畝割りのこと! そろそろやらなければ。

秋冬野菜、冬越し野菜の準備をする時期になってきたねえ。
となると畝割りをしなければ。 空いたところに何でもというわけにはいかないからねえ。
これが家庭菜園ではなかなか頭を悩ます問題なんだよね。


広い畑を持つ農家さんなら、そこそこ適当に植えていても大丈夫なんだけど、我々家庭菜園だと狭い畑での遣り繰りが大変なんだよね。

連作障害だの何だのと、気にしないといけないことも沢山あるからね。


で、これが今の第一農園で。

画像


グリーンで塗ってあるところは今現在何かが植え付けてあるところだよ。
白く抜けているところは何も植えてない。


そこに、ああでもないこうでもないと過去の植え付け履歴と睨めっこしながら、取り敢えず赤字で書いてあるのが次の畝割りだねえ。


この中で外せないのが、長く畝を占有するソラマメとタマネギ、それからエンドウだねえ。
特にソラマメは5年間は同じ場所に植えられないのでいつも苦労するんだ。

「2,3年も開ければいいんじゃないの?」と師匠である地主さんに言うんだけど、「いや、ダメです」。
やはり何らかの障害が出るそうで、止めた方がいいらしい。

でもね、それは商売でやっている生産農家さんの話であって、われわれ菜園家はそこまでシビアに考える必要はないんだけどね。 つまり何らかの障害が出て上手く行かなければ諦めればいい話で。

それを「上手く行かなかったんですけど何故でしょう」と言うから、「連作障害なので5年間はあけてください」ということになるんだねえ。


例えば3年で植え付けても、全く出来ないということはないんだよ。 そこそこは食べられるので、それでよければ2年でも3年でも。 でも、豊作を願う人はやはり5年は空けた方が良さそうだねえ。



タマネギも長いからねえ。 よほど上手く畝繰りをしないと、春先に植え付ける畝がなくなってしまうんだよね。

まあ、そんなこんなで、連作障害も気にしながら、何処に何を植えようかと色々考えて。


取り敢えず、こんなもんかなあというのがこの図でね。

こういうのを作っておかないと、これからどの畝を優先的に耕さないといけないかなんてことがわからなくなるんだねえ。 空いた畝から適当にというわけにはいかないからね。


そうは言っても、これは取り敢えずなので、空き畝の都合やらなんやらで、結果はこの通りにならないことが多いんだけどね。


まだ今日も土は濡れたまま。 農作業は無理なのでこんなことに時間を費やして。




ところで話しは変わるんだけど、今日は自転車事故。

ながらスマホの自転車に衝突されて、転倒事故。

ホームセンターから堆肥を摘んで帰る途中というか、もう我が家の直ぐ手前なんだけど、向こうから右側を走ってくるお姉ちゃんに遭遇。


でも、なんか右に左にゆらゆらと。 なんだこいつ。 とよく見るとスマホをやっているんだねえ。

こちらは左側を走行しているので避ける必要はない。 でも危ないのでスピードはギリギリに落として様子を見ていると、こちらから見ると右に避けたように見えたので、あ、気がついて避けたんだと思ったんだよね。

ところがまた左側に寄ってきて真っ直ぐ突っ込んで来るではないか。 全くこちらに気がついてない様子。

これはいかんと、10メートルくらい手前から最大限の大声で、「危ないっ」 「危ないっ」 「危ないっ」と三回叫んだんだけど、相手は全く気がついてないんだねえ。 よほどスマホに夢中になっている様子。

1メートル手前で相手が気がついた。 でも、もう間に合わないよなあ。

「あーっ」と言って、目をまん丸にしてブレーキもかけずに突っ込んで来たよ。
まあ、片手にスマホではフレー気のかけようもないし、その間もなかたけどね。

ガツンと正面衝突して、ヒゲおやじも重い荷物を積んでいたので支えきれずに転倒。
ヘルメットを被っていたので、頭へのダメージはなし。

右肘をすりむいて出血。 相手はビックリした様子で、「大丈夫ですか」とかけ寄ってて来たけど、「大丈夫じゃないわ、馬鹿野郎。 何をやっているんだ」と怒鳴りつけて。 相手はひたすら恐縮の体。

