今日も大忙しの草退治! もう急がなくては間に合わないよ。

何でそんなに急いでいるんだ?
うーん、一つには梅雨明け十日が終わる。 それから田んぼの根干しが始まった。 かな?
今やらないとまた遅れてしまうからねえ。


ということで、今日は第一農園の草退治だよ。

梅雨明け十日とは言うけど、まあホントに毎日毎日晴天続きで、これならよく乾くだろう。
と思いきや、それが周りは水田で畝の上の方は乾くんだけど、通路辺りは湿ったままだよ。

だからもの凄く草が成長するんだねえ。


それが周りの水田が根干しに入ったんだねえ。 つまり水田の水を抜いてしまうということだよ。
そうなると畑も乾くねえ。


毎年この時期を狙って草退治するんだけどね。



さあ、今日やっつけるのはこちらだよ。

画像

もの凄いことになっているだろう。


これをやっつけようってんだから、大変だよ。 今日は覚悟してやらないと。



根干しが始まったと言っても、それが様々でねえ。 直ぐ北側の田んぼは水が抜けて、多少の水溜まり状態かなあ。 ところが西側の田んぼは、まだ満々の水位だ。


田植えをした時期によっても違うし、植えつけた品種によっても違うらしいんだ。

でも、この西側の田んぼが干上がらないと、ヒゲおやじの畑は乾かないんだよな。
だって、この西側の田んぼの水路が、ヒゲおやじの畑の南側を通っているのが諸悪の根源なんだからね。
この田んぼの水が引かない限り、この水路も水が溜まったままなんだよね。



ということで畑の通路は湿ったまま。 でも早くやらないと間に合わない。

ここまでなると、どこから手を付けようかみたいな感じだねえ。



まあ、手前のところから、馬鍬でズシッ、バリバリてな感じでやっていくかなあ。

ところがいくらやっても前に進まないんだ。 何しろもの凄い草の量だからね。
ホントに、マジで1メートルくらいで諦めようかと思ったくらいだからね。


いやいや、そうは言ってもやらないといけないんで、まずは30センチの達成感。

あ、古い読者の方は知っているよね。 大きな目標を立てずに、目の前の30センチを片付けよう。
その30センチが片付いたら、次の30センチ。 これなら小さな達成感の積み重ねで、終わってみると大きな仕事ができているんだよね。


草退治はこれに限るよ。 ヒゲおやじも久し振りに思い出したねえ。




とかなんとか言っている間に、右側の草退治を終了。

画像

えっ、終わったように見えない?


あー、これは草を整理していないのでわかりづらいなあ。 

これで1時間ばかりかかってしまったんだ。








続いて右側だ。 こちらは草が少なかったので少しだけ早く終わったねえ。

画像

今度は退治した草を除けておいたのでよくわかるだろう。


さあ、後は真ん中のマルチの穴に生えている草だねえ。

でも、よくこんなに大きく育つもんだねえ。




これは簡単。 狐鍬を根元に打ち込んで、バリッと引きはがしてやれば簡単に抜けるよ。

小さな草はないので、大きな草を引き抜いたらできあがりだ。





さあ、これで完成。

画像

小さな草は残っているけど、これをやっているといくら時間があっても足りないからね。

こいつらがもう少し大きくなったら、やっつけてやろう。





さあ、これで完成ということは、もうこれで終わりか?

いやいや、何の何の。 これが始まりみたいなもんだよ。



ここは第一農園。 ちょっと手を抜いていたからねえ。


ほら、見てごらん。 次はここかなあ。

画像

これだけやっつけるとなると、多分二日はかかるよね。









それに、こんなところもまだ残っているからねえ。

画像

いやー、もう戦意喪失しそうだよ。


でも、今週中にやってしまわないと、天候が崩れる予報。 梅雨の戻りみたいな天気になりそうだからね。
それに根干しが終わって水が入り出すと、またべとべとの畑に戻ってしまうからね。

それまでには、何としてもやってしまわないといけないんだ。









ということで、先日から頑張って、何とか手前の方はやり終えたというところだね。

画像

でもこれ、向こう側半分、大変だなあ。

誰か手伝ってくれないかなあ。

なんて、ヒゲおやじさんが弱音を吐いておりますですよ。









一方こちらは第二農園。

画像

小さな草は多少あるけど、綺麗に整備できているだろう。


まあ、こんなもんだ。 



こちらも周囲は田んぼなので、どうしても水は染みてくるんだけどね。 でも、田んぼとの間に幅にすると1.5メートルばかりの通路があるんだねえ。 だから第一農園みたいに直に水が入ってくるなんてことはないんだよ。

