枝豆とインゲンの間引き & 水遣り! たかが水遣り?

間引きは大した作業ではないんだけど、水遣りは大変だね。何しろ乾き切っているからねえ。
でも、その水遣り、間違っていないかな? 大抵の人が間違っているんだよ。



今日も朝からフル稼働。
まずは第1農園に行って畝を1本やっつけて、これが午後にもかかってしまったんだねえ。


見る必要もないけど、やっつけたのはこの畝だよ。

画像

さて、ここは2番手の枝豆でも植えようかねえ。


で、この後は大急ぎで第2農園に直行。

何をするかというと、枝豆とインゲンの間引きだねえ。

植え付ける時にポットから抜いてそのまま植えつけたから、そのまんまなんだねえ。
だから活き着いたらそろそろ2本に間引いてやらなくては。


こちらは枝豆。

画像

もうすっかり活着しているねえ。


なので間引いてやろう。








ほら、3本になっているだろう。

画像

ポットに3個ずつ蒔いたものが、今年はものの見事にほとんど発芽したんだねえ。

こんなことも珍しいよ。


だからこれを2本にしなくては。

枝豆って2本なの?
うん、そうだよ。 もちろん1本でやる人もいるけどね。 基本的には2本がいいだろうねえ。

何でかと言うと枝豆って案外倒れやすいんだよね。
ちょっと強い風が吹いたりすると直ぐに倒れてしまうんだ。

だから2本まとめて植えておくと、枝が絡まって倒れにくいということだね。

それと枝豆の花ってもの凄く小さいんだよね。それが疎らに咲くので、枝が絡まって密集している方が受粉しやすいなんてこともあるのかも知れないね。




さあ、この中から1本抜いてやろう。

どれを抜くか。 もちろん育ちの悪いやつだよ。 それと葉が歪だったり形の悪いやつも抜いた方がいいねえ。
それとやたらに長く伸びたヤツだね。 できればみんな同じ大きさが良いので、1本だけ飛び抜けて伸びたヤツはやはり避けた方が無難だね。


あ、そうそう。抜くときには片方の手で根元を押さえてゆっくり引き抜くんだよ。
そうしないと他のヤツも一緒に出てきたりするからね。






ということでこんなことに。

画像











これでできあがりだね。

画像

あまり見た目に変わりはないか。











続いてインゲン。

画像

こちらも3粒ずつ蒔いたので、全部発芽だよ。


これも2本にしてやろうということなんだ。

あれっ、インゲンも2本なの?
うん、そうだよ。指導本とかには1本と書いてあるものも多いねえ。 お隣さんも1本だよ。

でも、ヒゲおやじは2本仕立てなんだなあ。
意味? それは別にないなあ。 こちらは蔓性だから倒れる心配はないんだけど、何かこの方が上手く行くんだよね。






で、これも2本に。

画像




さあ、後は水遣りだよ。
間引きをするとどうしても根を傷めるので、抜いた後は必ず水遣りをしよう。




さて、その水遣りなんだけど、みんなはどうやっているのかな?

根元にタップリ。 そう、いいねいいねえ。
それだけ?

あー、それでは足りないねえ。 特にこの頃のようにカラカラに乾いているときには、根元に遣るだけでは足りないんだねえ。


水って思うほど土の中には染み込まないんだよ。

実は今日も総務の女子社員が、社長に言われて水遣りに来ていたんだけどね。
「顧問、水って、このくらいやればいいですか?」と聞いてきた。
即座に「ダメ!」。 「え~~っ」。

で、これで十分蒔きましたというところを、「それじゃあ、ここを指で掘ってみろ」。
「えーー、中、白いですねえ、サラサラです」。 つまり何にも濡れていないということなんだ。

彼女たちはホースで結構ジャージャーとやったつもりなんだよ。 でも中までは浸透していない。

そう、精々1センチかなあ。 これでは水を遣りましたという内には入らないよね。


で、指示したのは、水は根元だけでなく畝全体にかけること。 畝の上に水が溜まるくらいタップリかけること。
その水が染み込んだら、もう一度水が溜まるくらいかけること。 これを3回繰り返すこと。
「はい、わかりました」。 いいねえ、素直だねえ。


