丹波の黒大豆植え付け! うーん、ちょっと遅れたねえ。

えーと、遅れたのは植え付け時期ではなくてタイミングだよ。
時期的には6月下旬から7月上旬なので、今がベストなんだけどね。
でも、苗がねえ。 


去年も同じ事をやってしまったんだよね。

ヒゲおやじはポット蒔きするので、管理はきちんとできるんだよ。
だから今年も蒔いた豆は完全に100%発芽だ。


でもね、大雨が続いただろう。 その後は晴れていても毎日スコールのような雨。
これでは植え付けができないんだよね。


だから苗が伸びすぎてしまったんだ。 だから植えつけるタイミングからいうと失敗だね。
でも、これって難しいよね。 ヒゲおやじの都合でできる話じゃないからね。



まあ、何だかんだと言いながら、ようやく植え付けだよ。


植えつけるのはこの畝。

画像

もう大分前に準備ができていたんだけど、その後大雨に祟られたりして随分表土が流されてしまったなあ。

本来なら、通路に流された土を戻してやらないといけないんだけど、まだ濡れていてできないんだ。


だから、今日はいくら何でももう待てないので、強行突破の植え付け作業だね。








まずは植え付けラインに沿って紐を張ろうか。

画像

これって、ブログ用に紐を張っているので、ヒゲおやじは本来こんなことはやらないんだよ。


だって、初心者の人が多いからねえ。 真っ直ぐに植えつけろと言っても難しかったりするんだよね。
そういう人はこうやって紐を張るとやりやすいよ、という例を示しただけだ。 ちゃんとやれる人は、こんなものやる必要はないからね。







で、紐は別として、まずは植え付けの当たりを付けよう。

画像

当たりを付けたら、そこに苗を置いていこう。

この方が作業が楽だからね。


さて、今回は株間30センチだよ。 種袋には25センチから30センチと書いてあるんだねえ。
意外に株間が狭いだろう。 ヒゲおやじも最初ビックリしたんだけどね。

いやー、丹波の黒大豆って、もの凄く大きくなるんだよね。 最初の年は150センチくらいだったかなあ。
それでビックリしてしまってね。 これはいかん、こんなに大きくなるのならもっと株間を広げて植えなければ。
と思ったんだ。 で、翌年は50センチで植えたら、何とヒゲおやじの背丈くらいまで大きくなってしまったんだねえ。 おまけに実がほとんど生らない。


何だこれは、だよ。


色々調べたら、丹波の黒大豆は、株間を広げると木が大きく育つとわかったんだねえ。
木ばかりが大きく育って実が生らないのを何というか知っているよね。

そう、蔓呆け。 特に肥料をやり過ぎたということでなくても、同じような現象が起きるんだ。



もう一つ、蔓呆け現象があるんだよ。 それは早めに植えつけることだねえ。
これは実際にやったので、今でもはっきり覚えているけどね。


普通の枝豆と変わらないだろうと、枝豆としては少し遅めだったんだけど、三番手として植えつけたんだ。
その後、多分2週間ばかり遅れてもう位置と植えつけたんだ。

そうしたら、何と先に植えつけた方はどんどん木が成長して、「ほー、これはようできたなあ」とお隣さんも褒めてくれるくらいだったんだねえ。 ところが実がほとんど付かない。

なんだこれは、と思っていたら、後から植えた方は木の高さは半分くらいなんだけど、実がビッシリ。


おー、これは凄い。



よくよく調べてみたら、丹波の黒大豆は早植えは蔓呆けになりやすいので厳禁だそうな。

あー、そうなんだ。 これで今までのことがよくわかったなあ。



ということで、丹波の黒大豆を植える人は少ないかも知れないけど、そういうことだからね。
今くらいがベストだよ。

お隣さんもどちらかというと早く植えたい人で、「もうそろそろ種蒔いてもええかなあ」 「いや、まだ早いです」。
「もうまあ、ええぞな」 「まだです」。 こんなやり取りが何回も。

今年はさすがに自覚したのか、じーっと我慢していたよ。
「そろそろ、種蒔こうわい」 「ああ、ええですよ」。 丁度ヒゲおやじもそろそろと思っていたので、いいタイミングだったねえ。




で、今回は100%発芽したので、すべてのポットが3本なんだよね。
でも、植えつけるのは2本なんだ。

これもさっきの株間の話と同じ意味合いで、競合させると木の発育が抑制されて実付きがよくなるんだねえ。
それと受粉の機会が増えるというのもあるねえ。

それともう一つは倒伏防止だよ。 黒大豆は普通の大豆よりはどうしても木が大きくなるので倒れやすいんだねえ。 だから2本を一纏めにしておくと、お互いが絡まり合って倒れにくいなんてこともあるんだなあ。


ということは、この3本を2本にしないといけないよね。


さあ、どうする。



どうするって、抜けばいいじゃないか。
うん、そのとおりなんだけどね。 でも、多分このポットの中では、根が相当に絡まり合っていると思うんだよね。

それで1本引き抜いたらどうなる?

