追肥の効果的なやり方! これも工夫次第だよ。

追肥って、根元30センチにばらまけって書いてあるよね。それって本当かなあ。
と言うか、それで効果的な追肥になっているのかなあ。


というわけで、今日は追肥のやり方実習編だ。

ヒゲおやじはいつもこのやり方でやっているんだけど、タイミングもあって何でもかでもというわけではないんだよ。

では取り敢えずやってみよう。今日はキュウリとカボチャとナスだ。



まずは敷き藁を取り除くんだ。

画像

ははあ、やはり根元30センチだな?


いやいや、これは追肥のついでに根元、つまり藁の下の草を取り除いてやろうという算段だ。
表面のカチカチになった土を中耕する意味もあるんだよ。






綺麗になったら藁を戻して、畝の両脇に溝を掘るんだ。

画像

深さは適当。

そんなに深くなくてもいいけど、あまり浅くてもいけないねえ。
何センチ? うーん、そんな細かいこと考えながらやっているわけじゃないのでねえ。
まあ、強いて言えば5センチくらいかなあ。







溝を掘ったら、そこに化成肥料をパラパラ。

画像

ヒゲおやじは有機肥料入りの化成肥料を使っているけどね。

野菜用の肥料なら何でもいいよ。



量? あー、これも適量だねえ。 直ぐに何グラムかって聞く人がいるけど、それは袋に書いてあるとおりだ。
少ないのは差し支えないけど、多すぎるのは禁物だよ。 肥料は少な目を旨とすべしだ。
特に実物野菜は、少量を切れ目無くというのがコツだからね。
キュウリなんか一気に大量に肥料を投入すると、苦くなってしまうよ。


それはわかったけど、何で畝の両側なんだ?
うーん、そこなんだよね。
指導本には必ず、身元から30センチのところへって書いてあるだろう。
それで間違いとは言わないけど、少なくともそれで効果的かなあ。

一番効果的な肥料のやり方は、根の先端より少し先に投入することだよね。
根元から30センチに根の先端があるのかなあ。 それは小さい苗の間ならそれでも有効だけど、追肥をする時期になると根はもっと伸びているはずなんだよね。


例えばこのキュウリ、もう既に畝の下まで降りてきているんだ。
今日も何本も根を切ってしまったよ。 切ったらまた生えてくるので心配は要らないんだけど、あまり大量に切ると不味いよね。一時的に水分や養分の吸収が出来なくなってしまうからね。

そういう意味では、今日の追肥はタイミングが遅れたということだね。
これなら通路の真ん中に少し深めの溝を掘って投入するのが正解だったかも知れないね。


でもまだ根が全部到達しているわけではないので大丈夫だろう。






で、それを埋め戻せばお終いだよ。

画像

なっ、簡単だろう。








この後は当然灌水だ。

画像

肥料をやったところだけでなくて、畝全体が十分に潤うように灌水するんだよ。

この作業の中で一番しんどいのが水遣りだね。
ホースでジャーってなわけにはいかないからねえ。

バケツで水を組んできて如雨露でやるんだけど、それでは知れているんだよね。
だから土の湿り具合を見ながら、何度も何度もやらないといけないんだ。

もうそれでくたびれてしまうよ。






では、ナスの方はどうやるかというと。

基本的には全く同じだよ。

画像

まず藁を除けて。

あ、これはもういいね。








同じように畝の両側に溝を掘って。

画像

そこに肥料を投入するんだ。

ここは一緒なんだけど、ナスの根の先端って、どこにあるか知っているかな?
蔓物はわかりにくいんだけど、こういう木物は簡単にわかるんだよ。

植木や草花をいじった経験のある人なら直ぐに答えられると思うけどね。

そう、葉の先端の下辺りにあるんだ。
だから植木でも肥料をやるときは枝先から少し外側に溝を掘ってやるんだよ。

ナスも同じなんだ。
このナスの場合はまだ木が小さいので、畝の上に肥料を入れても良かったんだよ。
でも何れここまで伸びてくるからね。これが呼び水になるだろう。

ということで、藁を戻す前に株と株の間に少しだけ肥料を入れておいたんだ。







あとは埋め戻して水をやればお終いだね。

画像

ナスは水を欲しがる野菜なので、あまり乾燥させない方がよいのだけど、灌水が面倒という人はマルチがけにしてやるといいねえ。

マルチをかけると水分の蒸発が押さえられるので、意識して灌水するということはまず必要なくなるんだ。
でもね、逆にこのような追肥をするのは面倒になるよ。いちいマルチをはぐらないといけないからねえ。
それで面倒だってんで最初に思い切り肥料を投入してしまうんだなあ。それが間違いの元だけどね。

