ネギの植え付け!

ネギはいわゆる細ネギという種類だ。 要するに葉を食べるネギのことだよ。
今回はファームの方に植え付けるので、今までとはちょっと変わった植え付け方になるかなあ。


今年は畑の方の畝繰りがなかなか上手く行かなくて、ネギをどうしようと思っていたんだけどね。
ひょんなことから畝が手に入ったので、ならばここにら植え付けて見ようてなことだ。


まずは畝に植え付けようの溝を掘ろう。

と思ったんだけど、これがなかなか思うようにいかないんだ。
だってカラカラのカスカスでザラザラだからね。 掘っても直ぐに崩れて来るんだ。まるで砂漠だよ。


取り敢えずは深さ20センチほどの溝を掘って。

画像

そこにぼかし肥料と有機系の化成肥料をパラパラ。







それから半分ほど溝を埋めてやるんだ。

画像

ここまではいつものやり方と同じだからね。半分ほど埋めるのは、根が直接肥料に当たらないためだよ。

で、普通はこれだけ乾いていたら先に水を投入するところなんだけど。 それが、うーん、難しいところだねえ。

ここまで色々植え付けてきてみてわかったんだけど、これは純粋の田んぼの土だねえ。
ものすごく粘り気の強い土なんだ。それでいて乾くとまるで石のように固くなるし、砕くと砂漠の土のようになるんだ。

だから水をやった途端に粘土の特性を取り戻すんだねえ。 
色々植え付けてみたんだけど、いつものように植穴に水を入れてから植え付けると、粘った土が根にピッタリ絡みついて、これでは根が呼吸できそうもないんだなあ。
根は人間の肺と同じように酸素を取り入れて呼吸しているからね。 水を含んだ粘土がピタッと密着すると、根も呼吸できなくなってしまうんだねえ。
このやり方ではどうも植え付け後の成長が思わしくないんだ。


で、色々やってみた結果、先に水を入れずにそのまま植え付けて、後から水をやる方が活き着きやすいことがわかったんだ。 その方が根の周りに隙間ができやすいってことだね。 つまり隙間があるってことは空気があるってことで、空気があれば酸素もあるから呼吸が出来るってことだなあ。



だから今回も先に水で湿すことはやめて、パサパサの土にそのまま植え付けることにしたんだ。








これが今回使う苗だよ。

画像

いつもの種苗店で買ってきたんだけど、ただ「ネギ」としか書いてないんだ。

まあ、ここらで「ネギ」と言えば葉ネギのことだからね。


毎年種を蒔いて苗を作るんだけど、今年は去年の余りネギを苗として植え付けてみたので、葉ネギは種を蒔いていないんだ。でもこれだけではやはり心配なので、少しだけ苗を買って植え付けることにしたんだよ。


でも、何かあまりいい苗ではないなあ。 もうちょっと芯が太くて寸が詰まっている方がいいんだけど。
まあ、こんなポットで育てているんだから仕方ないかもね。







このままでは植え付けられないので、苗をばらすことに。

ポットから抜いて、苗をバラバラにするんだよ。

画像

ネギの苗は、根がぐちゃぐちゃに絡まっているので、そうそうすんなりとはばらけてくれないんだなあ。

そこはある程度強引に、引き剥がすしかないねえ。
でもネギは強いので、少々乱暴に扱っても大丈夫だよ。







では、植え付けよう。

でも、その前に。
株間はいくらにしようか。 細ネギだから20センチでいいか。

となると、ばらしたネギをその間隔で並べて置くと作業が楽だよ。

画像

こうすると苗が余ったの足りないのって騒ぐ必要はないからね。

ネギの本数は?

あ、そうそう。肝心なことを。 えーと、普通は3本から5本位をまとめて植え付けるといいねえ。
特に細いネギをご所望の人は、10本位をまとめて植え付けると比較的細いネギができるよ。

ヒゲおやじは細ネギと言えども、ある程度の太さにしたいので3本くらいで植え付けるんだよ。 







後は並べた苗を順番に植え付けていけばいいだけだ。

画像

指で適当に穴を開けて、ネギを差し込んで土をかければお終いだ。

なっ、簡単だろう。







ここで始めて水をやるんだよ。

画像

しっかり土の中まで水が染み込むように、一度に沢山でなくて、少しずつ何度もやるのがコツだよ。

こういう粘り気の強い土は一度に沢山水をやると表面に幕を張ったようになって、なかなか染み込まないので、少しずつ何回もやると中までしっかり染み込むんだ。これもこの畑をやって経験したことだねえ。



