トマトの脇芽欠き! 特に台芽にご用心。

土曜日は仕事で、日曜日は雨で畑作業はお休み。 
何か久し振りだねえ。 大体こういう時は何かあるんだよな。 まさか昨日のようなことはないと思うけどね。
畑でまず最初にチェックするのはトマトだよ。 何が何でもトマトだ。


何でって、二日も見てなければ絶対に脇芽が出ているからね。

えーっ、たった二日で? って、言っている人は、本気でトマトを作ったことがない人だね。


ほら、見てごらん。

画像

な、ちゃんと出ているだろう。


どれが?

あ、そうか。 普段見ていない人にはわかりづらいかもね。





それでは、ここでクイズだ。

次の映像のうち、脇芽はどれでしょう。

画像

わかるかな?

わかった! おー、素晴らしい。 そういう人は多分普段から見慣れているんだねえ。







では、正解を。

画像

そう、これが脇芽だねえ。

1を選んだ人、残念。


これをよく間違えるんだよね。
だって、2は真っ直ぐに上に伸びているだろう。 だからこれを芯芽と見間違えるんだねえ。

答えは、1が芯芽、2が脇芽、3は葉だよ。
だから摘まないといけないのは2ということだね。










はい、こんな具合だよ。

画像



こういうのがもうたくさんあるんだねえ。







ほら、こちらもそうだよ。

画像

もう、どれが脇芽かわかるよね。











では、カットしよう。

画像

カットと言っても、ハサミなんぞを使ってはいけないよ。

もし、ウイルス病とかに感染していると、同じハサミで切ると病気が感染してしまうからね。
だから、指でポキッと。

簡単に折れるからね。




さあ、これで綺麗になった。 と思うだろう?

それが大きな間違いなんだ。 脇芽って、上だけにできるんじゃないよ。

ははー、って、賢明な皆さんは思い出したかな? そう、数日前にピーマンでやったよね。
えっ、見てない? あー、それはいかんなあ。 ヒゲおやじブログは毎日見ないと損するようになっているからね。

って、自己宣伝かよ。見苦しい。

あ、はい、すんません。



それはそれとして、トマトの場合は、というか接ぎ木苗の場合は必ず出るので見逃さないことが大切だよ。


では、もう一度おさらいをしよう。


見えるかな? これが台芽というやつだよ。

画像


うーん、ちょっと藁が邪魔になってわかりにくいかなあ。









では、藁を除けてみよう。

画像

ほーら、はっきり見えるだろう。

オレンジで印をした左右に伸びているのが台芽というヤツだよ。











もうちょっと拡大して見よう。

画像

オレンジの印は脇芽だよね。

それで赤で印をしたのが接いだところだよ。

つまり接ぎ木苗だから、台になる木と苗をつないだ継ぎ目だね。
この意味はわかるよね。 台木になるのは連作や病害虫に強い野生のものが使われることが多いんだ。

トマトもナス科だから、野生のナスに接ぎ木してもできるんだよ。
でも、台木に何を使っているかは表示がないのでわからないけどね。



で、この継ぎ目より下から出る芽のことを台芽と言うんだよ。
つまり台木から出た芽という意味だね。



何で、この台芽を目の敵にしないといけないかというと、それが接ぎ木苗の宿命なんだなあ。
要するに、台木とその上に接いだ苗との勢力争いの話だ。

苗の方は台木から栄養や水分を貰っているので、偉そうなことは言えないんだなあ。
まあ、言ってみれば安アパートの住人みたいなもんだ。

ところが一方の台芽は、アパートの大家の息子だから好き勝手ができるんだねえ。
住人は住まわせて貰っているから家賃を払うよね。 つまり水分や養分を台木から貰っているから、お返しに光合成して作った成分を台木に返しているんだ。
一方の台芽の方は、家賃も払わなくてよいので、大威張りで本来なら住人の方に行くべき養分をふんだくって、自分のために使ってしまうんだ。


そうなると、どうなるかな?

