ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アジサイの剪定! もうそろそろだねえ。

<<   作成日時 : 2013/07/24 23:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 81 / トラックバック 0 / コメント 8

ヒゲおやじの知らない間にカミさんが、勝手にぱちぱちと。「摘んどいたからね」って。そりゃ不味いだろう。
アジサイは剪定が難しいんだよね。理屈がわかっていれば簡単なんだけど、それがなかなか理解しづらくて。
でも、早くやらないと間に合わないよ。


てなことで、今朝は早くからアジサイの剪定だ。

だって、「見苦しいから切っといたよ」って。 おいおい、無茶をしてはいかんだろう。


ほら、こんな具合だ。

画像

えっ、まだ切ってない? 

いやいや、さすがに途中で止めたみたいだよ。 これはやばいと気がついたんだろう。









だから、今はこんなことになっているんだ。

画像

適当にパチパチと摘んでいるからね。

「わたしゃ知らんよ。 見苦しいから適当に摘んどいたから」。 


まあ、困ったもんだねえ。

仕方がない、よし、ついでだから今年は強剪定をしてやろう。

何だ、それは?


えーと、そうだねえ。 通常はやらない強い剪定で、木を小さくしたいときとか中を透かせたいときなんかにやるんだよね。 でも、アジサイの場合はあまりこの方法はお勧めできないけどね。


もう途中まで無茶苦茶に摘んでいるので、ついでのことに混み合って枝や古い枝を切り取ってしまおう。
それから細い枝も切ってしまうといいねえ。 どうせ小さな花しか付かないからね。




さあできた。

画像

随分とスッキリしただろう。


アジサイは年々大きくなるのでね。 なかなか切り詰めるチャンスってないんだよね。
だからカミさんがそのチャンスをくれたってことかなあ。



あ、そうそう。 もっと詳しく知りたい人は、こちらを見てくれるといいねえ。

http://hige-oyaji.at.webry.info/200807/article_2.html

これは以前の記事だけど、アジサイの剪定について懇切丁寧に説明してあるからね。

ヒゲおやじもさっき読み直してみたけど、へー、そうなんだって(笑)。


ヒゲおやじも昔はもの凄い記事を書いていたんだねえ。 今はもう全部適当だけど。
これは一見の価値はあるよ。 って、自分で言っているので間違いない。



これは少し前から気にはなっていたんだけど、忙しくてできなかったんだよね。
でも、そうだ、明日はゴミの日だ。 ならばやっておかなくては。

てなことで午前中に急遽剪定をしたって話だよ。







もちろん午後からは昨日の続きで草退治だ。

さあ、待ってろよ。 やっつけてやる。


てなことでやって来たのは第一農園。


今日退治するのはここ。

画像

ほら、見るからに恐ろしげな草どもだろう。


まあ、左側の畝を退治できたらいいかなあ。 くらいで、早速戦闘開始。

うわっ、これは面倒だわ。


根が深くてなかなか思うように抜けてくれない。




ほら、全部こんな草だよ。

画像

狐鍬を根元に打ち込んでも、ビクともしないんだからねえ。

周りの根を切り取りながら、バリバリっと引き剥がすんだ。 それが力が要るんだねえ。


こんな草は以前にはなかったんだけど、どこからやって来たのかなあ。



この畝の左側をやっつけるだけで1時間もかかってしまったよ。





で、取り敢えずこんなことに。

画像


続いて右側を。


こちらは普通の草なので、馬鍬を打ち込んで引き抜いたり、削ったり。

これはいつもの作業なので簡単だね。








てなことで、あっという間に。

画像

まだ真ん中が残っているけどね。

これはもう10分もかからないよ。











さあ、できた。

画像

で、取り敢えず今日想定した作業はここまでというか、このくらいはやれるかなあと思っていた所までやっつけたということだね。


でも、時計を見ると、あら、30分も早くできてしまったなあ。

ならばもうちょっとだけやるか。







てなことで、その隣もやっつけることに。

とは言っても、まあ、できるところまででいいか、みたいなもんだねえ。
ところがやり始めると、なかなか途中で止めるって難しいんだよね。 だって、もうちょっとのところで止められないだろう。


時間を気にしながら、それでもやっつけてしまったよ。

画像

これって、二日はかかるかなあと思っていたところを、一日でやってしまったよ。


いやー、これは上出来だね。




さあ、急いで第二農園に移動しなければ。

あ、時間を気にしていたのは、今日は社長が農園に来る日なんだよね。
別に会わなくてもいいんだけど、色々ご指導もしないといけないし、社員達も何人か来るので、顔も見たいしね。


てなことで、行ってみると、社長ほか社員が4名で草引きの真っ最中。

「よー、ご苦労さん」てなもんだねえ。


まあ、こんな暑い日に、社員さんも大変だね。 でも会社で仕事しているよりは気楽かもよ(笑)。
収穫したものも、わけてもらえるしね。 




第二農園は草はほとんどないので、周辺の草刈りみたいな作業が主だね。
あとはナスとオクラと枝豆を収穫して終わりだ。

はい、お疲れ様。




それにしても天気が続くねえ。 本当にカラカラだよ。
北の方は連日の雨続きだというのに、何で満遍なく降らないのかねえ。
関東の水瓶は空っぽになりそうな気配だし。 こちらもこのまま続くと危ない状況になりかねないねえ。

来週辺りからは雨模様の予報だけど、これも当てにならないからね。


正直、ちょっと一雨ほしいところだねえ。 いやいや、大雨に祟られている地域の皆さんには不謹慎な言い方だったかも知れないけど。 実際に乾いているところは、無茶苦茶乾いているんだよね。

これが地球温暖化の現象の一つだよ。 よーく考えてみよう。 これは全部人間が引き起こしたことだからね。
自分には関係ないじゃなくて、それぞれが関係あるものとして行動しないといけないね。


うーんと、この話をし始めると終わらなくなるので、この辺りで強制終了。



明日は何を?

うーん、また草退治かな? 本当は秋冬野菜の畝の準備をしたいんだけどね。

そうそう、畝の準備をするのは今だよ。 8月にはキャベツやハクサイ、ダイコン、水菜、等々、種蒔きが始まるからね。


ヒゲおやじも、急がなくては。





ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 81
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
また、ど素人がやって来ました!(笑)^^;

今日は、参考になったなぁ〜〜〜!

紫陽花の強剪定!(笑)^^q
みつば
2013/07/25 11:09
みつばさん、ありがとうございます。
ここにやって来る人は、ほとんどがど素人ですよ。 って、怒られるかなあ(笑)。だって、剪定のプロなんか絶対にやってこないからね。
でも、アジサイの剪定って、難しいんだよ。切り方を間違えると、翌年花が少なかったり小さかったりでね。過去記事を参考にして、ちゃんとやってください(笑)。
ヒゲおやじ
2013/07/25 22:38
やっぱり!!アジサイは狭い庭には不向きだったんですね。
伸びすぎたので一昨年バッサリ切って昨年は全く咲かず。
それに懲りて咲いたつもりの枝を即切ったら今年はまぁまぁ咲きました。
理屈は素人ながら合っていたわけですね。
でも大きくなりすぎています。
これほど懇切丁寧な説明本はありません。
立派な「植物の育て方」でした。
南十字星
2013/07/25 22:50
ど素人です
今更ながらナスの一枝一果法がいまいち分かりません
花の上に葉を2枚残し切っていたのですが、最近暑くなったこともあり
成長がすごく、葉っぱの植えに蕾が見えるのですが、それは諦めた方が良いということでしょうか?
それとも、元々の方法が間違っているのでしょうか?
また、花の色が薄いのですが、雌シベが雄シベより長いのですが、肥料が足らないのでしょうか?
おいし
2013/07/26 12:16
ヒゲおやじさん、こんにちは!!  昨日はブログの方へ訪問、ありがとうございました。 感激でしたよ〜。
さて、紫陽花ですがもう花も終わりですねー。 剪定したいけど、ど素人でいつも適当にバッサリやっています。
去年は春先にバッサリ切り過ぎて全く咲きませんでしたが、今年はまあまあ綺麗に咲いてくれました。
以前の記事、参考にさせていただきますね〜。

それにしても、草の勢いはスゴイですね。雑草魂とはよく言ったものですね。
ヒゲおやじさんは、草退治がスゴイ早いので、どんな道具を使っているか気になります。
今度機会があればupしていただければなーと思います。
nekoママ
2013/07/26 17:18
南十字星さん、ありがとうございます。
はい、小さな庭にアジサイは不向きです。どうしてもという場合は鉢で育てるといいでしょうね。基本的には花柄を摘むだけで放置というのが正しいやり方です。でも、これ無茶苦茶大きくなりますからね。 だから紫陽花寺なんて名所ができるんですねえ。
ヒゲおやじ
2013/07/26 22:13
おいしさん、ありがとうございます。
育てるつもりの花(実)の上の葉2枚より上にできるものはすべて切り取ってください。主幹にできるものは別ですよ。
雄しべと雌しべも色々言う人がありますが、あまり関係ないでしょう。
そういう細かな事よりも、もっと楽しんで作ることをお勧めします。
できても楽しいし、できなくても楽しい。 また来年頑張ろうみたいな、そういう作り方です。つまり技術は2の次で、作る楽しさを体験するのが一番大事なのですよ。
ヒゲおやじ
2013/07/26 22:20
nekoママさん、ありがとうございます。
はい、何年かに一度はバッサリってのも有りですよ。そうしないともの凄く大きくなってしまいますからね。でも、その時は1年は花はお休みです。
半分切り戻して、半分はそのままというのが現実的ですね。翌年は残した半分を切り戻せばよいのですから。
道具ですか。馬鍬と狐鍬ですよ。これを根元に打ち込んで、土と一緒に削り上げてしまいます。馬鍬とか狐鍬で検索すると過去記事が出てきますよ。
ヒゲおやじ
2013/07/26 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジサイの剪定! もうそろそろだねえ。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる