ジャガイモの種芋調達 & 芽出し作業!

そろそろ種芋を調達しないと間に合わなくなってしまいそうだ。
ということで朝から急いでホームセンターへ。 
まずは種芋ゲット、その後芽出し作業だね。


えっ、まだ種芋買ってなかったのって言われそうだねえ。 そうなんだよな。ヒゲおやじ流は何でも遅いんだ。
今日も地主さんと会って色々話していると、「えっ、まだ植えてないんですか」って言われてしまったよ。

農家は早いからねえ。 ジャガイモは梅雨入りまでには掘り上げてしまうという原則があって、それに従うとなるべく早く植え付けるのがよいとなるんだなあ。 もちろんこれにも一理あるんだよ。
梅雨に入って雨が降り出すと、掘りたくても掘れないからねえ。その前に掘ってしまおうという作戦だ。

それともう一つは田植えに間に合わなくなるというのがあるんだねえ。
こちらの方が大きな理由だと思っているんだけどね。


でも、ヒゲおやじは田植えはしないので関係なし。もちろん梅雨入りより前には収穫するんだよ。
だけど急がない。

何で?
慌てる乞食は貰いが少ない。 いやいや、そうじゃなくて、早く芽が出て霜に当たると枯れてしまうんだよね。
だから霜の心配がない桜の花が咲く頃に芽が出るように植えるのがベストと言われているんだ。

春ジャガの場合、植え付けてから芽がでるのに4週間から5週間かかると言われているので、そうなると2月の下旬くらいが適期となるんだねえ。


農家の都合とヒゲおやじみたいな家庭菜園は違うからね。そこらはよく考えてやる方がいいよ。




ということで種芋を買ってきたよ。

画像

これは極めて一般的な男爵芋だねえ。

今年植え付けるのはこの男爵芋と十勝こがねを予定しているんだ。
今までは男爵とキタアカリを植えていたんだけど、どうもキタアカリの評判が悪くてねえ。

いや、ホクホクして味は良いのだけど煮崩れがひどいんだ。 ジャガバタなんかだと最高だと思うんだけどね。

それで今年は主に男爵、それから十勝こがねを試しに植えてみることにしたんだ。



もちろんこれは信用のできる種苗センターのものだよ。

よく、市販の食用のジャガイモを植える人がいるけど、これは絶対に止めた方がいいねえ。
市販のジャガイモには、「ジャガイモシストセンチュウ」とか「そうか病細菌」などが付いていることが多いんだよね。これらは一度畑に入ると駆逐は不可能と言われているからねえ。

これに汚染されて地域全体でジャガイモの栽培ができなくなってしまったところもあるんだよ。
だから自分の責任だけでは終わらなくなる可能性もあるので、これだけは絶対に避けよう。






さて、買ってきたはいいけど、このまま植え付けをする訳ではないんだなあ。
芽出し作業というのをやるんだ。

もちろんこのまま植え付けてもできるにはできるんだけど、10個に1個か2個くらい芽が出ないやつがあるだろう。 植え付ける限りには全部芽を出させたいよね。 そのためには芽出しという作業が必要なんだ。

それともう一つ、これをやっておくと後の成長が早くて、遅く植えても梅雨入りまでに収穫が可能なんだよ。
どうだ、いいことだらけだろう。 これをやらない手はないねえ。


やるのは簡単。太陽に当てればいいだけだ。 これを浴光育芽とか浴光催芽とか言うんだ。
厳密に言うとこの二つは違うらしいんだけど、素人の我々には関係ないよね。 要するに太陽にあてて芽を出させてやろうというだけの話だからね。


難しい話は置いといて、ジャガイモは低温貯蔵庫で保存されているために休眠状態にあるんだ。
そのまま植え付けてもなかなか萌芽しないんだよね。
それを光に当てて目を覚まさせてやろうというのが催芽で、その芽を育てようというのが育芽らしいんだけど、どちらも同じようなもんだ。



