ソラマメの仕立て! そろそろかなあ。

ソラマメはしつけはそろそろ終わりに近づいたねえ。
ということは、そろそろ仕立てをやらなくては。
てなことで、今日はソラマメの仕立てだよ。


しつけはしつこいほど記事で読んだけど、仕立てって何よと思う人もいるかも知れないねえ。
しつけは仕立てをするための前段階と考えてくれるとわかりやすいかなあ。

本当は違うけどね。

って、またわけのわからんことを。


実はしつけと仕立ては目的が違うのであります。
しつけは、そうすることによってソラマメに負荷を与えて、よりたくさんの花や実を付けさせようという手段なんだよね。

それに対して仕立ては、日の光が満遍なく当たるように、風通しがよくなるように。結果としてアブラムシなどの害虫が付きににくくなったり、病気になりにくくなったりすることで、充実した実を作ろうという算段なんだねえ。

だから目的が違うんだ。 でも、仕立てに至る前段階の作業であることは間違いないんだよ。



理屈はともかく早速やってみよう。


こちらは畑の方のソラマメだ。

画像

こちらはI 字型に仕立てるんだったよね。


I 字型というのは、要するにソラマメの茎を直列にして育てる方式だね。









なので杭も1本だよ。

画像

こちらの端と向こうの端に1本ずつ杭を打つんだ。

そこに紐を張るんだねえ。

この紐は何の意味もないよ。 途中に適当な間隔で支柱を立てるんだけど、真っ直ぐに立てるための目安だねえ。 少々歪んでいても気にならない人は、こんなものは要らないんだ。








ほら、こんな感じで、紐に添って支柱を立てるんだ。

画像

支柱を立ててしまったら、この紐はお役御免だよ。









さて、ここからが本番だねえ。

この杭と支柱に紐をかけて、ソラマメを仕立てて行くんだよ。

こんな感じだねえ。

画像

2本の紐で左右から挟むんだよ。


ちょっとわかりにくいかなあ。







これならどうだ。

画像

何となく感じがわかるだろう。









それと、しつけの結果を見てもらわないと話にならないねえ。


これがそうだよ。

画像

ソラマメの軸が根元から左に寝かされて、そこから立ち上がっているだろう。

この寝かすのがしつけなんだよ。 そこから立ち上げるのが仕立てだね。









さあ、出来上がりだ。

画像

仕立てはこれで終わりじゃなくて、ソラマメの成長に合わせて2段目3段目と紐を張っていくんだよ。

もちろん、もう一つの大きな意味は、倒伏防止だけどね。

ソラマメは図体が重いので、強い風が吹くと直ぐに根元から折れてしまうんだ。
それを防ぐために紐で支えてやるというのも、大きな目的の一つだよ。


これがI 字型、要するに直列式の仕立て方だねえ。



こちらが終わったので早速農園の方に移動しよう。







これが農園のソラマメだよ。

画像

こちらはV字型。つまり並列方式で育てようとしているんだねえ。


意味も目的も直列方式と全く同じだよ。 ただ、形が I 字型かV字型かと言う違いだけだ。








V字型にする以上、当然杭もV字だよ。

画像










途中に適当な間隔で支柱を立てていこう。

画像










後はもうやり方は同じだよ。

杭と支柱を使ってソラマメを2本の紐で挟んでやるだけだ。


ほら、こんな具合だねえ。

画像

直列式と違うのは、真ん中から左右に分けるようにしつけて、2列で立ち上げるんだ。

つまり直列ではなくて並列に仕立てるということだね。









さあ、こちらも出来上がりだよ。

画像

まだソラマメの背丈が低いので、はっきりとV字が見えないけどね。

こちらも2段目3段目になると、ハッキリ見えてくるからね。


この作業はもう少し後でもよかったんだけど、早めにやっておくと楽だからね。


こんな作業は指導本には一切書いていないけど、この辺りの生産農家は本当に真剣にやっているんだよ。
これをやるとやらないとでは豆の品質と収量がまるきり違うからねえ。

これこそ農家の昔ながらの知恵だねえ。







代わり映えしないけど、今日の農園だよ。

画像

まだ青いものが少ないのでつまらないけど、そのうちに緑一色になるからね。 草も含めて(笑)。



ヒゲおやじの家の近くの草地でヒバリが鳴く始めたねえ。
まだ空高くではないけどね。 草地の少しだけ小高いところで盛んに鳴いているよ。

声を聞いて思わず空を見上げたけど、何も見えなかったねえ。 そらそうだ、地上で鳴いているんだから。
カメラを持っていなかったのが不運。 直ぐ目の前だったんだけどねえ。


ヒバリって案外物怖じしないというか、人が近づいても逃げないんだよ。 盛んに鳴いているときなんかだと、1メートルくらいまで近寄っても、夢中で鳴いているんだ。 その時は雌を呼んでいるときだと思うんだけどね。


ヒバリが鳴き始めたら春も近いよ。 ウグイスはまだだけどね。
谷のウグイス 歌は思えど だね。



ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


この記事へのコメント

自由人
2013年02月17日 16:02
空豆の強制栽培は1昨年からでしたね。苗を抑制して其の分実に栄養を行き渡らせるやりかたで。何時も立派なソラマメで感心してます。今でも野菜畑とファーム(農園)を兼用しているようですが。立ち退きの件どうなりましたか?確か去年の春頃の話しでしたね。立春からはもう2週間が立とうというのに、今朝は一段と冷えて気温も上がらず真冬並みの寒さでした。明日は午後から雨だそうですね。
ヒゲおやじ
2013年02月17日 23:05
自由人さん、ありがとうございます。
よく覚えていますねえ。そのとおりです。
立ち退きの話は未だに何の連絡もありません。多分流れてしまったのでしょうね。こういう連絡を何もしてこないところが、極めて気分の悪いところです。
ツモリペニー
2013年02月18日 07:08
この前は御助言ありがとうございました!じゃがいもを隅っこで育てながら夏野菜に向けての土作りをしていこうと思います!
ヒゲおやじさんはユーモアがあって面白いです(*^^*)センスが良い(^∀^)
最後の農園の様子の写真にチラッと写っている『ヒゲおやじ農園』看板!いいですね~!
私も看板立てれるような立派な畑にしたいです(*^^*)
ヒゲおやじ
2013年02月18日 09:55
ツモリペニーさん、ありがとうございます。
看板を立てると「ここは私が作っています」と宣言しているようなものですから、あまりおかしなことはできなくなります。不精者には良いかも知れませんね(笑)。
2013年02月20日 05:01
いつもながら理路整然・・・美しい畑に職人を感じますねぇ♪
畑を作るなら ヒゲおやじさんのブログを見るべしと・・・
友人たちに 推薦しときましたよ~ ♪
はなはなななこ
2013年02月20日 21:54
こんばんは^^
大きめになったソラマメだけ、側芽をとりました^^
我が家は2条植えしてるのでしつけもなんだか難しそうで
どうしようかな~と悩んでます。
実は支柱立てが苦手なんです(゜ー゜;A
ただ、すでにたくさん花が咲いてるのが気になりますが・・・。
ヒゲおやじ
2013年02月20日 22:17
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
それはありがとうございます。お陰様でますます読者さんが増えています。
ヒゲおやじ
2013年02月20日 22:20
はなはなななこさん、ありがとうございます。
しつけは特に必要ありません。一株を5本から6本くらいにして育ててください。風には弱くて倒れてしまいますので、紐で補強するか何かする必要があります。

この記事へのトラックバック