トマトの誘引、カボチャ受粉、草取りなどなど!

今日は晴天。気温も高くて絶好の畑日和。
となると色々やらなくては。


まずは朝飯前のカボチャの受粉。

今日も新しい花が咲いていたよ。

画像



で、いつものように受粉してしばらくすると、ブーン。

おっ、ハチが来た。






覗いてみると、いるいる。

画像

雌しべの上についている粉のようなものは、ヒゲおやじが付けた花粉だよ。


ハチはこうやって蜜を吸うんだねえ。
もう必死だからヒゲおやじがいくら写真を撮ってもお構いなしだ。
それにしても今年はミツバチがいないねえ。もっと沢山いてくれると、ヒゲおやじが出動しなくてもいいのだけどね。







カボチャもそろそろ天空に到達しそうになってきたよ。

画像

これで全部天空を覆ってくれると、作業の一休みの日陰ができるんだけどね。







次の色々はトマトだ。

ほら、2本仕立ての1本が支柱まで到達したよ。

画像

ここまで来ると今度は支柱に誘引するんだ。

誘引の仕方も1本仕立てと同じように、紐で支柱に固定していけばいいんだよ。






こんな具合だねえ。

画像

ここまで来ると、これまで引っ張っていた紐は必要ないんだけど、まだ少し不安定なのでもうちょっと置いておこうかなあ。







あらっ、やられているねえ。

画像

ほら、黄色の矢印が芯芽だよ。

黄色で囲んだところ、葉が一枚もないだろう。
これはヨトウムシかなあ。 犯人はわからんけど、やられてしまったねえ。

まあ、こんなことはよくある話で、特別ビックリするようなことではないけどね。


さて、こんな場合は、もう黄色の芯芽には期待できないので、赤の脇芽を代わりに芯芽として使うんだよ。
ここで切り替えということだね。 だから先頭の芯芽の直ぐ横に付く脇芽は、少しの間温存するというのもテクニックの一つではあるねえ。

何でもかでも脇芽は取ってしまえばよいということでもないんだよ。

で、脇芽が大きくなった場合は、切り取って挿し芽にするといいんだ。 水さえやっておけば簡単につくからね。
親木が終わる頃に二番手として収穫が出来ることになるんだ。

これを繰り返していくと、上手くすれば12月くらいまで収穫できたりするからね。


ヒゲおやじ? いやー、それはやらないんだ。 だって、いつまで経っても畝が空かないことになるし、別の畝に挿すと連作障害の関係で遣り繰りができなくなってしまうからね。
畝に余裕のある人は是非やってみるといいねえ。






さて、色々のお次は草取りだ。

先日の一雨で草が一気に生えだしたねえ。
今のうちに退治しないと、また大変なことになってしまうからね。


今日はこの辺りを取り敢えずやっつけようか。

画像

ここはナスとトマトのゾーンだね。

ナスはそろそろ誘引の支柱を立てようかと思っているところだ。
だからその前に草を取っておきたいんだよね。






これは真ん中の通路をやっつけたところ。

画像

これで大体30分くらいかなあ。

以前は1本1本手で抜いていたので随分時間がかかったけどね。
今は馬鍬とキツネ鍬を使って、ガリガリとやるのでそこら辺りはかなり時間短縮になっているねえ。






さあ、今日の予定のところは出来上がりだ。

画像

綺麗になっただろう。

でも次々と待ち構えているので、もう待ったなしの作業だよ。
これからは大変だねえ。



この後社長ファームに様子を見に行くので、畑の作業はこれでお終い。
ヒゲおやじも忙しいんだ。


明日もカボチャの朝飯前をやらないといけないからね。
ヒゲおやじのカボチャにまだ雄花が咲かないんだ。だから仕方ないんだねえ。
これで雄花が沢山咲き出して天気が良ければ、もう昆虫さんにお任せしてもよいのだけどね。
早くそうなってほしいよ。


