ソラマメの芯止めとダイコンの首切り!

ソラマメの芯止めはわかるけど、ダイコンの首切りとは穏やかじゃないねえ。
そうなんだよね、この不景気な時期に首切りなんてのは不穏当の限りだけど、この時期にやらないといけない作業なんだよね。どちらも冬に向かっての普通の作業だよ。


さて、まずはソラマメからだねえ。

畑の方のソラマメが大分大きくなってきたので、そろそろ芯を止めてやろうかと思ってね。


これがそのソラマメだよ。

画像

寒くても大きくなるもんだねえ。

これはある程度大きくなったら、なるべく早くやる方がいいんだよ。


ところで何で芯を止めるんだ?

そうそう、それを説明しないといけないねえ。 結論から言うと、それは脇芽を大きく育てるためだよ。


まずは、こちらを見てもらおうか。

画像

これが今のソラマメの様子だよ。

茶色の矢印がいわゆる芯というところの親芽だね。 根元から出ている黄色の矢印が脇芽だ。

ソラマメはこの親芽を大きく育てると、脇芽があまり育たないんだよね。
そうすると親芽につく実しか収穫できないことになるだろう。 それと親芽にはあまり実が付かないという説もあるんだねえ。

そこで脇芽を大きくしてたくさん実を収穫しようという魂胆なんだ。
つまり親芽は1本だけど、脇芽は大体5本から6本育てるから、単純計算でも5倍から6倍だよね。

そこで脇芽を大きく育てるために親芽の成長を止めてしまおうという話なんだ。 そのために芯を切るんだよ。







これがその親芽の芯の部分だねえ。

画像

先端の赤い印の辺りで切り取るんだ。









もちろんハサミで切ってもいいんだけど、こんなものは指先でプチンと切ってやれば簡単だよ。

画像


でも、何で先端で切るんだ?

それそれ、そこが大事なポイントなんだよ。
要らないものなら根元から切ってしまえばよさそうなもんだよね。
それをわざわざ先端で切る。 何故だろう?


実は、これも脇芽を早く大きく育てるための工夫なんだよ。
つまりいきなり根元から切ってしまっても、それはそれで脇芽を育てるという意味では問題はないんだけどね。
でもね、それだと光合成をするための葉が足りないんだなあ。

今の時期の脇芽は数も少ないしまだ小さいからねえ。 自力で成長するのは大変なんだ。
だからそれを助けるために親芽の先端だけを切って親芽の成長は止めるけど、その葉で作られた養分を根に送って、脇芽の成長を助けてやろうということなんだ。


で、この作業は11月中にはやらないといけないとプロから教えられているんだねえ。








これが先端を切ったところだよ。

画像











こちらが出来上がりの図。

画像

それで12月の終わり頃には、もう一度赤で印をした根元からバッサリ切り取ってしまうんだよ。

つまり二度切りするということだねえ。 この頃には脇芽も十分に大きくなっているので、親芽の方はもうご用済みってところだねえ。
それにこの親芽をいつまでも置いておくと、この軸の途中からたくさん脇芽が出てしまうので、逆にそちらに養分を取られてしまったりするからね。


プロの農家はみんなこういうやり方で二度切りするけど、我々のような素人は先端の芯は止めずに、12月の終わり頃に直接根元から切ってしまうやり方をするのが普通だね。
別にそれで問題はないんだよ。 ただ、その間も親芽は成長を続けているので、脇芽に行く養分が少なくなるというのはあるけどね。

その差がどのくらいあるのかというのは、実際のところ比べてみないとよくわからないねえ。
理論上は確かに二度切りする方が効率的というか理屈に合っているとは思うけどね。
ヒゲおやじもこれを教わるまでは一度切りをしていたんだよ。それで別に不都合はなかったように思うけど、そういえばプロに比べると脇芽の成長が遅かったような気はするねえ。


まあ、プロが長年の経験でこうやった方が良いというんだから、間違いないだろう。








さて、お次はダイコンの首切りだ。

こちらはファームのダイコン。

画像

もう大分収穫したけどまだ一番手が残っているんだ。

もう二番手のダイコンが収穫期に入っているんだよ。


このまま放置するとすが入ってしまいそうなので、そろそろ首を切ってやろう。

ところでダイコンの首ってどこにあるんだ?
アハハ、こりゃいい質問だねえ。 さあ、どこだろう。


ところでダイコンの茎ってどこにあるか知っているかな?
知らない?

