ソラマメの芯切り!

今年は脇芽の出が悪いんだけど、そろそろ芯を止めてやらないといけないねえ。
ということで、今日はソラマメの芯切りだ。


はい、これが今日のソラマメ。

画像

って言われても、こんなもの見てようわからんよね。




これならわかるかな?

画像

脇芽も少し大きくなってきているだろう。





こちらはまだ脇芽が小さいねえ。

画像

でも芯を切ってやると、その刺激で脇芽が出ることも多いのでやってみよう。




前回のこれ、覚えているかな?

画像

そう、1回目は緑のところで切るんだったよね。で、育てるのは黄色の矢印の脇芽。





さあ、切ってみよう。

画像

切るのはここだよ。主幹の先端の部分だ。





はい、切った後。

画像

わかったかな?




なに、わかりにくい?

うーん、ではもう一度やってみようか。

画像

切るのは主幹の先端だよ。 芽が出ているところだ。これはわかるね。

ここを切って、新しい芽が出ないようにするんだ。





チョキン!

画像

って、簡単そうに見えるけど、これ難しいんだよ写真に撮るの。

だって、誰かがやっているのをヒゲおやじが撮っているわけじゃないからね。
写っているのはヒゲおやじの左手だよ。それを右手でカメラを持って写しているんだ。
それに鋏を左手で使うというのは結構難しいんだよ。これは左手用の鋏じゃないからね。


チョキンって、ちゃんと先端が茎から離れて飛んでいるのが写っているだろう。
これはもう神業だね。さすがヒゲおやじ。

って、本当はチョキンと切ったら、たまたま直ぐ脇の葉の上に乗ったってだけだ。
でも写真で見るとすごワザに見える。 これが写真の怖いところだねえ。




で、切った後。

画像






全体ではこんな感じだ。

画像

こんなもん、何回見ても同じだ。

この後は今年中に前の写真の赤いところから切ってしまうんだよ。


これが芯切りの作業なんだけど、ヒゲおやじの畑は精々20本ほどだから、どうって言うこともないけどね。
農家は大変だよこの作業。何百本だからねえ。
腰を曲げたままで横に移動しながら摘んでいくんだからねえ。とてもじゃないけどヒゲおやじにはできないね。

今、農家はこの作業を盛んにやっているけど、見ていても気の毒な感じだよ。 だって、みんなお年寄りばかりだからねえ。若い人なんか一人も見当たらないんだから。若いもんは何やっているんだろうねえ。
働いています。うん、もちろんそうなんだろうけどね。それにしてももうちょっと何とかならんのかなあ。


そう言えば今年は異様な光景をあちこちで見かけたよ。
田植えはちゃんとしたんだけど、その後の手入れができてないんだ。全面草茫々。ヒゲおやじの背丈ほどもあるような草が稲に混じって全面に生えているんだ。

周りの田んぼの稲刈りは終わっても、ここだけは手つかず。 だってこれではコンバインは入れないからね。
どうするのかと見ていたら、随分遅くに若い人が手刈りで稲を刈っていたよ。それも草を除けながらだから、なかなかのことにはならないんだ。全部刈り終えるのに結局二月ばかりもかかってしまったんじゃないかなあ。

この田んぼはいつも綺麗に手入れが行き届いていたので、多分主に何かあったんだろうねえ。
こういう田んぼを今年は幾つも見たねえ。何とも憐れというか、高齢化による農家の有様を目の当たりに見たような気がしたねえ。
これは米作り農家だけでなくて、ミカン農家はもっとひどい状態なんだよ。
今、ものすごいスピードでミカン畑が荒廃してきているんだ。いつも散歩している周辺でも、あらここも、あらこっちも、という具合で、去年はちゃんと作っていたのになあというところが、もう荒れ放題だ。
ミカンは急斜面で作っているのが普通だからね。ここでの作業はものすごく体力を使うんだ。だから年を取ってくるとなかなか難しいんだよね。


農家を守るという名目で補助金漬けにした今の農業政策では、この事態は解決できないだろうなあ。
農業をやりたいという人は沢山いるんだよ。でもやらさないんだ。農家以外のものが農業をやろうとしても、ものすごい高いハードルがあって、なかなか参入をゆるされない仕組みになっているんだ。

これではますます土地は荒れ放題になってしまうだろう。 一度荒れた田畑はなかなか元通りにはならないんだよ。
そういうことを国の偉いお役人さんは知っているのかなあ。政治家も補助金さえ出しておけば、1票入れてくれると思っているからね。

早くしないと間に合わないよ。 TPPだか何だか知らないけど、それ以前の問題を解決しないとどうにもならないね。
ヒゲおやじも今、何とかしたいと本気で取り組み始めたところだ。

この話はまた改めてしたいと思うけど、その時には是非手を貸してほしいねえ。


あら、ソラマメから全然違う話になってしまったねえ。
でもまあ、これがヒゲおやじブログの面白いところだからね。 って、取り敢えず自分で言っておこう。



今日は朝からベタなくもりで、何時降るのかという雰囲気だったけど、何とか降らずに済んだねえ。
気温は高くて、動くと汗びっしょり。こういうのがいけないんだよね。これで風邪を引いてしまうんだ。
だって、動くの止めたら寒いんだもの。



で、今日の収穫はこちら。

画像

ほら、べたがけだけでも、ちゃんとできるだろう。

雪の積もらない地域なら、冬だからと言って諦めてはいけないよ。でも、限界はあるけどね。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ














この記事へのコメント

2011年11月29日 04:18
お豆は体にいいですよね。
自由人
2011年11月29日 16:45
 神業と言うか職人技と言うか、其れをカメラに収める技術も大したものです。野菜作りも此れだけ楽しく出来れば最高ですね。農業の後継者問題はとても深刻ですね。農業一本では生活が成り立たないので、農業に見切りを付けて転職する後継者が多いのでしょう。残されたのは老人、女、子(孫)弱者が農業を営んでいるのですから。10年後は如何なってるのか怖いですね。
いいお天気
2011年11月29日 21:36
ヒゲおやじさん こんばんは
ソラマメ芯切りの解説よく解りました。ありがとうございます。
農業問題を真剣に取組む政治家がいませんね。補助金だけでは何の解決にもならないでしょうね。同感です。
農地法の見直しと農業への参入自由化が必要でしょうね。
農業したいが農地が買えない。農地を売りたいが売ることができない。
このような問題も規制緩和が必要だと思います。
ヒゲおやじさん、エンドウの支柱つくりましたよ。 
ヒゲおやじ
2011年11月29日 22:40
凡・ハヤト
はい、体にいいですよ。
ヒゲおやじ
2011年11月29日 22:43
自由人さん、ありがとうございます。
ヒゲおやじの野菜作りは、自分自身が面白がってやっているのでこんな具合です。後継者問題は深刻ですね。早く抜本的な手を打たないと、取り返しがつかないことになりそうです。
ヒゲおやじ
2011年11月29日 22:47
いいお天気さん、ありがとうございます。
自民党も民主党も票がほしいだけですから、何も変えられないでしょうね。それに黙ってついてきた農家にも責任があります。自分たちで変えようという意識なり努力が必要だと思いますね。
あ、支柱を立てましたか。それはよかったですね。
2011年11月30日 20:45
農業やりたくても やらさないのですか。
農家の細かいことは難しくてよくわかりませんが、若い人でもやりたい人いますよね。若い人でやっている人、テレビで見たことあります。
自由にやれないのは困りますね。
農業やる人いなくなったら、野菜どうなっていくんでしょう。輸入ばっかりでしょうか。
未来・・暗くなっていくようです。記事を読んで考えてしまいました。
まり
2011年11月30日 21:00
ヒゲおやじさん、こんばんは。
えんどうの逆V字支柱を立てて、ネット張りました。
こんなにぽかぽか陽気が続いてすくすく育ってしまって、
いきなり寒波がやってきたらちゃんと冬越えられるのでしょうかね。
ソラマメの芯切り、ドキドキしますが、そういえば主幹を切って
脇芽を育てるものが他にもあったような。。。
かぼちゃとかゴーヤもそうでしたっけ?
農業の後継者問題、耕作放棄地の問題は
去年ご縁があって知り合いになった山梨の
ぶどう農家の息子さんからいろいろ話を聞きました。
子供たちが安心して食べられる野菜作りや
自分たちもちゃんと採算の合う農業を目指して
すごく勉強してコミュニティ作りも頑張っています。
応援してあげたいです。
やる気のある若者たちはたくさんいます。
彼らの意欲を応援していく政策がほしいです。
2011年11月30日 21:06
オヤジさんのブログ見ていると、野菜育てたくなりますね。
最近はトロ箱などを集めている私です。
先日物置を片付けたら,大きな漬け物桶をいくつか見付けました。
ううむ、底の穴を工夫して土を入れれば何とかなるかも、なんて思っています。

外交がなんだかんだいいつつも、結局日本の農業政策が、おかしいんですね。
私もそう思ったことがいくつもあります。
ヒゲおやじ
2011年11月30日 23:07
はるるさん、ありがとうございます。
そうですね、今の法律が農家を守るという目的で、がんじがらめになっているのですよ。農家以外の人も企業も簡単には手を出せないのです。
そのために放棄農地があちこちに沢山できてしまって、推計すると埼玉県より広いのだそうです。これで農業を守りますなんて、いくら政府が言っても無理ってものでしょう。
ヒゲおやじ
2011年11月30日 23:14
まりさん、ありがとうございます。
霜が降りるようになると、ちょっと心配ですね。霜除けをしてやるとよいのですけど。
芯を止めて枝数を増やすのは他にもありますね。枝豆なんかもそうですよ。キュウリも種類によっては切ってしまいます。
そうなんですよね、そういうところに補助金を出すのはいいのですけど、作らなかったら補助金、不作だったら補助金では、何もしない方が得になります。頑張っているところを助けてあげてほしいですね。
ヒゲおやじ
2011年11月30日 23:18
はなさん、ありがとうございます。
漬け物桶ですか。いいものを見付けましたねえ。ドリルで底に穴をあけましょう。立派なプランターになりますよ。深さがあるのでジャガイモとか大根なんかもOKです。何でも作れますよ。
農家の保護などと言いながら、実際は票がほしいだけですからね。
将来を見据えた農業政策は、今の日本にはありません。
2011年12月04日 15:59
今年もソラマメの生長楽しみです。
ほんとにみかんも大変ですか。
こちらのブドウ畑の高齢化問題も同じですね~
ほんとに身近な何とかしなければならないことがどんどん置き去りにされていくのが忍びないですね。
ヒゲおやじ
2011年12月04日 23:14
山形ママンさん、ありがとうございます。
はい、もう次々です。実際に散歩の途中で農家に聞いてみると、「もう、向こうの山(みかん山)は潰したんよ。体が持たんけんなあ」ということです。補助金漬けで工夫も努力もしてこなかった農家にも問題はありますが、票がほしいためにそう仕向けた自民党にも(もちろん今の政府にも)大きな責任があります。日本の農政は根本的に間違っています。
TPP賛成だ反対だって、ちゃんちゃらおかしいですよ。顔を洗って出直してこいと言いたいです。

この記事へのトラックバック