余り苗の植え付け!

苗が余ってどうしようかと思っていたところへ、思いがけずファームの話し。
これは植えないわけにはいかないだろう。
てなことで大急ぎで畝を作ったんだよね。


明日は雨の予報。ならば好都合とばかりに植え付けたんだ。

余っていた苗はキュウリが5本、ナスが6本、リッチーナ(韓国カボチャ)が2本だ。
これまでは余った苗は捨てていたんだけどね。

では早速植え付けよう。 と言ってもまずはキュウリネットを立てないといけないんだ。
ファームには資材も何も置いてないので、急遽ホームセンターに買い出しに。

必要な杭と支柱とネットを買ってきて、寸法を測ったり、杭を打ったり、支柱を立てたり大忙しだ。
まだこのファームには慣れていないので、イマイチ要領が掴めないんだ。予想以上に時間がかかってしまったよ。
次回からはスイスイと行くと思うけどね。




で、出来上がったのがこれ。

画像

もう植え付けが済んだ後だよ。

普段なら一つの動作ごとにカメラを持ち出して撮すんだけどね。今日はなんだかその余裕がなかったねえ。
どうしたのかなあ、時間に追われて急いでいたというのもないことはないけど、それよりもブログの記事が頭に浮かばなかったってことかなあ。


どういうこと?
うーん、説明が難しいかなあ。
あのね、畑で作業するときは、いくつか断片的なブログの記事ネタがあるわけだ。 どれを今日のネタにするかってのは別にして、作業をしながら断片的ではあるけど次々と記事のストーリーができあがっていくんだよね。

だからそのストーリーに合うようにシーンごとに写真を撮っていくんだ。つまりこの話しをするときにはこのショットという具合だねえ。だから時間がかかるんだよ。


それで記事を書く前に写真を整理しながら、どのシーンでどの写真を使うか決めて行くんだね。
そこまで行くと、もう記事は出来上がったようなものだ。後は一気呵成に書き上げる、はずなんだけどそれがまた。
いざ書き始めると、予定しない方向にどんどん進んでいってしまったりするんだよね。

実はその方が面白い記事になったりするんだ。予定どおりすんなり書いたときは案外つまらないんだねえ。


文章というのは面白いもので、書きながら進化していくんだ。 ヒゲおやじも想像もしていない方向に、どんどん行ってしまうことがよくあるんだよ。 これって、考えながら書いているんじゃなくて、何と言うのかなあ文章が天から降りてくるっていうのかなあ。 ヒゲおやじの意識とは関係ないところで、指が勝手に動いているみたいなもんだよ。

わかるかなあ、この感じ。



って、またやってしまったね。 もう何処へ行くのかわからんからねえ。


えーと、どこからこんな話に?  ちょっと巻き戻し。


あ、そうそう。ブログ記事が頭に浮かばなかったということろだね。
そんなことで、途中の写真が撮れてないんだよ。 つまり記事の構成が頭にないから、写真も撮っていないということだねえ。



で、全て終わった後で、あらっ、今日の記事ネタは? てなもんだ。

慌てて取ったのがさっきの写真だよ。



これがキュウリで

画像







これがナスだ。

画像



作業をしていたばあちゃん(地主さんのお母さん、88才)が寄ってきて、「あらー、これはええなあ」 「これに絡ませといたら、後は何もせんでええなあ」 「これはどこに売りよるんぞな」とおっしゃる。

ちなみにばあちゃんは、支柱を立ててそれに絡ませているんだ。 だから誘引してやらないと落ちてしまうんだよね。

「ああ、これはダイキで売りよるよ。これで178円やから、使い捨てでも惜しないけんね」。
「ほうかな、これはええわい」。


このばあちゃん、毎日畑に出て来て作業をしているんだよ。 もう腰も曲がってしまっているけど、元気そのものだ。
今日もエンドウを収穫したり、イチゴを採ったり、ナスに水遣りをしたり、なかなか忙しい。

「もうしんどいけんな、ちょっと動いては一休みよ」と言いながら、結構長時間働いているんだ。


いやー、ヒゲおやじも見習わなくては。 体を動かすのが元気の秘密だね。





さて、昨日の記事で、ちょいと余計なことを書いてしまったために、皆さんには大変ご心配をかけてしまったようだね。
実は後から、しまった書くんじゃなかったと公開してから後悔したような始末で(一応洒落のつもり)。

些細なことを大人げなかったと、本当に反省しているんだ。 わざわざ記事で取り上げるようなことではなかったねえ。さらりと流してしまえば何でもなかったものを。 若気の至りかなあ(笑)。