今日は天気が良くて気温も高くて、本当に気持ちが良かったよ。 これぞ初夏ってやつかなあ。
明日も天気はよさそうだから、サツマイモ用の畝をやっつけるかなあ。


ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ













この記事へのコメント

優香
2012年05月28日 08:03
天空のカボチャはいい木陰にもなるんですね
少し幅もあるから中でお弁当なんかも食べられそう
気持ちいいでしょうね
まさに一石二鳥?いや三鳥?
いつもながらおみそれします
輝音ママ
2012年05月28日 08:21
おはようございます。毎日忙しそうですね。手をかけているだけ野菜達が成長していると嬉しい気持ちが分かってきた頃なんですが…草むしりを2時間ほど2日しただけで熱中症のようになり3日ほどダウンしてしまいました…ひげじー様は元気そうなのですごいですね~野菜作りて大変なんですね(^_^;)
後トマトは挿芽ができるんですね。早速近いうちにしてみようと思いました。勉強になりました。ありがとうございます♪
ヒゲおやじ
2012年05月28日 22:30
優香さん、ありがとうございます。
はい、それが目的でもあるのですよ。これからの暑い夏場は日陰がほしいですからね。この下でちょっと一休みです。これでビールがあれば最高ですけどね(笑)。
ヒゲおやじ
2012年05月28日 22:34
輝音ママさん、ありがとうございます。
日中の仕事は熱中症になりやすいですから気をつけてください。
ヒゲおやじは慣れていますし、水分も補給していますから大丈夫ですよ。
それに暑いの大好きですからね。
トマトは挿し芽が簡単にできます。沢山苗を買わなくても、こうやって増やしている人もいますよ。
ヒデヨシ
2012年05月29日 11:47
はじめまして。
いつも勉強させてもらってるんですが
勇気を出して質問を・・・
私も小さな畑でかぼちゃを育てているんですが雄花しか咲きません。
ウリハ虫に葉を食べられ慌てて袋で守っていますがまだ30㎝ぐらいです。
けれど、雄花の蕾がたくさん出来ていて。
この蕾は摘み取った方がいいですか?かぼちゃは、坊ちゃんとえびすです。
忙しいでしょうが、お願いします。
磯武者
2012年05月30日 00:06
再度お晩で~す。お~っ!オヤジさんのカボチャ、龍の如く登ってますねぇ。
今朝の拙者の栗坊共は、まだ地べたをはってました(誘引せずに放ったらかしだった為)。カボチャの手入れをしていて気がついたのですが、一番果にしたい雌花は10節以降ですけど、どうも拙者の栗坊共やその他のカボチャ共は、9節目に雌花ってのが多かったです。はじめはお決まり通り摘取してたんですけど後半十数株は残してみました。結果は後日報告いたします。それと、
受粉が成功した後、追肥しますよね、去年入手した情報なんですが、実を甘くしたいとき、元肥または追肥時、砂糖を肥料に混ぜるか、砂糖のみを土に埋めると良いそうですよ。拙者は元肥に入れました。地中で微生物により、分解され、糖がアミノ酸になり植物が吸収するとその実は甘くなるそうです。
トマトや、メロン、スイカでも効果があるそうです。また長くなりスンマセン。
ヒゲおやじ
2012年05月30日 21:16
ヒデヨシさん、初めまして。ありがとうございます。
まだ小さいのでこんなものだと思います。蔓が伸びても雄花しかつかない場合は、肥料のやり過ぎか低温が考えられます。
雄花は根元近くに沢山つきますが、役には立たないので取ってしまってもいいですよ。もう少し様子を見てはどうですか。
ヒゲおやじ
2012年05月30日 21:21
磯武者さん、ありがとうございます。
10節というのは一つの目安であって、9節なら悪くて10節なら良いということではありません。10節前後と理解するのがいいでしょうね。
キュウリも7節までとか言いますけど、6節はダメかというのと同じです。そこらはあまり厳密に考えない方がいいですよ。
砂糖ですか。うーん、その情報は知りません。結果をまた教えてください。
ヒデヨシ
2012年05月31日 21:53
ありがとうございます!
そうですか。九州だし、土も良くはないのですが、
去年失敗したのもあって、焦りすぎたかもしれません。
ゆっくり様子を見ることにします。
これからも、ブログを参考にさせてください!
ヒゲおやじ
2012年06月02日 23:08
ヒデヨシさん、ありがとうございます。
どうしても結果を急ぎたくなる気持ちはよくわかります。でも野菜作りは根気ですからね。待つというのも技術のうちですよ(笑)。
ゆっくりやりましょう。
まめ子
2012年06月22日 06:52
いつも楽しく読ませていただいていますが、投稿は初めてです。いつも思うのは農作業中、写真を撮ったりまた土をさわったり、よごれた手はどうしているんだろう?近くに井戸でも掘ってあるのだろうか?と余計なことを考えます。例えば今日の草取りの記事。この場所の草をやっつけて写真を撮って、また次の場所をやっつけて写す…余程「まめ」な方なんだろうと想像します。そう書いている私のあだ名は「まめ子ちゃん」。コマネズミのようによく動く私もびっくりです。これからも楽しく有意義な記事をおねがいしま~す。
ヒゲおやじ
2012年06月22日 12:41
まめ子さん、初めまして。ありがとうございます。
はい、そのとおりで、悩みの種でもあります。
作業中はいつも手袋をしています。写真を撮るときは手袋を外して撮ります。だから大変なのですよ。特に手が汚れる植え付け作業なんかでは、手袋を頻繁にはめたり外したりで。普通にやれば1,2分で終わる作業が10分もかかったりします。でも、こうやって細かく写真を撮らないと、文章で書いただけではわからないのですよね。そんなことで、ヒゲおやじのブログはわかりやすいと、大勢の人が見に来てくれるのでしょうね。
あ、それで「まめ子」さんですか。納得(笑)。

この記事へのトラックバック