そういう意味では、今カラカラに乾いているかなあ。

さすがのトマトも実が小さくなってきたなあ。 でも、今年は差し上げたところが、みんな「何、このトマト。美味しい」と絶賛だね。 

粒も大きいし、雨がないので完熟だ。 雨があると裂果するので早めに採ってしまうからね。
味がまるで違うんだ。 今年は最高の出来だねえ。


これも全部お天道様の仕業だからね。 ヒゲおやじの力量なんて知れたもんだよ。
多少の知識を振り回して、ああだこうだと言っているだけだからね。


野菜作りはお天道様次第だ。 人間のできる技は知れているからね。



だから、あまり細かな技に拘らずに、作ることを大いに楽しむべしと思うんだなあ。
確かに作り方としては色々な技があるよ。 でも、それをマスターしたから必ず上手くできるというものでもないしね。

それぞれのやり方で、作ること自体を楽しむのが家庭菜園だと思うんだなあ。
できればいいし、できなくてもいいし。 それで飯を食っているプロではないんだから。


大いに楽しんだらいいと思うよ。





あ、そうそう。 その楽しんだ結果がこれだ。

画像










画像

今年は何年ぶりかで大玉を作ってみたんだけど。

何とかできるにはできたけどねえ。 いやー、美味くない。 ミニトマトの方がはるかに美味いんだなあ。

来年はやはり大玉は止めよう。










画像

これは米ナスだけど、油を使う料理には最高だよ。

いくらでも食べられるんだ。 ヒゲおやじはナスはあまり好きじゃないんだけどね。

料理のレパートリーが広いってのもいいよね。


もしかしたら、若い人向きかも知れないね。 
娘も色々工夫して作っているらしいよ。 カミさん? あー、ダメだねえ。 昔ながらの料理しか知らないからね。

だから、ズッキーニもリッチーナも下手くそだよ。 もっと美味い食べ方があると思うんだけどね。
「ちょっと、娘にやり方を聞いたら?」って言うんだけど、どうもプライドがあるみたいで(笑)。

年を取るといやだねえ。 もっと素直になれば、人生もっと楽しめると思うんだけどなあ。




ところで、今日も暑かったねえ。 日差しはそれほどでもなかったんだけど、何しろ蒸し暑い。おまけに風も弱いしね。

明日はもうちょっと日差しが強くなりそうな気配だ。 頑張らないヒゲおやじが頑張るのは今の時期だけかな?




ありがとうございます。










明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


この記事へのコメント

えっちゃん
2013年07月24日 05:07
ズッキーニは天ぷらが一番好きです。薄切りにしてニンニクたっぷりいれて炒めるのも美味しいし、茄子と一緒にミートソースに入れてもいいですよね。ズッキーニやかぼちゃの花も料理に使えるんですよね。中にチーズなんか詰めて焼くと美味しいらしいです。奥さん、色々楽しめるといいですね。
マダム
2013年07月24日 07:44
師匠!じぇじぇ どう見てもじぇじぇじぇ。 こうなる前に草引きたかったです!こりゃ達成感は半端ないです。好条件が整いすぎているから仕方ないけど、一度根っこから、とことんやっつけたい気持ちです。あー引きたい。30センチの達成感すごくわかります。
もっち
2013年07月24日 10:58
お疲れさまです!
疲れたでしょー?!ビール美味しかったでしょー?!
達成感ハンパないけど、熱中症に気をつけてくださいね。

剪定をし過ぎた我が家のナスたち、いろんな所から新しい芽がどんどん出てきました!
どう仕立てるか見極め研究中です。
(*^^*)
マユ
2013年07月24日 19:09
今年チャレンジしていたミニトマトの2本立て、やっと実が赤く熟して3粒収穫しました。ヒゲおやじさんのやり方を真似て、芽欠きや、1番花の開花と実が大きくなるのを確認してからの摘み取りを、ドキドキしながらやったのですが、お陰様で、とっても立派なミニトマトが収穫できました。ミニなのにこんなに大きくなるのとビックリするくらいです。
ジャガイモの虫食いの件も回答ありがとうございました。収穫のタイミングが遅かったのですね。来年はもっと立派なジャガイモが収穫できるように、チャレンジしてみます。
岩手は梅雨がまだ明けず、例年より遅くなるようです。7月は雨ばかりで、日照時間も短いし気温もあまり上がりません。お天気の良いヒゲおやじさんの畑がうらやましい。

