エンドウの種蒔き!

気にはなっていたんだけど、なかなか手が付けられなくて。
ようやく種蒔きだよ。 去年は27日だったから、ちょっとだけ遅いかなあ。
でも、去年自体が遅いからね。


今年もお隣さんはとっくに植えつけ終了だ。
ちと早すぎるとは思うけどね。 エンドウに関しては早植えはよくないんだよ。

何で? うん、それはね。まだ随分暖かいというか日中は暑いくらいなので、苗が育ちすぎるんだ。
そうなると冬を越せないかも知れないよ。 何しろエンドウは寒いの苦手だからね。

小さな苗だとどんなに寒くても大丈夫なんだけど、大苗になると強い寒さに当たると枯れてしまうんだねえ。
だから、どうやって冬を過ごさせるかというのが課題なんだよ。

何でも早く植えつける農家でも、今ようやく芽が出たばかりだからね。
なので今から種を蒔くくらいで丁度良いんだ。

うんと寒い地方では3月頃に蒔くんだよ。冬が越せないからね。




さて、本日蒔くのはこちら。

画像

左から、ウスイ系極早生実エンドウ、実エンドウウスイ、スナックジャッキー、オランダ大莢だ。

実エンドウは名前の通り実を食べるエンドウだよ。グリンピースによく似ているけど、もっとホクホクして美味しいんだ。
スナックはもちろん皮のまま食べる甘くて美味しいエンドウだね。農水省の正式名称では「スナップ」と言うんだ。
これは間違っているけどね。
オランダエンドウは大型の絹さやだね。これも皮のまま食べるエンドウだよ。去年普通の絹さやを植えたら、美味しくないと不評だったので変えたんだ。普通の絹さやの何倍も大きくなるんだよ。


ところで、何で実エンドウが2種類もあるんだ?

あー、気がついたか。実はヒゲおやじの大好物なんだ。 塩ゆでにしても美味しいし、煮付けても美味しい。
豆ご飯にすると、これがまた絶品だねえ。 なのでたくさん食べたいからだよ。
で、極早生の方は今から種を蒔いて、早ければ来年の3月中頃から5月一杯くらいまで収穫できるんだ。
一方のウスイは中生なので、5月の中頃から6月の中頃まで食べられるんだねえ。
このくらい食べられたら大満足だろう。






それともう一つ、ご存知ツタンカーメンだねえ。

画像

これも実エンドウなんだけど、ウスイのような食べ方ではイマイチ美味しくないんだ。

でも、豆ご飯にするとこれがまた美味しいんだねえ。赤く染まって赤飯みたいなんだよ。
なので毎年たくさん作るんだ。

そうそう、これは元々ゆうさんが種を送ってくれたんだよ。 それ以来だから、もう何年になるのかなあ。








後はいつものとおりだ。

まずポットに用土を入れて、十分に水をかけてしばらく落ち着くのを待つんだ。

画像









それから種蒔きだね。

今回は4粒ずつ蒔くことにしよう。

画像

えーと、スナックだけは、去年の種なので念のために5粒。 ほとんど関係ないけどね。

最近はこういう種も薬剤でコーティングされているのでカラフルだねえ。



後は種蒔き用土で覆土して、もう一度しっかり水遣りをしたらお終いだよ。

この後はよほど乾かない限り発芽までは水遣りはしないんだ。
必要以上に湿らせると腐ってしまうからね。

よく豆を一晩水に浸けておくと発芽しやすいなんて言う人がいるけど、あれは間違いだよ。
中には指導本にもそう書いてあったりするけどね。

絶対にやってはいけないんだ。 間違いなく腐るよ。



これであと十日もすれば芽が出るだろう。 


そうそう、今回はポットに蒔いたけど、直蒔きをしても大丈夫だよ。
ヒゲおやじも面倒なので直蒔きにしようかと迷ったんだけどね。 やはり管理のしやすいポット蒔きにすることにしたんだ。

ポットだと鳥に狙われる心配もないし、一番は蒔く種の深さを一定にしやすいので、発芽が揃いやすいんだ。
直まきだと蒔き穴を作っても、どうしてもデコボコがあって揃いにくいんだ。それに発芽しないやつもあるし、苗の成長にも差があったりしてね。

その点ポットだと少し多めに蒔いておけば、成長の揃ったものだけを選んで植え付けができるからね。

だから可能な人はポット蒔きにするのがお勧めだよ。







さて、庭のオキナワスズメウリもたくさん実がつき始めたねえ。

画像

これが寒くなる頃には真っ赤に色づくんだよ。

そういえばこれもゆうさんが送ってくれたものだねえ。


あ、そうだ。 これって食べられるの? って毎回聞かれるんだけど、食べ物ではないんだよ。
夏の日除けに庭に植えて、実を見て楽しむんだねえ。



花はつまらないよ。というか、ほとんど見えないんだ。
だって、地味で小さいんだもん。


ほら、これが花だよ。

画像

これで1センチはないよ。 5ミリちょっとくらいかなあ。

よほど気をつけて見ないとわからないと言うか気がつかないねえ。


これが赤くなる頃には秋真っ盛り、うーん、冬本番かなあ。 こちらは暖かいのでなかなか赤くならないんだ。
赤くなって実をつけた蔓を、リースにするとかなり綺麗なもんだよ。