「お前は学生か」 「いえ」 「社会人か」 「はい」 「社会人にもなって何をやっているんだ。 バカかお前は」。
「先日もながらスマホの自転車で高齢者は跳ねて、相手が死んで実刑判決を受けたのを知らんのか」。
「はい、すみません」。 「何千万円もの損害賠償を受けたやつもいるのも知らんのか」 「すみません」。

「二度としません、以後気を付けます」。 というので許してやったんだけどね。 本当は警察を呼ぼうと思ったんだけど、これで反省して二度とやらなければゆるしてやるかみたいな気になってしまってね。


カミさんに言うと、「なんで警察を呼ばんのよ」と怒りだして。 そらそうだよね、それが正解だったかも。

この子はまた多分同じことをやるだるうなあ。 だって常習者だと思うからね。
何で? いやね、ここは彼女から見ると左側はヒゲおやじの畑の続きで田んぼなんだよね。
なので、あんなにフラフラしながら走っていると、多分田んぼに落ちてしまうんだ。

だからその心配がない右側を走っていたということだろうねえ。 


いやー、この手のことは多いんだよ。 その後も畑から見ていると、帰宅中の高校生が何人もながらスマホで。

うーん、これはいかんなあ。 ということで、見付け次第写真に撮って警察に送ることにしようと思っているんだ。
まずは学校に送って、改善の兆しが見えなければ直に警察だね。


あのね、学校が自転車通学を許可して、その証拠として学校のマークと許可ナンバーをリアの泥よけに貼り付けているわけだから、許可の際に少なくとも学校側が最低限のルールを指導する責任があると思うんだ。

それを全くしていないんだなあ。 


無料で支給されたヘルメットも、校門を出たらみんな外してしまって、被っているものは滅多にいないからねえ。
それを学校側が知らないはずはないので、見て見ぬ振りというか校門を出れば学校の責任ではありませんというのが見え見えでね。 本当に腹が立つよ。


いや、マジで今日は怒っているからね。 こんなのを野放しにしているからさっきのお姉ちゃんのようなやつが出て来るんだ。


なので、明日からは高校生の帰宅時間には、ずっとカメラを持って立っていようと思っているんだよ。
バカバカしいけど、これは止めさせなければいかんだろう。


と、思うんだけど、どうかなあ。




ということで、今日は何も出来ず。




ありがとうございます。








明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ






この記事へのコメント

y
2018年09月12日 00:49
これはどうもご愁傷さまでした。
いるんですよね。道路左端を通行しなかったり並走する(2台以上で横に並んで走る)自転車とか。スマホながら見運転はほんと危なくて自分が関係ない時に傍から見ていても本当にひやひやします。
堆肥を自転車で運んでいるときにそれは難儀ですね。その時の光景が目に浮かびます。自分も自転車での運搬やるのでわかります。
転倒した時に堆肥袋よく裂けなかったですね。いやいやそれよりも転倒させられたということなので、気をつけた方がいいですよ。そういうのは翌朝とか翌日の晩とか、だいたい発生から24~48時間で体のどこかに不調が現れることが多いと思いますから。
ところで私常々思うのですが、スマートフォンをいじりながら自動車の運転をしている人、めちゃくちゃ多くないですか?怖いんですよ。松山でだけとは考えにくいので、日本の地方都市ではどこでも常態化しているのではないかと思っているのですが。(違うんでしょうか?だといいですが。)他の大都市での事情は分からないのですが東京都心の方ではああいうことはなかったです。そこらじゅうパトカーうろうろ走っているし、ちゃんと取り締まりをやっていますから。だから東京だと少数の本当に悪い人が危険な運転の仕方をするというイメージなのですが、こちらではそこらじゅう軽に乗ったおばさんたちが直進車にかまわず右左折で突き出して来て、「中国人か!」と心の中で思っています。都市の運転者と中国人の中間のスタイルですね。都市の場合、なにも皆が品行方正だからそういう運転をしないわけではなくて、交通量の多さから、そういう運転をした場合には大変なことになるという事情があるからです。
y
2018年09月12日 00:49