これまでにも違う意見のコメントは何度かあったんだけど、それは当然のことなのでその意見を尊重してきちんと対応してきたんだよね。
でも今回みたいな人を小馬鹿にしたようなのは初めてだったものでねえ。
ちょいと頭に血が上ってしまったってところかなあ。


いやいや、本当に沢山の人から励ましのコメントやものすごい数の気持ち玉を頂いて、本当に感謝感激。
ありがとうございました。

こんなことでめげるようなヒゲおやじではありませんので、これからも今のスタイルを続けて行きますので、今後とも宜しくお願いいたします。


いや、ホントにマジでビックリしたよ。 ヒゲおやじの知らない読者の方から沢山コメントを頂いて。
こんなに沢山の人が読んでいたくれたんだなあってね。 本当にありがとうございます。



ヒゲおやじは元気です。 まだまだやりますよ。 安心してください。




さて、口直しにこんな写真を。

画像







画像

ピラカンサが、今満開なんだ。

独特の臭いで、カミさんは臭い臭いとうるさいけどね。





ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ














この記事へのコメント

ヒカル
2012年05月14日 10:53
一昨日のブログを拝見して、私も色々考えましたが、ヒゲおやじさんの沢山のフアンの方々が、同じ考えのコメントを投稿してくださり、私の書くことがなくなりました。(笑)
これからも今のスタイルを続けてくださるとの事で安心いたしました。
ブログの毎日の更新本当に大変だと思いますが、これからも宜しくお願いいたします。
タケシ
2012年05月14日 22:39
はじめまして。
先日トマトの苗を買ってきてベランダでプランター栽培をしようと思っていて、いろいろ調べて読ませていただきました。
ヒゲおやじさんはトマトを二本立てでそだてていると書いてあったのですが、大玉トマトでもできるのでしょうか?
ぜいたくトマトとピュアスイートと言う品種なんです。
初心者だから一本立てのがいいのかなと思いながら、せっかくだから少し多くできればなんて欲も出てしまっています。

それと、野菜用の培養度を買ってきて、少しカルシウム入りの肥料を混ぜたのですが、これだと養分が多すぎるのでしょうか・・・
使おうと思っているのは、実がなるまではペンタガーデンって言う液肥を使おうと思っています。

何かアドバイスがあれば教えてください!
ヒゲおやじ
2012年05月14日 22:48
ヒカルさん、ありがとうございます。
いやいや、何も変わりませんよ。大丈夫です。
ご心配、ありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2012年05月14日 22:53
タケシさん、初めまして。ありがとうございます。
大玉の場合は1本仕立てが基本です。2本に出来るのは中玉かミニトマトです。大玉は沢山実を付けさせると失敗します。プランターの場合だと、一枝に1個か2個が適当でしょう。
いえ、プランターの場合は土が少ないので大丈夫です。様子を見ながら追肥をしてください。液肥が使いやすくていいと思いますよ。ただし分量や間隔はきちんと守ってくださいね。
2012年05月14日 23:15
今晩は。相変わらず忙しいですね。
というか仕事量が増えて、行動活動範囲も広がって--八面六臂の活躍。
でも、楽しんでやってるのが伝わってきます。
暖かいって、いいですねぇ。
タケシ
2012年05月14日 23:46
アドバイスありがとうございます。
40Lのプランターに二株です。
コンパニオンプラントでバジルも少し植えようかと思っています。
苗に第一花房がまだ付いていないので、花に着果してから根切りしてプランターに移そうかと思っていますが、すぐに移してしまったほうがいいのでしょうか?

あと、トマトトーンと言う農薬を使えば着果しやすいし実が大きくなると聞いたのですが・・・
やっぱり自然に受粉したり、最初の方は自分で花をつついてあげて受粉したほうがいいのかななんて思っています。

ペンタガーデンも野菜用が売っていたのですが、カルシウム入りのエードボールを買ってきたので、週に一回くらい様子を見ながら花用のペンタガーデンを使いながらエードボールを使おうかなと思っています。

ピュアスイートはミニのフルーツトマトにできる株みたいなので、二本立てにしまみますね!
初めてですが愛情注いでみます!
エヌエス
2012年05月15日 07:18
ヒゲおやじさん、はじめまして。
昨年春からブログを拝見させて頂いてますエヌエスと申します。
毎朝ブログを見るのが楽しみです。
私は長野県の北部在住で若干気候は違いますが参考にさせて頂き
家庭菜園1年目にしては上出来だったと思います。
昨年は植付方法は全てヒゲおやじさんのを方法を真似させて
頂きましたが、今年は比較してみようと思いキュウリとナスを
半分はヒゲおやじさん流、残りはポットから出したまま植えて
みました。
日曜の朝、冷え込みが厳しく(長野市で2.4℃)霜の被害を受けました。
行燈仕立てにしてありましたが上が開いたままではダメでした・・・
トマト、ナスは無事でしたがキュウリは被害が大きく枯れそうです。
しかし、ヒゲおやじさん流で植えたキュウリは何の被害もありません。
同じく買った苗ですし、同時に植えたものですので違うのは植付方法
だけです。理由はよく分かりませんが、こんな結果が出て少し感動し
てしまいました。嬉しくて初コメントさせて頂いた次第でございます。
長くなりましたが毎日楽しみにさせて頂いておりますので、
これからも今までのスタイルでお願いいたします。応援しています!
ヒゲおやじ
2012年05月15日 14:39
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
はい、忙しいのはいいのですけど、他のことがなにもできなくて(笑)。
でも楽しいのは間違いないですから、これでいいのでしょうね。
2012年05月15日 21:20
ヒゲおやじさん、久し振りにコメントさせて頂いています。
あまりに久し振りだったので、気持ち玉に枠がつきません。
残念です。
ピラカンサ=ラテン
     バラ科トキワサンザシ属の植物の総称
     日本ではタチバナモドキ・トキワサンザシ
     ヒマラヤトキワサンザシが庭木などに
     植えられ、橙黄色や紅色の丸い実が密生してつく
と、書かれていました。
これは、お雛様の飾りの右近の桜、左近の橘この橘だとミカン科で枝にとげをもち、葉は小さく6月ごろ、
白い5弁花を開く、実は小さく食用にはならない。
さてこの花の香りは、バラの香りそれとも柑橘系の香りなのでしょうか???
ミルキーはどちらの香りも大好きですが、
やっぱり柑橘系が1番好きです。
ヒゲおやじ
2012年05月15日 22:52
タケシさん、ありがとうございます。
トマトは第一花を確認してから植え付けるのが原則ですが、水洗い根切りをする場合は、あまり大苗は好ましくありません。花が咲いていても苗が小さければ大丈夫です。
随分色々使っているのですね。ヒゲおやじはどれも使ったことはありません。トマトトーンは着果を促進するホルモン剤ですね。農家では使っているようです。ただし使い方を誤ると薬害もありますので注意してください。ペンタガーデンは葉緑素系の液肥ですね。エードボールはカルシウム系の元肥です。美味しいトマトを作るには肥料は極力抑えるのが原則ですので、使いすぎには注意をしてください。木ばかり大きくなって実が生らないなんてことも起こり得ますからね。
ヒゲおやじ
2012年05月15日 23:00
エヌエスさん、初めまして。ありがとうございます。
長野県ですか。いいところですね。ヒゲおやじは善光寺くらいしか行ったことがないので憧れの地です。安曇野を歩いてみたいと思っているのですが、なかなか機会がありません。
そうですか、行灯でダメでしたか。よほど冷えこんだのですねえ。
行灯はこちらでも霜除けに使うので、上が開いていても大丈夫なんですけどね。やはり気候の差でしょうか。
応援ありがとうございます。今後とも宜しくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2012年05月15日 23:15
ミルキーさん、ありがとうございます。
そうですね。タチバナモドキとトキワサンザシを総称して、一般的にはピラカンサと言うのだそうですね。バラ科とミカン科ですか。柑橘系の臭いは強烈ですからねえ。周りの山はミカン畑が多いので、ものすごい臭いですよ。カミさんはこの臭いに弱いのです。ヒゲおやじは何ともないですけどね。薔薇は優しい臭いですね。どちらも好みでしょうね。
ヒゲおやじはどちらかというと強烈な臭いが好きかも(笑)。
タケシ
2012年05月16日 07:08
ありがとうございます。
苗はまだ小さいと思います。
あまり大きくないほうがいいとの事なので、つぼみが出てきたらチャレンジしてみようと思います。
エードボールはカルシウムが不足しそうになったら使おうと思っているのと、ペンタガーデンはベランダ栽培なので1~2週に一度くらい使ってみようかななんて思っています。
ホームセンターに15Lのトマト用の土が売っていたので、ミニトマトを栽培してみようかななんても思っています。
ヒゲおやじ
2012年05月16日 22:47
タケシさん、ありがとうございます。
小さい苗なら大丈夫です。大苗になるとさすがに根洗根切りは難しいです。できますけど慣れてないと難しいですね。
色々試してみるのは良いことです。頑張ってください。

この記事へのトラックバック