そうだねえ、台芽の方がはるかに勢力が強いので、接ぎ木の苗はアパートを追い出されてしまうんだねえ。
残った台芽は、自分の花を咲かせて自分の実を生らせて、子孫繁栄を図るって寸法だねえ。



だから、台芽は見つけ次第取らないといけないんだよ。





ということで、台芽退治。

画像

さあ、これで綺麗さっぱり。


と、思うだろう。
でも違うよ。 台芽はしつこいんだ。 何回でも出てくるからね。

上の方の脇芽ばかり見ていないで、毎回下の方も見ないといけないよ。




これって、トマトに限らず接ぎ木苗を使っている人は必ずチェックしないといけないよ。
キュウリもゴーヤーもメロンもスイカも、ウリ科のものはたいていカボチャを使っているからね。

スイカを植えたつもりなのにカボチャができたなんて、普通の話だからね。
それは台芽を取らなかったのが原因だ。 何故でしょう? ではないんだよね。


ヒゲおやじも、去年だったかなあ、いや一昨年か。 ゴーヤーを植えっぱなしにしておいたらカボチャができていたことがあるからね。



まあ、世の中そんなもんだ。 強いものが勝つんだよね。

そうならないように、ちゃんと管理をしてやらないと。



てなことで、今日はトマトの管理のお話でした。




昨日の雨は大したことなかったけど、それでも畑の野菜達には恵みの雨になったねえ。
もう一斉に成長を始めたよ。 もちろん草もだけどね。

草は今のうちに取っておく方がいいよ。 大きくなるとやりにくいからねえ。

ヒゲおやじも今週一杯は天気がよさそうなので、草取りに専念することにしようかと思っているんだ。





ということで、今日はお終い。 また明日。



ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ




この記事へのコメント

ひめじん
2013年05月21日 01:07
台芽はいつも出てきますね。
出てこないものを選んだつもりでも出てくるので毎回チェックしています。
早めの駆除が大切で、遅れると苗がだめになるので注意が必要なのが接木の面倒なところ。
5センチくらいになるまでに刈り取ろうと心がけてます。
昨日も2本ほど台芽を駆除しました。
手間をかけただけおいしくなるのが作物でして、出来上がりが楽しみです。
(といっても7月以降なのですが)
2013年05月21日 07:48
台木の脇目の話しはアパートの話しで凄く分かりやすかったです! 今まで上の方ばかり気にしていましたがこれからは大家さんのドラ息子にも目を光らせますね ありがとうございました
はるはる
2013年05月21日 12:08
ヒゲおやじさんお久しぶりです!
大きいプランターにプチトマトと接木のナスを植えました
去年は植えてから根切りの方法を知ったので 今年初めて根切りして植えてみました!枝も伸びて順調です
今朝見たらナスの台木から芽が出ていたのでカットしました
いつも勉強させてもらってます
昨年たくさんできたオクラの実から種を取って蒔いたのですが ほんの数個しか芽が出ず・・
毎年前年の実から種を取って順調だったのですが 何年も続けるとよくないのでしょうか?
2013年05月21日 17:19
ヒゲおやじさん:今日は!
我が家の胡瓜が蔓も出ないうちに雌花を付けたので即、摘みました。
ナスもトマトも成長が今一ですが心配ないですよね?