そういうのもあって、ヒゲおやじはマルチはほとんど使わないんだよ。
まあ、これは好き嫌いの問題であって、良い悪いの話しじゃないからね。







さて、今日はその他にキュウリネットの撤収をしたんだ。

画像

左側は昨日二番手のキュウリを蒔いたので、そのままにするんだけど、右側はもう使う予定がないので撤収だ。







ここまでは極めて簡単に捗ったんだけどね。

画像

というのが、以前に話したと思うけど、ヒゲおやじはこういう構造物を作る時には結び方を統一しているんだ。

だから解体の時にも、決まった方向に紐を引っ張れば簡単に解けるんだよね。


ネットを外して斜めの補助支柱を外して、横に渡した支柱を取り除くまで、大体10分あまり15分とはかかっていないねえ。



ところがここからが参ってしまったなあ。
支柱が抜けないんだ。 と言っても一切打ち込んでいないんだよ。 手で挿しただけなんだけどなあ。
つまり畝の高さ以上には深く入ってないということなんだ。

それが抜けないんだよね。膝を曲げて膝を伸ばすようにして抜こうとするんだけどビクともしない。

参ったなあ。仕方がない、鍬で掘り起こそう。 それがまたなかなかなんだ。


何でそんなことにと思うだろう。 これが支柱の特性なんだねえ。


ほら、これを見てごらん。

画像

抜けなかったのは右側の白っぽい支柱だよ。 左側は簡単に抜けたんだ。

何故かわかるかな?
そう、先端のキャップの形状の差なんだよね。

右側の支柱はキャップをはめ込んであるので、その厚みの分だけ太くなっているよね。
これが固くなった土に引っ掛かって抜けないんだ。

そらそうだよね、これを挿したのは去年の11月かなあ。もう半年以上も経っているからね。土はガッチリ固まっているんだ。少々揺すったくらいでは抜けないよ。


この支柱も古いからなあ。今はもう売っていないよ、こんなの。だってヒゲおやじが畑を始めた頃のものだからね。
だからもう傷んでボロボロなんだ。




今日もこれを抜こうとする旅にポキポキ折れてこの始末だ。

画像

これはもう廃棄処分だ。


左側の青い支柱は、イボ竹といって今はこのタイプだけになってしまったねえ。
これはキャップの太さの差がないので、簡単に抜けるんだよ。






いやー、結局全部耕したようなもんだねえ。

画像

もう腰が痛いのなんの。

一晩寝たら治るけどね。






それからサツマイモを植えたよ。

画像

ヒゲおやじの畑にも、ようやくサツマイモの登場だ。

植えたのは紅あずまという種類の芋だよ。 なかなか美味しい芋だ。 1本23円也。


先日植えたのはファームの方だからね。 植え方はその時にやったので、それはもう省略だ。








で、最新の畑。

画像

随分様子が変わってきただろう。

この畑も間もなく夏模様だ。




今日も晴れだったんだけど、何か雲が多くてスッキリしない晴れだったね。
その分暑さはそれほどでもなかったけどね。

何だかそろそろ梅雨が近づいているような気配だね。 でも降らない。
一雨ほしいところなんだけどね。 それが降り出したらまた止まらないんだよ、多分。
今年はそんな天気が多いからね。



今日から6月だね。 それで6月1日は気象記念日、電波の日、写真の日だって。 何だかようわからんねえ。

明日は横浜開港記念日だそうだ。 また賑やかなんだろうねえ。 ころさんも大忙しかな?



では、今日はこれでお終いにしよう。



ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ













この記事へのコメント

pipita
2012年06月02日 17:17
ヒゲおやじさん元気ですか?
追肥のやり方、勉強になりました
今までは根元から10㎝以内にあげてました私のキュウリは、
ヒゲおやじさんのよりそうとう貧弱なので、根もそんなに張ってないと思いますが、それにしても近すぎました。次からは、もっと遠くに与えようと思います!
ちがりつ
2012年06月02日 18:46
こんにちわ

