カボチャの摘芯 & キュウリの脇芽欠き! そろそろ時期なので忘れないように。

と言っても地方によって季節は違うので、もうやってしまったところもあるかもね。
ヒゲおやじのところは今がシーズンだよ。 でも、ちょっと遅いんだ。 だって、植えるのが遅かったからね。
とは言いながら、これはどうしてもやってほしい作業だから、少しくらい遅れていても、やらないよりはよいので是非やってね。



てなことで、是非やりましょう。

まずはカボチャの摘芯だね。
これはカボチャの品種によっても多少違う場合があるし、作り方によってはやらない人もいるので、これが絶対ではないけど、まあ、一般的な作り方と思ってもらえればいいねえ。

昔からやっている方法なので、失敗しにくいとも言えるね。



さて、これが今日のモデルさんだよ。 なかなか格好いいねえ。

画像

気がつかない間に親蔓が伸びてしまって、もっと早くやればよかったんだけどね。

左下の方に親蔓が伸びているだろう。







まずはこれを摘芯しようというわけだ。

どこから切ってもいいんだけど、この辺りにするかなあ。

画像

付け根から切ってしまうと簡単なんだけどね。

それでも折角葉が大きく育っているし、光合成の効果を考えると少しでも葉を残した方がいいかなあ、なんてね。









ということで、プチン。

画像

これは指で折ったので、切り口があまりよくないねえ。









さあ、次は余計な脇芽や花芽を取ってしまうんだよ。

画像

カボチャの場合、子蔓を2本から3本育てるんだねえ。

印をしたのが今回育てる予定の子蔓だよ。

それ以外の脇芽も蔓も花芽も全部取ってしまうんだ。










さあ、綺麗さっぱりなくなったねえ。

画像

ところで何でこんなことをするんだ?

ってのはいつもの話で。 要するにウリ科の植物は子蔓に実が付きやすいという性質を利用しているんだねえ。
親蔓を伸ばしても、丸きりできないという話ではないんだけど、数が少ないんだ。

つまり親蔓に実を生らせてしまうと、後の実が生りにくいんだねえ。 それはいつもの子孫繁栄のメカニズムによるってことだね。
その話をすると長くなるので今日は省略だよ。



子蔓は2本でも3本でもどちらでもいいよ。 畑が広い人は3本がお勧めかなあ。
やはり蔓が多いほど玉は多くできるからね。 でも、その分追肥も多めだよ。


さあ、これで上手く行くといいんだけどね。 ヒゲおやじは今、大玉の立体栽培に挑戦中なんだよね。
地べたでの栽培は上手く行くのがわかっているので、立体栽培ができないかなあと思っているんだ。
今年で多分4年目かなあ。

なかなか上手くいかないんだよね。 1年目は惨敗。 2年目はちょっとだけ。 3年目は多少の手応え。
と来ているんだ。 少しずつわかってきているので、今年は何とか上手くやりたいもんだねえ。

あ、ミニカボチャはとっくに成功している人がたくさんいるんだよ。 トンネルにしたりグリーンカーテンにしたり、楽しそうだろう。


ところが大玉になると厳しいんだよな。 でも、成功するまでやってみよう。






お次はリッチーナだよ。
そう、去年から作り始めた朝鮮カボチャだねえ。

画像

これは野菜嫌いの小姫が、何を思ったか大好物。

で、娘からも、「じいちゃん、今年も一杯作ってよ」と頼まれているんだねえ。



これもカボチャだから、基本的にやることは一緒だよ。






これが親蔓。

画像

もう雌花が付いているだろう。

これもこの辺りで切ってしまおうか。 









で、バッサリ。

画像

もちろん雌花も取ってしまうんだよ。

勿体ない? いやいや、これを太らせてはいけないんだ。









これも子蔓を3本残して、あとは脇芽も花芽も全部取ってしまうんだよ。


さあ、綺麗になったねえ。

画像

でも、この後も脇芽は次々出てくるので、注意して欠き取らないといけないよ。

これで、またたくさん収穫できるだろう。











さて、お待ちかね、キュウリの脇芽欠きだよ。

えっ、待ってない? もう何回も見た?