じゃあ、ダイコンの根ってどこまでが根なんだ?
土に埋まっている部分かなあ。


ダイコンは読んで字のごとく、昔はおおねと呼ばれていたんだねえ。
と言うことは太くて白い部分は全部根? でもないらしいんだ。

土に埋まっている部分は間違いなく根だよ。 地上の部分でも、成長に合わせて地中から出てきた部分も根だ。
その上の部分、青首ダイコンなんかだとよくわかるけど、あの青い部分は根ではないんだなあ。
じゃあ、それが茎か?  とも違って「胚軸」と言われるものらしい。
根と茎の中間的な性質を持っているんだそうだよ。 だから光が当たると緑色になって光合成を行うんだ。


青首はわかりやすいけど、白首だとどこまでが根か全くわからんよね。
ところが実に簡単にわかる方法があるんだ。

ほら、ダイコンにはヒゲ根が付いているよね。 店頭に並んでいるものはヒゲ根を取ってあるものが多いけど、笑窪のようなくぼみが両側に並んでいるだろう。 あれがヒゲ根の跡だよ。
このヒゲ根が付いているところまでが根ということだねえ。 これならわかりやすいだろう。

この根の上に胚軸の部分があって、その胚軸と上の葉の間にあるのが茎だよ。 だからほんの数ミリくらいしかないんだねえ。 だから見た目にはほとんどわからないんだ。


で、この茎の部分を首って言うんだよ。







では、ダイコンの首を切ってみよう。

画像

ほら、こんな具合だ。

これがその茎の部分で切り落としたところだよ。









横から見るとこんな感じだねえ。

画像

大事なのはこの茎の部分で切るということだよ。

切り方が浅い、つまり葉の付け根を残して切ってしまうと、また直ぐに葉が伸びてくるんだ。
それを防ぐために茎の部分で切るんだねえ。



ところで何で葉が付いていては不味いんだ?

そうそう、それはね。ダイコンってのは葉が付いていると際限なく成長を続けるんだ。
真冬でもお構いなしだねえ。 その結果すが入ってしまったりするんだよ。

その成長を止めてしまおうというのがこの作戦なんだ。 だから葉の根元が残っていて、また伸びて来てはは困るんだよね。
それで茎のところ、つまり首を切ってしまえばもう葉は伸びて来ないので安心ということだ。








これが首を切ったダイコン畑だ。

画像

何だが変な感じだろう。

でも、これで長く畑に置いておいても大丈夫だからね。
全部収穫してしまってもいいんだけど保存に困るだろう。 これだと畑に放っておけるからね。
だからこういうことも知っておくとなかなか便利だってことだ。



なるほど、それはわかったけど、それじゃあニンジンも同じようにした方がいいんだな?

いやいや、それは違うよ。 ニンジンはダイコンのように際限もなく成長したりはしないんだ。
だから葉を付けたままで放置して大丈夫だよ。 でも早めに収穫した方がいいけどね。




あ、そうそう、ヒゲ根のところで言い忘れたけど、甘いダイコンと辛いダイコンの見分け方って知ってるよね。

えっ、知らない? これって以前にも何度かやったんだけどなあ。


ま、いいか。この際だからもう一度教えてあげようか。

ヒゲ根ってのは、ダイコンの左右両側に付いているのは知っているよね。 
全体に疎らにあるんじゃないんだよ。必ずダイコンの両側に並んでいて、実はこれは双葉の出る方向と一致しているんだよ。

そこまで注意して見たことない?
うーん、まあ普通はそうだろうねえ。 でも今後は注意して見てほしいなあ。

スーパーなんかの店頭に並んでいるものは、綺麗にヒゲ根は整理してある場合が多いので、その場合はえくぼを探してみるといいよ。

このひげ根の穴が一直線に真っ直ぐ並んでいるものは、まず間違いなく甘くて美味しいダイコンだよ。
これがバラバラだったり、捻れていたりするものは、たいていは辛いダイコンだから、特に辛いダイコンがほしいとき以外は買わない方がいいねえ。


これはダイコンが地中から伸び上がってくるときに、何の苦労もなく素直に真っ直ぐ伸びてきたものは、えくぼが一列に並んでいるんだねえ。
ところが何らかの原因で苦労しながら伸びてきたものは、捻れていたりバラバラだったりするんだよ。