いやー、このファームの土ってのは、今までの畑とはまるきり違うので、また新しい経験というか勉強だねえ。
この土に合う作り方ってのを考え直さないといけないなあ。

今までブログで発信してきたことと違うことになる可能性も大いに有りだねえ。
ヒゲおやじの真似をしたけどダメだったっていう人。もしかしたら土の違いかもね。

ならばこの土に合う作り方を研究しようではないか。
それとこの土を普通の畑の土に改良しようではないかということだねえ。

この両方がこれからの課題だなあ。 うーん、また新しい挑戦が始まるんだ。
いやいや、面白いねえ。



面白いのはいいけど、あと何年かかるんだ?

うーん、わからん。 少なくとも2年や3年では無理そうだね。 まあ早くても5年かなあ。

そんなにヒゲおやじ生きているんか?
そんなことはわからんよ。 でもこのノウハウはこの記事を読んでくれている皆さんにも引き継がれるからね。
そのためにこのブログは延々と退屈な記事を書き続けているんだから。 少しは受け取ってもらわないと。

それに社長が農業を始めたので、多少は心強いかもね。 でも社長は頼りないからなあ。社員に引き継ぐ方がよさそうな気もしないではないなあ。


ファームの方も逐一記事にしていくので、こういう田んぼの後のガラガラの土で野菜を作るには、なんてことも参考にしてもらえれば嬉しいねえ。




今日は午前中は仕事で、午後からファームに行ったので畑には寄らずだ。 明日は畑に直行だ。
ソラマメの後の掃除もしないといけないし、その後の畝作りもしないといけないからね。

明日はまた忙しいぞ。



ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ
















この記事へのコメント

MM
2012年05月22日 23:26
お疲れ様でした!土によって違うんですね家庭菜園奥が深いですね。籾殻燻炭ようやくゲットできました。さらに畑にミミズが現れ始めましたまだ一匹ですが!質問ですが畑の土を増やすにはどんな土がいいのでしょうか?
ヒゲおやじ
2012年05月22日 23:40
MMさん、ありがとうございます。
えーと、それは土を持ってきて入れるということですか?
それは難しいですね。また新たに土作りということになります。
本格的にやるなら今の土をある程度除去して、その後に新しい土を入れることになります。でも借り地でそこまでするのは難しいでしょう。
今の土の状態がわからないので何とも言えないのですが、まさ土を入れてよく撹拌するというのはいい方法だと思います。それ以外ですとバークとかピートモスなんかも土壌改良材として使いますけど、現状がわからないと何ともです。
2012年05月23日 00:31
そちらでネギと言うと葉ねぎなんですね。こちらではネギと言うと長ネギ(一本太ネギ)がほとんでしょうか。
私どもがやってる畑は分散してて、全く土が違うのです。
>ならばこの土に合う作り方を研究しようではないか・・そうですね。
昨年植えたネギは失敗の部類でした。ほとんど砂地の畑でネギ苗はうまく出来たのに、夏に植え替えて収穫の時根が腐った?or虫に食われた?ネギがでて1/3くらい消えてしまいました。今年もうまい具合にネギの芽が出揃いましたが、植え替える時のやり方、研究しとかなくちゃ。
ちなみに玉葱は同じ砂地の畑で順調に育っています。
里ばあ
2012年05月23日 00:41
いつも質問ばかりで申し訳ありません。
葉ネギの苗を頂いたのですが、
適当に分けて、適当に植えてしまいました。
ひと月くらいになります。
新しい葉が少しとネギ坊主が出てきて、坊主は取っていました。
今から小分けしても駄目でしょうね。

普通の葱も4月に植えました。
昨年気がつくのが遅くて、葉っぱの中に大きな虫が
住んでいたので、今年は、銀色の防虫テープでも
張ってみようかと思っているのですが、
効果は有るのでしょうか。薬は使いたくないのと、
大きな虫は、出来るだけ御目にかかりたくないです。
小さいのは平気なんですけどね。


りき
2012年05月23日 10:18
こんにちは
ネギの質問なんですが
植え替えしたネギを 収穫する時に 包丁でカットするのですが
カットした先から ネギがまっすぐに伸びずにグニャグニャに伸びてきてしまいました
水とか 肥料が足りなかったのでしょうかね?

