通水前に草退治!

16日に田んぼに水を引くために通水すると連絡があった。
これはやばい。急がなくては。と、急遽大急ぎで草退治をすることに。



普通の畑ならそんなことをする必要はないんだけどね。
ここは特種だ。 元田んぼとあって、水路が側を通っているんだ。
それもU字溝なんかじゃなくてたんなる土の水路だ。 直接水が流れ込んでくることはないけど、どんどん染み込んでくるんだよね。

そうなるともう草引きなんかはできないんだ。粘土質の土が草の根にゴッポリとついてしまうので、草を引いているのだか土を捨てているのだかわからなくなってしまうんだ。


だから毎年のことなんだけど、水が入るよと連絡があると大急ぎで草退治をするんだねえ。
それまでにやっておけばいいようなもんだけど、この時期は何かと忙しくてねえ。 なかなか草引きまで手が回らないんだ。

だから切羽詰まらないとなかなか草退治なんかできないんだよ。


でも、ヒゲおやじの畑って、いつも綺麗じゃん。
って、思うだろう。


ところが、よく見るとそうでもないんだよ。 特にこのところは猛烈に草が生え始めているからねえ。


まずは全体を見てみると。

画像

この映像だとそんなに草が生えているようには見えないだろう。








でも近づいて見ると。

1番目
画像









2番目
画像








3番目
画像

ほらね、結構生えているだろう。







それに、まだこんなところもあるんだよ。

4番目
画像








5番目
画像







6番目
画像

これなんかはあっという間だったねえ。

あ、草が生え始めたなあと思っていたら、もうこんな状態だからね。



ということで、眺めていても草はなくならないので、早速やっつけることにしよう。

もちろん全部を一日でやっつけるのは無理なので、取り敢えずできるところからということで、全体映像で言うと手前の半分をやってしまおう。




まずは、1番目の映像のところだ。

画像

綺麗になっただろう。

もちろん1本1本手で抜いたわけじゃないよ。 そんなことをしていたら日が暮れてしまうよ。
三角ホーを使って、根こそぎ土と一緒に掻き取ってしまうんだ。


それで土と草を分離して、土は畝に戻すし草は乾かして置いてサトイモなんかのマルチ代わりに使うんだ。
この時根に土を付けたままだと、雨でも降ると復活してしまうからね。土をよく落として、できるだけ根を乾かしてやるんだ。そうすると復活しないからね。






2番目のところ。

画像








3番目のところだ。

画像


この辺りで今日は時間切れだ。

これで大体手前半分をほぼやっつけたことになるんだよ。




ちょっと上から見てみようか。

左側はこんな具合だ。

画像

真ん中から手前は綺麗になっているだろう。






中央の映像では。

画像

ほら、最初の映像と比べるとよくわかるだろう。


これならあと一日で出来そうだね。と思うだろう。
ところが真ん中より向こう側は強敵が待ち構えているんだ。 だからこんなに簡単にはいかない。

何しろ4番目、5番目、6番目の映像のところだからね。
こりゃー、一筋縄ではいきませんぞ。


でも、明日中に出来るところまでやっておかないと、金曜日は雨らしいんだ。
雨が降るとまたしばらくはできないからねえ。

お隣さんも夕方、犬の散歩で通りかかって、「ありゃー、うちもやらんといかんねえ」。





そうそう、通りかかったと言えば、上の道を通りかかった人が、天空のカボチャを見て、「これは何ですか」と不思議そうに聞いてきたんだ。

画像


あー、これはカボチャですよと言うと、「へー、カボチャはこんなふうに作るんですか」だって。
こんなふうに作るんじゃなくて、こんなふうに作ったんだって。

だから狭い土地でもカボチャは作れるんですよと説明をしてあげたんだ。 痛く感心した様子だったよ。
あまりこんなことをする人はいないからねえ。



それからもう一人。こちらも犬の散歩中だ。 この人はよく見かけるので近くの人だろうねえ。
ものを言ったことはないんだけどね。 「すみませ~ん」と声をかけてきたんだ。

「はい?」 「あのー、すみません。ちょっとお聞きしたいんですけど」 「はい、何でしょう」 「実は春から畑を始めたばかりなんですけど、トマトが横にばかり広がって上に伸びんのですけど」とおっしゃる。