なかなか引き抜きにくいし、無理に抜くとあまりいいことはなさそうだろう。



じゃあ、どうする?


こうするんだ。

画像

根元からハサミで切ればいい。








これで大丈夫だよ。

画像

ちゃんと2本になっただろう。

でもね、ヒゲおやじはあまりこういうことはしないんだ。
やらないことはないんだけど、時と場合によるね。

この場合は、そのまま植えつけてしまって数日様子を見る。
しっかり活き着いたところで、発育の悪いもの、やたらに伸びすぎたものなどをえらんで切っていくんだ。

その方が安心安全だよ。 先に切ってしまうと後がないからねえ。











準備ができたら早速植えつけよう。


まず、ポットから抜いて。

画像

あらー、もう大分根が巻いているねえ。

これはもう老化苗一歩手前だよ。



このまま植えつけるのは不味いねえ。
だって、このままでは根が自由に伸びられないからね。






こういう場合は、根を少し解してやろう。

画像

こんな具合だねえ。

あまり恐る恐るやる必要はないよ。
大胆に引きちぎって大丈夫だ。


ほら、根切りをやっただろう。 あれと同じことだからね。 少々根が切れても全然心配ないからね。


後は普通に植えつけるだけだよ。


水洗いは?
あー、やってもいいんだけど、本数が多いのでねえ。 これ全部やると大変だよ。

それとこの時期はもの凄く気温が高いので、やらない方が安全かも知れないね。苗の体力が持たないかも。




で、持ってきた苗は全部植えつけて。

画像

これで午前中の作業は終わりだよ。


終わりって、向こうの方はまだ植えつけてないような。

うん、そのとおりなんだけど、ロールスロイスに乗せられるのはトレー1個なんだよね。
つまりポットにすると24個が限度なんだ。


だから、続きは午後からだよ。



大急ぎで昼食を済ませて、さあ続きだ。


それはいいんだけど、苗が随分余ってしまってねえ。 さあ、どうしよう。

あ、ここに植えようか。

画像

ここはダイコンが植えてあったところなので全然問題ないし、中途半端で使い道がないからね。

それに向こう側に見えるのは枝豆だし、丁度いいか。








で、植え付け完了。

画像

んっ、何かちょっと違う?


あー、ばれたか。 実はこちらは25センチ間隔にしたんだ。

何で? って、理由はないんだけど、30センチだと苗が余ってねえ。
捨てるのも勿体ないので、25センチで植えてみたんだ。


上手く行けば、こちらを枝豆で食べて、最初の方を大豆にしようかなあなんてね。







さて、これでできあがりだよ。

画像


この後、早い時期に2本に間引きするんだ。


それからもう少し大きくなったら、倒伏防止のひもを張らなければ。
これは絶対に倒れるからね。








まあ、今日も暑かったねえ。 風は涼しかったんだけど、しゃがんで作業すると風は頭の上を素通りだ。
暑いのなんの、汗がぼたぼた。 それが立ち上がると田んぼを抜けてくる涼しいんだよね。 それでもうしゃがむのが嫌になったりして。