あー、そうだよね。 ヒゲおやじブログも長くなったし、毎年同じことをやっているからなあ。
それに今回はこれといって新しいネタもないしねえ。

だからわかっている人は、ここから先は見なくていいよ。


まずはキュウリの現状。

画像

今年は少し成長が遅れたねえ。 ようやくこの程度だよ。

でも、ここのところ急激に成長を始めたので、間もなく追いつくだろう。









ほら、もう節々に雌花が付いているんだよ。

画像

これは全部取ってやらないとね。










こちらにも。

画像

こっちは雌花と一緒に脇芽も出かかっているねえ。










こちらは脇芽だなあ。

画像



それでたくさんのキュウリを収穫したい人は、これらの脇芽や花芽を全部取ってしまわないといけないよ。

要するにいつもの話のとおりで、この時期に実を生らせると木が大きくならないので、結果的に不作になってしまうんだねえ。 今はとにかく木の成長を最優先で考えるんだ。



ということで、下から7節目くらいまでの、脇芽と花芽は全部取ってしまうんだよ。




さっきの花芽も。

画像











それから脇芽も。

画像

これで大丈夫だね。

こういうのは、面倒がらずにちゃんとやる方がいいよ。


放任でもできなくはないけどね。どうせやるならちゃんとしたものを作ろう。









ところで今日はちょっと気になるものを見つけてしまったんだ。

えっ、気になるものって?


えーと、実はねえ、お隣さんのトマトなんだけどね。

画像

これ、二つとも同じ日に植えつけたトマトだよ。

何かおかしいだろう。








左側が、軸は太いんだけど上に伸びないんだよね。 

それに色が気に入らないんだなあ。

画像

こういう品種のトマトかも知れないんだけど、ちょっと違うような。


これで葉が内側に巻いてきたら間違いなく窒素過多だけどね。

そう、肥料のやり過ぎだよ。トマトは元々質素な生活をしてきたので、突然大量のご馳走を貰うと異変を起こしてしまうんだねえ。

成長せずに縮こまる。 葉が異様に黒ずんでくる。 葉が内側に巻き込んでくる。
こういう兆候があると、だいたい窒素過多に間違いないねえ。






右側のトマトと葉の色を比べてみたら直ぐにわかるよ。

画像

ほら、黄緑色をしているだろう。 これが正常な色だよ。


でも、不思議なのは、これと直ぐ隣の2本だけがこんな具合なんだ。
普通はあり得ないよね。 ここだけ肥料を大量に投入するなんてことは。


うーん、だから違うのかも知れないね。


みんなのところも、一度チェックしてみるといいねえ。




今日も暑かったねえ。 もう真夏日に近い気温だよ。 おまけに蒸し暑いと来ているから、暑さに慣れていない体は大変だよ。

この天気も明日で終わりらしい。 月曜日からは毎日雨の梅雨のような天気になるんだとか。
それも困ったものではあるけどねえ。


明日のうちにできることはやっておかなくては。




ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


この記事へのコメント

nogpu-124
2013年05月26日 19:13
こんばんは カボチャの摘芯を今日しました ちょうどおやじさんと同じぐらいになってます。

先日の枝豆の摘芯ですが 脇芽が出る前とは花が咲く前でしょうか?
2013年05月26日 22:09
親切・丁寧で、とってもわかりやすいですね。
いつも思っていますけど☆

うちはイチゴとハーブだけを育てています。
今年は去年のイチゴをほったらかしにしておいたら、根がはって広がり、けっこう実がついています・・・・が、赤くなっても甘みがあまりありません。
肥料をやっていないせいかしら~。