では早速やってみよう。

まず、何でもいいんだけど段ボールか何かがあると都合がいいねえ。なければスーパーで貰ってこよう。

下に新聞か何かを敷くといいねえ。
その上にただ並べるだけだよ。

画像

はい、これで出来上がりだ。簡単だろう。

でも、細かいことを言うと、ここにもちょっとしたコツがあるんだよ。








これ、な~んだ。

画像

何だって、ジャガイモに決まっているだろうが。

いやいや、そういう意味じゃなくて、真ん中にあるものだ。


知らん? わからん?
これはジャガイモのへそだよ。

へー、ジャガイモにもへそがあるんだ。
そうなんだよね。 これはジャガイモが茎と繋がっていた跡なんだ。 つまり人間で言うとへその緒だね。

ここから養分をやりとりしていたんだよ。


なのでここからは芽は出ないんだ。 こちら側には芽の出る笑窪ががないだろう。

反対側を見てみると。

画像

ほら、笑窪があった。 

ここから芽が出るんだねえ。


なので、あまり神経質になる必要はないけど、できればこちら側を上にしてやる方がより効果が高いということだねえ。




さて、これで準備はできたんだけど、どこに置こうかなあ。

これがまた厄介なんだ。


育苗棚なんて最適だろう。暖かいし日はよく当たるし。

画像

実は、ブブー!

残念でした。ここは最悪の場所なんだよね。









ほら、この時点で既に30℃だよ。

画像

まだ午前中だからね。


実は25℃以上になると、黒色心腐とかいうものになって腐ってしまうんだそうだ。

最適の場所は、低温で強光の場所。 つまり温度が低くて光がよく当たる場所なんだ。
これはまた難しいねえ。








南側のよく日が当たる場所に置いてみたら。

画像

何と、あっという間に40℃だよ。

家の壁の反射の影響もあったのかもね。


困ったなあと、あちこち探して、一番冷たいところを見つけたよ。






そう、タイルの上だ。

画像

直ぐ上のコンクリートもそこそこ冷たいんだけど、比べて見るとタイルの方がはるかに冷たいんだねえ。

しかも若干南向きに傾斜しているし、ここなら日はよく当たるよ。

よし、ここにしよう。



要するに戸外の直射日光下が最適の場所で、一番いいのは畑の真ん中にシートを敷いてその上に並べておくのだそうだ。
ただし夜間に零度以下になって凍結するとアウトだからね。 夜は取り込まないと。