すいません。長々と一個人の見解を失礼しました。
ヒゲおやじさんの今日の出来事の話を聞いて、ついつい日頃思い溜めたものを噴出させてしまいました。
ちなみに親戚で子供(中学生かなんか)の自転車に当てられて、その時は元気だったのですが、数日後に寝込んでしまって亡くなった人がいます。
堆肥袋を乗せてえっちらおっちら走っているときに前方にそういう人が現われた時は、かなり不可抗力なのですが、お互いに気をつけましょう!
yuki
2018年09月12日 03:02
久しぶりにコメントします
雨続き、悩ましいですね
タイミングを逃しては天気予報とにらめっこ、
でも土が全然乾いてない…どうしようです
待つしかないですかねぇ(ですよねぇ)
秋冬野菜計画、出遅れそうで焦ります💦

スマホ片手の自転車、怖いですね
事故のニュース増えてるというのに…
痛い目にあってからじゃ遅いのに…
今回、大事故にならなくて、幸いです
ジャッカ
2018年09月12日 03:24
はじめまして。
自転車スマホも危ないと思いますが自転車に堆肥も危ないです。
自転車は車種により最大積載重量が定められているので確認したほうがいいと思います。
変な所で足元をすくわれかも知れませんよ。
愛読者
2018年09月12日 04:53
初めまして。何時も楽しく勉強させてもらってます。自転車の件は全く同感です。学校とか警察は全くの指導、監視不足ですね。中高生は右左通行も解らないのか、実行しないのか⁉ 平気で2、3列で道を譲らない。今の教育に最低限の道徳教育は必要だと考えます。甘やかし過ぎ、放任過ぎ、大人も注意しさな過ぎ、と思います。私が潜在的に思っていることです。ご同感の至りです。
えりっしー
2018年09月12日 08:31
おはようございます。いつも楽しく読んでいます。先日はオクラのことでありがとうございましたm(_ _)m

