キャベツとレタスの植え替え!

植え付けではないよ。 単なる植え替えだ。
今の時期だとこういう方法もあるよということだね。


トレーに蒔いたキャベツとレタス。大きくなってきたのでそろそろポットに植え替えをしてやろう。

これがトレーのキャベツとレタスだ。

画像

これで草丈が5センチもないくらいかなあ。

このまま育苗しても悪くはないんだけど、トレーでは土が少ないのとスペースがないので根が成長できずになかなか大きくならないんだよ。
なのでこのくらいでポットに植え替えをしてやると一気に大きくなるんだ。


ならば最初からポットに蒔けばいいじゃないかということなんだけどね。
そうなんだよね。そのとおりなんだけど、トレーにはそれなりの利点もあったりしてね。

つまりトレーは一つ一つの容量が小さいので沢山蒔けるんだ。あまり数を気にせずに、穴の数だけザーッと蒔くことができるんだよね。
それでその中からよく育ったものだけを選べばよいという魂胆なんだ。

最初からポットに蒔こうとすると、用土も沢山要るしどれだけ発芽するかもわからないし、苗の育ち具合も全部揃って大きくなるとは限らないからね。そうなるとかなり余分に蒔かないといけないんだ。それなりのスペースも必要になるしね。
でも、トレーだと気楽にいくらでも蒔けるし、その中のよくできたやつだけを選んで、本格的に育苗すれば効率がいいということだねえ。


特に今の季節は気温も不安定だし、揃った苗を作るのはなかなか難しいからね。そういう意味ではこの方法はお勧めだと思うねえ。




ということで、早速植え替えをしよう。

まずはポットに用土を入れて受け入れ準備をしよう。

ポットに用土を入れたら、真ん中に穴を開けておこう。 こんなものは適当でいいよ。直ぐに大きさはとか深さはとか言う人がいるけど、それはトレーから抜いた根鉢の大きさに合わせればいいんだ。

画像








準備ができたら移植をするよ。

まずはトレーから苗を抜き取るんだ。
この時使うのは園芸用のピンセットが一番使い勝手がいいねえ。なければ割り箸でも大丈夫だよ。

画像

こんな具合にトレーの縁に差し込んで、根元から抜きあげるようにすると簡単に抜けるからね。

このやり方は草花なんかの移植でも活用できる方法だよ。








で、さっき開けたポットの穴にそのまま差し込んでやればいいんだ。

画像

これでピンセットを抜いて、指で軽く押さえてやれば大丈夫だよ。

なっ、簡単だろう。

この後は根元がぐらつかないように少し用土を足して、しっかり押さえてやるといいよ。








さあ、これで完成だ。

画像

これでキャベツが12本とレタスが12本だ。

えっ、少ない?

あー、それはね。自家用の広い土地を持っている人の言うことだね。
ヒゲおやじみたいな借り地の狭い農園では、これが精一杯というところだからね。
もう夏野菜の畝割は大体終わっているんだけど、まだインゲンとピーマン、シシトウ、オクラの植える場所が決まっていないんだ。さあ、どこに植えようかと迷っている状態だからねえ。そうそう沢山のスペースは使えないんだ。


あちらこちらが少しずつは余るとは思うんだけどね。なかなか思惑どおりにはいかないってことだね。



これを畑に植え付けるのは、本葉が5,6枚くらいの時が適期だね。 まあ、成長の具合にもよるけど、あと1,2週間かなあ。
畝の準備はできているので、何時でもOKだけどね。




今日は午後から採用のための今年3回目の会社説明会があったんだ。
いままで立ち会ったことはないんだけど、一度見てくれないかと頼まれて参加したんだ。

出席した学生は全員大卒(予定)で、12名のエントリーで10名出席。2名は無断欠席ということだ。
なんかこの辺りが最近の学生さんはケジメがないねえ。出席しますと申し込んでおいて、断りもなく欠席するんだ。
聞いてみるとこれが普通なんだそうだよ。主催者側も1割くらいは欠席があるだろうと読んでいるし、学生側も無断で欠席しても何の罪悪感もないようだね。

まあ、こういう学生には来てほしくないので。それはそれでよかったということかも知れないけどね。

社長自らが会社の概要やどういう人に来てほしいかを熱く語ったいい説明会だったよ。
質疑応答では社長は席を外して若手社員が応対するんだ。これはなかなか面白い。
何でこの会社を選んだのですかとか、他にも就活をしましたかなどと、学生側からすると本音の質問も出たりして、そこは社員達も本音で答えていたけどね。

でも、あれだねえ。やはりゆとり教育で育った学生さん達は、何となくおぼつかないというか、本気度が足りないというか、何が何でもというものは感じられなかったねえ。一応聞き置くという感じで、おいおいこれで大丈夫かと、こちらの方が心配になったくらいだよ。

まあ、今日は会社説明会だから聞き置くでいいのかも知れないけどね。
でも、会社側はちゃんと見ているからね。単なる説明会だと思ったら大間違いだよ。


ということで、今日は面白い体験をしたなあ。


人間、長くやっていると段々面白くなるねえ。 明日もきっと面白いことが起こるかも。



ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック