エンドウの植え付け! 

エンドウの植え付けなんて簡単なんだけど、知っていると得するノウハウなんてものもあるんだよね。
こうやれば多分失敗しないだろうなあというところを今日は紹介しよう。
というか、これで失敗する方が難しいよってなもんだねえ。


ここのところの気温の高さで、急激にエンドウの苗が大きくなったんだ。
これは不味いなあ。早く植え付けなくては。

ヒゲおやじ的にはもう少し先を想定していたんだけど、そうも言ってられない状況で、急遽雨上がりの今日植え付けることにしたんだ。



苗はこんな具合だよ。

画像

まあ、今が丁度いいくらいかなあ。

でも、早く植えないと不味いかなあ。





では、植え付けを始めよう。
まずはポットを植え付け位置に配置。

画像

ここは別にノウハウはないよ。 こうやっておく方が効率がいいし便利だからだ。




まずは一つめのポイント。

今日はポット蒔きの苗を使うんだけど、苗の選び方ってのがあるよね。

画像


エンドウの植え付け適期は、苗の背丈が8センチから10センチくらいの間なんだ。
これを知っていないとまずは失敗だねえ。


何でって、エンドウは豆類の中でも極めて寒さに弱いんだ。だから8センチ以下だと育たないし、10センチを超えると霜なんかに当たると参ってしまうんだねえ。
ヒゲおやじの地域ではそれほど冬の寒さは厳しくないので、あまり気にしなくても大丈夫なんだけど、寒い地域では大苗は枯れてしまうから注意が必要だよ。

同じマメ科でもソラマメは、何れ芯を切ってしまって脇芽を育てるので、植え付けの時の苗の大きさはあまり気にしなくても大丈夫なんだけど、エンドウは親蔓に沢山実がつくので、これをしっかり育てる必要があるんだ。
だから苗選びは大事なんだよ。

ホームセンターなんかでよく伸びすぎた苗を売っているけど、これは元気そうだなんて買ってはダメだよ。
エンドウは小苗で冬を過ごさせるのが大事。


ということで見ると、このポットの苗は両側の2本が適正な苗なんだ。これで大体10センチくらいだよ。
矢印で示した苗は不適ということで、一方は小さ過ぎるしもう一方はこのくらいなら大丈夫なんだけど、このポットの中では大き過ぎるということだねえ。
なのでこの2本は間引いてしまう。


おっと待った!
ここで間引いてしまってはちと不味い。
これが二つ目のポイント。

何で?
うーん、ポットの中で間引くと根鉢が揺るんで植え付けにくくなるんだ。
だからここはもうちょっと我慢だね。





さて、三つ目は重要なポイントだよ。

植え穴を掘って、苗をポットから抜いて、そのまま植えてしまってはいけない。
ポットから抜いたときに根の状態をよく見よう。


ほら、こんな具合だよ。

画像

これを見てどう思う?

立派に根が張って丈夫そう?

違うよ。これは根が張りすぎて絡まっているんだ。要するに根が回っている状態だ。
このまま植え付けてもなかなか上手く根が伸びていかないので、成長が遅れるんだ。




こういうときは根を解してやろう。

こんな感じでいいねえ。

画像

少々根が切れても問題ないというか、その方が新しい根が出てくるのでかえって効果的なんだよ。

ただし、根鉢をグチャグチャにしないように、優しく解してやることが大切だねえ。
これでまた根が自由に張ることができるので、成長間違いなしだ。





さあ、植え付け終了だ。

画像

ここは特に何もないよ。単なる経過説明だ。





さて、いよいよさっきお預けにした間引きだねえ。
そう、植え付けてから間引きをするんだ。

これがポイントその4だ。

植え付ける前に根鉢を緩めてしまうと、グチャグチャになって植え付けがしにくいんだよね。
できないことはないから、やるのは自由だけど、ヒゲおやじはあまりお勧めできないねえ。

画像

さっきのポットの苗だよ。 そのまま植えてあるだろう。

ほら、矢印をしたやつをこれから抜くんだ。

その時に、無造作に抜いてはいけないよ。 ちゃんと残す苗の根元を押さえて、ゆっくりそっと抜くんだ。
そうすると案外簡単に抜けるからね。これだともう植え付けてあるので根鉢が崩れるなんて心配は要らないんだ。
でもどうしても根が動くので、抜いた後を軽く押さえておいてやるといいねえ。




ついでにこんなのもどうかな?

