モグラ大作戦! あれっ、それって終わったんじゃないの。

モグラを畑から追い出して、草地との間に境界線の溝を掘ってからは、たまに侵入を試みる形跡はあったものの、ほとんど完璧に防御していたんだけどね。 ところがこのところ敵の攻勢が激しくて、ついに侵入されてしまったんだ。 うーん、防御システムが機能していたので、ちょっと甘く見ていたかなあ。


それがね、今の時期は田んぼに水を張っているので、染みてきた水が境界線の溝に溜まっているんだよね。
なので、この水の下にトンネルを掘るなんてことはあり得ないだろうと思っていたら。


何とこんな具合で。

画像


少し水が減ってきてはいるけど、それにしても泥は軟らかいし水は染みてくるはずなので、そう簡単には掘れないよねえ。


これまでも水が干上がったときに何度かは侵入されたんだけど、範囲が狭くて限定的だったんだけど、今回はかなり広い範囲に侵入されてしまってねえ。


そうだねえ、幅は5メートル以上奥行きは4メートルくらいの範囲で、あちこちにモグラ塚が出来ているんだ。



こういう感じだね。

画像

畝の中にも入り込まれてしまったよ。 困ったなあ。









これもそうだよ。

画像

これは資材置き場の直ぐ横の通路だね。 こんなところに穴をあけるんだなあ。 ここは踏み固めて相当に硬いはずなんだけどねえ。









こちらにも。

画像

これは資材置き場の反対側だね。

以前はこの資材置き場の下がモグラの巣になっていたようなんだよね。 なのでその時のトンネルが残っているんだ。








これは以前に侵入された時に潰した穴の後に再度入られたというところだね。

画像

穴の内側から土を持ち上げて穴を塞いでいるんだ。



うーん、どうしよう。 モグラは主に夜に活動するんだよね。 これまでは侵入されても朝には草地の巣に帰っているので、進入口を破壊してしまえば大丈夫だったんだけど、これだけ広いと定住されてしまう恐れがあるからねえ。


それでこのモグラ塚を散り囲むように、あちらこちらを鍬で叩いて、ドスンドスンと地響きを立てて回って。
まずはモグラの追い出し作戦だね。 モグラは振動と音に弱いからね。

これを時間をおきながらしつこくしつこく何度もやって。


これだけ叩けばモグラも逃げ出すだろう、という不確実な推測の極みみたいな目論見でね。

でも、確認のしようがないので、仕方ないんだなあ。



それが終わるとモグラ塚の土を取り除いて穴を露出させるんだ。

画像

こんな具合だねえ。








こちらも。

画像

これは資材置き場の横の通路だねえ。







これも。

画像



そこに木酢液を投入。

これはやつらは臭いに敏感で、特に焦げたような臭いは嫌がるという話しを聞いたのでね。







で、そこに大量の水を投入。

画像


バケツに一杯の水が楽々入ってしまったよ。
でも、穴に水が溜まるということは、水が流れていった方向は抜けていないということだね。 つまり行き止まりということだ。 ということはこの先にはいないか、もしいたとしても水死だね。







見ると隣の穴に水が。

画像


ははあ、これと繋がっているんだな。 で、こちら側が出入り口だ。









この穴にも水を。

画像










すると2メートルほど離れたところにある穴で水音が。

画像


ここは勢いよく流れて行くねえ。


それで更に別の穴に水を投入すると、やはりこの穴に流れて来るんだ。


よしよしこれで大体わかったぞ。

ということで更にこれらの穴に水を投入して、どこかに水の出口があるはずと見てみると、思ったとおり最初の進入口のところから勢いよく流れ出ている。

画像








これでこの進入口を破壊してしまえば、今日のところは大丈夫だろう。

画像



これでモグラ撃退作戦は終了なんだけど、問題はモグラが境界線の内側に残っていないかどうかなんだよね。
もし残っていたらこれは厄介なことになるので、また第一次モグラ戦争の時のようなことをやらないといけなくなるんだねえ。 あれは大変だったからねえ。


