ナスの手入れと支柱立て!  & サツマイモの畝作りも。

さあ、そろそろナスも完全に活き着いて成長を始めたので、手入れをしてやらないといけないねえ。
手入れって? それは脇芽欠きだの色々あるだろう。
まずは脇芽欠きと支柱立てだね。


はい、これが現在のナスだよ。

画像

根切りをして植えつけた後、ようやく成長が始まったよ。

もう大丈夫だね。
だから脇芽欠きをしてやらなくては。









では、早速脇芽欠きをしてやろう。

画像

まずは基本的な3本仕立てにするときの脇芽欠きだよ。

まずは真っ直ぐ伸びた芯芽が1だね。 2は第一花(オレンジ)の直ぐ下から出ている芽だ。
それプラスもう1本、3を育てて3本仕立てにするのが一般的なやり方だよ。

3についてはもう少し上から出てくる脇芽を使っても問題ないよ。 丈夫そうな元気な脇芽を使うといいねえ。



それ以外の脇芽は全部取ってしまうんだ。








さあ、できた。

画像

随分すっきりしただろう。

そうそう、下葉が枯れて地面に着いているようなものは切ってしまう方がいいよ。
泥はねなんかで病原菌が付着して、病気になったりするからね。










この後、しっかり支柱を立てて完成だよ。

画像

この支柱は4本仕立てにするときの、紐の支点になるのでしっかりと差し込んでおこう。

えっ、3本仕立てじゃないの?
あ、そうだよ。 これは一番基本的な3本仕立てをする人のために、それ用の脇芽欠きの説明をしただけで、ヒゲおやじはもう1本脇芽を伸ばして4本仕立てにするんだ。










さあ、これで手入れは終了だよ。

画像

終了とは言っても、取り敢えずだからね。

この後も頻繁に脇芽欠きはやらないといけないんだ。 だからこれで終わりじゃないからね。








この後は本格的な支柱立てだよ。

まずは必要な杭を打とう。

画像

これはなくてもできなくはないけど、やはり不安定になるので、できれば丈夫な杭を打つ方がいいねえ。









杭を打って横に支柱を渡したら、いよいよ支柱立てだよ。


さて、どうしようかなあ。 いやいや、迷ってしまうんだよね。

何がって、支柱の角度だよ。


いやー、あのね。本当はこれくらいの角度に立てたいんだよね。

画像

これでナスの枝を思い切り広げて誘引するんだよ。

どうだ、これなら中に思い切り日が当たるだろう。 それに密集もしないしね。









でもね。 これだと、ほら。 通路は塞いでしまうし、隣の畝まで伸びてしまうんだなあ。

画像

この畑はそこそこ畝も大きいし通路も広いんだけどね。

それでもこんなことになってしまうんだよ。


だからこの方式を本格的にやろうとすると、とても広い畑が必要になるねえ。
最近プロの農家がこの方式を取り入れてやっているのを見ることがあるけど、それは畝なんか関係ないんだねえ。 広いところにナスを植えて、鉄パイプの支柱を思い切り広げて。

うーん、これならなんぼでもできるだろうなあ。



でも、制限のある家庭菜園ではそんなことはできないからね。



で、まあ精々こんなところかなあ。

画像

これでもやらないよりはましだからね。










てなことで、出来上がったのがこれだよ。

画像

なかなかいい感じだろう。










はい、完成。

画像

誘引の仕方は、脇芽が伸びてきたらまたやるからね。


で、ここまでが昨日の作業だよ。
何か一日遅れでやるのもやりづらいねえ。

ずーっとリアルでやってきたので、あたかもリアルであるかのように記事を書くってのは、何ともどうも気恥ずかしいというか、脳味噌がむずむずするというか、やりにくいもんだねえ。





せめてリアルな記事をということで。

ありゃっ、やられたなあ。

画像

カラスだねえ。

まだ新しいよ。 ヒゲおやじが作業をしている間にやったらしいなあ。










あっ、こっちにも。

画像

確かに今は一番柔らかくて美味しい時期ではあるんだよね。


そう言えば地主さんに、「ヒゲおやじさん、ここはカラスが来るから、この辺りだけでも紐を張っておいた方がいいですよ」と言われていたんだよね。

まさにその辺りをやられてしまったよ。



でも、今更紐を張る気にはなれないしねえ。


よし、カラスより先に採ってしまえばいいんだ。
てなことで、ソラマメの収穫。


ジャーン!