で、その苦労した分辛みが強いというわけだ。 これ、ホントだからね。

ま、これはおまけの話だ。





ということで、今日はソラマメの芯止めとダイコンの首切りという話だったけど如何だったかな。
ダイコンはともかくソラマメを作っている人は少ないので、あまり面白くなかったかもね。



今日は昼過ぎから雷とともに冷たい雨が降りだした。 あまり強い雨ではないけど、やみそうな気配もないねえ。
何だか近頃は畑が乾く前に次の雨が降るので、やりにくくてしょうがないよ。

一応、タマネギの準備はできているので、作業という意味では大丈夫だけどね。
もう少しカラッとした天気が続いてほしいもんだね。




ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






















この記事へのコメント

基父
2012年11月29日 23:49
 大根の首切り、とても参考になりました。やってみます。
ところで、一つ教えて下さい。
ジャガイモを植えたのですが、(少し植え付けが遅かった気もする)茎はそこそこ大きくなりましたが、花が咲いた気配がありません。(時たましか畑に出ないものですから)
 そろそろ収穫時期になると思うのですが、これって失敗でしょうか?
豊富なご経験から御指南お願いします。(度素人な質問ですいません)
よろしくお願いします。
2012年11月30日 07:46
おはようございます。2度切りとは驚きました。なぁ-んにもわからない身には驚きの連続です。「コツ」工夫。
値段は別として、年中、野菜がス-パ-などにあふれてますが、やはり自分でつくった野菜が愛着あり、おいしいものですね。
優香
2012年11月30日 10:50
いつも参考にさせていただいています
私も葉付き大根が手に入ったときにはすぐに葉を切り落とすように心がけていますが、そのあと水分が蒸発しそうな気がして切り落とした部分にラップをします
記事を読ませていただくと畑にそのままにしておくようですが、ラップって無意味だったんですかねぇ
2012年11月30日 11:52
えええええええ~~~
首切りのこの状態で土の中にいけないでも
長く畑に置いて大丈夫なんですか?
これはいい事を知りました。
早速試してみます。霜にもOK?
未来丸
2012年11月30日 11:57
はじめまして
今年から菜園始めたのですが、とても参考になり 「知らなかった! や そーなんだ!」の連続です。ちょくちょく覗かせてもらっていますが、さっそく大きくなりすぎた大根の首切りをしようと思います。とても良い記事有難うございました。
2012年11月30日 12:35
こんにちは~
畑にそのままと言うのは、なるほどです。
我が家はずっと山の畑で採れたものを、こちらで土の中に埋めておいて食べてました。義母は大雪が降る前に、取り込んで発砲スチロールに入れたり、畑で寄せて土に埋めたりしてました。
所変わればですね・・
そう言えば、この前大根を取り入れた時に、パチっと縦に割れ目が入ったので、早く収穫せよ・・という意味かなと思ったりしましたが、ヒゲおやじさんはそうしたことないでしょうか。
2012年11月30日 16:25
まあまあまあ~!(笑)
確かに穏やかな題名ではないですね^^;
でも、こういう題名に惹かれちゃうんですよね(笑)
う~~ん!大根の首切りかぁ!
いいねぇ~!
。。。って、何が良いんだか内容を
ちゃんとハ把握しなくちゃね^^;

そういえば聞いたけど忘れてました><
甘い大根と辛い大根の見分け方。
途中で、あぁ~!確かに聞いたことある!
。。。って!遅いよね^^;

