一枝一果のナスの収穫! こんな風にやるんだよ。

もう大分収穫しているんだけど、なかなか写真写りのよいモデルさんがいなくてねえ。
何とかそれらしいのを見付けたので、今日は収穫の仕方を説明しよう。


一枝一果というのはもうわかっているよね。
1本の枝に1個の実しか付けさせないってやつだねえ。

剪定の仕方も以前にやったとおりで、花が咲いたらその上の葉を2,3枚残して切ってしまうんだったよね。



さて、今回はその収穫の仕方だよ。ここを間違えると何にもならないからね。

収穫の仕方って言っても、ナスを取るだけだろうが。そんなもん説明してくれなくてもできるよ。
って、言う人も実はいるんだけど、でも本当にできるのかな?



では、ここからは実技指導だよ。


はい、これがナスが生っているところだ。

画像

えーと、何から説明しようか。

まず青は、前回の花が咲いた時の説明で、切ったところだよね。 
黄色はナスのへたの部分だよ。下にナスがぶら下がっているだろう。
茶色はこれから育てる脇芽だ。

これが一枝一果の三点セットだねえ。








で、切るのはここだよ。

画像

普通は赤のところで切って収穫するよね。

でも違うんだ。 もうこの枝は御用済みなので、付け根からバッサリ切ってしまうんだよ。
実だけ採って置いておくと、また周辺から脇芽が出て、無用の消耗をしてしまうからね。

この枝にはもう実を生らせるつもりはないので切ってしまうんだ。その分左側の脇芽に養分が回るので、このあと一気に大きくなるんだよ。








ほら、これが収穫の写真だよ。

画像

赤のところで切り取ったということだね。








さて、これが収穫をした後だよ。

画像

綺麗サッパリだねえ。

赤が今切った切り口で、茶色がこれから育てる脇芽だよ。
もうちゃんと新しい蕾が出来ているだろう。

この蕾が咲いたら、この上で葉を2,3枚残して切ってしまうんだ。この枝にも1個の実しか付けさせないんだねえ。

多分この蕾がナスになって収穫する頃には、黄色の脇芽がまた大きくなって、蕾を付けている頃だと思うよ。



こうやって延々とこのサイクルを繰り返していくんだ。
これが一枝一果のやり方だよ。こうすると常に枝が更新されているので、生り疲れがないんだなあ。
だから7月の終わり頃に丸坊主にするような剪定はしなくていいんだよ。 このままで秋ナスまで続いていくんだ。

ただし、追肥は切れ目なくやり続けないといけないよ。


どうかな、今回はわかりやすかっただろう。 

でも、これが絶対というわけではなくて、他にも色々やり方はあるんだよ。
だから「ひとりでできるもん」という人は、是非そのやり方でやってもらうといいねえ。




さて、今日も良い天気。 となれば、またまた大忙しだよ。

午前中はファームに行って、昨日の続きだ。

画像

これを取り敢えずガリガリと削って、草を浮かせておいたんだ。








こんな具合だねえ。

画像

今ならまだこういうやり方で間に合うからね。

これでしばらく乾かしておこう。






午後からは畑に行って、こちらも昨日の続きだ。

黒大豆用の畝作りだねえ。

画像

表面は乾いているようにみえるけど、鍬を入れてみると中はベチョベチョだよ。

でもそこは時間がないので無理をして。何しろ明日からまた雨だからねえ。







牛糞堆肥を投入。

画像

その上に有機入り化成肥料を少量パラパラと。

これをかき混ぜて形を作れば出来上がりなんだけどね。

それがそう簡単にはいかないんだ。 何しろまだしっかり濡れているからねえ。耕しても土は崩れないし、土が鍬にへばりついて離れないし。何とも難儀しましたぞなもし。







それでも何とかここまでやっつけたよ。

画像

このままでは植え付けはできないけど、ここまでやっておけば何とかなるだろう。

植え付ける前に形を綺麗に整えないといけないけどね。


やれやれ、もう4時だ。 もう一度ファームに戻って草の後始末をしておかなくては。

で、写真を撮るのを忘れたんだけど、草整理をして畝を少しだけ叩いて、水捌けがよくなるように水路を整備して。
ふーーーっ、疲れたなあ。


何時だ? おー、もう6時だよ。 早く帰らなくては。


それにしても、ヒゲおやじもよく働くなあ。 我ながらよく体が動くもんだと思うよ。
いつまでこんなことができるんだろうねえ。 元気であるということは、いいことだね。








さて、今日のオマケだよ。

画像

何だかわかるかな?