画像

どうだ、美味しそうだろう。

実は、美味しそうじゃなくて、本当に美味しいんだぞ。 今日早速食べたけどね。


あ、皮を剥いてあるのは、実がどのくらい充実しているのかを確認したかったのと、みんなにも見てほしかったというわけだね。



というわけで、今日もフル活動。

いやー、天気もいいし風は爽やか。 汗もかかない程度の気温で最高だねえ。
これって、ハワイ気分かなあ。


今はやることがたくさんあって忙しいからねえ。 忙しいっていいことだよ。 だって、元気の秘訣だもんね。
人間暇だとろくなことはないよ。 長生きをしたければ忙しく働きなさい。



さて、サツマイモの植え付けをいつにしようかなあ。
今度雨が降る前日なんてのが最高なんだけどね。 水遣りをあまりしなくていいからね(笑)。


サツマイモ? あ、そうだ。その話を忘れていたよ。
実はサツマイモの畝作りもしたんだ。


えっ、これからやるの?  うーん、直ぐ終わるから。

これがその畝で。

画像

ここは、冬の種蒔き大実験をしたところだよ。


なので、あまり肥料は消費されていないと思うんだよね。

ならば少し堆肥を入れるくらいでいいだろう。









てなことで、少量の堆肥を。

画像

あ、知っているかな?

サツマイモって、もの凄く肥料の吸収力が強いんだよ。
だから、肥料は極薄めに。 前作の肥料が残っているようならやらない方がいいねえ。

肥料をやり過ぎるとどうなる?

そう、いつも話に出てくる蔓呆けだね。 蔓だけは立派に育つんだけど、芋はさっぱり着かない。
だからやり過ぎるよりはやらない方がいいんだよ。


今年は珍しくお隣さんが、「肥料はやらずに育てる」と宣言。 へー、珍しいこともあるもんだねえ。
あれほどヒゲおやじが「肥料はやらない方がいいですよ」と言っても、「いやいや、これくらいは」と山のように堆肥を入れて、その上に化成肥料をばらまいていたのに、今年はやらないそうだ。

多分どこかで聞いてきたんだろうねえ。 あ、そうか、「家の光」とかの農業雑誌を読んでいるようだから、そこに書いてあったのかも知れないね。 あ、この雑誌はわりと真面目な面白いことを書いてある本だよ。

それがすべてと信じ切るのはちょっとどうかと思うけど、いいとこ取りで参考にはなるねえ。


オットット、また脱線しかかっているなあ。これでは終わらんぞ。




で、これができあがり。

画像

さあ、これでいつでも植え付けができるねえ。









それはそうと肝心の苗はどうなっているんだ?

あ、そうだったねえ。 これが今日の苗だよ。

画像

ほら、あのまんまだ。

ピンピンしているだろう。 このままで何日でも大丈夫だからね。


ヒゲおやじは植えつける前に乾かして萎びてから植えつけるんだ。
だから植え付けの日を決めることが大事なんだよ。
 


てなことで、今日の話は終わり。

もう眠いよ、明日にしよう。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ












この記事へのコメント

oko-chan
2013年05月15日 05:51
おはようございます。
第一花のアドバイス(昨日)ありがとうございます。
茄子の手入れ、脇芽取りは気を付けています。下葉が枯れていたのでどうすれば?と思っていました。早速取ります。
毎朝、ブログ記事をチェックして、自分の畑(極小)に行くようにしています。