今日はエンドウを蒔いたけど、ソラマメはもう発芽しているよ。

画像

あと1週間もすれば植え付けかなあ。

畝の作業を急がなくては。





今日は綺麗ないい天気だったねえ。 明日もそこそこの天気らしい。
午後からは社長も出動するというので、また手伝わなくては。

明日も忙しくなりそうだね。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ

















この記事へのコメント

2012年10月30日 10:15
エンドウは僕の名前につながるのでついつい見ちゃいますね。小さい時のあだ名はそのものズバリだったけれど、大きくなるにつれていろいろと変わりました。
しかし種類はいろんなものがあって楽しそうですね。作り方も工夫したり、経験したりでそれが成功につながると益々楽しくなるんでしょうね。
モノづくりの醍醐味かもしれません。仕事につながるような規模にしか見えません(笑)
優香
2012年10月30日 12:07
いつも楽しみに拝見しております
オキナワスズメウリ、かわいいですね
初めて見ました
一目ぼれです
来年は必ずうちの庭のメンバーになってもらおうと思います
育てるのは難しいですか?
まさぴ
2012年10月30日 16:10
ご無沙汰してま~す!
もう、豆類のタネ蒔きの季節ですネ。今回もたくさんの種類があって、どれも美味しそうです(豆好きには魅力的!です)
我が家のベランダ菜園では、今年も“久留米豊”を蒔く予定です。(って、季節的に早く蒔かないといけないのかも…)
お正月のお赤飯用にと育てた大納言は『悲惨』なものとなりました
久留米豊こそは…!(世話係りはベランダ農夫ですが)
nogpu-124
2012年10月30日 18:01
4種類で7ポットづつ かなり多いですね、自分も拝見して2種類4ポットにしました おやじさんの3割強ですか、直播と思っていましたが気が変わりました。

おたずねですが葉ねぎに 不織布をかけてますが芽がすこし出てきました
いつごろ取り外したら良いのでしょうか?
こまちママ
2012年10月30日 20:17
毎日欠かさず訪問させていただき勉強させていただいてます。
私は秋まき豆類はスナックとソラマメを予定していましたが実エンドウそんなに美味しいなら撒いてみようかなぁという気になりました。きっと奥様の料理の腕もいいんでしょうね。奥様レシピも教えてほしいです。
 以前防虫ネットのコツを教えていただきました。即実行しましたが裾を押さえているピンは検討中で未購入。ヒゲおやじさんの使われている裾おさえのピンは強風でもめくれあがくことなく頑張ってくれますか?昨年私の畑では強風時ネットがめくれ上がり大変でした。
 また厳寒期のビニールトンネルも同じ方法ですか?昨年のブログを見る限りではビニールトンネルを使われている画像がないようですが・・・
ヒゲおやじ
2012年10月30日 23:26
はるばるさん、ありがとうございます。
エンドウもたくさんの種類があって、それぞれに作り方が少しずつ違います。でも、あまり細かいことに拘らずに適当にやっていますけどね。
規模から言うと、少し大きめの家庭菜園というところでしょうか。
ヒゲおやじ
2012年10月30日 23:29
優香さん、ありがとうございます。
いや、そんなに難しくはありません。ただ暖地仕様ですので、寒い地方は難しいかも知れませんね。こちらでも5月にならないと発芽はしません。
芽が出てしまえばあとは簡単です。朝顔と同じように育てればいいですよ。
ヒゲおやじ
2012年10月30日 23:31
まさびさん、ありがとうございます。
大納言は少し難しかったようですね。久留米豊は全然問題ないでしょう。
来年も美味しい豆ご飯が食べられますよ。
ヒゲおやじ
2012年10月30日 23:35
nogpu-124さん、ありがとうございます。
これを全部植えるのではないですよ。予備を見ていますからね。
気温にもよりますが、5センチくらいまではかけたままで大丈夫ですよ。
ただし、すこし不織布に余裕を持たせてください。寒ければ不織布でトンネルにしてやるといいですよ。
ヒゲおやじ
2012年10月30日 23:42
こまちママさん、ありがとうごさづいます。
これは好みにも寄りますから、何ともです。実エンドウは塩ゆで、煮付け、豆ご飯、ばら寿司の具など色々に使えます。それぞれに美味しいですよ。
ピンは2本足のものと1本のものを使い分けています。しっかり押さえるには2本のものに限ります。1本だと風に煽られて抜けてしまいます。
ビニールトンネルも全く同じです。こちらでは厳寒期にはあまりものを作らないので、滅多に使用することはありません。去年は試しにということでやってみましたが、水菜は美味く行きましたけど蕪は駄目でした。今年は今のところ予定はありません。

この記事へのトラックバック