それとも収穫する時 引き抜いた方が良いのでしょうか
悩みながら食してます
輝音ママ
2012年05月23日 11:07
初めまして。拝見してとても勉強になりました。今年4月末から小さい畑を借りてミニ菜園を始めました。初めてだったので隣の畑を見よう見まねで畝などを作り苗や種を植えたのですが知識がない私は肥料などやらず畑の力で育つものと思いそのまま植えてしまいました。だから微々たる成長しかしないんですね…今からする事はいっぱいありそうです。害虫対策、肥料入れ、わき芽取り、親芽つぶし?多々…これからひげじー様のを参考に*初めて菜園*を頑張りたいと思います(^-^)
2012年05月23日 21:31
いつもながら見事ですね。
とっても楽しそうですね。
ヒゲおやじ
2012年05月23日 22:59
けっこさん、ありがとうございます。
本当に土が違うと作り方がまるで違ってしまいますね。
長ネギが腐りましたか。普通は水のやりすぎとか、水に浸かっていたというのが主な原因なのですけどね。砂地で腐りますかねえ。砂地でも水気が多いと腐るかも知れませんね。タマネギは地上にできますから腐らないでしょう(笑)。
ヒゲおやじ
2012年05月23日 23:05
里ばあさん、ありがとうございます。
いや、大丈夫ですよ。小分けして植え直してください。根が長く伸びているようでしたら、植えやすいように適当に切って植えてください。
上の葉を半分くらい切ってやると活き着きやすいですよ。
テープはどうでしょうねえ。蛾とか蝶には効果があるかもしれませんけど、本来はアブラムシ対策に使う事が多いようです。
見付けたら葉も一緒に切り取って捨ててしまえばいいですよ。直ぐにまた生えてきますからね。
ヒゲおやじ
2012年05月23日 23:09
りきさん、ありがとうございます。
葉だけをカットして収穫する方法もあります。ヒゲおやじは下の白いところも食べますので全部引き抜きます。
ネギが曲がるのは多分病気です。切り口から何かの菌が入ったのでしょうね。そのネギはもう復活しませんので、抜いて処分してください。
ヒゲおやじ
2012年05月23日 23:12
輝音ママさん、初めまして。ありがとうございます。
そうですか、初めての挑戦ですか。それは楽しみですね。
小さくても収穫の喜びはまた格別です。あまりあれもこれもと頑張らずに、少しずつゆっくり長く楽しみながらやってください。
ヒゲおやじ
2012年05月23日 23:13
ああじゃんさん、ありがとうございます。
はい、楽しんでいますよ。ますます元気です。
里ばあ
2012年05月24日 21:02
有難うございます。
今娘が本を借りてきてくれたので、調べていましたが、あの大きな虫はのっていませんでした。
小さいうちに見つけて処分します。
大根の双葉に穴が沢山あいていたので、調べてみたら、連作障害による虫の発生らしいので、ショックを受けています。
畝の方向を変えたので、少しは重なるかもと思っていたのですが、
あきらめて、他の所に、蒔きなおします。
農業ってホントにむずかしいですね。



ヒゲおやじ
2012年05月25日 10:15
里ばあさん、ありがとうございます。
ネギの先の方が食べられていたら、中にいることが多いですよ。
双葉が食べられましたか。チッソ系の肥料(堆肥など)が多すぎると虫が発生しやすくなるようですよ。その辺りのバランスが非常に難しいです。
なのでヒゲおやじは常に肥料は不足気味で育てています。
里ばあ
2012年05月26日 21:12
有難うございます。
めげずに頑張ります。
はりきりまま
2014年05月21日 06:44
勉強になります
てか、楽しいです(笑)
これからも、体に気をつけて
更新お願いしますね(^ω^)
ヒゲおやじ
2014年05月21日 23:28
はりきりママさん、ありがとうございます。
あ、そうですか。楽しんで頂けるのが一番嬉しいのですよ。
技術なんてものは、やってればそのうちみんな上手になりますからね。
このブログを読んで、アハハと笑ってもらうのが一番嬉しいですね。

この記事へのトラックバック