いつも参考にさせてもらっています。
讃岐のぴっぴ
2013年05月15日 15:16
おやじさんやられましたか。カラスは食通
写真のとおりでしたが、あれ以来来ません。
じゃがいもなのですが、先週まで色濃く元気
2~3日前より下葉が黄色・萎れてきています。
そろそろ実が入ったお知らせでしょうか?
博多のてるごろた
2013年05月15日 18:49
今日もお疲れ様です。お忙しい中の返信コメント有難うございます☆
今日の九州北部は、曇りの為かいくらか涼しく感じます。ヒゲおやじさんのおっしゃる通り、PM2.5の数値が昨日まで少々高かったのですが、今日は低いようです。喘息などをお持ちの方は外出も大変だと思います。数値が高そうな日は菜園(小さめ(^.^))作業後に、うがいをするようにはしてます。野菜にも少なからず影響を及ぼしてるだろうとは思いますが、収穫の時の嬉しさを考えるとやめられません。
こちらのブログにお世話になりつつ、美味で大量の収穫目指して今季も頑張りまーす☆
ムチムチおばば
2013年05月15日 22:00
ナスの支柱、すごいですね~!完璧。
私は、今年、京まんじゅう、という丸いナスも植えてみました。
またまた料理がナスナスナス。。。になるかもしれません。
今は、スナップエンドウと小松菜でしのいでます。(笑)
おにいさん
2013年05月15日 22:39
安納芋と普通のサツマイモ(昨年の収穫分です)、2種の床を作って苗作りにチャレンジしています。でもまだ芋の先にほんの小さな芽が出たばかり。福岡でもホームセンターで苗を売り出していますが、自作の苗を諦めて、もう買った方が良いのか・・・迷っています。自作の苗ができるのは、おそらく1ヶ月ほど先。これでは植え付けに遅すぎるでしょうか。そんなこと訊かれても・・・と呆れられそうで怖いですが、何かアドバイスを頂けると嬉しいです。
ヒゲおやじ
2013年05月15日 23:29
oko-chanさん、ありがとうございます。
ナスもトマトも下葉が地面に直接触れているような場合は切った方が無難ですよ。ヒゲおやじはそうしています。
ヒゲおやじ
2013年05月15日 23:32
讃岐のぴっぴさん、ありがとうございます。
はいはい、そろそろのようですね。もうすぐ茎が倒れてきますから、それまで待ちましょう。茎が完全に倒れたら、これはもう完熟です。いつでも収穫してください。その頃には葉も全部黄色くなりますけどね。
ヒゲおやじ
2013年05月15日 23:34
博多のてるごろたさん、ありがとうございます。
そうですねえ、野菜だけてなくて色々なものに影響があるでしょうね。
それがわからないというのが何ともやりにくいですねえ。
でも、意識はしながらも、やることはやらなければ(笑)。
ヒゲおやじ
2013年05月15日 23:36
ムチムチおばばさん、ありがとうございます。
そうなんですよね。ナスが採れ始めると、今日もナス明日もナスで、たまには違うものを食べさせてくれと言いたくなりますねえ(笑)。
今はエンドウが美味しいですね。マメご飯最高でした。
ヒゲおやじ
2013年05月15日 23:42
おにいさん、ありがとうございます。
ありゃー、苗作りに挑戦ですか。これって面白いのですけど、そうとう早くからやらないとなかなか蔓は出ませんよ。ヒゲおやじも去年安納芋をやりましたけど、結局他所さんが収穫する頃に蔓がたくさん出ましたよ。
まだ寒い内に堆肥の中に突っ込んでおくといいらしいですよ。
そうですね、このままだと遅すぎるでしょうね。できれば6月の初め、遅くても中頃までには植えたいところですねえ。ある程度先に蔓を買って植えておいてはどうですか。間に合えばよし、間に合わなくても仕方がないという作戦がいいと思います。
おにいさん
2013年05月16日 22:05
ヒゲおやじさん、お返事をありがとうございます。
確かにそうですねぇ。自作の苗が間に合わないと分かった時には、ホームセンターの苗もなくなっているでしょうし・・・。やっぱり適期がありますものね。はい、今回も買っておくことにします。ありがとうございました。


確かにまだ寒い時期に、周囲の方々はビニールで覆った芋床を作っていました。立ち話で教えて下さった方もいたのですが、ビニールをかけないと本当に育たないのか試してみたくなってしまい・・・。前述の通り、実験は失敗の可能性大です。来年の教訓にします(苦笑)。
ヒゲおやじ
2013年05月16日 23:10
おにいさん、ありがとうございます。
はい、トンネル栽培が必須のようです。それでも地温が低いので、堆肥の分解熱を利用するそうですよ。農業は毎年が実験みたいなもので、それがまた面白くてやっているようなものですね(笑)。
磯武者
2013年05月20日 17:19
オヤジさん正解!パチパチパチ!!お彼岸頃種芋を植えとくと、間に合いますよ。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 00:11
磯武者さん、ありがとうございます。
お彼岸頃ですか。そうでしょうねえ。かなり暖かくしておかないと難しいようです。

この記事へのトラックバック

  • VISVIM 通販

    Excerpt: ナスの手入れと支柱立て!  & サツマイモの畝作りも。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-09 12:44