何か最近のコメントの質問によく似ているねえ。


「肥料のやりすぎでしょうか}。

「葉の色はどんなですか、濃いですか」。
「いやー、黄緑色です」。

「葉は丸くなってないですか」。
「いや、丸まってないです」。

「それなら心配ないですよ。肥料のやりすぎじゃないです」。

「もしかして、脇芽を取ってないのと違いますか」。
「あ、あれは取らないかんのですか。知らんもんじゃけん」。

脇芽を全く取っていないので、横に横にと広がっていったんだねえ。

「今からでも取ってええですか」。
「はい、大丈夫ですよ。横から出ているヤツは全部取ってください」。

「わかりました。ありがとうございました」。


いやー、ブログのコメントそっくりだろう。
でも、畑で質問されたのは初めてだねえ。 これは何ですかと、作っているものを聞かれたことは何度もあるけどね。



コメントといえば、最近特に初心者ですとか畑を始めましたという人からの質問が多いんだよね。
まるで野菜教室みたいだよ。

まあ、このブログを始めた切っ掛けが、そういうことを教えて上げたいなあというのが動機の一つではあったので、大歓迎ではあるんだけどね。
それがブログを始めた当初は、どちらかというと経験者の方が興味を持ってくれて、色々情報交換みたいなことが続いていたんだ。
ここに来てようやく野菜教室もどきみたいな感じになってきたねえ。


やっと当初の目論見に近づいて来たってところかなあ。

待ってました、ってところなので、遠慮せずにどんどん質問してくれていいんだよ。
ただ、忙しくて返事が遅れることもあるので、その辺りは済みませんてなところではあるんだけどね。
できるだけ頑張って返事をするので、ちょっとだけ待っていてほしいんだ。 返事は必ずするからね。




ということで、今日は手に豆ができてしまったよ。
三角ホーも結構重いからねえ。

明日も頑張らなくては。
へー、ヒゲおやじが頑張るなんて珍しいねえ。

そう言えばそうだね。じゃあ、のんびりやろう。

それでは終わらないだろう。

うん、そうかも。



ということで、今日もお疲れです。

おやすみなさい。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ









この記事へのコメント

トムテママ
2012年06月07日 02:36
はじめまして
いつも興味深く読ませていただいています。
野菜作りは食べるよりどうしてなるのかしら・・・の興味で育ててる状態です。
老化苗とても参考になりました。
シシトウを3本植えたのがまったく大きくならず元気もない。
トマトの後に植えたので連作障害?
野菜の土、改良材、バットグアノも入れた・・・・・うーんやっぱり連作障害???
老化苗のブログを読ませていただいて!!
思い当たることをしていました。長いこと置きっぱなししたのを植えました!!
原因は私でした。
抜いてみると見事に根が育っていませんでした。
どこで調べても書いてない老化苗。
教えて下さってありがとうございました。

去年はカボチャをまねっこで、メロン仕立てで作ってみましたが、収穫のタイミングがわからず飾りで終わりました。
初心者過ぎますね。
2012年06月07日 07:09
畑の雑草には困りますね、我が家の庭の畑は草と作物と同居してます。
これから藪蚊が発生するので、草引きは優先作業です。
自然農法?いや我が家は野生農法(ジャングル)になっています。(笑)
土が軟いので雨の後に草引きしてましたが、考えれば草と一緒に土を沢山捨ててました。
ちがりつ
2012年06月07日 08:04
草抜きお疲れ様です

あたしも、頑張って草抜きしてま~す

この前は、草があまりはえてこないようにマリーゴールドをいっぱ~い植えました「野菜と相性がいいみたい

今日も1日頑張りましょう
優香
2012年06月07日 09:01
こんにちは
私は畑をしていなくて、読むのが楽しみで毎日訪問しているのですが
ヒゲおやじ様のいろいろな技術は、我が家の庭の花や樹を育てるのにもとても参考になります
感謝しております

先日の老化苗に関してですが、朝顔の苗がそうみたいなんです
四株植えた内、ひとつだけが一向に大きくなりません
葉は青々しているものの、他の三株がぐんぐん伸びているのにもかかわらず、この子は植えた時の大きさのまま…
もう二週間ほどになります
毎日水をやりながら『がんばれ、がんばれ』と声かけもしているのですが
一度掘り出して、荒療治ですが『根きり』でもしてみようかと思うこのごろです
なにかいい手だてを教えていただけませんか?
ばーさん
2012年06月07日 09:03
私も、誰もさんと同じで、きゅうりが大きくなりません。隣の畑の人は、立派な葉っぱをつけてどんどん大きくなっているのにがく〜(落胆した顔)何で?
りんた
2012年06月07日 10:11
初めまして!!
楽しいブログさんですね!!
私も自己流で家庭菜園を初めて10年くらいになります。
二十歳を過ぎたころ、母親が他界、少しして父親も半身麻痺になってしまい、両親がやっていた畑はほったらかし。
すると翌年に父の姉が勝手に使い始め「え~~??」って思って、他に使われるくらいならやってやろうじゃん!!と意地で土いじりも野菜にも興味がなかったギャルの野菜作り開始でした(笑)
 
初めは本当にわからないものですよね。
ギャルが畑仕事してるから、聞いてもいないのに近所のおじちゃん、おばちゃんがアドバイスをしてくれるんですよ。でも、こっちとしては近所付き合いもないもんだから誰かわからない(笑)
今じゃ、ヒゲおやじさんと同じで「これってどうすればいいの??」ってきかれるまでになりました。
 
まぁ、近所の人たち的には畑仕事に夢中になるより、旦那を探せとおもっているみたいですが(笑)
 
長くすいません。またお邪魔します!!
2012年06月07日 21:12
今晩は。傍に寄ってみると、思いがけなくたくさんの草が生えているのですね。ここまで来ると、野菜づくり講座、すごい評判です。参考にしてる方もかなりの人数になっているようですね。
つくらなくても、なるほどなぁと思うことがたくさんです。
里ばあ
2012年06月07日 22:39
ブログの件、有難うございました。
なんとかなりそうです。
草取りご苦労様です。
当方は草刈り鎌で、刈ってまいりました。
週末、また一頑張りです。
たけし
2012年06月07日 22:48
こんばんは。
その後の私のトマトの展開が面白かったなーと思い、書き込みます!
先日、ミニトマトの花房がY字に割れているのを見つけました。
窒素過多の影響かなと思いながら、もしかしたら品種特性なのかもしれないと思い、苗の販売元に聞いてみました。
そうすると、とても丁寧に「画像を送ってもらうことはできますか?」と言われたので、全体像と花房のアップを送ったんです。
すると・・・・

窒素過多の様子は見られず、むしろとてもいい栄養状態で元気に育っていますと言われました。
あれれれれ??
じゃぁ、上段の葉が巻いていたり、葉が傘みたいになっているのは??
と聞くと、成長が早すぎて、葉が解けるスピードが追いついていないからなんだそうです。
葉の色艶、枝の伸び方、花房の開花数、つぼみの数を見ても、むしろ凄くいい状態だそうです(笑)
いろいろと調べているつもりでも、やはり初心者では分かりにくいのですね。
でも、これからは肥料も少し控えめにしていこうと思います。

先日、仕事場に置いてある別の苗をみて「お宅のトマトは小さいね、背丈も低いのに花が咲いちゃってる、これじゃダメだよ、水を控えるのはいいけどもっと草丈はグングン伸ばさないと実も貧弱になっちゃうよ!!」と言われてしまいました。
その方の奥様には『うちで作るトマトは皮も硬くて美味しくないの・・・でも、あまり言えなくて・・・』と言われていたので・・・
マネしちゃダメだなと思いながらも、「じゃぁ、もうちょっとがんばってみますね!!」と微笑み返ししておきました。

負けないように美味しくします(笑)
ヒゲおやじ
2012年06月07日 22:56
トムテママさん、初めまして。ありがとうございます。
取り敢えず作ってみるというのが一番楽しいですね。理屈をあれこれ言い出すと面白くありません(笑)。出来たら楽しいし、出来なくてもそれも面白い。野菜作りってそんなものですよ。ボチボチ楽しんでください。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 22:59
乱歩さん、ありがとうございます。
アハハ、野生農法ですか。それは素晴らしい(笑)。
確かにヤブ蚊が沢山いますので、我が家も庭仕事は大変です。なるべく手を出さないように頑張っています(笑)。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:01
ちがりつさん、ありがとうございます。
マリーゴールドを植えると虫が寄りつかないそうですね。草除けにもなるのですか。それはいいかも知れませんね。
元気に楽しみましょう。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:05
優香さん、ありがとうございます。
いやー、老化苗は根切りをしてもダメでしょう。種を蒔き直す方が早いですよ。植木もなかなか奥が深いので、やりだすと止められません。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:07
ばーさんさん、ありがとうございます。
さあ、何ででしょうねえ。水不足もあるかも知れませんね。今年は雨が降らないから。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:16
りんたさん、初めまして。ありがとうございます。
ギャルで畑仕事を初めて10年ですか。まだギャルですか?(笑)。
10年もやると何でも出来るようになりますよね。それに若いから忘れないしね。ヒゲおやじなんか直ぐに忘れてしまうので、一々調べ直さないといけません。近所のじぃちゃんばあちゃんも、忘れるので聞いた方が早いってなもんですよ。でも頼りにされるって、それなりに嬉しいものでしょう。うーん、畑仕事に夢中になりすぎると、彼氏を探す暇もないかもねえ(笑)。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:18
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
何だか野菜学校みたいになってきました。それだけに結構難しかったりもするのですよ。表現には気をつけているつもりでも、時々やってしまいます。まあ、仕方ないですね。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:21
里ばあさん、ありがとうございます。
こちらも以前のように1本1本手で引くなんてことはできなくなりました。腰は痛いし膝は痛いし、とてもやっていられません。三角ホーでガリガリと土ごと削ってお終いです。週末は芋掘りのよていなんですが、雨がちょっと心配です。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:29
たけしさん、ありがとうございます。
順調そうですね。花房が割れるのはよくあります。花房の先からまた芽が出るのはあまりよくありません。
色々言いたい人も沢山いますからね。小さな親切大きなお世話と言うヤツですよ。でも聞く耳を持つことも大切ですよ。

この記事へのトラックバック