夜盗虫でも腹が立つのに、収穫時期に盗難にあって腹が立ちましたね?
りき
2013年05月21日 17:55
そうですよね脇芽って おまえいつの間にこんなにでかく・・・って感じで
すくすくと(笑) でも 脇芽探しって結構好きなんですよ。
下の方の台芽は初耳でした。いつも勉強になります。ありがとうございます。
ひめじん
2013年05月21日 19:59
ヒゲおやじさんこんにちは。
いつも、面白く見させてもらっています。
芽の成長早いですよね。
芽が出てから定植するまでの期間が長いのに対して、伸びだしたら一気にのびる…。
私の都合も考えておくれと叫びたくなるくらいです(笑
草抜きと草の積み上げを行ったのですが、先日の雨のおかげで山のように生えていました。
草が2日の雨で10センチ以上延びていましたよ。悪の芽(雑草)は早いうちにつめと言うことで、今日できる範囲だけは終わらせてしまいました。
むにゃこ
2013年05月21日 21:14
ひげおやじさんこんばんは。トマトの脇芽取り、取る時の感触が好きで楽しくやっています。我が家には子供が種を撒いたミニトマトのちーっさな苗(全長3センチ程)も6ポットあり、これらの脇芽取りはいつになる事やら…です。苗を地植えし始めるとプランターに植えるのは億劫になってしまい、苗で買ったミニトマトは既に地植え、子供のトマト達もいずれは地植えでいいや…と思ってますが、ひげおやじさんちのトマト畑は毎年場所を移すんですか(連作障害の心配です)?我が家は本当に小さな場所なので、ミニトマトをちょこっと作る位なら連作障害は気にしなくてもいいでしょうか?トマトは今後も毎年作りたいと思ってます。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 23:28
ひめじんさん、ありがとうございます。
こまめに手をかけているようですね。それだけやれば美味しい野菜ができるでしょう。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 23:30
UMCさん、ありがとうございます。
はい、是非どら息子を退治してください。放置すると偉い目にあいますよ。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 23:36
はるはるさん、ありがとうございます。
そうですねえ、大抵の農家はそうやって種を採取してきたのですけどね。
オクラは何本植えましたか? たくさん植えていればほとんど問題ないはずなんですけどね。1本とかだと問題が起こる可能性があります。
つまり自家受粉になってしまうということです。同じ木の花同士で受粉すると、いわゆる近親交配ということで、遺伝子に異常が発生しやすいのですね。複数の木があると別の個体から受粉できるので、異常は発生しにくいのです。それが原因かどうかはわかりませんが、そういうことも考えられるという話です。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 23:39
愛ちゃん、ありがとうございます。
はい、キュウリは7段目、つまり7節くらいまでは脇芽も花も全部摘んでください。早くに実を付けさせると、後はサボってしまいますからね(笑)。
ナスもトマトもこれからですから、心配ないですよ。
盗難騒ぎはもう慣れていますから(笑)。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 23:41
りきさん、ありがとうございます。
脇芽欠きは結構くせになりますよ(笑)。あれ、面白いでしょう。
球には下をのぞき込んで、異常がないか確かめてください。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 23:44
ひめじんさん、ありがとうございます。
なかなか忙しそうですね。あまり無理をしないように、ボチボチやってください。
ヒゲおやじ
2013年05月21日 23:47
むにゃこさん、ありがとうございます。
はい、必ず場所を移動します。トマトの場合は3年間は作らないようにしています。ナス、トマト、ピーマン、シシトウ、ジャガイモは全部ナス科の植物ですので、連作障害が発生します。ですから、ジャガイモの後にナスを植えるなんてのもダメです。ナス科は種類が多いので、結構面倒ですよ。
はるはる
2013年05月22日 09:35
なるほど。ありがとうございます
昨年は4本のオクラを育て、今年はその種を15個蒔いて芽が出たのが3本。
昨年はその前年の種8個蒔いてすべて芽が出ました
同じ時期に植えた朝顔も生育がいまいちなので、気候のせいかもしれませんが・・・
様子見てだめなら、苗買ってきます
オクラがないとさみしいので
ありがとうございました!!
ヒゲおやじ
2013年05月22日 23:12
はるはるさん、ありがとうございます。
4本もあれば普通は大丈夫なのですけどね。違う原因かも知れませんね。
オクラは何度でも蒔き直しできますから、やってみてください。
nekoママ
2013年05月26日 08:57
ヒゲおやじさん:こんにちは!!
ヒゲおやじさんのブログは家庭菜園初心者の私にとって、とてもわかりやすくタメになりそしてとても楽しくていつも参考にさせていただいています。

我が家のトマトはまだ苗を植えてから10日位しか経っていませんが、
美味しいトマト収穫を目指して楽しく育てていこうとおもっています

ちなみにわたしのブログはアメーバブログで
↓  ↓   ↓
http://ameblo.jp/miinora10254/
です。

ブログのブックマークにぜひヒゲおやじさんのブログタイトルを表示させていただきたいのですが、いいでしょうかね?