ヒゲおやじはそんな面倒なことはできないからね。




ということで、ヒゲおやじも夕方には育苗棚に収納。

画像

念のために上に段ボールを掛けておいたんだ。

これなら冷え込んでも凍結することはないだろう。



これで大体2週間から4週間で芽が出るんだ。
最適は5㎜から7㎜くらいだね。 それ以上になると植え付け作業の間に折れてしまったりするからね。




さあ、これで種芋の調達と芽出し作業は終了だよ。
植え付けの時はまた改めてやるからね。





今日は暖かくて穏やかな天気だったねえ。

久し振りに社長も出てきて畝作りだ。

画像










ヒゲおやじも冬の養生その1をやっつけたよ。

やったのはこの畝。

画像









これで空いているところは全部耕して終わった。

画像

後は時期を見て石灰を入れたり堆肥を投入したりだね。

それはもう少し先だ。



明日もいい天気らしいので畑の方も行ってみないといけないなあ。



ありがとうございます。









明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ




この記事へのコメント

基父
2013年01月31日 00:06
 とっても勉強になりました。
この春は是非この方法で取り組んでみたいと思います。
昨年の秋は大失敗だったので・・・。
to-koです
2013年01月31日 10:03
おやじさん、私も男爵とキタアカリ買いました。アンデスというのも植えるつもりです。アンデスもホクホクですが荷崩れするみたいです。フライドポテトが最高です。芽出しをするの低温で強光の場所に干せばいいのですね。難しいですね。場所探さないと。又、真似します。今年はおやじさんの真似させていただきます。
この畝は長さどれ位ありますか?
2013年01月31日 16:21
土地によってジャガイモの栽培もずいぶん時期的な差があるのですね。
梅雨前に収穫するのですね。
私の実家ではジャガイモの事を「ごがついも」と言っていました。
どうしてかと言うと「5月に収穫するからだ」と母が教えてくれました。
ごつごつしたジャガイモの雰囲気が出ているようで私はこの呼び方が好きでした。
でも、こちらでは3月の畑はまだ雪の下だったりすることもあって、4月になっても種芋を売っていますよ。
梅雨が明けてから掘るようです。
ヒゲおやじ
2013年01月31日 22:39
基父さん、ありがとうございます。
このやり方だとまず失敗はありません。100%ではないですけどね。
是非試してみてください。
ヒゲおやじ
2013年01月31日 22:42
to-koさん、ありがとうございます。
はい、低温で強光というのは意外と難しいです。でもやってみてください。
駄目ならまた来年考えましょう(笑)。家庭菜園なんて、そんなものですよ。それがまた面白いのです。
畝ですか。今年は10メートルの畝を2本使う予定です。
ヒゲおやじ
2013年01月31日 22:45
はなさん、ありがとうございます。
はい、ジャガイモは地域によって全く植え付け時期が違います。
北海道は6月ですからね。こちらは2月と10月、年に2回植え付けることができます。
ムチムチおばば
2013年02月01日 21:07
え?もう?と思いましたが
今日、お店に行ったらたくさん種芋が打っていました!
そうでなくても呑気な私ですが畑は先に先に準備しないと
いけませんね。そのまえに堆肥入れたり、あ~忙しくなります!
植え付けの様子も楽しみにしています。
ヒゲおやじ
2013年02月01日 21:57
ムチムチおばばさん、ありがとうございます。
あらら、そうですか。取り敢えず種芋をゲットしておくのも手ですよ。
そうですね、これから忙しくなります。ということは春が近いということですね。
はる
2013年02月03日 20:57
おやじさんのブログを見て、もうそんな時期かexclamationと気づき、私もホームセンター行って種芋ゲットしてきて、さっそく日当たりのいい場所に置きました。じゃがいもは私の小さなベランダ菜園のトップバッターです。

去年はキタアカリとインカの目覚めだったのですが出来がいまいちだったので、今年は男爵を袋栽培してみる予定です。うまくできるといいな。




ヒゲおやじ
2013年02月03日 22:23
はるさん、ありがとうございます。
はい、そんな時期ですよ(笑)。男爵が一番作りやすいですね。慣れていない人が変わった品種を作ると、大抵失敗します。
大丈夫です。ちゃんとできますから。
まさぼう
2013年02月06日 05:14
去年芽だしせず、買ってすぐ植え付けてしまったので、今年は参考にさせていただきます!!さっそく種イモ買ってこないと。
ヒゲおやじ
2013年02月06日 10:22
まさぼうさん、ありがとうございます。
芽出しは必ずしも必要ありませんが、やった方が確実に芽が出ます。
それと生育も早いようです。
のんきなおばさん
2014年02月10日 10:26
ヒゲおやじさん ありがとうございました
とっても 勉強になりました
今年は 是非この方法で植えて見たいと思います
昨年は 収穫量が少なかったので 今年はもう少し
量が増えるといいなぁ~
ヒゲおやじ
2014年02月10日 11:52
のんきなおばさんさん、ありがとうございます。
芽出しはやらない人の方が多いのですが、家庭菜園では是非やってほしいやり方です。ほぼ確実に芽が出ますので、それだけでも収量アップですよ。
奈々
2016年02月16日 15:48
とても参考になりました(^◇^)ありがとうございました
ヒゲおやじ
2016年02月16日 23:14
奈々さん、ありがとうございます。
参考になれば幸いです。 是非楽しみながら野菜作りをしてください。

この記事へのトラックバック