画像

今抜いた苗だよ。

土の中はこんなことになっているんだ。




これは苗が小さかったからこんなもんだけど、大きいとこんなことになるよ。

画像

ほら、こんなに大きく根が張っているだろう。

こういうのはなかなか見る機会がないので、興味がある人にとっては面白いかもね。





さて、これが間引き後だよ。

画像


ポイントその5。

苗は2本仕立てにする。 エンドウはお互いに絡み合いながら伸びていくので、1本より2本の方がいいねえ。
それに受粉の機会が増えるというのが大きな目的のようだねえ。

エンドウに限らず、雄しべの花粉が雌しべについて受粉するんだけど、自分の木の花粉で受粉するより、違う木の花粉で受粉する方が望ましいんだよね。木の特性としてはっきりそれがあらわれているものもたくさんあるよね。
例えばリンゴもそうだし、ブルーベリーもそうだし、オリーブなんかもそうだよ。1本だけ植えても実が生らないだろう。
しかもリンゴなんかは違う種類でないとだめなんだよね。

これはもうDNA的進化論でしか説明できないけどね。




ポイントその6。

根元を保護してやろう。
つまりエンドウは寒さに弱いので、根元を保温してやろうという算段だ。

画像

ヒゲおやじは籾殻を投入するけど、これは何でもいいんだよ。

藁が手に入る人は藁でもいいし、なければ枯れ草でも十分だ。





ポイントその7。

苗の周りを藁で囲ってやる。
もちろん保温と防風のためだよ。

画像

それと苗が成長するときに、藁に蔓を絡めて伸びてくるんだ。

笹を使う地域も多いねえ。目的は全く同じだよ。




この藁の蒔き方もコツがあって、北側に厚く南側は薄く。つまり北風は防いで、日照は多く取り入れようという魂胆なんだ。

画像

ほら、南側をわざわざ開けているだろう。ここがポイントだよ。





さあ、最後にポイントその8。

余った苗は必ず予備に置いておこう。

画像

何でって、虫にやられるからねえ。

籾殻を入れたり藁で巻いたりすれば、ここは暖かいんだねえ。おまけに餌になる大好きなエンドウがあれば言うことなしってんで、必ずヨトウムシがやって来るんだ。
だから余ったからといって苗を捨ててしまってはいけないよ。間違いなく必ずやられるからね。

種類ごとにわかるように置いておくといいねえ。
ヒゲおやじもぽっと1個では物足りないので、少し追加で蒔いておこうかと思っているところだ。


さあ、これで完璧だ。これを読んだ人は、今日からエンドウマイスターだよ。



さて、如何かな? 
ここまでやると、失敗する気にはならないだろう。
それでも失敗したら、それはもう自分の責任じゃないからね。全部、全部お天道様の責任だ。 
なんてね、上手くいかないのは全部お天道様の責任にしておけば気が楽だからね(笑)。


そうは言いながら、なかなか上手くいかないことも多いんだよ。 それを何でって考えるのがまた面白いんだなあ。
だから畑は止められない。来年は絶対に勝ってやるぞなんてね。





では、最新の畑。

画像




今日は午前中は仕事。 午後からの出動だ。天気はそこそこだけどまだ乾くにはなかなかだねえ。
でも、植え付け作業には丁度よかったよ。

明日も晴れらしい。段々寒くなるとのこと。気をつけなければ。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






























この記事へのコメント

2011年11月08日 10:08
おはようございます^^
エンドウ豆って今植えつけするのですか?
しらなかったです><;
美味しい美味しいって食べてばっかりで・・・。
お疲れ様です~。
自由人
2011年11月08日 16:10
何時もながら良い仕事をしますね。私も出来るだけの事をしようと思うのだけど藁が有りません。今はコンバインで藁を細かくしてしまうので、長い藁なかなか手に入りません。荒目のネットにでも絡ませようと思っていますが、霜よけの工夫が思い付きません。取り合えず余分に種は蒔いて置きましたけどね。
nogpu-124
2011年11月08日 18:09
今日 絹さやの種を直播しました、やっと雨が降り気温も平年並みに
なりましたので。早すぎても伸びすぎて 寒さや霜にやられますので。
豆類なかなか 上手く育てられないのですがこれだけは素人の自分でも
失敗した事ありません。 霜対策した事ありませんが・・
年越ししたら竹を切り 芽が出たところに添えます。





