庭木の剪定! 

そろそろというか、もうお祭りだからね。庭木も綺麗に整えなければ。
昔から秋祭り前には庭木を綺麗に整えたもんだよ。
今はそんな風習もなくなってしまったけどね。


ヒゲおやじは一応そういう風習は守っているんだ。
でも全部というのは難しいので、目立つところを重点的にということだね。

昔の流れで言うと、秋祭りの前に職人さんを入れて綺麗に剪定をするんだ。
当然今の時期に剪定するとまた枝が伸びてくるんだねえ。
それを正月前に軽く形を整えて、新しい年委を迎えるというのが基本的なやり方だよ。

だから職人さんも結構忙しかったんだねえ。


今? もうそんなことをするお屋敷はなくなってしまったなあ。
職人さんたって、ろくなものはいないからねえ。 時期も関係なく何でもバチバチと切ってしまって、ただ形を整えればいいだけの仕事しかしないんだから。

それでは職人とは言えないだろう。
木には必ず切る時期というものがあるんだよね。いつでも切って良いわけではないんだ。
そういうことを知らない職人が増えたねえ。 というかそんなことに関わっていられないんだよね。


昔はなじみの職人が年中出入りして、庭の木を見ながら折々に剪定したもんだ。
今は年に1回、一気に切ってしまうからそんなことになるんだなあ。



で、今日剪定したのはこれ。

画像

そう、いつものモンスターだねえ。







それとついでに生垣も。

画像


今日は朝からいい天気で風もなく、これは絶好の摘み入れ日和だと張り切って開始したんだ。

この時期は晴れていても風が強くてねえ。なかなか摘み入れのチャンスがないんだ。




ところが開始してまもなく風が出てきたよ。 あー、やっぱりか。
大体このパターンなんだよね。 晴れて地表の温度が上がってくると風が出るんだ。

まあ、このくらいならとやっていたんだけど、異常に強い風が吹き出したんだ。


摘んだ枝が地面に落ちずに上に舞い上がるんだねえ。
こりゃいかん。 摘んだ枝葉が他所に飛んで行ってしまう。
ここは南向きで今日は北風だから、普通はそんな強風は当たらないんだけどね。
どうやらお向かいの壁に当たった風が、丁度ビル風みたいな感じに余計に強くなって舞っているようだ。




てなことで、撤収だ。 続行不能。

画像

まだ途中なんだけど、切った枝葉も全部綺麗に掃除して、道具も仕舞って中断というよりは撤収だね。

だって、このパターンは風は収まらないからね。




で、お昼を食べてしばらくすると、あら、風が収まってきたよ。 これならできるかも。

てなことで作業再開。


1時間ほどでやっつけたよ。

画像

これは最初の写真とほぼ同じ画角で撮したものだよ。 背景を比較するとわかるだろう。

これは樫の木だけど、このくらい丸坊主に摘み込んでしまうんだ。


コツ? うーん、基本的には葉を2,3枚残して先を切る。 これを本職は三つ葉透かし(みっぱすかし)と言うらしいんだけど、こんな難しいことをやらなくても大丈夫だよ。

適当に摘めてやればいいんだ。 そのときに遠慮しないことだね。 こんなに切って大丈夫かとかね。
自分のイメージのところで、思い切ってばっさりやって大丈夫だ。

それと下り枝といって、垂れ下がっている枝は躊躇なく切る。 もう一つ立ち枝、つまり真っ直ぐ立ち上がっている枝だね。これも遠慮なく切る。 枝葉が込んでいるところは、思い切って透かす。 
これだけでも随分形がよくなるんだよ。 後は見た目だね。 自分が形がいいと感じる姿に整えればいいんだ。

これが基本であって、みっぱすかしなんてのは、それを実現するための技術にすぎないんだなあ。


どうだ簡単だろう。 自信が出てきたかな?
業者に頼むともの凄く高いんだよね。 豪勢なお庭を持っている人は、とうてい素人の手には負えないので専門家に依頼することになるけど、そうでなければ自分でやるといいよ。

大丈夫だから。失敗しても1年もあれば元に戻るから。

やっているうちにだんだん上手になるしね。




そうこうするうちに日が傾いてきたよ。
大急ぎで生垣の方もやらなくては。

こちらは今回は軽く形を整えるだけだ。 去年透け透けになるほど大きな剪定をしたので、今年はデコボコを整えるくらいで様子見だね。

画像

と言ってもこれはそこまで行っていないんだよ。

本当に飛び出た長い枝を切っただけで、まだ整える所までは行っていないんだ。

そこまでやりたかったんだけど、大分日が傾いて時間切れってことだね。
それでもなんとか見られる形にはなっているだろう。



ふーっ、今日も疲れたねえ。
えっ、これくらいのことで疲れるのか?

うーん、そうだねえ。ヒゲおやじも年取ったからねえ。 こういう高いところでバランスを取りながらの作業ってのは、なかなか難しくなってきたんだ。だから必要以上に足腰に力が入っているだねえ。

まだ玄関脇のもう一つのモンスターが待っているからね。 こっちはもっと高いところに上がらないといけないので、以前は面白がってやっていたけど今はできればやりたくない作業だねえ。

でも、やらないわけにはいかないので、今度また風のない日を選んでやることにしよう。



そんなことで、今日は畑作業はなし。
今のところ急ぐ作業もないからね。


今日も終日秋晴れのいい天気だったよ。 ちょっと暑かったかなあ。



ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年10月05日 07:53
いつも楽しく拝見させていただいてます 先日の台風で(本宅は都内)庭のシマトネリコが傾いてしまいました 富津のUMCにかまけて全く手入れをさぼっていたので思いきってスッキリさせようと思っていたところです 参考になりました
ヒゲおやじ
2012年10月05日 22:45
UMCさん、ありがとうございます。
そうですか。いまからは植木の手入れの時期ですね。木によってはまだ切ってはいけないものもありますが、そこは木と相談しながらやってください。
きんぎょ 
2012年10月06日 05:39
時々コッソリ覗いています!
最後の明日も『明日もきっといい日であります』の言葉が大好きです。
さっぱり素敵になりましたね!
ひとつご相談したいことがあります。
中古住宅を購入したのですが、面積の割に果樹の多い庭で、栗の樹が植わっており成長が早く、隣の方の敷地に枝を伸ばして困り昨年バッサリ切ったら、今年は更に繁ってしまい困っています。
大きな実がなり甘い栗なのだそうですが‥今年は実をつけませんでした。
この状態から木を小さく切り戻して維持・結実させることはむずかしいですか?
園芸は楽しいけれど本当に奥が深いです‥深すぎます‥

きんぎょ 
2012年10月06日 05:39
時々コッソリ覗いています!
最後の明日も『明日もきっといい日であります』の言葉が大好きです。
さっぱり素敵になりましたね!
ひとつご相談したいことがあります。
中古住宅を購入したのですが、面積の割に果樹の多い庭で、栗の樹が植わっており成長が早く、隣の方の敷地に枝を伸ばして困り昨年バッサリ切ったら、今年は更に繁ってしまい困っています。
大きな実がなり甘い栗なのだそうですが‥今年は実をつけませんでした。
この状態から木を小さく切り戻して維持・結実させることはむずかしいですか?
園芸は楽しいけれど本当に奥が深いです‥深すぎます‥

この記事へのトラックバック