がかかってしまったねえ。

もうこんな時間か。



そろそろ日が傾いてきたよ。

画像

秋の日は釣瓶落としって言うけど、本当だね。

あっという間に暗くなってしまうよ。

明日は摘み取った枝や葉の後始末をしないといけないなあ。 本当は今日のうちにやってしまう予定だったんだけど、防鳥ネット張りに思わぬ時間を使ってしまったからねえ。


さあ、早く帰ろう。 日が暮れてきた。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ








この記事へのコメント

2011年11月16日 00:28
稲のように干すんですね!
若とりはビールのおつまみにもなり
美味しい小豆で、お汁粉や牡丹餅ができるんでしょうね!
丹波の黒豆、来年は忘れずに作って見たいです。
難しいと言われていた「ほうれん草」と「蕪」が何とかできるようになりました。
2011年11月16日 08:54
コメントありがとうございます。
私、生まれは宇和島ですけど、育ちは松山です。こちらにお邪魔
したのは、高校の先輩と知ってでしたもの。思い出して下さい
ましたか? 来年の同窓会誌の明教に寄稿依頼があって、投稿
しました。8/15の同窓会の記事に、私お目見えしてますから~

今朝、ヒゲおやじさんとことで黒豆の収穫って出てるよと
主人に言うと、じゃあ、うちもそろそろ収穫した方がいいのかな
なんて言っておりました。(^~^*) 枝豆としても食べましたが
美味しいですよね、黒豆。
mamanon
2011年11月16日 09:31
丹波の黒豆の枝豆でビール!おいしそうだなあ・・・
最後は丁寧に干して食べるのですね、私も来年はぜひぜひ栽培します!

近所の10坪ほどの畑を借りて3年目の冬を迎えました。
ヒゲおやじさんの記事は勉強になることが多いだけでなく最後の閉めの言葉がとても素敵です。
今日への感謝と明日への希望を感じて心地よいのです。
私もこのように生きなくてはと眠りに就きます。

過去の記事を探しても見つからなかったので、質問です。
ヒゲおやじさんは液肥は何を使用していますか?
2011年11月16日 19:33
黒豆の手順を学ばせて頂きました。
いつもながら整然とされた畑ですね。
来年こそは。
ヒゲおやじ
2011年11月16日 21:28
たそがれ清兵衛さん、ありがとうございます。
この乾し方は一般的ではありません。実が弾けて落ちてしまいますからね。
やはりゴザかムシロがいいですよ。
それは素晴らしい。ヒゲおやじは何度蕪に挑戦してもダメです。もう諦めていますけどね。
ヒゲおやじ
2011年11月16日 21:33
casa blancaさん、ありがとうございます。
あっ、そうでしたね。思い出しました。ヒゲおやじも小学校5年まで宇和島に住んでいて、明倫小学校に通っていたのですよ。
大豆は茶色くなれば収穫してください。遅くなると豆が弾けて落ちてしまいます。少し大きめの笊かなんかに入れて干してやるといいですよ。
ヒゲおやじ
2011年11月16日 21:40
mamanonさん、ありがとうございます。
液肥は住友液肥を使っていましたが、高いのですよ。これは実物用と葉物用の2種類あって、それぞれに使い分けるのですけどね。1本が1000円もします。それぞれ効果は高いのですけど、こんなものは直ぐになくなってしまうので、財政的に持ちません(笑)。
なので今はホームセンターに売っている、ごく一般的な液肥を使っています。よい液肥を使ったからよい野菜ができると言うわけでもないですからね。そこらはあまり気にしなくてもいいと思いますよ。
ヒゲおやじ
2011年11月16日 21:43
クロゼット☆ライターさん、ありがとうございます。
まあ、そう気張らずに。気楽に楽しむのが家庭菜園ですから(笑)。
できてもできなくても、それはそれでまた楽しめばいいわけで。
それとも大量に作って売りますか笑い。
mamanon
2011年11月16日 22:20
回答ありがとうございます^^