新しい畑にじゃがいも「とうや」を植えました
今月、ドキドキしながら掘ってみたらジャガイモの中が紫色だったり形が凸凹だったりしていてショックでした
近所の農家さん相談したら、センチュウのせいだといわれましたで、バイデードLを買ってみました。
お暇なら・・・コメントください
2012年06月02日 22:27
こんばんは~
我が家の畑作、今年は茄子はなかなか大きくならないのに、トマトは成長がいいなぁ・・と思ってました・・が、今日行ってみたら、葉の先端が丸まっていて、あれ?これって、ヒゲおやじさんが書かれていた肥料が多すぎるからかも・・と気づきました。
ついつい、液肥ならいいかな・・とあげてしまうせいかもしれません。
中耕って、表面だけ耕すことですか?
もう何年も読ませていただいてるのに、今更すいませんm(__)m
たけし
2012年06月02日 22:43
こんばんは。
以前、トマト栽培について質問した者です。
その後、ミニトマトは二本立てにし、中玉、大玉のトマトは一本立てで育てています。
ヒゲおやじさんのブログをみて、根切りをして植えたのですが・・・
最初はあまり元気なさげにしていた苗ですが、先週くらいから物凄い勢いで育ち始めました。

ところで、トマトの水遣りの方法なのですが・・・
トマトは朝一番に元気がない状態まで水を切ってからたっぷりあげると書いてあったのですが・・・・・・・
一週間一度も水をあげなくても全く元気がなくならないのです。
土は乾いているのですが、毎朝霧吹きで茎や葉っぱに霧をかけているせいなのでしょうか・・・
毛茸を発達させたほうがいいとどこかのサイトで読んだので、毎朝霧吹きしています。
さすがに水をあげなくてはいけないかと思い、週に一度は液肥を入れた水をあげています。
ただ、しんなりさせるまで水を切ったほうが美味しいトマトになると聞きますし・・・
霧吹きしていれば水っていらないものなのでしょうか?
ヒゲおやじ
2012年06月02日 23:25
pipitaさん、ありがとうございます。
蔓物の根は、予想以上に遠くまで伸びています。ですから遠くにやるほど効果的ですよ。根はそれを目当てに更に伸びていきますからね。
ヒゲおやじ
2012年06月02日 23:30
ちがりつさん、ありがとうございます。
センチュウですか。うーん、これは一般的には連作障害で発生するものですね。同じものを作り続けるとセンチュウが発生しやすくなります。
しばらくはナス科の栽培を止めるのがいいかも知れませんね。
薬のことはよくわかりませんので、近くの農家さんに聞いてみてください。
ヒゲおやじ
2012年06月02日 23:34
つれづれさん、ありがとうございます。
液肥は速効性があるので、よく効きますよ。花が咲いているようならあまり心配は要りません。
中耕というのは、固くなった表面を軽く耕して柔らかくすることを言います。ですからあまり深く耕してはいけませんよ。根を傷めてしまいますからね。
ヒゲおやじ
2012年06月02日 23:39
たけしさん、ありがとうございます。
そうですか、順調なようで何よりです。
トマトは水を嫌いますので枯れない限り水遣りの必要はありません。
それから毎週の液肥はやりすぎです。窒素過多になる恐れがあります。
葉の色が黒ずんできたり、葉が巻いたりしていませんか。
美味しいトマトを食べたければ、肥料も控えめがいいですよ。
霧吹きがよいかどうかはわかりません。雨が嫌いなので、どうかなとは思いますけどね。
いがりつ
2012年06月03日 11:18
ありがとうございます
しばらく・・・あけてみます

たけし
2012年06月03日 11:27
こんにちは。
ありがとうございます。

肥料過多ですが、かなり気にしていて、いろんなサイトやヒゲおやじさんの画像を参考に気にしているのですが・・・
なんかいたって健康なんです。
育て始めてそろそろ一ヶ月だと思うのですが、液肥のパッケージに1~2週間一度と書いてあるので、週1くらいであげていました。
ただ、そろそろ少なめにしようかなとも思っていて、10日とかに伸ばしています。

葉は巻いていません、色も少し濃い黄緑色と言った感じです。
中玉は第二花房も開花し、全ての花に着果しています。
大玉もきちんと着果し、第二花房が見えてきました。
ミニは咲き始めたばかりですが、第三花房まで見えてきています。