(カイコさんへ…ニックネームカブッちゃったんですね。変えて頂いてありがとうございます。マユ→カイコですか。(*^0^*)ユニークですね!)
マユ
2013年07月24日 19:09
今年チャレンジしていたミニトマトの2本立て、やっと実が赤く熟して3粒収穫しました。ヒゲおやじさんのやり方を真似て、芽欠きや、1番花の開花と実が大きくなるのを確認してからの摘み取りを、ドキドキしながらやったのですが、お陰様で、とっても立派なミニトマトが収穫できました。ミニなのにこんなに大きくなるのとビックリするくらいです。
ジャガイモの虫食いの件も回答ありがとうございました。収穫のタイミングが遅かったのですね。来年はもっと立派なジャガイモが収穫できるように、チャレンジしてみます。
岩手は梅雨がまだ明けず、例年より遅くなるようです。7月は雨ばかりで、日照時間も短いし気温もあまり上がりません。お天気の良いヒゲおやじさんの畑がうらやましい。

(カイコさんへ…ニックネームカブッちゃったんですね。変えて頂いてありがとうございます。マユ→カイコですか。(*^0^*)ユニークですね!)
ヒゲおやじ
2013年07月24日 23:55
えっちゃんさん、ありがとうございます。
我が家は、もっぱら油炒めです。でも、しょっちゅうそればっかりではねえ(笑)。カミさんがニンニクはダメなので、温和しい料理だけですよ。
ヒゲおやじ
2013年07月24日 23:58
マダムさん、ありがとうございます。
いや、ホントにじぇじぇじぇっ! ですよ。 とことんやっつけても、直ぐに隣の雑草地からやってくるのでどうしようもないのです。地主さんが雑草地の手入れをしませんからね。仕方ないのです。
ヒゲおやじ
2013年07月25日 00:01
もっちさん、ありがとうございます。
いやー、こういう暑い日に働いた後のビールは最高ですね。
芽が出始めましたか。それなら花が咲くのも間近ですね。仕立ては適当でよいのではないですか。それよりも一枝一果をやる方がいいですよ。
ヒゲおやじ
2013年07月25日 00:04
マユさん、ありがとうございます。
トマトの収穫が始まりましたか。でも、雨が多いので難しいですね。
乾いていると病気にもなりにくいのですが、湿っていると直ぐに病気にかかります。なんかもの凄い雨が続いているようで、大変ですね。
カイコ
2013年07月25日 00:09
マユさん、大変失礼いたしました!
こちらが後に投稿をしましたので、完全にこちらのミスです。ご迷惑をおかけしました。他の方も混乱しますし変更させていただきました。
カイコはマユを作るということで・・・笑
2013年07月25日 16:06
私は友人の庭で今年初めて大玉に挑戦しました。
ほとんどカラスにやられたのですが、収穫出来た接ぎ木のももたろうは、なかなかイケました。
こちらには「越のルビー」というミディトマトがあるのですが、それもなかなか甘くて、夫は俄然トマト好きになりました。
大玉は地面に這いつくばっています。来年はもっと間隔を開けなければ。
(来年出来るかどうかは分かりませんけれどね^^)
ヒゲおやじ
2013年07月25日 22:32
はなさん、ありがとうございます。
大玉をやりましたか。これはなかなか難しいので、ヒゲおやじも久し振りにやってみましたけどダメでした。 実はできるのですが不味いです。
来年からはまたミニだけにするつもりです。
もん
2013年07月26日 16:54
大玉トマトは水の管理が難しいですね。うちは去年自生してきた苗が大玉で、水耕栽培して収穫まで育ててみましたが、露地ではきついと思います。
今年はミニのつもりで育てた凛々子という品種が、なぜか大玉に準じた大きさに育っていますが、今のところ実割れがなく順調です。加工用トマトということとマルチをしたことが関係あるのではと推測していますが、加工用トマトなら水分量が少ない分、実割れしづらいようです。
ヒゲおやじ
2013年07月26日 22:08
もんさん、ありがとうございます。
水耕栽培ですか。それは家庭菜園では無理ですね。
加工用トマト? あー、そんなのがあるのですねえ。これも家庭菜園では無縁のものですね。 誰でもが楽しく作れる菜園を目指しているので。 その中で少しだけ色々工夫をしてみると、美味しい野菜が作れるよというのがコンセプトなのですよ。 

この記事へのトラックバック