Hunky Dory
2011年11月08日 20:42
ヒゲおやじさん、こんばんは。

ワタシも防寒対策はしたことないです。
そして、藁ではなく笹に絡ませています。
あとは鳥さんが来ませんように…(-m-)” パンパン

今日は極早生の玉ねぎ200本植えました。
早く大きくなりますように…
(○ `人´ ○) タノンマスー!
2011年11月08日 21:14
先週の金曜日にミニダイコンを、そして昨日はエンドウの種蒔きをデイで利用者さんと一緒にやってきました。育てる楽しさもありますが、土をさわる・・小さな種を手でつかむ・・・埋める・・・作業が手指機能訓練になるんですよ。だからプランターや裏庭でテキトーに育てますが、(管理はほとんど私ともう1人男性ドライバーですが)見る楽しさも増えますね。美味しい実が生ったらなお結構!です。
2011年11月08日 21:23
そら豆、エンドウなどは、適期に合わせて栽培すれば収量も多い
のでしょうね。丹波の黒豆も長い間収穫できて、楽しめましたね。
我が家は、さやえんどう蒔くの忘れてました。これから蒔こうと
思ってるのですが、大丈夫でしょうか。

ヒゲおやじ
2011年11月08日 23:19
風華さん、ありがとうございます。
はい、こちらでは今頃植え付けます。寒い地域では来年の3月頃に植え付けるところも多いですよ。
食べて美味しければそれが何よりです。つくる方はそれが嬉しくてやっているのですから。
ヒゲおやじ
2011年11月08日 23:24
自由人さん、ありがとうございます。
藁は必需品ですねえ。これホームセンターなんかで買うと、べらぼうな値段ですよ。今年は隣の田んぼの人に頼んで分けてもらいました。事前に頼んでおけば、快くやってくれますよ。田んぼの縁の部分は、どうせ手刈りするのですから。
ヒゲおやじ
2011年11月08日 23:28
nogpu-124さん、ありがとうございます。
笹を建てるのは非常に効果的ですね。笹の葉が保温と防風の役割を果たしてくれます。蔓が伸び始める頃には、笹の葉は落ちてしまって蔓が絡むのに好都合です。ヒゲおやじのところは笹なんか全く手に入りませんからね。
ヒゲおやじ
2011年11月08日 23:32
Hunky Doryさん、ありがとうございます。
はい、笹の方が合理的ですね。冬場は笹の葉が防寒、暴風、保温、防霜などなど大活躍をしてくれます。蔓が伸び始める頃には葉が落ちて、絡みつくのに最適になります。200本ですか。やりますねえ。晩生は作らないのですか?
ヒゲおやじ
2011年11月08日 23:35
mintさん、ありがとうございまのす。
ものを育てるというのは楽しいものですよ。きっと皆さんも喜んでいてくれるでしょう。裏方はちとしんどいですけどね(笑)。でも、それも楽しいものですよ。
ヒゲおやじ
2011年11月08日 23:37
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
はい、大丈夫ですよ。でも、これから飛び切り冷え込むようだと、ちょっと心配ですけどね。3月に蒔いても大丈夫ですよ。半月くらいは遅れますけど、ちゃんと食べられます。
魚菜人
2013年05月06日 10:40
野菜作りで迷った際には、ヒゲおやじさんのブログを開くことにしています。いつもすごく参考になります。記述も簡単明瞭で、しかも懇切丁寧な写真付き。たいへん助かっています。
 この項は、仕立てを1本?2本?にするのか迷っていたのでブログを覗いてみました。 ありがとうございました。 岩手・大船渡 
ヒゲおやじ
2013年05月06日 23:21
魚菜人さん、ありがとうございます。
あ、そうなんですか。岩手だと今くらいにエンドウの植え付けをするのですね。なるほど、これはこれで勉強になりました。

この記事へのトラックバック