気になるのは、根に水をあげていなくても何故かシンナリしないと言う事位ですかね。
大玉と中玉の初果がそろそろ2センチ位なので、化肥を追肥しようかと考えていましたが・・・・・・・・
タイミング遅らせようと思います。
化肥をあげる見た目のタイミングとかがもしあれば教えていただけるとありがたいです!
ヒゲおやじ
2012年06月03日 23:28
たけしさん、ありがとうございます。
状況をみる限り、極めて健康そうですね。それなら大丈夫でしょう。
液肥の上に化成肥料はやりすぎです。どちらも即効性の肥料ですからね。
液肥を10日に1回やっていれば、後は何も要りません。液肥は灌水も兼ねていますので、水遣りの必要もありません。葉が黒ずんできたり巻いてきたら液肥は止めてください。液肥は規定の希釈ばいすうよりも薄目がいいですよ。
輝音ママ
2012年06月04日 08:09
追肥をしたらキュウリやニガウリの成長が良くなりました。もともと苗を植える前に肥料などしてなかったので育ちが悪かったんですがやっぱり肥料の力はすごいですね。
キヨラス
2012年06月04日 19:58
何度もすみません。玄関先で栽培中の、今日のプランターきゅうり、長さが2センチ程度ですが花が咲いてきました。これくらいの大きさで花は咲きますか?
うまく育っていないという事でしょうか。
追肥の時期が来たという事でしょうか?

プランターで栽培するキュウリだから、小さくて当たり前なんでしょうか(>_<)
ヒゲおやじ
2012年06月04日 23:46
輝音ママさん、ありがとうございます。
成長が始まりましたか。それはよかったですね。
肥料なしで作るやり方もありますが、それは特種な方々がやっている方法なのでお勧めはできません。やはり適量の肥料は絶対に必要です。
ヒゲおやじ
2012年06月04日 23:49
キヨラスさん、ありがとうございます。
済みません、状況がイマイチよくわかりません。
キュウリの蔓の長さが2センチですか? それはあり得ないと思いますが。もう少しわかりやすく説明してください。
キヨラス
2012年06月05日 08:02
説明不足ですみません。蔓は、以前の日記にコメントで書かせていただいた通りで、今10節くらいに延びています。70センチくらいでしょうか。
2センチというのは、実になる部分です。
今朝見てみたら、すでに花が大きく咲いており、実は2センチくらいになっています。
そろそろ追肥時期ですよね。
苗を植えたのは、5月の13日なので、25日目くらいです。
ヒゲおやじ
2012年06月05日 10:34
キヨラスさん、ありがとうございます。
あ、そうでしたね。沢山の人の相談に答えているので、全部の人の状況は把握できないのですよ。悪しからず。
キュウリの雌花は普通2センチくらいの実がついています。大きな種類になると10センチくらいになるものもあります。受粉をするとこれが大きくなってキュウリになります。雄花にはそれがありません。
これが普通だと思ってください。肥料不足で実が小さいのではありません。そうですね、実が生り始めたら追肥をしてください。ただしあまり沢山やらないのがコツです。多肥にすると苦くなりますよ。
キヨラス
2012年06月05日 22:31
回答ありがとうございます。花が大きく咲き、少し実が大きくなってきたような気がします。なので今朝、用量より少し薄めに追肥しました。
うまく生れば良いんですが・・・
雌花に雄花をくっつけて受粉はさせていないんですが・・・
磯武者
2012年06月07日 00:17
速攻で効果を出すには、化学肥料って最適ですね。拙者は化学肥料と自家製のボカシ肥料(米ヌカ4キロ+油かす1キロ+草木灰200g+畑の土スコップ山盛1杯+1500ccの水をよくかき混ぜ、密閉出来るバケツ又はビニール袋に入れ、約2週間で完成!)を使ってます。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 00:26
キヨラスさん、ありがとうございます。
キュウリの場合は、昆虫類の媒介で受粉することが多いので、人工授粉はあまりやりません。ただしベランダもかなり高いところだと虫が来ない可能性もあるので、人工授粉が望ましいですけどね。玄関脇とかの地べただとほとんど必要ありません。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 00:27
磯武者さん、ありがとうございます。
そうですか、それは本格的ですね。ヒゲおやじはぼかし肥料は作ったことがありません。
はなはなななこ
2012年06月08日 22:11
追肥、いつもどうやったらいいのかな?
これでいいのかな? とやってましたがさっそく参考にします^^
支柱立てがどうしても苦手なのですが何かコツがありますか?
カボチャとニューメロンを空中栽培しようと思っているのですが。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/momo4141/
ヒゲおやじ
2012年06月08日 23:15
はなはなななこさん、ありがとうございます。
コツというほどのものはないですよ。強いて言えば補強でしょうかねえ。
横木とつっかい棒です。立てた支柱どうしを横に渡した支柱で固定するとか、支柱を斜めに立ててつっかい棒をするとかです。単独で1本だけ立てるのは無理です。

この記事へのトラックバック