今回の ながらスマホ、本当に災難でしたね。私も学生とぶつかって怪我をしたことがあり怒りがこみ上げてきました💢
その時は、あまりの痛さに声が出ず逃げられてしまい後で学校に電話しました!
本当にこういうのって腹がたちますよね!
わかります。 後で色々カラダの痛みが出るかもしれないからお大事にしてくださいね!
おーきっど
2018年09月12日 13:16
おやじさま
自転車事故に遭われたとのこと、心からお見舞い申し上げます。
ヘルメットで頭を守っていらして本当によかったです。
おやじさまのご意見、激しく同意いたします。
おそらく今の日本は、損害賠償責任の意識が大変薄いと思うのです。
各個人が活動する上で、他人に危害を及ぼさないようにする義務は、基本中の基本、学校や企業などの団体にも、もっと自分たちの活動の結果が生み出す過失責任のようなものももっと意識されてもよいと思うのです。
ルールをきちんと守る人たちの権利をもっと守るべきだと思うのです。
監督する方が、だらだらしているから、やりたい放題の社会なのです。
オーキッドが思いますのは、こういう問題は、学校ひとつだけでなく、社会全体の意識でもっていかないと、私たちのめざすものが手に入らないと思うのです。
ですので、おやじさまの活動を、こころから賛同いたします。
日本は、損害賠償に対する意識、きちんとしている個人の権利のとらえ方がまったくもって薄い!
これも、結局学校や家庭での教育が基本ということになるのかなあ。
オーキッドは、訴訟社会アメリカに長く住んでいたのですが、あそこまでの訴訟社会になると、学校や家庭で教わるよりも先に、守っておかないと、訴訟リスクの方が危なくて危なくて。
結局、危ないから、個人個人がもっと厳しく、他のきちんとしている人達の阻害しないように、同時に自分の自由も守るという世界が広がっていました。結果、社会全体が、ああ見えて徹底的に厳しいルールで成り立っています。いいのか悪いのかはわかりませんが、きちんとしている人を守るという意味では、ものすごく納得がいく社会ではありました。
後から痛くなったりするといけません。どうかご無理をされず、お身体を大切にされてください。
y
2018年09月12日 21:39
あー全然横槍で失礼します。
コメントで自転車の最大積載量を確認しろとおっしゃっている人がいるので、
愛媛県道路交通規則の第10条で30kgを超えないこと、特別な荷台を備えたものにあっては60kgを超えないこと、リヤカーを引っ張る(昔よくありました)場合そのリヤカーは120kgを超えないこと、(ちなみに四輪の牛馬車にあつては2tを超えないこと、二輪の牛馬車にあつては1.5tを超えないこと、)とあります。
自転車の積載制限は道路交通法の57条で各都道府県の公安委員会ごとに定めることになっていますので、愛媛県の場合を挙げましたが、自転車で30kgというのは東京都の場合も同じで、おそらく他の自治体でも大差ないと思います。
よくある40リットルの堆肥袋はものにもよりますが大体12kg程度なので、積載制限上問題にはならないと思います。
余計な文章を失礼いたしました。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:11
yさん、ありがとうございます。
お見舞い有り難うございます。 どうも愛媛県警はスマホ対策はやってないようですね。以前運転中の携帯が禁止になったときも、一気に減少したのに3ヶ月で元通りになりましたからね。 愛媛に行けば運転中の携帯はOKというのが口コミで広がったようで。 こんな面倒くさい小さなことはやりたくないのでしょう。 今は交番の前でもながらスマホで歩道を支店車で走ってもOKですからね。
あ、そうそう、横やりのコメント有り難うございました。 まさにヒゲおやじが言いたかったことをズバッと言ってくださって溜飲が下がりました。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:14
yukiさん、ありがとうございます。
はい、雨が多くてなかなか計画が立てられないですよね。 今の時期は毎年こうなので、それも踏まえて計画を立てましょう。
はい、この人達はニュースを見てないのでしょうかねえ。 恐ろしいですよ。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:20
ジャッカさん、初めまして。 ありがとうございます。
ヒゲおやじの自転車の記事を見ませんでしたか? これはママチャリや通勤通学用自転車ではなくて貨物車ですよ。
後部のボックスも大きめですが、これは大手メーカーの商品なので、サイズは法律の規制どおりです。 堆肥って持ったことありますか? 
容量は30Lで片手で持てますよ。どちらも過積載には当たりません。
ヒゲおやじは若いときから一日に100キロから200キロ走るチャリンコマニアなので、修理もメンテナンスも全部自分でやります。
過積載かどうかの判断くらいはちゃんとできますよ。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:24
愛読者さん、ありがとうございます。
どうも、近頃の親御さんが右側通行を教えているようですね。
以前に3人組で右側通行をしている中学生に注意したところ、えーっ、右側よねって、三人が口を揃えて。 あんたら、それ学校で言われたんかと聞いてみると、三人ともおかあさんだそうで、「自転車は人と同じだから右側を走らないといけない」と教わったそうです。 恐ろしいことですよね。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:26
えりっしーさん、ありがとうございます。
今回は逃げずに「大丈夫ですか」と駆け寄ってきて、何度も謝りましたけどね。 でも誤っても済まないケースもあるので、しっかり反省してほしいものです。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:34
おーきっどさん、ありがとうございます。
はい、全くそのとおりで、ヒゲおやじも同感いたします。
先日もながらスマホで人をはねて相手が死んでしまった裁判で実刑判決が出ました。 本人の人生も大きく狂ってしまって、途方に暮れている様子でした。 以前にも9000万円もの損害賠償の判決が出て、こちらもどうしようもない状態になりました。 こんなニュースが頻繁に報道されているにもかかわらず、この有様ですからねえ。 自分は大丈夫の安全バイアスを何とかしないといけないのかも。

この記事へのトラックバック