よろしくお願いいたします
ヒゲおやじ
2013年05月26日 22:42
nekoママさん、ありがとうございます。
はい、ヒゲおやじのブログはすべてオープンですので、記事を利用されてもリンクを付けられても、何でもOKですよ。どうぞ自由にやってください。
アドレス、了解。 近いうちに伺います。
ミモザ
2013年05月27日 07:17
フロリダからまた来ました。(笑)お早うございます。
蕾をたくさんつけて苗がどんどん大きくなってくると
脇芽なんだか芯芽なんだか悩むことが多々ありますが
やっぱり慣れですね。だんだん違いがわかってきました。
最近では日に何度もトマトのプランターをチェックしては葉っぱばかり眺めてます。
ご近所さんには変なアジア人って思われてるかも。(笑)
nekoママ
2013年05月27日 09:00
ヒゲおやじさん、ブログに来ていただきありがとうございました。
雲の上の存在のヒゲおやじさんからコメントいただき感動しちゃいました
さっそくブックマークにヒゲおやじさんのブログを登録させていただきました。 よろしくお願いしまーす。
ヒゲおやじ
2013年05月27日 23:39
ミモザさん、ありがとうございます。
はい、見ることが大事ですね。もし、間違って摘んでしまっても、別の脇芽を代わりに育てればよいので、気楽にやってください。
それはそうと、フロリダからは随分離れているようですけど、もの凄い竜巻でしたね。フロリダには竜巻はないのですか? その代わりハリケーンがやって来ますけどね。
ヒゲおやじ
2013年05月27日 23:40
nekoママさん、ありがとうございます。
何のなんの。雲の上だろうが下だろうが全然関係ありません(笑)。
はい、ご自由にどうぞ。
かぴ
2013年05月29日 16:13
ひげおやじさん はじめまして。
今年から家庭菜園を初めたのですが、わからない事ばかりなのでいつも勉強させて頂いてます。
台芽!なるものを知らずにコレはなんだろう?とっていいのか…ダメなのか…と数日モヤモヤしていた時にこれを読み、急いでトマトのもとへ。
おかげでトマトも私も(*´Д`)スッキリ!!本当にありがとうございました。
ヒゲおやじ
2013年05月29日 23:06
かぴさん、初めまして。ありがとうございます。
そうですか、それはよかったですね。この台芽を放っておくと、トマトどころの騒ぎじゃないですからね。この台芽、また出ますから要注意ですよ。
かぴ
2013年05月30日 23:59
コメントありがとうございます。
苗を作っている農家さんから買ったので、実生苗だと思っていたら接木苗が何本かあったみたいです(汗)
育児をしながらなのでじっくり学ぶ時間もなく、本では載っていないこともひげおやじさんのブログでは細かく書いてくださっているのでホント私にとって神です!!雨が上がったらまた台芽チェックに行きます。
ヒゲおやじ
2013年05月31日 00:06
かぴさん、ありがとうございます。
台芽だけでなくて、上の方の脇芽もしっかりチェックしてくださいね。
塩タン
2013年07月12日 19:52
うちの娘にわき芽かきをやらせて上げたのですが、どう間違えたのか二本仕立ての本芽を二本とも取ってしまいました…。
「ママー、だってこれ三本出てるよー。」
そうだねー、でも一本は葉っぱだし、一本は花、あなたが取ったのは一番先端の芽だねー…(がっくし)
これ、どうしたらいいんでしょうか。
ヒゲおやじ
2013年07月14日 00:12
塩タンさん、ありがとうございます。
そのうちに脇芽がたくさん出てきますので、そのうちの丈夫そうなのを仕立てるといいですよ。よくある話ですので、心配要りません(笑)。
1984(いくわよ)
2014年05月17日 04:42
日々、参考にしております。心からお礼申し上げます。
話題のトマト。拙宅のものを以下ブログにアップしました。
わき芽がわかりません。ぜひぜひ、アドバイスをお願いいたします。
http://swimming.air-nifty.com/furukawa/2014/05/post-522d.html
1984(いくわよ)
2014年05月17日 18:48
わき芽の件、なんとか、解決しました。
お騒がせして申し訳ありません。
ヒゲおやじ
2014年05月17日 23:14
いくわよさん、ありがとうございます。
解決出来てよかったですね。