これでもなかなか水は中までは浸透しないんだよ。
それはね、土というのは非常に貪欲な性質を持っていて、大量の水を吸収するんだねえ。
だから表面だけを見て十分にやったつもりでも、ちょっと表面の土を除けてみると全然濡れていなかったりするんだよ。
 



それではヒゲおやじも水遣りをしようかなあ。

まずは間引きをした枝豆だね。

画像

畝全体に十分かけたつもりなんだけど、多分まだ足りないだろうねえ。









こちらはキャベツとレタスだ。

画像

似たようなもんだねえ。








次はトマトとナス。

画像

トマトは本来水は嫌いなので、水遣りは必要ないんだよ。

というか、甘いトマトを作りたければ極力水遣りは控えた方がいいんだ。
これ以上水を遣らないと枯れるぞ、ということろまでやるととんでもなく甘いトマトができるんだ。
でも、実は小さいよ。


でもね、今回は植えて間もなくで、まだ根が十分に張っていないからね。 いくらトマトでもこんな時期に思い切り乾かすなんてことはやらない方がいいんだ。 今後の成長が止まってしまうからね。


なのでこの時期限定だけど思い切りやるんだよ。







次はナスなんだけど。

画像

ナスはトマトと違って水が大好きなんだねえ。

だからこれでもかというくらいやるといいよ。

どちらも畝全体に十分にやって。



でもね、これだけだとほとんど畝の中には染みていないからね。

ではどうする。


それはこうする。

画像

どうだ、わかるかな?

通路に水を溜めるんだ。










こうやって両側に水を溜めてやるといいよ。

画像

こうやるとさすがに畝の中に水がじわっと浸透していくからね。

できれば一晩くらいずっとやっていればいいんだけど、なかなかそうもいかないからね。









もちろんナスもやったよ。

画像


こんなふうにして水遣りするとなかなか大変だよ。
これでざっと2時間だ。 水遣りだけだからね。

まあ確かに乾いていたからねえ。 えーと雨が降ったのは何時だったかなあ。
たしか4月30日かな? それ以来毎日カラカラの晴天でしかも風が強いときているからね。

こりゃ乾くよね。 こういう時はこういう水遣りも必要なんだよ。
真夏の水遣りパターンだね。



いやー、今日もよく働いた。

でも、いい天気だねえ。

画像

まさに五月晴れ。

本当を言うと一雨ほしいところなんだけど、金曜日くらいから天気が崩れて来そうだね。
それまで待てそうもないので、今日は水遣りをしたって話だ。



水遣りくらいと思うだろうけど、それがなかなか難しい。 ほとんどの人が足りていないと思うよ。
せめて水遣りくらいはしっかりやりましょう。



あ、これ第2農園だからできるので、第1だと全然だめだよ。
だって、川から水を汲んできて如雨露でやるんだから水を溜める何てのは不可能だからね。
でもその代わり夏の間は田んぼに水が入るので、畑もずっと濡れているから心配ないんだ。