ヒゲおやじ
2013年05月26日 22:21
nogpu-124さん、ありがとうございます。
いや、違いますよ。葉の付け根から芽が出ているので、よく見てください。
これが何個か出ていたら摘芯の時期です。花が咲く前では遅すぎです。
ヒゲおやじ
2013年05月26日 22:24
きままなカノンさん、ありがとうございます。
あー、そうですねえ。イチゴはかなり肥料をほしがる野菜ですからね。
でも、一気にやると不味いので、少しずつこまめにやるのがコツですよ。
ぽむ
2013年05月26日 23:00
こんばんは、ヒゲおやじさん。
支柱の立て方を検索してて、こちらのブログにたどり着きました。
リアルタイムで、作業の内容をアップされてて、大変参考になります。
私は週末しか行けないのですが、キュウリのちっちゃい実が出来てたのを喜んで、そのままにしてきてしました。。。
来週もぎ取りに行きたいと思います。
ヒゲおやじ
2013年05月26日 23:07
ぼむさん、ありがとうございます。
はい、7段目くらいまでは、全部取ってください。そこから上は品種によっても違いますので、また参考にしてください。
nekoママ
2013年05月27日 09:17
こんにちは!!
キュウリ、今年で2回目の栽培です。
うちのはまだまだ小さいですが たくさん収穫したいので 7節目くらいまでの脇芽と花芽は摘もうと思います。
ヒゲおやじ
2013年05月27日 23:49
nekoママさん、ありがとうございます。
はい、それがいいですね。摘まなくてもできますけど、摘んだ方が成績がいいようです。
モリ
2013年06月26日 12:32
分かりやすい説明でたいへん勉強になります。
ヒゲおやじ
2013年06月26日 22:00
モリさん、ありがとうございます。
お役に立てれば幸いです。
チビ子
2014年05月29日 09:01
お初にお目にかかります。
今年から家庭菜園をはじめた超初心者です。

ミニカボチャを立体栽培しようと思って苗を買ってきたのはいいもののどこのサイトを見ても子づるやら親づるやらはじめて聞く言葉ばかりでどれがどれやら分からずよわっていたところこちらに行き着きました。

写真で親づるは分かったのですが子づるというのは大きな葉が伸びて子づるになるのか、それとも葉の付け根からわき芽が出てきてそれが子づるになるのでしょうか?

携帯から閲覧させていただいておりますので、こちらの写真がはっきり見えなくて申し訳ありませんが教えていただけますか?


苗の札には子づる3本仕立てとなっており5節目までの雌花は摘み取ると書いてありました。

節は大きな葉で数えたらよいのでしょうか?


小学生のような質問で申し訳ないですがよろしくお願いします。



ヒゲおやじ
2014年05月29日 23:33
チビ子さん、初めまして。ありがとうございます。
はい、親蔓とは別に出てくる蔓のことです。ですから、親鶴は根元から切ってください。それで子蔓が一斉に出てきます。その中から大きなヤツを3本選んで育てます。それ以外のものは切ってください。
基本的には葉の数でいいです。葉の付け根から脇芽が出たり雌花が付いたりしますので、直ぐにわかりますよ。
pico
2017年06月01日 19:10
きゅうりの芽かきも言われた通りしたのですが新しく出てきた雌花は所どころの節に双子が出てきますその場合どうしたらいいでしようか       又ナスも同様に双子で同じ所から花芽がつきましたその場合一本残して摘み取れば好いのでしようかおしえて
ヒゲおやじ
2017年06月01日 23:18
picoさん、ありがとうございます。
はい、それはよくあることです。 どちらも大きい方を残して切ってください。 二つ育てるのはどちらも大きくならないのでつまらないですよ。
pico
2017年06月03日 10:44
おやじありがとう き









おやじありがとうキュリとナス指導どおり処理しました大きくなるのが楽しみです それからもう一点お願いキユウリなのですが所どころで雌花が5.6センチの成長過程でストップしそのまま死んでしまうのです6本植えているのですが全部の木にみられます何ででしょうか 対処方法あせっています 


ヒゲおやじ
2017年06月03日 23:34
picoさん、ありがとうございます。
それは普通にあることで、多分脇芽を伸ばしすぎたのだと思います。
脇芽には1個みを生らせたらそれで終わりにします。それを何個も生らせると、先の方の物は黄色くなって実になりません。

この記事へのトラックバック