なので残っていないことを祈るのみ。



まずはこれでしばらく様子見だね。

残っていれば破壊したモグラ塚の穴を修復するはずなので、もしまた土が盛り上がって穴が塞いであれば、残留しているということだからね。


というのがまたまた昨日の話で。




今朝は早速畑の様子見に。

画像







今のところその気配はなさそうだねえ。

画像



でも、これは一日ではわからないので、数日間は注意して見ないといけないんだ。







ついでに、進入口を更に深く掘り下げておいたんだ。

画像


これだけ水が溜まっていれば、いくら何でもこの下にトンネルは掘れないだろう。




モグラ大作戦の終了だね。




で、今日の収穫は。

画像

これは伊予美人という品種のサトイモだねえ。

今年は不作も不作、大不作だねえ。 何しろイモの成長期に雨も降らずに猛暑猛暑。
これではサトイモはできんわなあ。


こんな小さなイモはたべられないので捨てようかと思ったんだけど、それでも何個かは食べられそうなので持ち帰って。

今日カミさんが芋炊きにしてくれたんだけど、いやいや、馬鹿にしたものではなくて美味かったよ。




それと三番手のキュウリとシカク豆。

画像


キュウリも三番手になると早いからねえ。 バタバタッと出来て後いう間に終わるからね。

シカク豆もようやく採れ始めて。 これは少し涼しくならないと実が付かないんだ。

これからは毎日のように採れるようになるよ。






今日の畑はこんな感じ。

画像


朝から曇りで、昼頃にはもう降り出して。

今日は結局モグラ穴の確認だけで何も出来ず。



明日も朝は飴で午后には曇りだそうだ。 
また何も出来ないかもね。



今の時期は結構やることが多くて忙しいので、本当に困るよね。

でも、秋の長雨の季節だし、毎年のことなので仕方ないよね。





ありがとうございます。







明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ






この記事へのコメント

マタ
2018年09月25日 21:51
東海地方は秋の梅雨の風情。今日も雨のち曇り。

我が家の畑とそっくりな状況ですねえ。
もぐら塚があちこちにもっこりと。南端に庭木の予備やらビワやら
サクランボやら木がたくさん植えてあるので、おそらく
その下あたりにモグラの巣があるんだと思います。
主要トンネルを捜してみようかと思います。
サトイモもほぼ同様。小ぶりな品種(多分石川早生)なので
夏の40日におよぶ日照りで葉はほぼ全滅。このところの雨で
例年の五月末くらいの状況です。こっちは、ねばってねばって
11月ころまで成長を待つ作戦にしました。どうなるでしょう。
ヒゲおやじ
2018年09月25日 22:20
マタさん、ありがとうございます。
あらー、やはりそうですか。 これってもしかしたら繁殖時期ですかねえ。
やたらに活動が活発なんですよ。 それで境界線に畦波を張ろうかと思っています。
そうですか、11月まで持つかどうか。 こちらはもう上が枯れかけているので無理みたいです。
2018年09月26日 00:07
こんばんは。
モグラの再登場ですか、厄介ですね。追っ払ってもいつの間にか侵入しています。
今年は、一匹捕獲してもう一匹は、隣の造園畑に追い払いましたが捕獲したブロックに侵入の形跡を見つけました。畝にトンネルを作るまでには至っていません。この段階で食い止めたい。
ムチムチおばば
2018年09月26日 20:50
こんばんは
モグラ本当に困っています。
人参がきれいに芽が出ているところへ
走り回ってしまい、これからも
思いやられます。夏場はあまりいないように
みえましたが。。。
太陽光発電式のモグラを脅すのを
買ってみましたがまだ使っていません。
ヒゲおやじ
2018年09月26日 23:06
まる八さん、ありがとうございます。
追い出すのは比較的簡単なのですが、入られないようにするのがなかなか厄介です。 今回は畔板を使ってみようと思って発注しました。
上手く行くとよいのですけどね。
ヒゲおやじ
2018年09月26日 23:08
ムチムチおばばさん、ありがとうございます。
少し涼しくなったので活動が活発になったようですね。
ああ、それはあまり効果ないですよ。 モグラは直ぐに慣れてしまいますので、刺す位置を数日おきに変える必要があります。 精々三日くらいでしょうかねえ。

この記事へのトラックバック