写真の真ん中で真っ直ぐに立っているのが芯芽ですよ。両側は葉です。
脇芽は必ず芯芽と葉の付け根から出ますので直ぐにわかります。
サチオ
2014年06月14日 01:28
トマトは真夏になると毎年、青枯病が発生して、更に実ったトマトも熱にやられてパカーッと亀裂が入り、まともに収穫が続かないのですが、ひげおやじさんのところはどうですか? 何か対策はされているでしょうか?
ヒゲおやじ
2014年06月14日 23:33
サチオさん、ありがとうございます。
青枯れ病は一度発生すると数年間は生き続けると言われています。
一度完全に消毒する必要がありそうですね。夏に透明マルチを張って、蒸し焼き消毒が有効です。 対策は高畝にして土を乾燥させるのが有効ですね。
幸いにして、ヒゲおやじの畑では発生したことはありません。
とび安
2014年07月20日 20:28
自家製の温室(地表からの高さ1.2m)にトマトがジャングルみたいになってしまいました。トマト作るの初めてです。花は10個ほど咲き、青いトマトがひとつぶら下がっています。脇芽、台芽のお話、早速これから実行に移します。トマトを温室から出してもっと広々としたところでのびのび育ててあげたいと思うのですが、この時期だともう遅いでしょうか。寒冷地(北ドイツ)で、この数日夏日ですが、日中15度くらいにぐっと気温が下がる日が突然くるので迷っています。これからも楽しみにブログ拝見します。
ヒゲおやじ
2014年07月20日 23:20
とび安さん、ありがとうございます。
えっ、ドイツですか。 それはまた遠いところからありがとうございます。
15℃ほどに下がるのなら、温室のままがいいと思いますよ。ヒゲおやじもそんな寒冷地で育てたことがないので実際のところわかりませんけどね。
温室の中で、水を控えめに育てると、とんでもなく甘いトマトができるそうですよ。折角なので試してみては如何ですか?
とび安
2014年07月21日 01:39
ヒゲおやじさんのアドバイスに従い、2株のうち一株を外に出し、もう一株を温室に残すことにしました。温室のほうは水を控えめにしてとんでもなく甘いトマトを目指します。あと一株のほうも楽しみです。トマトの枝がからまりあっていて、温室から出すのが一苦労でしたが、すっきりしました。しばらく夏日が続くといいんですが。
福ちゃん
2015年06月03日 10:51
トマトを育てていますが下に茎が出てきたのでとるべきかどうか
迷っていましたがひげおやじさんの写真付きのブログを見つけて嬉しかったです。よくわかりました。本当にわかりやすいです。
ヒゲおやじ
2015年06月04日 10:40
福ちゃんさん、ありがとうございます。
そうですか、それは何よりでした。
ももこ
2016年06月28日 08:49
こんにちは。はじめまして。アイコ栽培を始めてもう4年くらいになります。脇芽取りの事は知ってても台芽取りと言う言葉はゴーヤ栽培をきっかけにここ何日かで初めて知りました。どおりでアイコの根元から左右に脇芽?台芽?が出てきて今まで放置してたから穂木と台木が混合状態でした。それが普通だと思ってました。今年もアイコ栽培をして根元から左右に脇芽?台芽?出てもう50~60cmくらいは育ってます。台芽退治として天気が良い時に綺麗なハサミでバッサリ切った方が良いんですかね?穂木が枯れるのが怖くて切るに切れないんですけど??どうしたら良いんですかね?
ヒゲおやじ
2016年06月28日 22:44
ももこさん、初めまして。 ありがとうございます。
はい、迷わずバッサリいってください。 それでアイコも沢山実が生りますよ。 ゴーヤーの根元からカボチャが生えた何て話しを聞いたことがあるでしょう。あれはカボチャの蔓にゴーヤーを接ぎ木したものです。
だから台芽は徹底的に除去してください。 それで穂木が枯れることはありません。
ももこ
2016年06月29日 13:48
ヒゲおやじさん、ありがとうございます。アイコの根元から左右ににょきにょき元気に育ってたのはやはり台芽でしたか。はぁー。今まで台芽の事を知らなかったせいで生育旺盛アイコ?重みに耐えきれなくなって崩れかけのアイコ?みたいな。今もアイコの葉っぱのせいで周りの野菜(インゲン・シシトウ・ナス)が少し影響を受けてるかも??天気の良い日に早めにアイコの台芽をバッサリと除去しますね。頑張ります。

この記事へのトラックバック