明日は第1農園の畝をやっつけてしまうかなあ。 雨になる前にね。


そうそう、そろそろサツマイモの蔓を調達した方がいいよ。 遅くなるとなくなったりするからね。

では、また明日。



ありがとうございます。









明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ







この記事へのコメント

mm
2013年05月08日 23:54
今晩は毎日お疲れ様です。水やりですが平日は仕事で朝夜しか畑にいけません。水遣りは朝でも夜でも構わないのでしょうか?素人質問で申し訳ないです
oko-chan
2013年05月09日 09:20
『水やり』参考になります。「こんな当たり前」のこと訊ねるのは、恥ずかしいなぁと思っていました。
小さな畝ですが、一応畝全体に水をかけています。ただ、毎夕かけていますが、やり過ぎですか? 
よろしくお願いいたします。
2013年05月09日 10:47
水やり、わぉ~大変だ。そんなこんな仕事があって
美味しいものが食べられるって事ですね。
感謝!感謝!ですね。
わたちゃん
2013年05月09日 12:07
こんにちは。いつも楽しみに拝見させて頂いております。さつまいもを、植えたいのですが、まだ畝が、あいてないんです。おやじさんが、おっしゃるように、早めにさつまいもの苗を用意しようと思うのですが、保存方法など、注意事項などございましたら、教えて頂ければ助かります。よろしくお願いいたします。
ゆいばあば
2013年05月09日 12:14
ヒゲおやじさん!はじめまして
去年から家庭菜園を始めました。ブログは去年から拝見しています。
今年も、植え付けの時期になりましたが去年のことをすっかり忘れていることに気づき(^^ゞ
あわててブログの美味しいとこ取りをして、きゅうり、トマト、なす、黒豆を植えました。
根洗いというものにも初挑戦でした。
おいしくなってくれるといいなあ(*^_^*)
いつも ためになる情報を ありがとうございます。
感謝申し上げます。
今後も 楽しみにしています。
ヒゲおやじ
2013年05月10日 09:52
mmさん、ありがとうございます。
はい、朝でも夕方でも問題ありません。ただし、植物は夜の間に成長しますので、夕方の方がより効果的だとは思います。毎日は必要ありませんよ。
ヒゲおやじ
2013年05月10日 09:55
oko-chanさん、ありがとうございます。
はい、やり過ぎです。植えつけ直後以外は、毎日は必要ありません。夕方だけで十分です。
ヒゲおやじ
2013年05月10日 09:57
ゆうさん、ありがとうございます。
これはたまたまですよ。植えつけ直後だったのと、もの凄く乾いていたので水遣りをしました。というか、記事ネタがなかったので(笑)。
ヒゲおやじ
2013年05月10日 10:01
わたちゃんさん、ありがとうございます。
サツマイモの蔓は、いつ購入してもかまいません。新聞でくるんでバケツに立てて入れて日陰で保存してください。バケツの底に少し水を入れておくといいですね。あまりたくさん入れると腐るので、ほんの少量でいいですよ。
乾いたら上から水をかけてやってください。それで何日でも持ちます。
植えつけ前日からは水を遣らずに乾かしておくと活着しやすいですよ。
ヒゲおやじ
2013年05月10日 10:03
ゆいばあばさん、初めまして。ありがとうございます。
今は夏野菜の植え付け時期ですね。たくさんの人が記事を参考にしてくださっているようです。少しでもお役に立てれば嬉しいです。
ユウキ
2013年06月08日 20:11
ヒゲおやじ様、はじめまして。
プランターと花壇で枝豆を育てているのですが、
水やりの仕方がイマイチ解りません。
水分は毎日一回夕方にたっぷり与えているのですが、
最近プランターの方の土が常に湿ってる状態です。
水のやり過ぎは根が腐ってしまうという人もいますが、
一旦乾くまで放置した方が良いのでしょうか?
ちなみにどちらも10cmくらいまで成長し、
それから10日ほど成長が止まってる感じがします。
土に空気穴とかを空けたりいろいろやってみているのですが・・・
肥料は化成肥料を一株あたり一握り程度でいいのでしょうか?
ヒゲおやじ
2013年06月08日 23:54
ユウキさん、初めまして。ありがとうございます。
水遣りは畑とプランターではまるきり違います。プランターは乾かすことが大事と思ってください。これはすべての鉢物に共通します。
毎日の水遣りは危険です。乾いたらタップリが原則です。指を突っ込んでみて濡れていたら水遣りはしません。日中は萎れていても朝夕はしゃきっとしているようなら水遣りは必要ありません。少し乾かし気味に育てるのがコツですよ。地植えの方も乾いていないのに水を遣るのは止めましょう。
喉が渇いていないのに無理矢理水を飲まされても困るでしょう。野菜や草花、植木も全部同じですよ。
ユウキ
2013年06月11日 19:24
ヒゲおやじ様
アドバイス有り難うございます。
プランターは現在乾くのを待っている状態です。
花壇の方にも毎日夕方にやっていたのですが、
まとまった雨の後は1日たっても
土の状況によっては水をやらなくてもよいという事ですね。
今は台風の風と大粒の雨が心配です。
ヒゲおやじ
2013年06月13日 00:07
ユウキさん、ありがとうございます。
はい、雨の後は1週間くらいは水遣り不要です。それも乾き具合を確かめてからやってください。

この記事へのトラックバック