これから、寒風にさらされながらの畑仕事。
おやじさん、良い加減(笑)で
仕事してくださいよ^^q
ヒゲおやじ
2012年12月01日 10:47
基父さん、ありがとうございます。
ジャガイモの花は気象条件(主に気温)や品種によって咲く場合もあれば全く咲かない場合もあります。芋の出来には関係ありません。
ジャガイモの茎が倒れて少し葉が黄色くなってきたら収穫時期です。
ヒゲおやじ
2012年12月01日 10:49
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
そうですね、一番は安全安心と味ですね。特に味は売っているものとは比べものになりません。でも、本当はそれよりも作るのが面白いというか好きなのでやっているのですよ。
ヒゲおやじ
2012年12月01日 10:55
優香さん、ありがとうございます。
いえいえ、ラップは無意味ではありません。切り口の乾燥を防ぐためには良いことです。切り口はラップで蓋をして、新聞紙でくるんで冷蔵庫の野菜室に立てて保存するのが一番いいですよ。畑で立っているものは、寝かせて保存するのはよくありません。立ち上がろうとしてエネルギーを使ってしまいます。つまり味が悪くなるということです。ネギなどは立てて冷蔵庫に入れるのは難しいですが、その場合は使う大きさに切って、保冷パックに入れて冷凍室に保存するといいですよ。これなら新鮮さが保てますし、使うときもそのままパッと使えるので便利です。
ヒゲおやじ
2012年12月01日 10:58
ろこさん、ありがとうございます。
こちらではこのまま冬越しする人も多いですよ。ただし、霜柱が立つほど冷え込む地域では、ダイコンが凍る恐れがありますので、無理かも知れませんね。試しに1本か2本、やってみてはどうですか。
ヒゲおやじ
2012年12月01日 11:02
未来丸さん、初めまして。ありがとうございます。
そちらの地域がわかりませんが、もの凄く冷え込む地方では無理かも知れませんよ。普通の霜くらいなら大丈夫です。かえって甘みが出て美味しくなります。
ヒゲおやじ
2012年12月01日 11:05
つれづれさん、ありがとうございます。
雪が積もるような地方では地中に埋めた方が安全です。こちらは暖かいですからね。
成長しすぎて割れてしまうことは、よくありますよ。特に乾燥が続いた後の雨だったりすると、割れることがあります。でも、目の前で割れるというのは経験がありませんねえ。
ヒゲおやじ
2012年12月01日 11:11
みつばさん、ありがとうございます。
こういうキャッチコピーのような題名を使うと、よく引っかかるのですよ(笑)。特に「正しい○○の仕方」とか「間違いのない△△の植え方」なんてやると、ネットから検索でやって来る人がたくさんあります。一回限りの人もいれば、そのまま読者になってくれる人もいたりして様々です。
一時期そういうやり方をしたこともあるのですけど、中身がつまらないと結局は去って行ってしまうので、いまはもう正統派のやり方(?)でやっています。ダイコンの首切りは普通の言葉ですよ(笑)。
はなはなななこ
2012年12月01日 20:57
ソラマメ、知りませんでした~っ!!
親芽ぐいぐい伸びてます。
12月に入っちゃったから、もう終わり頃に根元からいっちゃおうかな。
このブログ見なければそのまま育ててました~っ!
ヒゲおやじ
2012年12月01日 21:41
はなはなななこさん、ありがとうございます。
脇芽が大きくなっていたら、もう根元から切ってもいいですよ。
12月の終わり頃というのは、拘らなくていいです。
あっちゃん
2014年02月15日 20:36
教えてください 空豆を植えてます ”葉っぱが黒くなる”からでお宅のブログにたどり着きましたわけで・・・
親芽切る事初耳でおっ魂げておりやす 2月半ばですが今から親芽を切ってもよござんすか?ご指導のほどお願いいたしやすです
ヒゲおやじ
2014年02月15日 23:01
あっちゃんさん、ありがとうございます。
はい、今からでも大丈夫です。親芽には花付きが悪いので、早めに切ってしまうのが得策です。
あっちゃん
2014年02月17日 21:10
ありがとさんどす
早速、親芽を切って見ました。が やはりタイミングがずれると難しいもんだすなぁー 親芽かはたまた脇芽か分かりにくいんだす
これからもブログみて取り入れさしていただきやす
ミッキー
2017年01月11日 21:37
大根の葉切りを初めてやってみました。
今日見ると、切り口が十字にひび割れていました。
失敗ですか?もう食べれませんか?
ヒゲおやじ
2017年01月12日 23:21
ミッキーさん、ありがとうございます。
いやー、それは食べて見ないと何ともわかりません。
雨が降って急激に膨らんだりすると、割れることはよくあります。
もうこの時期ですから、早めに食べてしまうのが一番ですよ。
てなければ、干し大根とか漬け物にするとか。 できるだけ早く収穫してしまいましょう。
ミッキー
2017年01月13日 19:16
はい、試しに食べてみます。
収穫も早めに。
これからもブログ楽しみにしてます。

この記事へのトラックバック