液肥は使ったことがなく、調べると油粕を水に浸けて腐らせるとか腐葉土堆肥とか生ごみ堆肥の下から出る液とか自家製の物が多く面倒だなぁ(汗)と思っておりました。
ヒゲおやじさんも秘密の自家製液肥を使用しているんでは・・・とお聞きしましたが安心しました。
早速、ホームセンターに売っている、ごく一般的な液肥を購入します^^
ありがとうございました。
2011年11月16日 22:20
今晩は。手際よく、しかし、悪戦苦闘しながらの収穫。楽しんでるようにもみうけます。ここに載せるんですもん、楽しくないはずはありません。
今もって、ビ-ルはおいしくてしょうがないですね。
2011年11月17日 13:45
若いうちに枝豆として楽しめて、後で大豆としても美味しく頂けるなんて羨ましいですね。しかも十分というぐらい食べれるなんてなんという恵まれた生活でしょう。
もっともそのためには地道な作業やご苦労もあることは、良く分かっておりますが、それでもやっぱり羨ましいの一言に尽きます。
いつか四国をのんびり旅することがありましたら、是非とも立ち寄り、枝豆などを腹いっぱいご相伴にあずかりたいものだと
2011年11月17日 20:56
こんばんは。ヒゲおやじさん~♪今夜のビールは美味しかったですか?
なんならビール持参いたしますので、私もご相伴にあずかりたい一人です(笑)枝豆でビール良し、黒豆煮で熱燗もまた良し?
でも口に入るまでに稲木にかけたり防虫ネットと格闘したり・・・ご苦労された分美味しくなるような気がします。
秋の夕日に照る黒豆用ネット~♪
2011年11月17日 21:55
丹波の黒豆の枝豆、これ、すごーく高いんですよね。
でもすごーく美味しいです。
大豊作だったのですか?
良いですねぇ~。
これでお正月の黒豆もバッチリ!
それにしても、どの写真を拝見しても、畑が綺麗ですね。
ヒゲおやじ
2011年11月17日 23:16
mamanonさん、ありがとうございます。
そんな凝ったものを作っても、それほどの効果は期待できません。
どうせ植物は窒素、リン酸、カリの形でしか吸収できないのですから。
元肥は堆肥、追肥は化成肥料と使い分けるのがいいと思いますよ。
ヒゲおやじ
2011年11月17日 23:19
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
はい、美味しいですよ。ただ飲み過ぎるのでいつも怒られています(笑)。
野菜作りは面白いから続いているので、しんどいだけならとっくに止めていますよ(笑)。
ヒゲおやじ
2011年11月17日 23:20
はるばるさん、ありがとうございます。
はい、お待ちしています。ただし、シーズンに来ないとないですよ(笑)。
ヒゲおやじ
2011年11月17日 23:23
けっこさん、ありがとうございます。
はい、できればビールでなくて、新潟の酒を持って来て下さい(笑)。
これ、炒り豆で食べるとまた美味しいのですよ。いくらでも酒が飲めます。
ヒゲおやじ
2011年11月17日 23:27
お啓さん、ありがとうございます。
はい、買えばすごーく高いです。食べればすごーく美味しいです(笑)。
種もすごーく高いので、去年から自家製の種に切り替えました。
乾いたら早速豆ご飯にしましょう。お正月の煮豆はもちろんです。
節分の豆撒きにはちょっと勿体ないですね(笑)。
2011年11月20日 21:55
うわあ、丹波の黒豆,いいなあ^^
収穫は本当に感激するけど,畑って子供みたいに手がかかるといつも思います。

稲木というのですね。
私が子供の頃は「はさがけ」と言うのがあって,稲束を竹を組んだはさのてっぺんまで,上手に放り上げる技を習得しました。
今では、無用の長物ですけれど(笑)
ヒゲおやじ
2011年11月20日 22:49
はなさん、ありがとうございます。
はい、そのとおりです。しかもじゃじゃ馬で悪戯好きです。これをこちらの思うように躾けようとすること事態が間違いなんでしょうねえ。
はさがけという地方が多いようですね。
ねろごろん
2014年12月09日 20:25
黒豆をわが家でも作っておりますが枝豆として食べたことはありませんでした。いいこと聞いたので来年からはためしてみます。それと収穫の後の干し方参考にさせてもらいます。
そこでお尋ねですが皮のむけたものや、虫食いの豆、などなど出てくるんですがどうして使っていらっしゃいますか?教えてください。
ヒゲおやじ
2014年12月09日 22:59
ねろごろんさん、ありがとうございます。
はい、丹波の黒大豆のエダマメは、栗のように美味しいですよ。
虫食いや病気になった豆は廃棄します。食べることはありませんし肥料にすることもありません。 虫食い豆は中に虫のサナギがあったり、病気になったものは病原菌がある可能性がありますからね。 なので全て廃棄です。
できれば焼却が一番いいですね。
ねろごろん
2014年12月10日 20:15
お返事早速頂きありがとうございます。これからお正月用の黒豆を選豆します。お友達が楽しみにして待っているようです。虫食い豆は焼却します。おかげさまで来年の黒豆作りは少しグレードアップできそうです。

この記事へのトラックバック