今日も真っ青な夏空だよ。

画像


一昨日、ヒゲおやじが勝手に梅雨明け宣言をしたら、昨日になって気象庁が大慌てで「九州から東海地方にかけて梅雨明けしたものと思われる」だって。

もう、天気図や雲の様子を見れば一目瞭然なのに勿体ぶるから、ヒゲおやじに出し抜かれるんだ。
過去に何度も痛い目にあっているから慎重になるのはわかるけどね。




さあ、明日からはまた草退治やら撤収作業やらで忙しいよ。

でも、暑そうだねえ。


その分、ビールが美味いけどね。





ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


この記事へのコメント

ヤスタカ
2013年07月10日 20:27
ヒゲおやじさん、こんばんは

さすがですなぁ~梅雨明け宣言を気象庁より先に発表するとは脱毛…否、脱帽です。

ビールがホントに美味しい季節になりましたね~呑みすぎに注意して明日も畑仕事、頑張って下さい…暑い埼玉県から、応援してます。
2013年07月10日 22:00
今晩は。暑い中、自然を相手に、最適の日を設定するのはたいへんですね。写真を撮りながらやるのも、啓蒙をかねてとはいえ、大変です。でも、すごく役立っているようで、多くの皆さんが参考にされてるようですね。学校の教材にもなりましたし--。
ヒゲおやじ
2013年07月10日 23:26
ヤスタカさん、ありがとうございます。
えーと、脱毛はヒゲおやじの頭で(笑)。
まあ、大体飲み過ぎていますので、飲み過ぎないようにするのは難しいですね。
ヒゲおやじ
2013年07月10日 23:29
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうごさづいます。
はい、写真片手にというのは、もの凄くハードな作業です。 これがなければどんなに簡単だろうといつも思いますよ。でも、それを待ってくれている人がいるので止められません。まあ、これもヒゲおやじの趣味のうちの一つですから。
エコ
2015年08月19日 17:25
こんにちわ。
さっき一度コメントを投稿させてもらったのですが何故か見当たらず・・・笑
再度挑戦します。
秋・冬野菜に挑戦しようと思っているのですが9月に植えたらいい物って
ねぎ・玉ねぎ・ホウレンソウ・小松菜・白菜・・・あたりでしょうか?
ご指導よろしくお願いします。
市民農園ビギナーさん
2016年08月10日 00:34
ヒゲおやじ様、初めまして
こちらのサイトは本では足りない情報得る為にいつも利用させていただいておりました
今年、3年振りの市民農園の抽選があり、ようやく自宅近くの農園を借りる事が出来ました
プランター栽培でずっと甘んじていましたが、道具なども使い回しが出来るので追加で購入する物も少なくてすみました
20㎡程の農地ですが春野菜を万遍無く栽培してみて地植え栽培の収量の多さに正直戸惑っております
プランター栽培の時も大型のプランター複数で栽培しておりましたが
それ程の収量は無かったです
ですからビギナーにありがちな苗の植えすぎと種の撒きすぎで自家消費出来ない程に作ってしまいました
秋野菜はその様な事にはならない様にしたいのですが、参考になる記事などは御座いますか?
当方は4人家族で私一人で栽培しております
ヒゲおやじ
2016年08月10日 23:24
市民農園ビギナーさん、初めまして。 ありがとうございます。
抽選に当たってよかったですね。 前に作っていた人がどんなものを作っていたのか、どんな肥料をどのくらい入れていたのかわからないので、これはもう手探りでやるしかないですね。 肥料は少なめで、追肥でコントロールするといいでしょう。
種の蒔き方は、それを集約した記事はありません。 ただ、それぞれの野菜に付いての記事は沢山あるので検索してみてください。
例えば、ダイコンの種蒔きとかニンジンの種蒔きとか、これからだとキャベツやハクサイ、レタスなんかもあるはずですよ。「ダイコンの種蒔き」とか入力して検索すると直ぐに出て来ますので、参考にしてください。
市民農園ビギナーさん
2016年08月26日 00:10
ヒゲおやじ様、早速のお返事を有難う御座います
教えて頂いた検索方法で膨大なブログ記事から畑栽培のコツや苗の根切り定植などを勉強させて頂いておりますが経験に裏打ちされました方法で非常に参考になって助かっております
もうひとつ、質問したいのが剪定屑堆肥の使い方です
町のゴミ減量の一環で家庭や公園の剪定屑を堆肥化した物が堆肥場に取りに来れば一定量無料で配布しているのですがバーク堆肥などの代わりとして使えるでしょうか?
機械で全て針葉も広葉の枝も葉も粉砕して堆肥化していますがかなり大きな枝ガラもあります
フルイに掛けて大きな剪定ガラを除いて使えば良いでしょうか?
使えそうなら農園の土作りの資材の費用が助かるのですがどうでしょうか?
20㎡程の畑では野菜屑で堆肥を作る場所も取れないので収穫の終わり毎の土作りに安い牛糞と一緒に使えればと考えております
腐葉土も国産品は高いのでプランターでは使っておりましたが畑では使うのを躊躇しております
その分、高い苗や種にお金をかけたいです

ヒゲおやじ
2016年08月26日 23:16
市民農園ビギナーさん、ありがとうございます。
これは何とも難しいですねえ。 販売品となると使用している原材料や含有成分などを表示する義務があるのですけど、無料となると中に何が入っているのかわかりませんよね。良心的なものならバーク堆肥の代わりに使っても問題ないとは思いますけど、ちょっと何ともお答え出来ません。

この記事へのトラックバック