ヒゲおやじも始めて見る花だよ。

ナタマメの花だ。 さすがにでかいねえ。さあ、これらどんな豆が出来るのか楽しみだね。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





























この記事へのコメント

tootyann
2012年07月11日 05:18
1枝1果やり方良く分かりました。
別嬪なモデルさんですね。

我が家のナスはちんちくりんなのに、ぽこぽこ花ばかりが咲いて
摘果しながら背丈が伸びることを祈っています。

さて、ひげ爺さんのナス4本立てとの関連が良く分かりません。
4本の主枝は温存しながら、脇枝を1果で仕立て上げると解釈しておりますが
これでよかったですか?
ご面倒をおかけします。
ままのん
2012年07月11日 09:03
この方法を実践中です。
実の上の蕾を切るのはもったいないと思いながらも・・切ると、アラ不思議!実も早く大きくなり艶々の美人ナスになりました。
脇芽もすぐに成長して次の蕾が付きました。大成功です!
初めての時はよ~く考えないと間違えて切ってしまうので頭の体操になりますね。

ピーマンとシシトウも内側に向かう枝を剪定していくと大きな実がコンスタントに採れます。おやじさんすごいです!

丹波の黒豆は枝豆よりヒョロヒョロの芽が出ました。
土寄せしました。
この後は摘心などするのでしょうか?
またブログで教えてくださると嬉しいです。
自由人
2012年07月11日 16:06
 最近その習慣が身についたみたいで、胡瓜も茄子もすっきりして風通しも良く、虫も付きずらいみたいです。収量は余り気にしてませんその変わり本数を増やしました。秋茄子用に丸刈りしなくても済みますからね。フアームも草に追われているようですね。2~3日前よりも一段と青々してきましたね此れは大変です。
2012年07月11日 17:51
綺麗ななすですね。
我が家のナスはテントウムシの小さいような虫で葉が穴だらけ
なすも傷だらけ・・・・泣けて気ます。
ヒゲおやじ
2012年07月11日 22:31
tootyannさん、ありがとうございます。
はい、そのとおりです。3本仕立てならその3本は残します。
ただし、生り疲れが見えてきたら、適当な新しい枝と交代させることもありますよ。そのあたりは柔軟に対応するのがいいでしょう。
ヒゲおやじ
2012年07月11日 22:33
ままのんさん、ありがとうございます。
順調に行っているようで何よりです。
丹波の黒豆は苗も背が高いですね。てきとうなところで摘芯するといいでしょう。枝数が増えて実も沢山生りますよ。
ヒゲおやじ
2012年07月11日 22:36
自由人さん、ありがとうございます。
はい、日一日と緑が濃くなって行きます。このままほうちすれば、手に負えなくなるでしょうね。今ヒゲおやじが手を付けているところは、ヒゲおやじが社長から借り受けるつもりのところです。だからやっているわけで(笑)。
ヒゲおやじ
2012年07月11日 22:39
ろこさん、ありがとうございます。
それはもしかしたらテントウムシダマシかも知れませんね。ナスにつくのは珍しいですけど。見付次第捕殺してください。葉にガッチリ噛みついていたら、間違いなくそれです。放置すると木が弱ってしまいますよ。
2012年07月12日 23:54
ナタマメの花の写真、芸術的ですね)^o^(
ヒゲおやじ
2012年07月13日 22:08
小梨さん、ありがとうございます。
この花は初めて見たのですよ。今年初めてどんなものか作ってみようと、種を蒔いたものです。予想外の花でビックリしています。
肉屋のコロッケ
2012年07月14日 17:06
一枝一果 有難うございました。
追肥途切れなくということですが、毎日収穫の後に化成肥料パラパラということでしょうか、一週間に一度位の割合で忘れないようにということでしょうか。お手数おかけしますがよろしくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2012年07月14日 23:34
肉屋のコロッケさん、ありがとうございます。
これは状況によります。当然毎日ということはあり得ません。
一般的には液肥なら週に1回、化成肥料なら月に1回から2回と言われています。
ただし、実物の場合はもう少し頻繁にやる方が良いと思います。量を減らして頻繁にです。まずは野菜をよく観察することですね。肥料切れは直ぐにわかります。まずその見る目を育てることが大事でしょう。
間隔とか量は一般的な目安はありますが、何日おきとか決まったものはありません。野菜の状況次第です。毎日よく観察してください。
肉屋のコロッケ
2012年07月15日 22:14
ヒゲおやじさん 有難うございます。
茄子と対話しながらぼちぼちと一枝一果やってみます。20本近くありますので、丸坊主するのも大変なのです。10月の終わりごろまで、収穫し後タマネギにバトンタッチ出来ればいいのです。
しげもげはなもげ
2014年09月18日 16:23
なるほで、勉強になります来年はこのように頑張ります。(*^_^*)
ヒゲおやじ
2014年09月18日 23:22
しげもげはなもげさん、ありがとうございます。
最近はこの方法が主流になりつつあります。是非試してみてください。
おおw
2015年07月19日 16:28
タイムリーな情報ありがとうございます!!
ちょうどミズナスが熟れ始めていてどこできればいいかわからなかったところでした!!

このやり方、とても役に立ったのでひげ親父さんのブログを紹介してもいいでしょうか~?
ヒゲおやじ
2015年07月19日 23:02
おおwさん、ありがとうございます。
タイムリーって、これ3年前の記事ですよ(笑)。
お役に立てれば何よりですけどね。
はい、拡散お願いします。 どのように使われても結構です。

この記事へのトラックバック